So-net無料ブログ作成
検索選択

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

Waves Nxを試す…っていうかもう導入決定w [PC・MAC]

今日は二本立て。

こんなのあるよー的には小耳に挟んでいたのですが、とあるきっかけでヘッドフォンをVRサラウンドにするユニットを見つけたところで、基本システムが安価で導入できるので入手してみました。

「Waves Nx 3D Audio for Win/Mac」。

NX.jpg

本来は普通のヘッドフォンをサラウンドシステムに変えてしまうソフトウェアオーディオインターフェイスみたいなもんです。

Wavesって、音楽製作やってる人は多分必ず知ってるメーカーだと思うんですが、このソフトはDAW用のプラグインじゃありません。
スタジオ音質のシミュレートが目的だったかな?
にしても、ヘッドフォンに無線の追加ユニット使って疑似5.1chで、頭振っても位置変化しないように定位動かしちゃうとか凄い技術。

…それが日本代理店通しても1300円とか激安(ぇ


で、早速購入して、シリアルナンバーまで送ってもらったんですが、DL販売なのにどこからDLするか全然わからん!(ジャガーさん)

検索して、Waves本社サイトの特設ページの「Try Free」でメール送ってもらってDLってのをようやく理解。
※他の方の解説で、Waves Central(管理ソフト)でインストールってあったんだけど、全く出ませんでした(ぇ
 ちなみに試用版にシリアルナンバーいれれば製品版になります。
 実はDLに4時間かかったんですが、なんとDLリンクのメール送信フォームがChromeとFireFoxでは処理されなくて悩んだだけという←
 来ないと思ったらIEかEdge使いましょう。


再生環境は、PCからUSB接続で繋いだRoland Quad-Captureから光ケーブルでOnkyo GX-100HDへの24bit 96kHz接続のスピーカーシステムと、Quad-CaptureのヘッドフォンアウトにSHURE SRH750DJという形。

インストール後はシステムの再生デバイスを「NX Headphones」に指定し、NXを立ち上げて設定から使っているPCのオーディオインターフェイスなり再生デバイスを指定するだけ。
※つまり、PC上ではシステムとインターフェイスの間に割り込ませる形。


3Dにちゃんとなるのかってんで、以前いれてちょっとずつ進めてる「Forza Mortar Sports 6:Apex」で早速試してみる。

…凄いよこれ;
車の後ろに当たるところからエキゾーストノート聞こえるし、タイヤのスキール音の位置もちゃんとわかる。
それだけじゃなくて、コース上で反響したエギゾーストがちゃんと空間回ってる。
「なんやこれー!!」でしたマジで;

余談ですけど、PSO2起動するときのnProは問題無く通りましたw
普通にPSO2の音も再生されます
(2017/05/31追記:しばらくOFFで様子見てて、大丈夫そうなんで3Dサラウンド試してクエストしていたところ、ケーキ屋Eトラ予兆の音がスピーカ再生できちんと臨場感伴って再生されて、意表を突くタイミングでビックリするレベルだったことを付け加えておきますw)

で、いろいろyoutubeやらMedia Go(もちろんイコライザはオフです)やらをマルチメディアプリセットで聴いてみたら凄く緻密に再生される。
そのまま導入決定になりましたw


さて…ここまで来て気になるのは…そう、再生デバイスで指定して出力って事は、スピーカからも出るわけで。


いろいろ弄って調整かけてみたところ……激変!
さすがWaves社だなと思わされました……スタジオでRECシステムにCDいれて聴いてる感じになります(驚
これ絶対、バッファを1024で使うことをおすすめします!
(知らないとよくわからない数字設定があと2カ所ありますけども、これはいきなりクリアになるポイントが環境で違うので、わからないなりに入力してみると良いです)

今までのシステムでも相当細かい音とか定位を感じられたんですけども、さらにその上を行く細かいワンショット系音色が聞こえたり、
バスドラムの生鳴り成分が聞こえるようになったりと、思っていた以上にハイファイ感上がります。


DAW用に接続してる、T.C.Electronic StudioKonnekt48(まだ使ってるのか)からTASCAM VF-X5への出力に追っつく感じですな。

まさに「なんじゃこりゃ!?」です。

ちょっと音にこだわる人だと、好みの関係でいれない方が良いかもとか出るとは思いますけども、これはイージーリスニング環境をランクアップさせるのには非常に良い装備かもしれません。


…うん、それくらい、ボーカルの音程修正かかってるのがはっきり聞こえちゃいますので(ぇ
(知らない人多いけど、割とボーカル音程取れない人多いので、結構細かい修正多いです。っていうか3音しか出ない人実際にいて、それを無理矢理直すことも現場でありますので(^^;)

ブロックノイズ聞こえやすくなるから、ハイレゾ音源必須になっちゃうかもしれない←
それにしたって、CDから非圧縮になるFLAC指定で取り込んだ音が良い感じなので、普通に使うだけでも効果絶大かな?


なんというか、ホントに技術進歩凄くておっつくの大変だわ;










まぁ楽しい話してはいるんですが、本日はちょっと不幸ではないけど寂しい話がありましたので、気持ちだけでもみたいな感じです。
少し楽にはなるんですが…うん、いろいろ複雑な思いが交差する感じですな。
その話はまた機会があったら。


<2017/06/13 追記>
その後しばらく使ってまして、ちょいと気になりはじめちゃったというか;

うん、DAW用のStudio Konnekt48の調子が良くなかったみたいで、一度ファクトリーリセットかけた段階で調子見てて…違いやっぱり感じてしまいまして(^^;

こう言うのって困るんですが、気になり出すと止らない;

悪くないんです、Waves Nx。
んがしかし、好みの部分が引っかかりだした!←

・Waves NxからQuad-Captureへの出力でNxエフェクトON
・Waves NxからQuad-Captureへの出力でNxエフェクトOFF
・Quad-Captureストレート
・Studio Konnekt48ストレート

で試すと、明らかにスピーカーではWaves Nx通すと中低域のクロスオーバーが出そうな当たりでもこっとしてるんですな。
そのせいでちょっとイコライザ欲しくなっちゃう。
※試してみたら割とMedia Goのピアノ用プリセットが割と自然に落ち着いた

で、その状態でヘッドフォンの「頭の形」の設定をしっかり入れてあると、ヘッドフォンは最高。

つまり、1ドライバータイプのスピーカーだと収まりそうかな?みたいな感じでして…;


現状でどうしようか迷い始めました。


いずれにせよ音質は良いので、完全に好みですな。


どーすっかなー?;
※あと、Windows立ち上げるたびに確認押さなきゃいけないのが面倒になってきてはいる←


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0