So-net無料ブログ作成

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

ドリパケ更新→TN Racing Reverse Progressive Conversion化 [RC]

はい、ちょっと前にYD-2をエレメンタリーに切り替えたばかりだというのに…おじさん暴走した←

DSC_0197.JPG

TN Racing ドリパケ用リバースプログレッシブコンバージョンキット
※へそくり導入した今回は←

登場からもう1年経ってますが、ドリパケをコンバートするならこれって決めてましたので。
ヨコドリならエキスパートクラス以上じゃないと使えませんけども、ドリパケはRCDC準拠にすることに決めたので、心置きなく入れ替えです。
(かっこいいこと言ってますが、ちょいと気分すっきりしたいと思うことがここのところ多かったため、気持ちのリフレッシュ目的が含まれていたり)


で、組み立て手順とかやっても良かったんですが…そんなに難しいもんでもないかってんでいきなりほぼ組み終わり写真。
DSC_0198.JPG

メカの搭載が決まってるわけじゃないですので、仮付け状態で今はこの形。
せっかくのリバース配置できるシャシーなので、そっちで組んでも良いんですが、ご覧の通りおみこしモーターマウントが条件だったため、実はどっちでも良い感じです(ぉぃ
置き場所より、実はワイパーの変更かけるかどうか考えています。サーボの搭載方向変えて、サイドフレームはいれておく必要がある気がするので。

あと、組み替えをするきっかけになったもう一つの理由が、リアミッションケースの割れを発見した事もあります。
ついにこのブログで「ド…ドリパケ?;」の記事で入手した当時の樹脂パーツがついにこれで消えましたw


ついでだったので、フロントをYD-2を組み替えたことで玉突きされて残ってた樹脂のYD-2フロントロアアームへ入れ替えました。
交換に至っては、とりあえずこれまたTN Racingの変換サスピンで。
YD-2やYD-4用のテフロンスペーサーで位置調整しましたが…若干ガタが大きいので、0.5mmシムいれて再調整必要かな?
ノーマルC足に追加プレートで対応していましたが、シーソーステーとDIBダンパーの組み合わせではちょいと良いポイント探りにくかったのが、YD-2アーム使うことで解消。
かなり下に下げられるように。
これはいい。

で、リアハブキャリアですが、やはりDIB用の中古ですので、DIB用ユニバーサルをいれることにしました。
現在調達中。
リアに関してもYD-2リアアームが残ってるので、それに入れ替えたいんですけども…実はちょっと思案中。
というのも、ドリパケより若干短いです。
そうなってくると、ボディ載せたときのリアトレッド調整で若干足りなくなるのが考えられるので、現物合わせしながら直そうかと考えています。

…そうなると、多分リアのサスマウントをBD7かBD8用を選んだ方がいい気がしますな。
このコンバージョン、BD7系のマウント使える仕様ですので。



そして、今のこの形でもまだ走れません。

なぜかというと…うん、予想外のダメが出まして;;
ノーマルのスパーとピニオンでいけるだろうと思ったら、まさかのモーター位置下限でもギヤが噛まないという;;

スパーの直径を考えながら、まずはノーマルギヤ比に一番近いところを割り出してこれも発注かけました。
…もうここまで大変更だと、ドライブシャフト系もオプションいれて良いかな?って思うので、次回のアップデートで駆動系の軽量化をすることにします。
合わせてリアアームもYD-2用いれてみましょう。



で、ここまで読まれた方なら「そこまでやるんだったら、新品でYD-4MR買っても良かったんじゃない?」って思われるかもしれませんな。

いやね、考えたんです実は。
けど、ドリパケの頂点状態見たい、ってのがどうしてもありましてw

YD-4って構成大変更したモデルに見えますけども、駆動系はドリパケのままなんですよね。
センターシャフト周りのドライブトレインが違うくらいで、リングギヤまでは一緒。
敢えて言えば、ステアリング周りがトレンドに乗っかった形みたいな違いはありますが。

…ひょっとしたら、低重心タイプじゃないのを使いたいなら、ドリパケコンバージョンで詰められるんじゃない?ってのが理由です。
足回りの交換もできるわけですし。

というわけで、TN Racing気に入ってるのでこのチョイスになった感じ。
モーターのセンターハイマウントをどうしてもやりたいってのもあります。
※このタイプになると必然的に「シャコタカ」系のセッティングに近づく感じかな?
 ロールの幅がないといけないので、足を下に下げたい感じになるのです。

んま、そんな感じでとりあえずモーターをE10凪スペと入れ替えようかなと思います。
よく考えたら、あっちは17.5Tいれたんだったと(忘れてたんかい←
この仕様だと21.5Tよりそっちの方が良い気がするので。
※E10凪スペに17.5Tはちょいと回しすぎ感あります;


でもって、RCDCレギュレーションのボディ選択ですが、ABCホビー使うことに決めました。
ちょっと公認ボディベースでバリバリカスタム選べるのか悩んだので聞いてみたら、割と細かく使える商品教えてもらえましたので、ちょうど欲しい車種が数種あるので、その中から選ぼうと思います。
…問題は車幅に合わせてトレッド構成しなきゃいけないところか;
そこに合わせてスケールダイナミクスのホイール使うので、計算しまくりですな。


良いマシンになると良いのだがw


<2017/06/06 追記>
さて、スパーギヤとピニオン入れ替えまして、やっとモーター搭載まで完了。
ついでなんで、yokomo純正軽量スパーギヤホルダーも入手し、キットの指示通りサイズ調整して搭載。
リアユニバーサルもDIB用へ変更、ベアリングもタミヤだけども1050にして適正化。

でもって、いろいろ考えた結果、せっかくリバースプログレッシブいれたんだし、ということで、
メカ系を左側へすべて移しました。

モーターもZERO2 17.5Tへ。

で、ABCホビーのサポートに聞いて、RCDC公認ボディの選定もできるようになったので、合わせてトレッド設定を確認。
前後で大体210mm(小径タイプ。普通のホイールなら200mm)なので、ここで購入悩んでいた「アレ」買おうかと思いますw


というわけでもう走れるわけですが、ここまで作り込んだので、リアロアアームもYD-2ノーマル(つまりYD-4リア足)を使おうかと言うことで、
残っている変換サスピンとスペーサーで位置合わせて組み込んでしまう予定です。

写真は全部組み込んだらにしますw

ホイールベースは260mm狙うか。ボディに合わせて。

あ、リアディフューザーは多分使えなくなるかな?
ボディが旧車系なので、多分合わないし…このコンバージョン、リアサスマウントが吊り下げタイプに変えられるので、その分だけリアバンパー取り付けが後ろに長いんですよね。


<2017/06/07 追記>
そういやモーターが17.5Tなんで、「あれ?RCDCは13.5T以下じゃない?」って思われた方もいらっしゃるのでは…?w
うん、昨晩気がつきました←

んま、でもまずは慣れないといけませんし、セッティング出すのに下からやってかないと扱いきれなくなって泣いても困るので(^^;

入れ替えるときはD1モーター入れたいですなぁw


<2017/06/20 追記>
形になったし、いっちょ完成形報告をば。

DSC_0208.JPG

サイドフレームのポストの数は今後増えるかもしれないけど、とりあえずこの形へ。
サイドフレームを最初から入れることにしたのは、実はピッチング方向のフロント側の動きを見て「まずい;」と思ったから。
ちょうどワイパーベースとセンターボーンの間で剛性のあるものがなくなるので、そこから若干動くんですよね。
これ、駆動系に負担かかりそうだなと思ったので、なるべくワイパーベースとリヤシャシーブレース繋ぎたいと思ったのです。

ギヤ比はノーマルと変わらないように、スパー84枚で計算してピニオンチョイス。
※この状態だと、ドリパケ標準のギヤ比表が全く使えなくなりますので、これからデータ作らないといけませんな。
 今一番大きいスパーなので、これでかみ合う最小のピニオンがわかれば、必然と使える範囲がわかるはず。


そして勢い余ってR2ナックルまで導入(ぇ
できればDPM用のワイパー手に入れて、サーボの方向変えたいかも。
※なんか妙に入手困難ですな最近DPM用パーツは;

で、ご覧の通り…前後ロアアームはYD-2のものが移植されました。
なんかこっちの方が調整やりやすいのは何だろう?

タミヤコネクタも後日なんとかしましょ。
見た目的にそこだけ安っぽいし(^^;

ABCの旧車ボディを載せることにしたので、リヤディフューザーが取り除かれましたが、なぜかWRAP UP NEXTのバッテリートレイがついてます。
これ、バッテリーを載せる目的じゃなくて、リヤへのウェイト追加用ベースとして取り付けてあります。
あんまり下に行くとボディの下に見えちゃうので、ポスト追加でかさ上げ。
上手くいけばマフラーベースにできるかな?

あとは、そう、駆動系の軽量化を図り、ついでにセンターシャフトカップも入れ替えて、ついにノーマルパーツいなくなりました←

ダメ潰ししたいところが一カ所、タイロッド。
構造上可動範囲が大きいので、ダンパーエンドみたいな形使わないと上下の稼働角度で制限が生まれちゃいます。
(それに今のYD-4用だと外しにくくて大変←)

最終的には10.5Tモーター仕様へ落ち着けたいかな?



しかし、リヤインプットシャフトの交換でちょっと焦りました;
なんか知らんけどネジが固着してしまっていて、プラス溝が完全に死んでしまうと言う;
仕方ないので、いつもの方法(ネジの下穴径と同じサイズのドリルで皿ネジの頭を切り飛ばす)を使って、なんとか外しましたが…削るもの手に持って電動とか怖いんでピンバイスで頑張ったという←
※なかなか切れ目が出ないんで、最後は軽くハンマーでベベルを叩いて、ネジの頭を割飛ばしました

あと、今までギヤにはドライルブを施していましたが、前後共に金属ギヤで走行中鳴きが凄くて気になるので、今回はモリブデングリス塗布に切り替えました。
(センターシャフトカップやベベルギヤ取り付け部にも塗ってカジリ防止もしてあります)


さて、どんな感じの走りをするか?


出来上がって思ったけど、やっぱり4駆なんで、それなりに重量ありますな。



…シャフトまでカーボンにしたら、編み目の関係でシャフト周辺が錯視起こしそうにな見栄えで目が回りそう;


<2017/06/22 追記>
いやぁ、パーツがなかなか見つからないってんで、DPR/DPM用のステアリングリンケージ一式のセットの「D-126」をヨコモのメールオーダーに頼んでみたんですが…以前、フロントミッションマウントで生産終了ってのを聞かされていたので、若干危惧はしていましたが…
うん、D-126のワイパーセットも生産終了とのことでした(´・ω・`)

…なんとかパーツだけで構成できそうなんで、残り物見つけた瞬間押えましたけども←

ということは、多分DPRとDPMはサイトには表示ありますが、既に生産終了なんでしょうね(^^;
そりゃ、YD-4なんて次のマシン出ていて、価格考えたら敢えて選ぶとは…;

とはいえ、リバースプログレッシブでは使えるので、確保だけはしておきたいって思っちゃいますな。
近い商品だと、WRAP UP NEXTのFR-D用のステアリングワイパーが使えそうですけども、形状的に後ろ側が出てるので、サーボとの干渉避けられませんし…
この辺なかなか条件そろうのみつけるの大変そうです;

スライドラックなら…GRKの使えそうですけども、GRK3が事実上最後のマシンでしょうから、今後やはり入手困難は予測される…
となると、ラックの部品を確保しておくのも今後大事かもしれません。
SHEPSUTのラックも割と危ないか…デルリンローラーで。
※最悪はSHEPSUTにVX Dockの青つければいけますけども←


いやぁ、上手くいったと思っていても、割と細かいところでちょっとずつ出てきますねぇ…


<2017/06/25 追記>
さすがに笑うのでw

D-126はメーカーから生産終了ってありましたが、それの構成パーツ単体の売り切れた通販見てたら在庫復活してるじゃないですかw
単体で存在してるって話なら、メーカーもそれ教えてくれれば良いのに(^^;
無駄に急がないと入手不可能になるかと思ったじゃないですか(笑

ともあれ、手元にワイパー届いたのでTeam SUZUKIの切れ画アップと形状見比べてみたんですが、
明らかに新形状なんで、ニュートラル位置でのタイロッドの組上げに余裕が出ます。

サーボ縦置き必須になっちゃうんで、この際死にかけのSANWA ERS-971も処分して新調しますか。
※とはいえKOのPDSの残ってるのがサイズ的に入りそうならそっち使うって手もありますけども
 あーでもそろそろ4駆側も速度重視のサーボいるかな?
 このマシンはモーターはD1で置き換える予定で考えていますし、ちょっと高級なの選んでも良さそう


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0