So-net無料ブログ作成

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

ER34エアバッグキャンセラー交換 [車]

さて、注文していた新しいエアバッグキャンセラ(と、日産のコンサルシステム互換装置)が届きました。
DSC_0210.JPG

うん、セメント抵抗で容量確保した感じの商品ですな。
これなら安心して使えそう。

で、早速作業開始。

今回はバッテリーを外さず、「エアバッグヒューズ(運転席下)」と「ホーンヒューズ(エンジンルームヒューズボックス内)」を外して作業。
んま、誤作動防止だねこれ。
多分バッテリー外してないので、この場合は一度警告灯が点灯するでしょう。
(ていうか、点灯しましたw)

ステアリングを外して、角度調整スペーサーも外して、該当のキャンセラーを取り外す。

DSC_0213.JPG

あれぇ!?;
ワークスベルのエアバッグ対応ボスを当時買ってつけたはずですが、差し込みタイプじゃなくて、ちゃんとカプラーじゃないですか!
つか、先端にヒューズついてる…
ヒューズ確認するも切れてない。

一瞬「まさかスパイラルケーブル側?;」って思いましたが、どう考えてもそんな気がしないので、
とりあえず新しいのと交換して様子見しようと作業続行。

DSC_0214.JPG

うん、接点が減るのでトラブル減りそうだよなこの方が。
ちょっと手持ちの配線用テープが短めで、一周と1/3位しか巻き付けられなかったけど、一応留まっているので後日必要ならやる方向で。
多分しっかり張り付いているので大丈夫だと思うけども…w

元に戻してから、キーのON/OFFとドアスイッチ連打の方で、診断モードを立ち上げ、無事警告灯消灯。
しばらく走ってきて、一度エンジン切ってから再度試して、点灯しないのも確認。

これでダメだったら、スパイラルケーブル側も加工してギボシ端子化して対応予定。


でもって……外した方を戻って観察してみる

DSC_0215.JPG

ん?ハーネスの真ん中で盛り上がってて…まさか表面実装使ってるとか無いよな?って思いながら、
熱収縮チューブを切り、端子も引き抜いて状態チェックして愕然となる。
DSC_0217.JPG
写真のちょっと形が変わっているところは…なんと半田無しのカシメ端子!(ぇ
そして、端子側はなんと…ちっさなカーボン皮膜抵抗(?)の足を曲げてカシメめてある!!;;

そうか、これで接触不良起こしたな?と。

おそらくカーボン皮膜抵抗なんで、ヒューズで保護って考えなんでしょうけど…接点増えるし、熱当たるしで抵抗値高化起こしたのかなー?;
精度表示で金来てるからカーボンだと思うけども…燃えるの怖いよねこれ;

んま、抵抗って寿命あんまり聞くことないですけども、消耗品として考えておこうと思います。

この黄色いコネクタ、電子パーツのお店でないだろうか?
後でストアで形見てみようか。
端子だけ手に入れば、ハウジング生きてればかなりメンテできる気がしますし。
※ヒューズ側は普通に売ってるやつなので簡単である

でも…まさかの半田無しですか;;
長く使ったら緩みますわなぁ;

このケーブルは残しておいて、補修に使えそうなら使いましょ。


しかし…思ってるよりちっさい抵抗使われてたんでビックリですな;;
※この抵抗、多分単価数円ですよ(ぇ
 ほとんど専用コネクタ代だろなぁ


<2017/06/25 追記>
えーと、時間おいて調子見ておりますが、現状で再点灯なし。
あとは車検持ち込みの時につかないかどうかか。

でもって、思ってたより多めにアクセスがあるので、日産コンサルトシステムの簡易故障診断モードのやり方だけ書いておきましょう。
※以前オークションで手に入れた整備要領で確認しました。

えーと、エンジンキーをONにしたときに、大雑把に分けて「ユーザーモード」と「故障診断モード」の2種類に分かれます。
前者は言うまでも無く、いつも乗ってどっかいくときのエンジンスタートです。
後者の方だと、警告灯がついたところの点滅パターンで「症状」を表示する状態です。
つまり、後者に一度切り替えて試す、ということですな。

故障診断モードへの移行のやり方は…

1.イグニッションキーをONまで回す。
2.7秒以内にドアスイッチ(ドアを開け、Bピラーにある蛇腹状のカバーのスイッチ)を5回以上連打
 (つまりON/OFFを5回以上繰り返す)

これでモードが切り替わります。
※同じ事を繰り返すとユーザーモードへ切り替わります。

故障表示が出ていないときにこの操作をしても、ドアスイッチを使った故障診断モードへの切り替えは行えません。
(お試しで起動はできないよって事です(^^;)


で、運転席エアバッグの状態が正常であればエアバッグ警告灯は

7秒点灯→2秒消灯→3秒点灯→2秒消灯→3秒点灯(以下エンドレス)

になります。

運転席側インフレーター(つまりエアバッグユニット)に問題がある場合は

7秒点灯→2秒消灯→3秒点灯→2秒消灯→2回点滅→2秒消灯→3秒点灯(以下エンドレス)

となるとのこと。
センサーユニットの場合は点滅が7回になるらしい…
他にもサイドエアバッグとかいろいろあるんですけど…数多すぎて書き切れないのでここまで(^^;
(3秒点灯が信号の区切りの合図で、点滅パターンが複数出るときはその分箇所が多いとのことです)

で、コンサルト操作機器を使わないでリセットするには、該当箇所を直して、
故障診断モードにしてからキーOFF、再度ONでユーザーモードに切り替わって終了。
(付け替えて無くても、故障診断モードで正常値になってるときはON/OFF操作で良いみたい)
…逆に言えば、直ってないと診断モードから切り替わらないそうです;


これ、整備要領持ってないとわからない話なので、あとは日産コンサルトシステムを入手して弄るパターンも考慮に入れておいた方が良いです。
※ちなみに今後のことも考え、輸入品ですが互換機器入手しました。(ググると出てくる割と有名な商品です)
 まだ使ってないですけど、レーシングカー並のデータロガーに使えるのでちょっと驚きました。
 純正使いたい方は、オークションとかで探すのが良いのかな?
 ちょっと高いので悩みますし、ER34はOBD2じゃないので、旧コネクタ仕様買うとその後大変ですが;
 (純正OBD2の方を用意しても、旧コネクタ変換ケーブルがあれば互換するので使えるらしいです)


バイクもそうなんだけど、自分である程度メンテする方は、整備要領を時間かけてでも手に入れた方が良いです。
……車のは全部集めるとどエラい金額になりやすいんですけどね;;
(そう考えるとバイクの要領書って安いよなぁ…)

整備要領持ってると、自分でばらすときの手順とかも書いてあるので便利です。
合わせてパーツリスト持ってると、ある程度の金額も見られる。
…パーツの価格が都度変更になるので、参考程度にしかなりませんけどね(^^;


<2017/06/26 追記>
ちょいっと合間に。

今朝方、持ち込み車検で預けてきたんですが、先ほどどうしても必要になるような交換はなかったという連絡が入り、車検費用確定しました。

つまり、エアバッグキャンセラー交換した後、問題はなくなったようです。良かったw

あとは車検受けて終わることだけ。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

スマートフォン専用ページを表示