So-net無料ブログ作成

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

新エクストリームクエストとか新ストーリーとか<PSO2> [ゲーム]

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

pso20180323_032309_007.jpg
今年も桜がロビーに咲きました。そしてEP1~3はあの桜の木の根元に眠っています(やめなさいよ



てなわけで、アップデートで大がかりな変更があったわけですが。

とりあえずやってみようっていうんで、新しいエクストリームクエスト「極限訓練:地球と幻創」やってきまして。
このクエスト、4人までっていう受注条件ですけども、よほど腕に自信がない限り4人で行った方が良いですな;
3人で行ったら、もうそれだけで難易度激高状態でろくすっぽ最初のデウス様でクリアできなかったんですが、4人そろって行ったらいとも簡単に最後のステージまで。

…うん、最後のステージまでって言ったのは理由がありまして;
いやねー普通にいけると思ってたら攻撃力半端なくて、いつも避けてて簡単にやり過ごせる攻撃が即死級のものに変わってたんですよ;;
ええ、かすっただけでペロるんです。
もーこれ最初気が付くまでに連続で当たって「えっ!?;;」で半パニックへ←
とりあえずクリアできましたけども、次からはステージ5はなめてかからないようにしないと;
(ちなみに「独極訓練:狂想と幻創」の方は、まだファレグ様の方がダメなので行ってません)

そうそう、ダークブラストとスケープドール系が使えませんが、ムーンは投げられるので全滅しなければ大丈夫です。

これ面白かったなーw
こういう感じが良いんですよね。


でもって。
今回は新ストーリー追加だったので、ノルマ終了後に行ってきました。

えーと、うん…



やばいよ今回の…すっごく好き!w

まだやってない人が多いはずなのでいつも通りぼやかしますが、ルーサーすんばらしすぎ。
EP1~3が廃止になったさみしさを払拭するような立ち回りで、逆に高揚してしまいましたなw

一つ目のクエストは、なんかもう俺が先日書いていた話でも読まれたのかと思うくらい、その形が具現化したシナリオとクエストで、「そうだよ!こういうのやりたかったんだよ!!」って素直に喜んでしまったくらい楽しめました。

で、ルーサーと戦うシナリオがある以上「オメガ・アンゲル」と戦うお話になってるんですが、
このオメガ・アンゲルがデザインと言い攻撃アニメーションと言い、超かっこいいんですよ!!(`・ω・´)
Wikiには「行動パターンはほぼ一緒」ってありますけども、やってる方は全く違うんじゃないかと錯覚するくらいに新鮮さがあります。

俺が特に実際に見て欲しいなって思ったのは「グラン・メギド」のパターン。
ファルス・アンゲルの時は赤い球が飛んでくる感じでしたが…これのアニメーションがめっちゃかっこよく変化。
…見とれてるとやられるぞー?w ※初見だと多分一回目だけ絶対食らうと思うw
あと、割と視点移動が多めになるので、常に行動パターンを把握しながら行く感じにしないと被弾しまくると思います。


ルーサー倒した後のシーンがまたジーンとくる流れで…
新たな謎が1個追加されてしまいましたが(都合多分2つ見えると思うよ?)、こんなにも「きれいなルーサー」見られるのかと思ったよ。

ここへ来てまさかのEP1に繋がりそうなことをルーサーは話すし、アカシックレコードに沿った記録が見えているんだとすれば、「あれ?てことはアレはここと繋がってこうなって…EP4は必然になきゃいけなかった?」となるような流れを感じます。
(この部分はシャオとの会話で若干ぼやけてますので、合ってるかどうかは不明ですな。そもそもEP3の段階ですでにシオンが知らない未来へ転じているので、過去の話がどうなっているかは今後の展開次第だろうなと。ただ、安藤にあの能力が付与されているのはなぜなのか?っていう部分が見えそうで楽しみですw)


で、難易度の方ですが……最高!w
これくらいの緊張感で、かつこれくらいの時間であればぎりっと噛み応えのある感じで楽しめますな。
俺は今回の調整は好むほうです。
ちょっとだけ手に汗にじむ感じで、かつSを取ろうとするとちゃんと考えなきゃいけない。
アレです、PS版リッ○レーサーでライバルとして登場する速い車をゲットするような難しさ。
あの「負けてもゴールできるタイム」みたいな雰囲気でCが出るので、ホント終わってから「あ、これならS取りに再度行こうかな?」って思えるレベルでした。
うん、俺みたいな凡人プレイヤーにはこれくらいがいいw


でもって称号なんですが、EP1~3の廃止とともに新たなネーミングで出来たものが取得扱いになりましたので、エクストリームクエストの称号と合わせて昨晩1000個へ達しました。
……称号の数の分スキルがあれば良いんだけど、そうじゃないのが悔しいみたいな(


そんな感じで、ストーリーがあまりにも良い感じだったので、とても満足なプレイが出来て楽しかった夜。

<余談>
EP1~3が廃止になった影響なのか、割とレスポンスの面で操作感が若干軽めの方へシフトしてるかもしれません。
直前にNVIDIAのドライバが最新出てたんでその辺の影響もありそうですが、自分の入力の遅れとかがしっかり見える感じがあるので、今一度フレーム構築した方が良いかもしれませんな


<2018/03/23公開直後の追記>
さて、公式で新エキスパート条件の公開がありましたな。
今までの記事で「先送りが妥当」って俺も言ってましたが、総合的に見て今回の内容であれば俺は支持できるかなと考えています。
というのも、今回のはスケープドール使えないので、本当に考えて行動できないとクリアできないという、
「実質、運営の言うとおりになる一部のプレイヤーのみを通過させる」という「本来のエキスパートの意味」を表に打ち出しているといえる内容だからです。

ん、この記事でも言ったけども、「負け確定でも通過できるタイム」と表現したあの話に近いところなので、これはエキスパートと呼ぶにふさわしいプレイヤーのみが取得する話で納得できます。

でもって。
この結果、従来の枠でエキスパート未満に収まる(俺もその一人だ)プレイヤーの「無駄な切り分け」がなくなるので、以前危惧していた「目の前で良いプレイが見られない」の解消にも結果的に繋がるはずです。
(あくまでも前置きとして「寄生放置」や「上らない人」は論外なので眼中に入れていません。すでに文句言ってるのがいるけども、論外側にいる人はまず自らの考えがズレてないか考えましょう)


だってさ…俺の今までの経験からマルチでそういう人に会ったの、幸運にももうすぐ6年になる今のこの時間までで「2人」しか見てないんですよ。
クローズアップされやすい時代なのもあるんでしょうが、迷惑行為として報告が出来る状態として対処されるという形と言うことは、元々ごく少数であると言うことなんでしょう。
(引きが悪くて回数見たら嫌になるとは思うけどね;そこは言いたい人の気持ちはわかるよ。努力してるの無駄にされた気持ちになるだろうから)


だから、俺は今回のエキスパート条件の置き方が予想と違ったのがとても嬉しいです。
これがまた前回と同じでムーンごり押しで置けるんだったら「ふざけるな」となっていたでしょう。
※だって二重の意味で良くないんだもの。ハーフドール以外で手持ち切れたら課金な訳ですから。
 それはエキスパートが金の力状態になってしまうことを意味するので、本来公平じゃないんです。

結果、エキスパート称号もらえなくても俺は結果として受け入れられそうなんで、こういう形で良かったなと思う次第で。
(とはいえ、極限のほうクリアしてるんですでにエキスパートな訳ですけども←)


なので、まだファレグ様攻略出来てないんですけども、ちょっと頑張って独極側をこれから詰めてみようと思います。
そりゃもう他すっ飛ばしてでも。
(まぁそのためにストーリーを先に埋めておく理由にもなってるんですけどねw)


てなわけで、がんばるぞい!


<2018/03/24 追記>
そういや書いてませんでしたが、先日上手い方がチームに入られましてちょいちょい教えてもらってたりしますw
で、新独極に関してはとりあえず10回ほど入って、デウス越えるのがまだ出来てない感じ。
とはいえ、アドバイスもらって徐々に良い方向へは向かっています。

あと、割と勘違いしてる方多いみたいなんですが…新エキスパート条件は「独極または極限」になってるので、4人用の方で行ければおkですよw
つまりエキスパートに入ってるってことは、この辺のコミュニケーションもちゃんと持ってるって話も含まれているよってことですな。
…ぼっち救済にはちと大変かもしれませんけども;;
ていうか、ぼっちで上手い人って突出しやすいタイプ多いだろうから、それはそれでなんか他の形になってるのかもしれないけども(^^;
※おそらく極限であっても、プレイスキルがほとんどない人(一定のことが出来るかって話なので、決して悪い意味じゃないよ?)が1人いると、割とどうにもならない状態になってしまう可能性が高いので、最低限の行動が出来ている人ならば集まればなんとかなる、という考えでしょう。
 俺がやってみた感じとしては、「複数いるエネミーのうち、1体だけでも囮になって引きつけて危ない状態にならないように立ち回れる人」って感じです。
 (実はこれが出来るのであれば、時間かかってもボスエネミー倒せるんですよね。初期のヴォル・ドラゴンみたいに)


んま、偉そうなこと言ってるのでオチ入れときますと、俺もHrで今までとは違うことを独極側では覚えなければならないので、割とワタワタして手が痛いというような状態にいたりします。
※わかりやすいようにするために、無意識に行動をシンプル化しすぎていたという弊害が出てるってことです。
 それでも普通の緊急では問題ない状態になってますから余計に気が付きにくいですな。

ほんとね、わかってはいたけども、タリスで上空に上がってひたすら撃ち続けるっていう攻略があるんですが、油断してると撃ち落とされるので、その辺で回避する行動を入れなきゃいけないとかあるのです(っていうのをアドバイスでもらいました←)
で、何すれば良いのかはわかるので、それが頭の中でロジック化出来るかどうかで今挑戦中です。
Guの頃はTMGでそういうプレイしてましたけども、Hrだとアクション違うし武器変更をかけないと行けないので、PAの組み合わせとかどのタイミングで長押しで行くのかを覚えなきゃいけません。

これできたら黒竜たぶん凄く楽になるだろうなって思いましたハイ。

付け加えておくと、教えてくれた人は教え方すっごく上手いです。
こっちが考えて「こう?」って言えるような感じで話ししてくれるので、理解が早まるみたいな。
こういう感じが出来る人が「教える側」になるべきなんですよね。


正直に言って、独極の方が難易度が馬鹿高いはずです。
おそらく、こっちを解放条件で選んで抜けた人の方がプレイスキルは高い状態になるでしょう。
※だから、極限終わった後なのに俺もちゃんとやろうって思ってるのだ

で、ここまで来てはっと気が付いたんですな。
記事本文で書いた「リッ○レーサー」に例えた雰囲気のこと。
この独極も極限もちゃんとそこ見えるんですよ。
なんていうのかな…今回のはすっごく頭の中でパースが「パチン」と填まる感じが心地よい。

「一定の結論」が導き出されたと考えるのであれば、まだ余地はあるのかもしれないけれども、大きなものを掴んだ感じなので俺は素直に喜んでます。

それくらい、今回のアプデは良い方向に向いてると思うよ?w


<2018/03/26 追記>
さて。
チームメンバーでまだ終わってなかった人(その人ももちろん今までの基準のエキスパートです)もってんで「ノリ」(←こことても重要)で行ったんですが、なんの打ち合わせもなくやったら1回目だけ4人でも大変なことになりましたのでご報告まで。

うん、新極限では攻略であーだこーだ細かく入れるんじゃなくて「俺これやっとくね」程度でも会話があるとないのとでそれだけ大変化するってことです。
ね?コミュニケーション力試されてるでしょ?ってお話ですな。

つまり集団でやる場合の最低限のお話ができるかできないかがここで出ちゃうので、それすらできない人は…ってことなんですな。
今回、仲の良いメンバーで「まーなんとかなるべーw」だけで行ってこれなんですから、ある程度話すって重要だよねと言う。
(ひっくり返せば、野良である程度動く人は妙に変なことは一切言わないってことです。そこをチェックに入れたんだなと言うのが俺の感じた結論ですな)

つまりここにも「考えて動く」という物を加えられているというわけ。
闇雲じゃだめよってことですな。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スマートフォン専用ページを表示