So-net無料ブログ作成

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

O2センサーの話続き 02(とはいえ完結) [車]

はい、ちょっと早めにすべてが済んでしまいましたので。
(あんまりにも暑くて、お茶だけで足りずにOS-1飲みながら←)

先ほどですが、無事に新品のO2センサーに交換が終わり、排気ガスチェックでもしっかりと基準値以下の超余裕ある状態に戻りました。
いやぁ、ほっとしますねぇw

最近は夜中の首都高で抜き打ち車両チェックもあるみたいですので、RECスタ出て夜中に帰宅とかで首都高使う事もあり得るので、ホント心配ごとは取り除いておきたかったので助かりました。


で。
問題だったCOとHC濃度は基準値の1/3まで落ちたので、やはり触媒ではなくO2センサー寿命だったと断定できそうです。
調べてみると5年に1度くらいで交換、なんてお話も出てきますので、今までほっといた方がよろしくなかったみたいな感じですかね。
これからは車検3回に1回は交換費用として計上しなきゃいけませんな。
※だって今回の、事故修理で入れ替わっていたとしても10年は経ってますし、そこで入れ替わってなかったとしたら20年近く使ったというイレギュラーすぎる話ですので(^^;


そして、これまた検索すると良く出てくる「O2センサー交換したら燃費良くなった」みたいなお話の方。
うーん、まだ燃費に関してはデータ取れませんけども、明らかに違う点はあります。

「アクセルのツキ」は劇的変化してます。

回転数の上がり方が新車のような感じになるので、劣化するとやはりレスポンスダウンに繋がる部分はあるみたいです。
※クラッチミートの位置が手前にある気がするくらい違います。

アクセルを「チョン!」とつついただけでエンジンが反応するくらいですので、当然リアのグリップ感が違う。
「こんなに前出たっけ?」って思うくらいなので、相当息切れ(燃料ポンプの症状じゃないよ?w)みたいな感じで、よっこらしょ回転してたんでしょうねw


しかし、「0.1V~0.4V」と「0.7V~0.9V」の範囲を状況で入れ替える、という処理らしいのですが、
まぁ0V張り付きはあるわ、0.6Vで止っちゃってるわ、2つの範囲のどっちにもつかない感じで行ったり来たりするわ、交換前はどんだけ状況悪かったのかと;
※ちなみに新品でも0V出てましたので、酸素量で同等が来ると電位差出ない条件あるんでしょうね。


まー新車みたいなレスポンスなんで、今回の突発出費は費用対効果絶大だったと言っていいでしょう(`・ω・´)


車体の状態にも依るけれども、どんなグレードの車でも長く乗ろうってんならO2センサー交換は渋っちゃダメですな。




…そういや調べていて思ったんだけど、大学の頃にサークルの仲間が「うちの車(AT)がエンストしやすい」って言ってたんだけど、オイル交換しなさすぎだったの聞いてあきれて交換勧めたけども…ひょっとしたらO2センサーとエアフロ汚れだったかもしれないね;;
※気にかかっているのはATフルード交換も勧めてしまったので、その後わかるようになった「ATミッションのオイル交換をこまめにしていない車両は入れ替えちゃダメ」にぶつかってなかったか今頃心配していたり←
 …心配したところでもうその車両現存してないでしょうが;
 (90年代はあんまりATフルード交換リスクの知識が広まってなかったんですよ)

今回の件とはまったく関係ありませんが、ATミッションの手入れで、長いことフルード交換をしていなかった場合、
気になってフルード入れ替えたいなら「フルオーバーホール」必須だと考えてください。
というのも、どうやらスラッジ(金属がこすれることで出る金属カス)が汚れたオイルと絡まって固着して、交換だけだとそれが取り除けなくなってしまい、オイルラインを塞いでブローする、という可能性が高まってしまうことからなのですな。
もし、ATフルードにこだわって交換をしたいと思うのなら、新車時から決まった走行距離数で確実に入れ替え実施することです。
…結構短いスパンらしいですよ?w
んま、俺なら車検毎に指定すると思いますけども。
※MTの場合は、クラッチ交換で入れ替え必須になるため、そこまではよほどハードな走行しない限りは引っ張れます。
 ただし、LSD入れてる場合は、そちらは3000km程度で交換(2回目以降ね)が必要です。
 やんないとスリップしちゃうらしいので。


んま、そんな感じで、大事に乗るならメンテ費用は覚悟しましょう、っていう自動車整備系のお話でしたとさw



とにかく基準クリアできて良かったー



<2017/10/18 追記>
さて、車検からとりあえず3ヶ月は経ったので。
その後、凄く快調な状態が続いております。
実はうちの車はエンジン載せ替えの後、一度もAACバルブ洗浄(もしくは交換)をしてないんですが、AACバルブやるより先にO2センサー疑った方が良いんじゃないか?と思うくらいに快調です。

割とキツい坂道で加速したくなって踏み込んでも、すぐに反応してくれるので気持ちが良いですな(´ω`)

いやぁ…こういう話はホント長いこと同じ車に乗り続けないと覚えないですね。

エンジンチェックランプが点灯しない状態での交換でしたが、燃調関連で不調が続くようならO2センサーは見た方が良いと思います。

多分、前のやつはECUチューン(現車合わせ)する前にAFC Neoで簡易調整してて、それの一部が合ってない状態を続けていたからってのもあると思います。
吸排気は割と何もせずとも交換して使えてしまうのでそのままになりやすいですが、寿命考えるとちゃんと調整まで考えた方が良いですなぁ…

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0