So-net無料ブログ作成

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

カーナビとハイレゾ対応 [車]

んー今回は珍しく実戦してないお話。

いやまぁ、今使ってるカーナビ(あえて機種とかひかえますな)なんだけども、
マップの更新スケジュール見てみたら、徐々に近年下の方へ下がっていって、もうすぐバージョンアップ終了の兆しが見えてきたなって思うようになってきたので。
※2011年に買い換えて、そこからバージョンアップで対応してました
 もう3代目か。
 最初が日産専用純正ナビ(ホログラフィックシステムのCDナビだよw)→配線引き直しで社外へ
 →バージョンアップ終了で今のモデルへ


うん、スマホが普及して、アプリでナビゲーションソフトが最近は充実してきたので、割とどっち選ぶのが今後良いのか過渡期に入ってきてるなって思ってるんですわ。

で、うちのバンドのギタリストは、俺んちに来るのにiPhoneでGoogleマップのナビ使って来ます。
まぁ、チューニングしたホンダ・ビートなんで、メーター埋め込んだ関係で2DIN使えないという(
んま、見てると全くiPhoneで事足りてるようなので、それでもいいんだなって。

んがしかし、俺、車の中でメタル聴くんですよね(

となると、スマホでやるんだとするとまずはUSBで電源確保できる状態と、オーディオデッキは必須なわけで。
……うーん;あとは肝心なポイントとなるハンズフリー処理どうすんのさ的な。
Bluetoothヘッドセットを耳に付けっぱなしとか、運転中に頭痛くなりそうですし;

で、調べていくうちに、現状ではまだ2DINに納めるのが得策だなって感じに落ち着いてはいるんですが。

そう、タイトルの通り、今から入れ替える(とはいえ多分2年は先だ)とすると、もう今年のモデルでは当たり前にオーディオ側で「ハイレゾ対応」が謳われてるんですよ。


そうなると出てくる問題が。
そう、「ハイレゾ対応スピーカー」ですわ。
もちろん現行型はすでに全部対応してるので、入れ替えるならそこから選べばいい。

けども…車のシステム(配線系)を考えるとすっごく疑問符が出るのですわ。

DAWのシステム組むのにもこの時代の変遷をまたいで、実はハイレゾ環境にハイレゾじゃないパワードスピーカーつないで、問題なく対応できてるんです。

てことで、疑問は解消すべし!と調べてみたら結構あっさりしていた(ぇ

まず、ハイレゾ環境ってどこからを言うの買って言うと、CDのサンプリング周波数の16bit 44.1kHzまでが今までのオーディオで、それ以上が「ハイレゾ」になると。

つまり、24bit 44.8kHzとかでもうハイレゾなんですね。
…サンプリングレートじゃわかりにくい話ですが、要は「再生周波数」の上限が変わるって事です。
※技術的な専門じゃないのでよく知らんけども「シャノンの定理」てので、サンプリングレートの数字の半分が上限とのこと。
 音楽士としての知識としては持ってるけど、論理の証明は音響工学側でしょう。
 …一応俺も振動系の卒論(実は4年時はメカニクスだったのだ)では、衝突波形解析だったんですけどね、畑が違いすぎますw


そう、スピーカーの再生音域がどこまであるのかって話が出てくるんですわ。
一般的には今までのオーディオの範囲で、大体再生周波数は10Hz~20kHzで切られてる感じ。
これの上限がハイレゾだと48kHzだの96kHzだの192kHzだの大きな数字になるので、相応に高い周波数が出てくるというわけ。

じゃ、最初に社外ナビ入れたときに、リアスピーカーがホログラフィックサウンドシステムで対応できないから(スピーカーのインピーダンスが普通の半分なので社外と組み合わせられない)、
都合前後すべてナビと同じメーカーで入れ替えたんですが、そのスピーカーの範囲どこなのよ?と。
※すぐに生産終了品リストから拾って見てきました。


そしたら……「28 Hz~70 000 Hz」w ※つまりサンプリングレート96kHzまでは対応
なんだよ見事にクリアしてるじゃないw
細かく設計で言うと、振動の生かし方が違うので最新には絶対叶わないでしょうが、効果としては出るのでそのまま使えるぞとw
※入れ替えても良いんだけどね。調べてみたら最新型の方がレンジ狭いの;

ってことで、やるんだったら最新バッフル入れれば割と生きるなと。


欲を言うならば192kHzでシステム組みたいけども、正直車の中でそこまでこだわらないかなってのが今まで使ってきた印象であるので、
メインPCの普段聴き用システムの96kHzで合わせれば良いかなと。
※デッドニング入れたとしても、192kHzを生かすスピーカーがラインナップにないと意味ないので;
 メーカー合わせなければできるんだろうけど、正直デモカー作るわけじゃないので、普通に満足できりゃいい。
 でもって、過去に超音波機器開発の仕事してた関係で、俺の耳が25kHz付近までは音を拾うのわかってるので、矛盾して下手にスピーカーのグレードが下げられないという;

てなわけで、やっぱり今まで使ってきたメーカーで載せ替えを予定する方向になりましたが、ついに車の中までハイレゾの世界が来るんだなってしみじみ時代を感じた俺でした。



あ、決してディスるわけじゃないのを先に言っておきますけども、大音量を作るシステムは俺は好みませんし、職業柄選べません。
※MIXが含まれるので、耳が死ぬのが一番ダメなので、最近じゃポーダブルオーディオですら音量小さめです。
 下手すると家の雑音が耳に刺さるくらい繊細になってしまってるので;
 …その割には寝てるときはシャットアウトできるんだから不思議だなとは思うけど


一度は見てみたいと思うんだけど、オートサロンが空気どうしてもダメでいけないんですよ俺;
場違いに感じちゃって。
まぁ、元々車で連もうって言う意識がないからなんですけどね;


さて、とりあえずそんな予備的な予定を考えつつも、そろそろ一年点検の時期なので週末あたりにまたお願い行ってこないと。
同時に今年は大きな変更を一個車に入れるので、その打ち合わせもしてしまわないと。


ちなみに多分代車生活がしばらく続くのだけれども、俺はこの「代車」に乗るのがまた楽しみだったりしますw
普段乗らない車だし、高い車でも安い車でも必ず「インフォメーションのやりとり」で擬似的な運転会話が成り立つので、どんどん運転操作パターンの構築が増えて楽しいのですわ。
※そんなことやってるから2tトラックや11人乗りバンまで運転してくれって頼まれるようになる←


そうそう、会社勤めの頃の会社の車まで含めていろいろ乗った中で、面白かったのはProboxとアベニールサリューでしたな。
逆に二度と乗りたくないって思ったのはEKワゴン(シートバックのガタガタが酷かった)。
思った以上に気に入らなかったのがゴーン社長になってからのマーチとブルーバードシルフィ。
あの丸くなったマーチとシルフィは、ステアリングに癖がありすぎて神経使うんだよね。

レンタカーで借りてこれは凄い!ってなったのは2代目プリウス。
レバーで最初戸惑うんだけど、覚えてしまえば何のその。疲れない車でびっくりした。
昨今、なぜか変なドライバー多くて嫌なイメージついたのがもったいないなって思ってます。

あとは…もう販売終わったから言える、周りに持ってる人いなかったので未だに実現していない、自分が設計計画立てて、図面の線がそのまま実体化した初代ハリアーハイブリッド。
パネルだけならクルーガーもそうか
※リア周り、リアフロアパネルからツールボックス、床まで携わってました。
 あとあの頃一気に入れ替わった2分割型ドアストッパゴム、アレも上司と一緒に部品選定しました。
 顔が青くなれる決定だったので、未だに忘れられない仕事だよ;
 この話で社外派遣だった俺が離職の時スカウト受けてます。断っちゃったけど(
同室の先輩方がみんな凄かったので、是非とも一度ステアリングを握ってみたい!

んまどうでもいい余談ですけども、どんなに小さな車でも、乗ったことのない車種だとステアリング握りたくなる病が未だに続いている俺でしたとさw

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スマートフォン専用ページを表示