So-net無料ブログ作成
検索選択

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

E10凪スペシャル製作進捗1回目 [RC]

さてさて、こっちも割と検索で見てる方いるのでこっちも書きませんとね(`・ω・´)

はい、先日の予告通り注文していたYeah Racingのパーツが届きました(思いっきり前だけども)

DSC_0028.JPG

パーツ的には、1台分のサスペンションパーツ一式ですな。
3Racingのダンパーは一個前の記事にあるのでそちらで。

Yeah Racingよろしく、全体的にパーツの代金は非常に安めです。
とは言え、一気に入れるには気合いりますが(^^;

組み立てに関しては、さほど難しくありませんが……ざっくり商品管理なのか、フロントロアアームは加工方向が逆だったりして若干戸惑いますが…なんと動作に問題はないという!(笑
なのでそのまま組み込み!(ぇ

さて、Yeah Racingパーツには一切不満がでな…と言いたいところなんですが、実は一種類だけ買って無駄になってしまった物が(´・ω・`)
それがこれ

DSC_0030.JPG

アーム移ってますがそっちじゃなくて…ホイールハブの方。
写真中央のがノーマル、右のアルミ製がYeah Racingなんですが…加工形状がなんとノーマルアクスル専用に削られてしまっているので、
写真に一緒に入ってるHPI純正のユニバーサルシャフトとは組み合わせられません。
もし使うなら…ユニバーサルシャフトのスリーブの長さを調整してやる必要あり…

仕方が無いので、HPIの純正オプションのカラードホイールハブへ変更しました。


でもって…このユニバーサル周り…さらに一波乱;

この中古E10は最初からフルベアリング入れてあったんですが…なんで純正が入っているのにユニバーサルのスリーブがベアリングに入らないんですか!(おこ
しかも、2setで4個あるうち、2個が入らないという50%の確率でとか、ちょっと商品管理に疑いが残りますなHPI;;
まーアメリカ工業製品なんでこんなもんなんでしょうかねぇ?
仕方が無いので、紙やすり使って調整して使えるように。

んまなんとかした!(断言

そしてもう一波乱(ぇ

またHPIだよもーーーーーorz

前回はTAMIYAシャフトで流用改造だったので気がつきませんでしたが…HPI純正ソリッドアクスルのカップ部分…中央ずれて溝が切られているという!!(おこおこ
おかげで純正オプション同士なのに組み合わさらないんですよ!!なんだこれ!!
…まぁ、ほぼ1年経っちゃってるので不良品交換出来ませんし…


な ら ば !


最初に付いていたオープンギヤデフを使うしかない!(`・ω・´)
…実はドリパケのケツカキでソリッド好きじゃないなぁって思ってたので、ボールデフライクな動きほしかったのもあったし、ちょうど良いかなと。
てなわけで、急遽TAMIYAのデフガムを調達し、デフハウジングの中へ。

DSC_0036.JPG

最初このくらいでちょっと動きが硬いくらいでしたが…もう少し効かせたいので最終的に3倍くらい入れてゴリっと効くようにしました。

しかし…HPI、E10のパーツのあの商品管理の仕方見てると、売る気あるのかと問いたくなりますな(´・ω・`)


んま良い感じに組み付けも出来ましたので、ちょっと変わり種のノーマルショックを使えるようにするショックタワーまで取り付けた姿がこんな形です。
(3Racingダンパー装着までしてあります)

DSC_0037.JPG
(なんかもうこの状態で高級感出てきちゃってるので、ほんとにE10だったのかと言いたいくらいですが(^^;)

ホイールハブが取れちゃうといけないので、歪んで使えないyokomoのCR-kai付けてますが、これはちゃんとしたのに替えます。
この状態で190mm幅ボディ対応。狙い通り(ふっふっふw

ショートダンパー付けたおかげで、使いたいロードクリアランスが5mm程度を狙えるので、相当変わりそうな予感。

ちなみに、想像以上に足が動きます!!(`・ω・´)
難があるとすれば…リバウンド調整出来ないことくらい?
まぁ…やろうと思えば「ココに追加で出来るな」てのはありますが、ちょっと自作面倒なんでやめときます(^^;


んー、やはりボディマウントが劣化で曲がってますので、新品交換しておきますか。
ボディポストもちょっと長さ足りなさそうだし。(こっちは手元に新しいのが残ってる)

いろいろ調整必要でしたが、現状で単三乾電池一本で軽く駆動系は回ります(`・ω・´)b

でー、キャンバーをちょっと付けたかったんですが…ユニバーサルシャフトの長さの関係で、
アームの組み立て説明書の最短長より倒すこと出来ません。
この段階で、「F:-3° R:-2°」確定です。
あとはスプリングで行くしかないか。

割と思っても見ない制限に当たりましたが、足が良く動くので期待は出来そうですな。


で…切れ角のほう。
一応ノーマルのナックルと並べてみてみましたが…
DSC_0029.JPG

うん、位置がちょっとだけ適正化されてますけど、ノーマルに毛が生えたくらいの舵角くらいのもんでした(^^;
…フロントまで飛ばせるように作りますか(ぇ


てなわけで、まずはこの状態で走れるようにしてテストし、その後いきますよ!イギリスからのアルミコンバージョン調達!!
ビバ送料安くなった現象!(ぇ

てなわけで、今回はこの辺で。


<2016/02/04 追記>
さて、メカ載せました。
DSC_0040.JPG

ホントは受信機をDS2じゃなくてFH3にしたいんですけど、ちょっとドリパケ弄ることにしたのでまずはこのまま。

んー、やっぱりサスの動きをチェックしてみると、シャシーがアームが動くそばから動き始めます。
シャシーロール出過ぎですなぁ…やはりもっと剛性のあるフレームにしないといけません。
もしくは、シャシーロールがもっと後になって出るように、スプリングを弱くするか。

まぁ予定組んであるのは導入しますので、これでまずタイヤ届いたらチェックですな( ´ω`)
現状ですでに良い車高は得てますが、トーアウトになってるのを直さないと。

3Racingダンパー組み立て(SAK-U314/PK) [RC]

さて、体調戻ったので、残ってるネタ2つ行きますよ(`・ω・´)

利右衛門ダンパーに追記すると言っていた方の、3Racing製オイルダンパーです。

DSC_0031.JPG
ビッグボア・アルミニウム オイルダンパーセット(SAK-U314/PK)

えーと、物としては3Racingのオンロードマシン全般用に用意されたオイルダンパーとの記述でした。
が、サイトにある「SAK-X28/PK SAKURA XI用54mmアルミオイルダンパーセット(テフロンコーティング付) 」とは別の、SAKURA ULTIMATE2014用のダンパーです。

まぁぶっちゃけ、Yokomo BD7でいう「ショートダンパー」ですな。
先に言ってしまうと、このダンパーの付属ダンパーエンド、完全にBD7とサイズ一緒なので、yokomoパーツで取り付けてしまうことも可能です。
(メンテナンスキットは3Racing使ってくださいね?(^^;)

(2016/06/14 補足:試しにセッティング用にBD7ショートのスプリングを用意してみましたが、残念ながらBD7の方が径が細く使用することができませんでした。スプリングの固さ的にも3Racingの方がより柔らかいスプリングが使えるようです。…入手性がもう少し良ければ(´・ω・`))

で、早速組み立ててみました。

DSC_0032.JPG
DSC_0035.JPG
あんまり高い商品じゃないですが、見た目高級感あるんで驚きました。


さて、走行前インプレッション。

このダンパーは、最近ツーリングではおなじみになってきているらしい「大気開放型」のダイアフラムダンパーですね。
トップキャップに最初から穴開けてありました。
試してみるために、付属のインナースポンジは敢えて封入せず組み立ててます。
前もって調べて知っていた大気開放型よろしく、押し込んだピストンは釣り合って戻りが非常に少ないです。
が、動きは至ってスムーズ。

オイルは標準として各社#300を使えとのことですが、ドリフトなので#200で組んでます。

あと、注意点としては、組み立て説明書にはOリングを仕込む際に、まずスペーサーを先に入れる指示がありますが、
シリンダー側にすでに入っているのか、はたまた削り出してその分を確保済みなのか、スペーサー入れる工程はなく、Oリング一個を普通に入れて組み立てる感じでした。

ダイアフラムの外周サイズがちょっと大きめなので、トップキャップを閉めるときにCVAダンパー組むような雰囲気になりますが、真っ直ぐ押し込めれば問題なくエア入らずに組み付けられます。
割と簡単に揃ったかな?


ちなみに、E10凪スペシャルに搭載することになったので、そちらに取り付けたんですが、
間違って買ってしまったとはいえ、これが俺の欲しかった車高へ一発調整出来るというミラクル!
しかも、スプリングがコシがある上に短めのスプリングと相まって、割とプリロードかけないで使えます!!(`・ω・´)

うーん、これは侮れないダンパーを入手してしまったかもしれない…

Yeah Racing足に総交換したE10に取り付けてる状態ですが、メカ無しの状態でものすごく良く動く足になりました。
これは期待出来そうです。


SAKURA D4では、ステアリング周りで俺は気に入らずちょっと敬遠していますが、
ULTIMATEは調べると悪い話を一切聞かないのが納得出来ました。
……安いし一台SAKURA買ってみても良いかもしれないなぁ…
とりあえずE10完成させてからですが。

まぁ、やるんならULTIMATE買いますか。
D4だとちょっとその後のパーツ変更でお金かかりすぎますので。


しかし、各社ダンパーが進化しているんだなと実感。
GPMやイーグル模型なんかで激安がありますが…ちょっとお金貯めて3Racing使った方がコストパフォーマンス良いかもしれませんねぇ。


てなわけで、この後ショートパーツ買っておくことにします。
まずはスプリング用意しなきゃ。


<番外編>
書いてすぐの追記で申し訳ない(^^;

利右衛門ダンパー交換から外した、DIB用ダンパーのお話で、「BD7のSLFノーマル用ショックシリンダーが使えるはず」ってお話をしてたと思うので、
その「実践してみた結果」をお届け致します(何!?

てなわけで、比較。
DSC_0038.JPG
似てるでしょー?w

で、肝心なのはショックキャップとかが付くかどうか。

DSC_0039.JPG

はい、ご覧の通り全く問題ございません!(`・ω・´)
ちなみに、ダイアフラムとシャフトガイドは元々品番が一緒なのですが、一応キャップとの兼ね合いもありますので、
シャフトガイドとダイアフラムを入れた状態での写真でございます!

ま、そんなわけで、とりあえずごそっとパーツを移植して組み上げた結果…素晴らしくスムーズなダンパーができあがりました!(そらBD7用の色違いができあがっただけだもんな←)

でもって、組み上げるときにもう一個気になっていた「Oリングは一個の方が良いのではないか?」というのも実行。
結果は当然といいましょうか、「1個の方が良い!」でしたw

やっぱり2個だとオイル吸ってからの張り付きが強力すぎますね;
1日置いただけでシャフトが固着しちゃいます。
数回動かせば戻りますが…動作重いので芳しくないです。

てなわけで、やはり利右衛門と同じ構成で組めば、あのスムーズな動きは得られやすいってことがわかったので、
今後はOリング一個体制で行こうと思います(`・ω・´)


あ、ちなみに上記の3RacingダンパーもOリングは一個の仕様でした。


…結局ドリパケコンバージョンのダンパーが一番扱いやすいって事かぁ…
ダンパーエンドが気に入るかどうかですね


<2016/06/16 追記>
色々検討した結果、BD7 2014ショートショックへの置き換えを決定しました。
やはりこのSAK-U314、内径Φ15mmのスプリングがあまりにも選択肢がない!
(BD7 2016用ショート2のスプリング、計ってみたら内径Φ14mmなので、2016ショートショックでも従来のサイズ全部使えるようですw あ、でもロングじゃなくてノーマルサイズの長さのみねw)

そして標準になる3Racingのスプリングを扱っているお店が極端に少なくてセッティングできない(´・ω・`)
びっくりしちゃったのは、検索で出ないかと調べても、なんと海外RC通販でも出てこないんですよね;

で、一応チャレンジで3Racingの公式サイトから通販しようと、スプリング4種をカートに入れてみたら…送料がEMSで1800円!!
しかも通常国際郵便に切り替えられるのかどうかもわからない!!(ぇ
…商品代金が単純に2倍になるというミラクル仕様で断念(^^;
しかも日本語変換がおかしいので、なんか買おうとしても操作間違うんじゃないかと心配になっちゃって先に進めない;;
※頑張って日本語化してるのは評価してますが…ちょっとずれてて意味合いをはかりかねちゃうのです…
  メーカーそのものは良いと思ってるので、ちょっともったいないかなー?;

とりあえずSAK-314はBD7のアジャストナットがつけられるかどうか調べてみて、可能であればパーツ調達で考えてみたいと思います。

現状でショックの長さがボールトゥボールで58mmなので、たぶんショートかタミヤM系用TRFダンパーで大丈夫のはず…

PSO2 EP4開幕!!<PSO2> [ゲーム]

昨日から配信始まりまして、早速突っ込んでおります(`・ω・´)

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

…とは言え、今日は体調不良でインできないのでありますが…(´・ω・`)
すぐに書いておかないと旬過ぎちゃいますので、書いておきましょう。

それではコールドスリープOPEN。
pso20160127_212320_285.jpg

pso20160127_212326_295.jpg

MILAI:「…うーん…」

俺:「ちゃーんと起きられたか?おはようさんw」


えーと、EP4になったことで、ランチャーから起動し、ログインするとまずはEP4へ強制的に入ります。
EP3までに関しては、EP4の最初の解説部分を通り越した後で、ログインし直ししてから選択することになります。
で、この仕様になったことで、以前のようにEP3スタートはなくなり、EP1~3については初期の頃のようなEP1からの連続マターボード取得という形で入ることになります。

今までのストーリークエストとは受け方が変わり、新たなアークスシップ内の施設「艦橋」にて、新キャラの「シエラ」に話しかけて、「ストーリーボード」という今までで言う「マターボード」の代わりのものを出してもらって進めるという形になります。
…この設定のおかげで、シャオはマザーに戻って演算に集中することになっているので、当然ショップエリアにシャオいません(´・ω・`)


EP4に関しては、今年に入って始まったアニメと設定が連動していますが…ちょっとアニメはPSO2知らないとって感じです(^^;
が、やってる人は補足的に見ておいた方が、EP4が「なるほど」となるはず。
言葉や現象を見ていく感じだと、PSO2ミュージカルの時には構想ができあがっていたのがよくわかるかと思います。

ちょっと横道それましたが、この「ストーリーボード」に関しては、新たな追加が来たら随時更新になるようで、
ほぼ毎月何らかの形でイベントが見られることになるという話みたいです。
今までみたいにダレちゃいそうな感じからは少し離れられそうなので、どうなるか楽しみw


でもって、やはりEP4の目玉としては、新クラス「サモナー」でしょう!(`・ω・´)
新武器「タクト」をふるって、ペットを使って攻撃、なんていうクラスですが、
広報のピエトロときたら…なんかルーサーが人畜無害になったみたいな性格で正直笑いが止まらずw

それはともかく、ペットとして「ワンダ(種族)」をもらえたので、早速「パピー」と名付けて…

…ごめんなさい、指示して犬が攻撃とか、俺の世代ではサムライスピリッツのガルフォードしか思いつきません(笑
鳥形ペットとか来たら、「ママハハ」って付けてナコルルなんて簡単に思いつくわけで…
(んなことやってるから、チムメンと同じ考えでかぶったりするのだが←)

しかし、これがまたちょっと楽しいw
なにせ、脳内ガルフォードで、「GO!パピー!!」→(ダメージ受けて)「NO~~~~!!!パピーーーー!!!!(涙」とか捗りすぎまして(笑

実際やってみるとわかりますが、職レベル上げよりも、ペットのレベル上げが比較にならないほど上がるので、割と職レベルが低い状態でも、ペットが強ければエネミー倒し放題になります。
早いとこHレベルでフランカさんやって加速しようと思ったんですが、東京エリアでエネミーがLv.40になっちゃう状態でも、こちらがLv.20でもペットが40付近まで上がっていれば、ポコポコエネミーが倒れていきます。
…とは言え、ボスで気を抜くとペットの回復のタイミングを奪われるくらいにエネミーにタゲ取られるので、油断すると床見ます。

そうそう、ペットにHP設定があるのでロストがあるのかな?って心配してましたが、どうやらHP0ではまず「ピヨる」のが普通みたいです。

とにかくまだ手探りでわからないことだらけなので、操作もっと覚えませんとね。


そしてちらっと話に出ましたが、目玉の一つは「地球」が舞台だってこと。
おかげでエリアに「東京」がある訳なんですが、これがもうほんとどっかで見たような、ですw

明らかに東京駅前もあるし、自由探索ではどう見ても早稲田周辺だなぁと思ったりw
架空地域とは言え、良く再現してます。たのしいw


しかし…フランカさんの食材追求は半端なかった…w
マジであの幻想種エネミーのT・レックスを食おうとしますからなぁ。
「骨に肉を巻いたような謎の食材…」って台詞聞いて腹筋崩壊してました。
あんたが見つけたらもってこいって言ってたんでしょうがw


ともあれ、あとはサブな美月たちを起こさねば。
ちょっとイントロ長い感じなので、体調戻してから一人ずつゆっくりとやっていきましょう。


<2016/01/30 追記>
さて、体調戻りましたので、上の記事書いた日にチムメンと言ったおすすめクエストで、
なんと初回で「ボーナスチケット東京【金】」を引いたので、早速いってきましたボーナスクエスト!(`・ω・´)

pso20160129_211430_020.jpg
お?
pso20160129_211450_031.jpg
おお?
pso20160129_211459_037.jpg
おおお!?
pso20160129_211514_052.jpg
もふもふー!!w

やばい、前もって可愛いのはわかってましたが、実際見ると殴るのを躊躇うくらい可愛い!(笑

しかも、捕まって頬ずりされてる間、よく見たら回復してるじゃないですか!
これを討伐しろなんて……酷すぎますw

都合、サモナーのレベル上げに行ったので弱い装備でしたが…やはりペットがレベル上がりすぎててエネミーがすぐ消えていく(^^;

ペットを呼び戻す動作が未だによくわからなくて困ってますが、とりあえず認識距離だけはわかったので、
ヤバいと思ったらエネミーから離れて(このとき離れた先にエネミーがいない方が良い)呼び戻してます。
もっと良い方法あるはずだよなぁ…あとで調べておこう。

でもって、美月以下全員のEP4入りも済ませておきました。
時間のあるときに進ませましょう(`・ω・´)


やー…サモナー面白いんだけど…正攻法だとレベル上げ時間かかる;;


<2016/03/06 追記>
うい、その後頑張ってボーナスクエスト行ったりとかでうまく立ち回り、なんとかMILAIのSu Lv.75到達しました。
でもって、ピエトロのSuエクスキューブのCOの最初のまで終えた状態。
もうね、早く終わらそうと思ったら、ボーナスキー使うときに経験値獲得+75%とトライブースト+100%必須。
レベルキャップ解放が来る前に終わらせないと、こういうの後が大変そうなので;;

まーしかし、ピエトロはペットになつかれてないのぅw

そして、3月9日のアプデでEP4の3つめのストーリーボード追加が来るので、なんとか全員終わらせました。
やーもう、今回のは凄い物見た感じ。いろんな意味で(ぉぃ

とりあえずコオリは腐女子だと認識……最初の登場シーンは可愛いと思ったのだがw
俺的には「マトイとカトリを足して2で割ったキャラ」という認識に。
まぁアレだ、「とある科学の超電磁砲」の黒子の変態成分を薄めて無害化して同じ学年にしたみたいな(コラコラ


んでもって、またもや美月の顔を直したくなり、一度すっきり顔で作り直した後、若年へ戻したら落ち着いたという。
サービス開始前のキャラクタークリエイト以降、あんまり作ってなかったから忘れてたんだなと;
pso20160306_025259_000.jpg
ほんと鼻の形が気に入らずに行ったり来たり、それだけかと思ったら目の角度間違ってたという。
そして、前にやってた九尾スタイルへまた戻しました。
なんかこれが一番しっくりくるんだよなぁ。
まぁ、レイヤリングウェアで良い組み合わせ見つけたらそっちにしますか。

というわけで……なーんかシナリオに出てくる次世代OSの登場時期が、割と本気でWindows10の次の時期と似通っているという雰囲気でそわそわする凪でした。

…いや、現実がどうとかじゃなくて、こうなってくると機械的にOSがどう進化するのかという興味の方が勝ってるだけなんですけどね←

利右衛門ダンパー組み立て [RC]

PSO2やってて、最後チムメンと話して夜明かし近くなり、寝ようと思ったら寝られないので書いちゃおうとw

えと、「NERVIS調整中」って話の追記に書いた、利右衛門ダンパーのお話を。
実はまだ2本組んで、残りはちょっと作るの保留してるんですが、あんまりにも良いので先に書いちゃおうと。

DSC_0025.JPG

んま、写真は再掲ですが、こんな組み合わせで。
タグの裏見たら、大和工業の名前が。てことは、これバイクパーツの「BP YAMATO」だったんですね。
カシマコートの表示見て、改めてなるほどと。
利右衛門スピードワークスってブランド名でしたが…今検索しても出てこないところを見ると、ブランド下げちゃったのかな?
元々金属加工業者さんなので、そらもう精度ばっちりですな(`・ω・´)

入手経路は割と簡単に見つけられるはずですw
今はものすごく安いんで買いやすいですが…反面交換用ロッドガイドは入手不可なので、流用パーツ探さないといけません。
(俺自身はすでに目星つけてますが…YokomoのDIB/BD用は厚みが若干違うのでストロークに影響しそうです)


でもって、ほんとはTRFダンパーのブランクピストンを使いたかったんだけど、通販で見つけられず(´・ω・`)
※俺んちから近いところ(それでも車で1時間)のRCショップはバギー系なので…

調べていたら、Active Hobbyのテーパーピストンがなんか良さそうな雰囲気だったのでチョイス。
テーパーピストンは、形状から伸び側・縮み側で速度を変えられます。
動作原理的にいうと流体力学のお話になりますが、簡単に言えば「動作方向のピストンの形状違いから、オイルの移動する速度が違う」ってお話です。
毛色の違う製品に、ピストンの穴がテーパー状のものもありますが、それも同じ原理で、違いを小さくしたもの。

ま、ストリートジャムの出してるバルブシート付きのピストンも考え方一緒です。


利右衛門ダンパーの組み立てなんですが…特に普通のダンパーと変わりはありませんので割愛w

強いていえば、ついてきたロッドなんですが、何かのコートを掛けているらしく、指が黒くなるほどなので、
あえて一度指につかない程度まで磨いて良いと思います。
※下地が出るほど磨いたらダメよ?(^^;

付属のXリング…京商の赤いのに似てるけど…これはたぶんOEMでしょうから同じかな?
これも後で試し試しですな。

で、RC926のスプリングを使うので、YokomoサイズになるからスプリングカップもBD7用です。
ロッドエンドは以前から使っているDIB用に余りがあったのでそれを利用。
…BD7のスプリングカップとDIBのスプリングカップ、色違うだけで全く同じもんやないかい!(笑
※在庫の都合上、フロントは黒、リアが青という状態ですが…アルマイト掛け替えサービスでいつかシルバーにしましょうか


んで、組みながら試してみて思ったんだけど、このダンパーは元々TAMIYAパーツを前提にして設計してあるんですね。
ピストンは新旧yokomo製試そうとしましたが、厚みがちょっとありすぎて、付属のシャフト使えませんでした。
なので、冒頭のActive Hobby製になったというわけ。

んじゃ、なぜ写真には「yokomoダンパー用のkazamaアジャスタブルショックキャップ」なのか。

これはですねぇ…試したらわかったんですが、このトップキャップエンド、サイズがTAMIYAもYokomoもΦ9mmで一緒なんです。
たぶん、ショックタワー側の取り付け方法で頭が若干違うだけ。
NERVISはDIBスタイルとってるので、Yokomo用選んだってことですw
問題なくつきますし、ダイアフラムもDIB/BD7用でぴったり付きますw
使ってみると、スプリングにプリロードを与えなくて良い状態が作れるので重宝します(`・ω・´)

DSC_0027.JPG
完成させて、試しに動かしてみたら、ものすごく軽く動作!!
どこにも引っかかりがありません。これは良い!!(`・ω・´)
ちょっと心配だったんですが、NERVISのリアに早速取り付けてみたところ、レバー比0のVXサスアームでも固さを感じさせません!
むしろ、柔らかくなりすぎた?って思ったくらいです。
これはセッティングのアドバンテージになるので、ものすごくありがたい!!


お気に入りのダンパーになりましたw


でね?なんでこんな良いものがなくなったんだろう?ってちょっと思ったので、もう一度ダンパー系商品眺めてみてわかりました…

カシマコートって…二硫化モリブデン含有タイプの「潤滑硬質アルマイト」のことなんですね。

つまり、ツーリング用のダンパーであれば、ほぼ今はこれが使われているので、グレードアップしたければシリンダー換えればある程度いけると。
後はOリングをXリングに換えてみるとか、使用個数を変えてみるとかで対応。

そら、OverDoseみたいにプレミアム感つけなければ、商品の価格としては他社に太刀打ちできないよね、利右衛門ダンパーの定価じゃ…;;


そして考えたのが…なるほど、玉突きして外しているDIB用のシリンダーをBD7にしてみるのも面白いじゃないかwとw
※今持ってるからこういう事考えますが、初めての購入ならBD7用ノーマルショックを買った方が安上がりです。

余談ですが、ダメだと思ったDIB用ダンパーなんですが、柔らかくして使おうとした結果、一度ダイアフラム上のインナースポンジを取り除いたのが一番の間違いだったみたいです。
Oリングが2個の仕様なので、それの抵抗もあるかな?とは思ってたんですが、それ以上にダイアフラムの固さが足りていない&トップキャップとの機密性が低いのが影響するようで、
元に戻してみたらすんなり動くダンパーになって、希望通りの固さが出ました(ぇ
つまり、スポンジ入れた上で動作抵抗を減らす努力をした方が良いって事ですね。


ん~~、一口にダンパーと言っても、なかなかに追求しがいのある世界じゃないですか!(`・ω・´)


さて、あとはこのダンパーをもう1セット買うかどうか。
手持ちのパーツからすると、ちょっとyokomo多すぎて使い回せないのがネック…
しかし、このスムーズさは商品として惚れます!


いやぁ…良い買い物だった!(`・ω・´)


でもって、この記事の追記で、後日届く3Racingのビッグボアダンパーのレビューくっつけます。
(2016/01/30補足:つなげておこうと思ったんですが、記事が長くなるので新たに立ち上げますね。)


<2016/01/26 追記>
とりあえず残りも作ったので、NERVISに装着しての動作確認動画をアップしました。
まだセッティング出しの段階ですが、まずまずの動作かと( ´ω`)

こんな感じでチャンネルに入れていこうと思ってます。
良ければ登録よろしくお願い致します。

再びHPI E10を弄る計画中 [RC]

さて、ドラム動画どうしたよ?的なお話ですが、ごめんもうちょっと用意してから始めますので;
(機材準備の方で、割と調整したりやってて時間かかってます(^^;)


てなわけで、タイトルのお話。

現在は2駆ドリばっかりやってますが、SHEPSUT作るときにメカ降ろしてパーツ取りして放置していたHPI E10。
実は使えるパーツだけ取り外して、処分してしまおうと思っていたんです。
欲しい方にフロントワンウェイとか現状あるアルミパーツ譲っちゃって、みたいな感じで。

ですが、なんか売る気にならない。

等速カウンタードリフトが出来ないか探ってたわけなんですが、思ってるよりシャシーが先にしなるな、とかありましたが、
よーく見てみると、足動きにくかったのか、とか二駆ドリやっててコツ掴んだために思い直す部分もあり。
カウンタードリフトしないまでも、「ラリードリフト」の範囲で見たら相当高いパフォーマンスをするのはわかっているので、やっぱりもったいないなって思っちゃったわけです(^^;

正直ね、ドリパケとかと比べたらそらキツいもんあるのは否めないんですが、タイヤチョイスで相当面白いんですよこのシャシー。
ただ、ノーマル足だとはっきり言って話になりませんが;

なんというか、ドリパケやNERVISみたいに「割とマジ」をやってナンボな世界とはすこーし違う、
行ってしまえば「酔狂」な範囲なんですが、E10は楽しむには必要十分なマシンなのは確か。
パーツ供給が間に合ってない、なんて話も前からHPIは問題点としてありますが、ここんとこまたスペアが入手しやすくなってきてます。

…んじゃ……海外通販になるけどサードパーティパーツ盛り込んだらどうなるよ?とw

現状で簡単に買えるのはYeah Racingしかないわけですが、安く上がるんで損はない。
HPIオプション盛り込む方が見た目的にはいいけども、ちょっと値段張っちゃうし、欲しいところのパーツが設定されてないとかになりますので、「これでもか!」てな商品展開は助かるところ。

まぁ、一番やる気にさせたのは、あの特殊なダンパーを使わなくていいショックタワーの存在だったりしますがw
ダンパーのショートパーツが入手しやすいかどうかは、マシン維持のお話としては割と重要だったりします。

メカ降ろすまで結構無茶なことやりましたが、大クラッシュがなかったのもありますが、思ってるよりは割れにくい感じですので、まぁ現状でも耐えるだろうと。
現に、俺の手にした中古E10は、シャシーもミッションケースも、切ったところ以外はどこも割れなんてありません。
(てか切ったところも切った状態なだけで、ヒビが伸びたとかもない)

強いて言えばステアリングワイパーの取り付け部の強度が低く、サーボの力を受けてシャシーごと変形するってのがあるので、そこだけは補強要りますが、不満でたのそこくらい。
困るならプラリペアでリブの間埋めちまえば良いしねw

てな事考えてたら、日本からは結構遠いけども、イギリスでアルミフレーム出てるじゃないですか。
※Yeah Racingのショックタワー入れるとアッパーデッキ使えなくなるけどね;


んじゃ、これらのフルオプ状態どうなる?って想像したら…はい、酔狂が止まらなくなりました(^^;

てなわけで、E10の戦闘力がどこまで高くなるのか、実際にやってみようと思います。


でね、情報調べてみたんだけど、割とE10のサードパーティパーツのお話、出てきません(^^;
割とこのブログもドリラジの話をし始めたら、読んでくださる方がどかんと増えたのか、アクセス数が想像以上に伸びています。

…そか、んじゃちょっと需要とは違うけども、酔狂ネタとしてやっても良いじゃないか、と考えました。

自作シャシーで頑張った方々もいらっしゃいますが、敢えてサードパーティ入れていくスタイルやってみたいと思います。
てなわけで、ドラム以外の動画ネタとして、ラジドリもので入れておきます(`・ω・´)


…もちろんNERVISとSHEPSUTも動画撮りますので、上げていくことにします。
※こっちの方がみたい人多いよね?(^^; NERVISって情報少ないし。


そんな感じで、E10復活プロジェクトを開始するわけでありますが…皮切りに一つ情報を。

以前、定番のTAMIYAのリバサス加工で仕上げたときに、リアソリッドまで入れているのですが、
(フロントワンウェイは中古で手に入れたときに、すでに入っておりました)
このHPI純正オプションのフロントワンウェイとリアソリッド、導入時に大変重大なポイントがあります。
※日本のHPI販売店さんのページでもちゃんと書いた方が良いよこれ;

本社サイトで説明書をダウンロードすると書いてあるんですが、商品情報には書いてありません。
(2016/01/15訂正)先ほど見たところ、本社の商品ページの一番上に書かれてました。すいません(^^;

何かというと…

「HPI純正のフロントワンウェイとリアソリッドを入れるとき、HPI純正オプションのユニバーサルアクスルが前後必要になる」

ってことです。
これ、他のブログでたった1件だけ同じ事書かれています。
多分これを知らなかった俺のE10の前オーナー、無理矢理付かないし走れないし、ユニバーサルの存在しらなかったのかあきらめちゃったみたいなんですね。

…ていうか、価格酷いことになりますからこれ;
リアソリッド導入だけで、かるく5k超えちゃいます。
フロントワンウェイも合わせると……前後で10k覚悟。うーんハードル高いw
まぁ他のメーカーでもユニバーサルはそこそこするので似たようなもんですが、タミヤじゃなければほぼ互換ですしねぇ。
※タミヤはアクスルカップが専用品とかやってるので、一緒じゃないとダメなパターンが多い。

間違っても、Yeah Racingのユニバーサルと組み合わせちゃダメです。
アレ、ノーマルと同じサイズでドッグボーン側が作ってあるので、ギヤデフ用カップとは合わせられても、HPI純正ワンウェイとソリッドとは組み合わせられません。

まぁなんでこんな話してるのかというと…ええ、この話はここからやらないと始まらないからなのです(^^;
先んじてポチっときました。前後分orz
…Yokomoより高いから、尻込みするよこれは;;

でもって、いったんノーマル足(と同じ形状)に戻す方向なので、カットしてしまったフロントミッションケースの交換のためのパーツも確保。


続けて…次の購入でYeah Racingパーツまとめ買いしておきます(`・ω・´)
※ココが凄いところで、全部そろえてもYokomoフルオプに比べたら3分の1以下の額という(笑

まずは樹脂シャシーのままフルオプ。
様子見てイギリスからアルミフレーム買い付けようじゃないですか!(ぇ


てなわけで、ちょっと時間かかりながらのE10ホップアッププロジェクト開始しますです!(`・ω・´)


…ダンパー何使うかな…


<2016/01/19 追記>
そういや写真付け忘れてたので。
現状のE10改がどんな伽藍胴か(笑
DSC_0023.JPG
はい、ドンガラー(ドラ○もん風)

加工して取り付けてたドリパケのショックタワーは、外してみたら歪んでたので処分しました。
で、前後ミッションケースはすでに新品確保済み。
サスピンが4本保管していたのが見つかってませんが、その分も確保済み。
ユニバーサルシャフトも手元に。

てなわけで、現在RCMartからの部品待ちです。
リアトー2度のリアハブも頼んだんですが…残念なことに直前で売り切れ(´・ω・`)
英語の文面で連絡来たので、稚拙ながら英語で「その分は次の注文の時の課金に回して」とお願いしました。
(RCMartの欠品では、その分をプールし次回に回すシステムです。代替品にすることも出来ますが、差額をどうするか再度聞かれるってありましたので、プールした方が楽だと思いますw)

で…NERVISの方に追記した、利右衛門ダンパーを悩んで買ったって話…どうやら悩みすぎていたようで;;
注文見直したら、3RacingのSAKURA Ultimate用ビッグボアダンパー入れてましたorz
まぁ…額としては(極端に安くなってる)利右衛門よりずっと安いので…この際だから後日レビューしますw
あ、これも動画ネタになるか。

とりあえずTowerProのサーボとHobbyWing 1060アンプ、ProStockⅡの23Tがあるからそれで組みましょ。
受信機もRX371が一個余ってるし。
また時間かけてSHEPSUTのメカ(主にアンプとモーター)を替えて、玉突きするかな?
(実はSHEPSUTにG-Force風神10T載せたいのだ(ぇ)


<2016/01/25 追記>
そういや英語で返事した後の結果を書いてない(笑
えとですね、きっちり伝わって、欠品商品分の金額がIDにプールされました(`・ω・´)
ちゃんと「Last~」って日付入って、「ちゃんと残してるから次使ってね♪」的なものを感じますw

で、時間かかるのはデフォルトですが、今ちょうど日本の国際郵便局に届いている模様。
んま、今までの実績的に問題ないはずなので、あと数日で届きますな( ´ω`)
楽しみ~~~♪

相変わらず写真の状態で放置されてますが、もうすぐ形に出来ますな。

でもって、フルオプE10用のボディは、HPIのボディを確保。

ふっふっふw
なんとAE86!それもトレノでクーペの方!(笑

超マニアックな車種選んじゃいました(`・ω・´)
※なんでこれがマニアックなのかは、グランツーリスモのAE86の説明文を読むとよろしいw
  同じAE86でも、ハッチバックとクーペで好みが分かれる世界なのだ!


あ、AE86で思い出した。
ト○タでドアストッパゴムを二分割型に切り替えるとき、俺その仕事に関わってたんですが(もちろんその時の上司が責任者です)、AE86のドアストッパゴムも一緒に見てたの思い出しました。
サイズがほぼ同じで取り付け穴サイズが一緒のやつは、後対応品で設定した記憶があります。
あれ、俺が新卒の時の仕事だったんだけど、あまりのコスト削減額に顔が青くなったのを思い出します…
額は言いませんが…失敗したら俺のクビ飛んでたはず…そんくらいのでかい額でした…
(今だから言えるけど…その会議に今の社長がいらっしゃったのを今でも覚えてます;;緊張したなぁ;;)

この手の話ですと…その後の転職活動で、スカイラインの生みの親な櫻井眞一郎さんともお会いしたことがあります。
残念なことに仕事の上でのマッチングが揃わず採用ならずでしたが…(まぁ俺もその頃は実力不足だったしね)
チューニングパーツ系かと思ったら、当時始まっていたディーゼル排気ガスの浄化装置のお仕事で、当時ボディ設計系だった俺じゃどうにもならん話でした(´・ω・`)

うーん、ある意味こういうのもレアな道通ってんな俺;;
んまそんなこたぁどうでも良いかw


てなわけで、E10作り上げますぞー!


<2016/01/27 追記>
RCMartから商品届いたんで、ちょっと組み付けで頑張ってたんですが、まぁ波乱含みです(^^;
詳しくはまた新記事で書きます。

いやねぇ…Yeah Racingのパーツで組み合わせダメだったのがちょっと意外なところで出まして。
前後共に純正ユニバーサル仕様になってましたが、まさかのこれがダメポイント。
なんとまぁ、アルミ製のホイールハブがノーマルアクスルシャフト用に形成されているので、純正ユニバーサルだと付きません(´・ω・`)
しょうがないんで、HPIのカラーディスクを調達しました。
まぁ、これだけなら良かった…

…これは俺的にちょっと「おこ」です(ぇ

というのも、HPI純正ユニバーサルシャフトのアクスル側スリーブ、精度が悪すぎて、なんと自社で出してるベアリングにそのままじゃ入らない!(ぇ
もー、頑張ってスリーブに紙やすり巻いて一生懸命調整して入るように修正しましたよ;;
さすがアメリカ発チャイナ生産の脳筋商品管理です(´・ω・`)

…まぁこれなら昔からある話だから良いの。それ以上のことが起こったからおこなんです。

なにかというと……なんとリアソリッドアクスルが加工不良!!(えー!!!
1年たってますのでもう良いですが、溝切りで位置ズレしてるのを放置してパッケージングしてるなんてやってくれるじゃないですか!(怒
2300円くらいの商品で、しかも純正で、純正ユニバーサル入れようとしたら入らないってびっくりしましたがな;
不思議なことに、フロントワンウェイ側は問題ないんですよね。
で、ユニバーサルに付いてきたデフ側のドライブカップ見たら平気なの。

…しゃーない、リアはギヤデフに戻して、LSD効果を持たせるセットを仕込みましょう。

今回ばっかりはサードパーティの方が精度が高いなんていうアホ丸出しな結果みまして、
ホントに今回のこの企画が「酔狂」以外の何でも無いって身にしみました(^^;

でもね、見栄えは良い感じなので満足は出来そうですw

Yeah Racingの、普通のショックアブソーバーに交換出来るショックタワー、非常に良いです。
やはり、使いたい車高にする場合、M系のダンパーを使うか、ショートショックを選ぶかになりそうです。

ちなみに、現状でyokomoの余ってるホイール使って計測したところ、
OFFSET4mmで車幅192188mm。(調整してから測ったらちょっと値違いました。2016/02/02)
うん、用意したAE86で、キャンバー与えてやればちょうど良い状態ですね。
なんとかなりそうです。
※ただし、説明書の通りに、ホイール取り付け用のビスを20mm皿ビスでやってみたら、ホイールのためでしょうがユニバーサルに干渉して動きが渋くなりました…(´・ω・`)
HPIさんよぅ…安全圏のサイズ指定しろよなー;;


とりあえず、走らせられる形にまで持って行きませんとね。

てなわけで途中経過でした。

サブのドラムキットを本格的に組み上げるための準備を開始 [音楽関連]

はい、ちょいと新しいことやってみたいなっていうお話も含みながらの次の記事。

昨年、ドラムネタとしてアクリルのバスドラムだけ入手したり、それをLEDで光らせてみたりとか、
しまいにゃREMO ROTO TOMのお話を出したりなんてやってましたが…実は2年前から構想していたお話なんですな(^^;

今、しばらく裸で眠ってたROTO TOMを分解整備しています。
で、セッティングするために、メインドラムとは別にラックを入手しなきゃいけないなぁ見たいなお話もあり。
ヤフオクで良いの見つけては競りに入るんですが、すんでの所で負けてしまうの続出してまして、別構成を考えているところ。
Pearlのラックで最小限って手もあるんですが…それでも新品じゃ結構な額になりますからねぇ…;
なんとか安く上げたいものです。メインの方があるから(ぇ

てなわけで、いろいろメインキットの方でやってみて、フロア側で大口径ロートタムの設置をすると、ラックの取り付けに影響が出てしまうので、ココは素直に定番のダブルタムスタンドでローマウントさせることにしました。
こうするとラックの位置を高く出来ますしねw

で、シンバル類はメインと共用すれば良いので、台座だけなんとかで決まったので、とりあえずバスドラのチューニングをしっかりとり直しに入りました。

いやぁねぇ…CD録音しに行ったときに「鳴ってないぞ」って注意受けてから、相当勉強しました(^^;
結果、鳴ってる時の鳴り方をものすごく理解でき…た…と思いたい;;
(まだちゃんと自分のキットを見てもらったことはないですからねぇ;)

てな流れで、そうです。
そういうのも含めて、エレドラやら生ドラやら、可能な範囲で演奏動画をアップしてみようじゃないか!という思いに漸く気持ちを向けることが出来ました。

なので、今年はそんな感じの動画を上げていこうかと思っています。

その第一弾で、ちょうど良いかな?ってなもんで、バスドラムのチューニングチェック中の動画をyoutubeにアップしてみました。

うん、そうなんです、だからアクションカムとか買ったりし始めているのです(`・ω・´)
40歳で鳴かず飛ばずのドラマー&コンポーザーがどこまで行けるか、挑戦もあり。
(多分ついでだから、チャンネル別にしてRCもやると思う(笑)


そんな訳で、先ほどアクリルバスドラムのチューニングをちょっとだけスマホで録画したのをアップしてみました。
まだ初期段階なので、限定公開でのアップです。
なので、この記事の貼り付けからと、おそらくこの後Twitterで流すツイートからじゃないとみられませんw

では、もったい付けた割には短くて「こんなもん!?;」な動画をご覧くださいませ(`・ω・´)
※裸足でやっちゃったんで、ちょっと足首写ってますが…見苦しかったらごめんちゃいです(^^;



機材はリンク先の概要欄に記載しておりますが、こっちでも書いておきますか。

<使用機材>
TAMA Silverstar Mirage VCB22DZ-CI(22”x16”)
YAMAHA DFP9500D(調整のためメインペダルのみ)
VATER VBF(ビーター)
Pearl Drumlite

ですな。
サウンドチェックなんで、綺麗に踏んでませんが、そこはご容赦ください(^^;
スマホで撮ったんで、音割れしております;
YAMAHA付属のビーターでは音量が小さくて、自分の要求には届いてなかったので、VBF使って上げてやった感じです。
音割れは…今度はアクションカムかZOOM Q2HDでやってみます。改善したら生音系はそっちやね。

てなわけで、今んところの欲しい音に近づけてのチェックした感じでは、このバスドラム、結構音でかい系だなってところですな。
実は…録画したのって耳が高音域ばっかり拾うので、途中で疲れちゃってわかりにくくなっちゃったからなのです;
ホントドラムのチューニングって体力要りますわー;


そんな感じで、ちょっとまとまりの悪い記事ですが、このキットを完成させて…どっかに持ち込んで楽曲カバー動画でも作ってみたいなと考えております。
(シンバルはメインと同じものを使うので、多分の一部の方には「お前か」とバレてしまうかもしれませんが(^^;)

カバー系の演奏動画は…そうだなぁ、こっちの業界に振れる前にやってた、コピバンでやった曲から行きますか。
となると…陰陽座の初期楽曲になるんですけどもw
アニメ曲のコピバンもいくつかやりましたので、そっちのも上げてみようと思います。


よし、言っちゃったぞ!もう引けない!(笑
時間がちょっとあいたりとか、映像編集したりするので慣れであいちゃったりするかもしれませんが、
なんとか形にしてみたいと思うので、良かったら見てやってくださいませ!(`・ω・´)
(ひょっとしたら画面の下に何か表示出るようになっちゃうかもしれないけど、ご容赦くださいませ(えー)


てなわけで、積極的になってみたい第一歩を踏み出してやるぞー宣言を含んだ記事でしたとさ。

上手く行ったらお慰み~~

しばらくTowerProサーボを使ってみて [RC]

はい、今年一発目の記事でございます(^_^)/

いやま、今年は齢がついに40に到達と言うことで、少し遅いですが新しいこと始めてみようなんぞと考えておりますが、一応ちょっと下準備しつつであります。
まー上手く行ったら良いな的な?w



というわけで、タイトルのお話。

ちょっと前に安くなってたSAVOX SC-1251MGを2つ確保していて、それぞれ使うマシンで換装終わりましたので、
今まで使っていたTowerProのMG995RとMG996Rがどうだったかな?てのをまとめて見ようかと。

DSC_0001.JPG

はい、現在はこのように2つとも降ろしまして保管になってます。

いわゆる「激安サーボ」ですが、良いところもあり、悪いところもあり、てなもんですが、
相対的に考えても、結果としては「ここまで頑張って安いの選ばなくても、時間かけて普通のを一個ずつ買っても良い」という結論に達しました。

まぁ、俺も20年ぶりのRC復活だったのと、2駆ドリ初めてみたら、余りパーツで車体が増えて間に合ってないので手を出した見たいなシロモンです(^^;

それぞれのサーボのスペックは公称値を検索で見つけて頂くとします。
※ていうか、申し訳ないんですが、これ買うと説明書ついてないんで、心配で書けないのであります;;

ヤフオクや普通のお店でも偽物が出ちゃったりするらしいのですが、一応調べた範囲では俺の入手したものは本物のようです。


使ってみての印象としては…

<良かった点>
・とりあえず安い←ココ凄く重要
・SANWAのSHRでも「一応」反応する
・可もなく不可もなく使える
・SANWA NOR設定で使用する分には、おそらく他社のサーボと並べても遜色ない動き。


<疑問に感じる点>
・995、996共に、他社のサーボのように手では動かせないほど固い。(手で前輪動かそうとしても動かないくらい)
・SHRには反応するけど、電力を要求する値が高いのか、息継ぎを起こして震えてしまう。
・息継ぎを起こすとノーコンと同じような症状に陥る(他に電力とられるようなもの付けなければOK)
・公称値より若干スピードが遅く感じる。


みたいなトコです。

手で動かせないのは、ギヤダウンの設定ですかねぇ?;
かなりトルクの高い数字をスペックで確認してますが、確かに保持力は高いのですが…反面粘るような動きになってしまうので、速度が体感で遅く感じます。
この辺は測定器でやってるわけじゃないので、あくまでもフィーリングなんでこれ以上言えませんが…(^^;

SHRでの息継ぎがちょっと俺には困ったお話だったかなと言うところ。
これに反応して動くって事は、ちゃんとデジタルで動いてるって事ですんで。
NOR設定での反応が良かっただけに、少し反応速度を要求するセッティングが自分にあったのですが、それに付いてこられなかったのが残念かな?という感じ。


アレかな?
初心者のエントリーで使う分には良いかもしれません。
ただし、このサーボは先に書いたとおり、手で回せないほど固いので、
使用時のクラッシュの時、サーボセーバーがないと多分ステアリングパーツを破損するでしょう。
(ていうか怖いから俺、実際の走行では当てないような位置ばっかり走ってた(ぇ)

まぁ2k程度で手に入れられるサーボとしてはそこそこかな?という感じではありますが、
ちょっと本気が混じるかもしれない?って考えるなら、洛西モデルで定期的に安くなるKO PDS-2531 ICSを買った方が良いのかな?っていう結論に。

NERVISに相変わらずPDS-2531 ICS使って操作してますが、底が光るだけで後は普通に良いサーボなんですよね。
ICSシリーズなんで、KOの接続機器でプログラミング出来ますし。
※装置の存在知っててまだ買ってないんですが←
(とは言え、バギーなんかに載せるんだとしたら、光るの意味ない装備になっちゃいますが(^^;)


てなわけで、グラスホッパーとサンダーショットにTowerPro載っけるつもりでしたが、安売りのタイミングでKOかSAVOX、SANWAの中級クラス(実売5k前後程度のモデル)を載せることに。
(まーSANWA ERS-971のピヨピヨ現象みたいなのに当たる可能性はあります(笑)


こう言っちゃぁ何ですけども、サーボ周りで自作PCの「1円でも安く作り上げるサブPC」みたいなチャレンジしなくても良いかなぁ?って思った。
それくらい、各社デジタルサーボが入手しやすい価格に落ちてきてるんですよね。
そらハイエンドは未だに高いですがw

ちょっとこのメーカーのサーボはマニアックな遊びにつきあいたい人用かな?ってのが俺の結論です。


正直ね、ここまで安いTowerPro買うんなら、同価格帯で安くなってるアナログサーボで良いと思います。
(洛西でSANWA SX-131なんて2700円ですし)
速度必要になったらデジタルサーボ、でも全く問題ないです(ていうかそれが普通なんだけども)


まーしかし、自作PCパーツでもそうだけども、激安系って知識ある人向けだなぁと思いますわ(^^;
トラブルや問題点解消を楽しめる人向けです。はい。



<2017/03/18 追記>
やー、時代の流れに合わせてちょいと追加しといた方が良いかなと思いまして。

うん、すぐ上に書かれてる、SANWA SX-131ですが、ついに販売終了の文字がラインナップにつきましたね。
ということは、実質「アナログサーボ終焉」ってことです。
(ちなみにKOのPDS-2531ICSもとっくに販売終わりましたw)

実に感慨深い…

定価見比べてみて気がついたんですが、SX-131と昨年後半で出たデジタルのHVS-702なんですが、全く同じ金額です。

今、HVS-702をYD-2とNERVISに使っていますが、特に問題でていません。
※他の方の例だとドリフトでちょっとヒートプロテクトかかるとかあるようですが、俺のはまだ経験ないです。

…正直なところ、yokomoのサーボが見た目良いんで入れたいですが(たぶん中身SAVOXだし)、いろいろ細かい仕様を知ってくると、受信機とサーボはメーカー合わせた方が後々悩みにくいってのはよくわかった感じです。
SANWAのジャイロとSANWAのサーボだと、ほんとに問題感じませんし。
(フィーリングと操作の関係で、個人差かなり大きいのは調べてみてわかりましたので、トライアンドエラー必須の世界ではありますが…)


でもって、この記事を書いた頃からしばらくヤフオクでも出品が少なくなっていたTowerProですが、最近またどかっと出品出てきましたねw
詳しい方が見分け方を書かれていますので、適宜検索して偽物つかまないように注意しましょう。
酷い話だと、デジタルサーボとして売ってるのに、中身アナログでつなげた瞬間に壊れるなんてお話も見かけましたので…;

記事の通り、使う分には問題は一切ないメーカーなので、偽物が評判を落とす理由にならないことを切に願う次第。
(海外の大手のRC通販でも偽物って気がつかないで売ってるパターンもあるので油断ならないのです)
とにかく、変に安いのが一番危ないらしい…

買ってからいろんなトラブルでしょんぼりするよりも、知識的に慣れるまで激安はおすすめしないですハイ;


<2017/07/12 追記>
先日、youtubeでこの手のサーボがどうなのか?って検証動画を某店長さんがやられていたためか、この記事がまた伸びてますな(^^;

うん、使えますよ普通にw

ただ、このTowerPro社に関しては、偽物の紛れ具合が激しいものですので、相応の下調べをした上で、理解して購入するようにしてください。
特に1k以下でたまに上記サーボ2種を見かけることがありますが、ほぼ間違いなくこれらは危険です。
あと、詳しい方の記述では「TowerdPro」(dが追加されてる方)表記は結構な確率で危ないとのこと。
曖昧な話が多いんで困るんですが、アメリカで商標がとれなくて苦肉で変えた名前を利用されているパターンが存在するそうです。
…困ったことにこの話が裏取り全然できないんですよ;
なので俺は本家の方で判断して買ってます。


で…この会社じゃない方。
例えば…Turnigyとか、Trackstarとか。
この辺は割と手にしやすいですし、偽物あまり聞きませんので、比較的安心して買えると思います。
個人的に手にして使っていたのはTrackStarでしたが、樹脂ギヤではありましたがすごく良かったです。
不注意でモーター焼き切っちゃったのが失敗でしたが(多分ジャイロが先に壊れたための失敗)、ほんと不満出ずに使えました。

くれぐれも変な製品を手にして、お金無駄にされませぬよう(^^;

明けましておめでとうございます [その他]

旧年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願い致します。


いやぁ…RC記事書き始めてから、当初から「日記・雑感」で200位くらいSo-netブログで順位が上がっております(^^;
そんだけ読んでくださる方がいらっしゃると言うことで、ありがたい事です。

日記とか雑感というよりは、なんか妙に話が偏ってたりしてるのもありますが…全部混ぜて一つのカテゴリとか出来ないので悩みますなぁ(^^;


ま、そんな感じで今年もマッタリと記事更新していこうと思います。


ではでは、今回はこの辺で。