So-net無料ブログ作成
検索選択

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

緊急修理…にはならないですんだっぽい [車]

久々の車ネタですな。
昨年の修理連発からしばらく何も起きなかったのですが、車検の時期が来たので、そろそろお願いに行かなきゃいけないなーと思ってて。

前より車の稼働回数が減ってるので、意図的に動かして保守走行してるんですが、今日のはその間に起きた!;;


ふと気がつくと「エアバッグチェックランプ」が点滅してるじゃないですか!!;


車庫から出したときには問題無かった…てことは走ってる間に点灯したと。
慌てて予定変更して、車検(前回のメーター変更があるので、持ち込み車検してもらうことになった)のお話と混ぜていつものお店へ。

やはり、エアバッグチェックランプ関連はディーラーじゃないと弄れないとのこと。
これ、当たり前の話で、リセットツールがディーラーにしかないんです。
故障診断ツール自体、自分で手に入れるのは結構な事になりますので、個人整備の話でも買うのは現実的じゃない。
(ていうか個人で買えたって話聞いたことない)
(書いてからすぐ調べてみましたが、どうやらもの自体は買えるみたいですな)


んましゃーないので、車検の予約を済ませ、その足ですぐ近くのディーラーへ駆け込む。


…正直ね、ライトチューンとはいえ純正ROM書き換えECUなんでちょっと受けてもらえるか不安でした。
が、ずいぶんと日産のショールームの雰囲気変わりましたな。
当たりが柔らかかったので、相談しやすくなってました。
やっぱり当時相当言われてたので、さすがにちゃんとしようって話になったのか、こちらとしてはありがたかったw

で、無事に見てもらえることになって、診断コードまで説明受けられまして。

なにやら、「運転席周りでのステアリング周りのエラーを一度検出してます」という確認ものだったらしい。
つまり、カプラーの接触不良も含め、現状問題出ていないけど、エラー出ちゃったから見といてね、というものだったと。

いやぁ、それ聞いて安心。


ただ、ここで気になったのが、うちの車はステアリング交換で、ステアリング周りのパーツはエアバッグのところがダミー抵抗に変更になっているという事。
記憶が正しければ、10年経ってます。


さすがにそろそろ抵抗ダメかな?


ってことで、とりあえずECUメモリリセットで警告灯は消えたので、このまま様子見で大丈夫だろうと。
何か出たらそこで部品交換やらないといけないかもしれないってお話で終了。

まー、スパイラルケーブルが逝くのは考えられないので(変なボス変更作業するとあり得るけども)、
自分でやるの危ないので、当時ちゃんと車検取れるオートバックスでやってもらった作業なんですな。
で、今まで問題なかったので、そこじゃないだろうと。
(外していろいろやってたらアレだけども、年数考えるとそこじゃないだろうと)


てことで、第一段階になるけど、一度ステアリングボスごと交換するか、抵抗だけ入れ替えるかのメンテしようと思います。



実はね、このダミー抵抗入れ替えって結構気をつけないといけない作業なんです。
というのも、ECUへの電力供給を完全に絶ち、しばらく放電した状態で作業を開始しないと、抵抗値エラーでチェックランプ点灯、そのままディーラー操作という流れになっちゃうのです;;

確か10分放置必須だったかな?

自分、失敗したくなかったし、道具的に外すの怖かったんで頼んだんですよねぇ

前は安いの使ったし、今回入れ替えるのだったらちょっと良いステアリングボス入れようかな?


(慌てて書いたらABSとか書いてたので修正しましたw 失礼しましたw)


<2017/06/19 追記>
さて、実はこの話続けていろいろ調べまして、リセットのやり方を覚えたりとか、
純正じゃないまでも、ツールが存在してて、そっち持ってると割と後でいろいろ使えるよ?とか知りまして、現在今後のメンテ考えていろいろ用意しています。

OBD2用の配線規格とかも調べたんですけども、結局空きポートの関係で車種別出ちゃうんですねぇ…
基本データ取得の端子だけ繋いで情報読み取る装置はできてるんだとよくわかりました。

しかし…ER34の故障診断モード、スーパーカーの「儀式」かというような操作ですな(笑



<2017/06/20 追記>
その後ちょっと大丈夫だったんですが、またエアバッグ警告灯点滅。
出先で簡易故障診断モードからリセットで消えましたが、帰ってきてすぐにエアバッグキャンセラー(ダミー抵抗)を発注しました。
残しておいて良かったと思ったのは、当時つけたときに引き取った箱から全部あったので、自分がどこのメーカーつけたか調べられたことでしたな。
…安いのつけたと思ってたら、ちゃんとワークスベル使ってました(ぇ
※だって車検だけ意識してたから、当時気にしなかったんだもん←


ステアリング交換はちょっと当時手順がわからなくて怖かったので、当時お店に任せてしまっていたのもあって(上でも書いてるかw)、
ダミー抵抗の端子がオスなのかメスなのか悩みましたが、どうやらS15とかも一緒のカプラーみたいなので、ER34が対応に書いてあるカプラー接続タイプへ決定しました。

ていうか、そこで初めて専用カプラーじゃなくて、端子に突っ込むタイプなの知ったんですが;
そりゃ最後だめになりますって。
ワークスベルの商品で入れ替えようかと思ったんですが、差し込みタイプなので接触不良再発を避けるために除外。
…コネクタだけ手に入れば自分で作れる範囲なんですけどね;
※あ、くれぐれも自作の時はプリント基板用のカーボン抵抗はやめましょう。
 できるならクラッド抵抗タイプで容量大きめにとらないと、最悪抵抗が破裂なんてこともありうるので;


でもって、作業としては多分ヒューズ引っこ抜きタイプ試すと思います。
バッテリー外す方だとセキュリティの「電圧降下検知」で鳴ってしまいますので;
その状態で10分待ちとか、近所にも自分の心臓にも良くないw


久々のDIY修理ですが、割と簡単にできそうなんでほっとしてたり。


しかし…ちょっと高いけどクイックリリースつけたいなと思っちゃう自分がいる←
スパイラルケーブルを動かさなければ、エアバッグキャンセラつけられてれば割とトルクレンチ一本で終われるんですよね。
やり方知ってるとついつい考えちゃうけど…もうサーキット行かないのでそこまでいらないかなと思いつつも、バケットシートなんで入れ替えてみたいよなぁと思ってもみたりw


※ちなみにノーマルステアリングは押し入れに圧迫かからないようにしてしまってあります。
 ちょっと汚れ目だけど、レッドステッチきれいに残ってますので、もったいなくてw

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0