So-net無料ブログ作成

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

PC更新いつにするよ?Part.2 [PC・MAC]

以前にも同じタイトルしてましたしw

今年は冬からIntelでKaby Lake、AMDではRyzenが出て、両者せめぎ合いの構図になっていたりしますが。
うん、X299系マザー用CPUで半分決めかけていたので、商品選定そろそろ入ろうかな?なんて思ってた矢先。

今度はIntelがCoffe Lakeを前倒しで出すなんてお話しするから、さらに混迷を極めているような(笑

いや、自作PCやってると面白くてたまんないんですがねw


IntelもAMDも両方入れたベンチマークテストと考察をいろいろ拝見していて、やはりAMDは外す方向にしました。
というのも、どうやらAMDのCPUだと、旧来の互換性の部分にかかわる浮動小数点演算でちょっと違うスループット用意してるみたいで、そこだけドカンと高速。
対して、メモリレイテンシーに関してはIntelに及ばない結果を見て「?」が点灯。

コレって…ひょっとして「メモリ高速化で頭うちしてるのを、処理側の結果排出を早めることで対応してる?」と考えました。
そうなると、Ryzenマザーでメモリモジュール選定がどえらくわかりにくいランク分けになってるのがなんとなく飲み込めるような気がしたのですな。

それに、スループットの処理がよくわからんジャガーさんですけども、もし特定の指令に対してチェックをスルーするような処理があったとしたら…;
ええ、これって発表会の映像見ていて、Intel+GeforceものとRyzen+Radeonものの表示結果が微妙に違うのが見えていたのが飲み込めてくるんですよ;
※ビデオカードの発表の時には顕著で、雪のかぶった描写がIntel側では「雪の間に地面が見える」処理だったのが、Radeon側では「雪で全部覆われている」っていう違いになってるところがあるのです。


…だとすると…個人のゲーム用とではRyzenは非常に良い選択肢なのかもしれませんが、クリエイターPCでは相互マシン間で何らかの結果違い出して困るんじゃ無いかと心配しちゃうのですな;

てことで、Windows側のAMD指令が対応完了、M/B側の再起動問題が解消するまでは選びにくいかなと;
※個人の考えなので、あくまでもこんな意見あるよ?で終わらせてください。
 まだ自分でさわってないので憶測たっぷりです←


となると、X299で行くか、何ですが。
コレもコレで結構悩ましい。

というのも、Intelの発表で、CPU内部に回路仕込んでThunderbolt周りを使えるようにする、
来年からThunderboltをロイヤリティフリーにして展開する。
なんて話が出てますので、できれば簡単に対応できるZ270の方がよりやれること多いわけで。
※X299でもできると思うんだけど、追加ボード対応なのでちょっと古くさく見えちゃうのがネック。

この話、Coffe Lakeでやるよ?って確か言ってた気がするので、もし前倒しで展開始まるなら、Coffe Lake使うのが一番良いんじゃない?みたいな発想も出始めて……
しかも6コアの用意があるとか出たら、Z270が選択肢に戻ってきちゃうわけです。


うん、今すっごく悩ましいです(笑


まぁ、Z270で組むのであれば、間違いなくASRock SuperCharger使う気がしますけども←
※最初からThunderbolt載ってるの今んとこASRockではこれだけだし。

あとは…うんX299だとディスクリートになるはずなので、構成や消費電力考えるとちょっと今のX79と変わらない感じになりそうなので、若干選択肢として弱いんですよねぇ…
クロック的には上がるので良いんだけど、結局Core i7 7820X以上じゃないと、今の構成を超えられないし。
(初回販売ではみんな7820X狙ってたのか、あっという間に在庫なくなって、ああやっぱりそこみんな見たかと思いましたw)


てなわけで、また数ヶ月スパンで様子見確定状態になってます。

やーDAWを念頭に置かないといけないので、変なの用意できないから悩みます。
※実はAMD選びにくいのは、ソフト音源的にAMD対応のあるなしが極端だったりするからなのもあります。


んま、また来月にでもショップ回って動向調べませんとね。



そうそう、M.2のSSDも導入考えたんですけども、いろいろ調べていくと、自分の用途ではPCI-e SSDの方が実用的になっちゃうんで、これまた普通とは違う意味で選べない感じになってます。
というのも、排他仕様の関係で、データードライブを数台用意しなきゃいけないんですが、そこで接続先が減ってしまうので困っちゃうわけです。

…なんとも足かせのある(^^;


とはいえ、実はこの悩む行程が一番面白いので、楽しんでたりしますけどもw

まーなかなか楽しいもんですw



どんなマシン出来上がるかなー。楽しみですw


<2017/08/03 追記>
さて、いろいろ情報が細かく上がってきてるので、マメにチェックしてまして。
どうやら200系チップセットでは互換性がない、とか、Intel側は300系を用意する流れがあるって話がある中、
CPU仕様がでてきたりで、なんとなく想像している構成がそのまま来るのかな?という雰囲気。

結果として、おそらく300系チップセットのM/Bとの組み合わせが必須になるかなーと踏んでます。
つまり、ThunderBolt回路搭載の話があるんで、それに対応したマザーじゃないとコネクタ周りの仕様が切り替わらんって考えられるって事です。

まだまだ様子見。


なーんて思ってたんですが;
数日前から突然G-Tuneノートの調子が一気に悪くなり始めました。
ソフトやOS的なところじゃなく、なんとキーボードのShift同時推し入力で特定キーのみ反応が出ないという。
個別だとちゃんと入力されるし、再インストール作業しようとしてもそこで同じので、メカの内部処理なのは明らか。
そんな中、おとといくらいからは勝手にシャットダウン処理が入るという;
熱暴走疑ってクーラー分解清掃とグリス変更したけど改善せず。

仕方ないので涙のんで、Coffe Lake出るまでまだ時間もあるし、その分頑張って取り返してやる!って気持ちでニューマシン調達することにしました。
今度はクリエイターノートにしますか。
※G-Tune買ったときはまだクリエイターモデル無かったんだよね

昨今はノートも性能が爆上がり気味なので、やっぱりいろいろトラブル出やすくなってますなぁ…
前に使っていたMacBook Proもロジックボード上で無線LAN系すっ飛んじゃいましたし…
※それでも今のは4年以上使えてますから耐久性的には妥当ですけどねw

…しかし…今の最新ノートって前より高いよなぁ;;
そんだけ技術詰め込んでるんだろうね

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0