So-net無料ブログ作成

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

おっさんがアイプチ?(何 [その他]

さて、すんげぇ突拍子もないタイトルからスタートですが(笑
たぶん、先週水曜日のNHKの「ガッテン!」見てた方ならピンとくるでしょう。

えーと俺もまさかと思ったんですけどね、これは試してみたいと思ったんです。
普通なら女の子のおしゃれなお話ですが、まさかこれが「頭痛・肩こり・腰痛」の対策になるとは…

てなわけで、放送見た後にAmazonで適当に二重メイク用の塗りタイプのアイプチを入手。
しばらく使わないといけませんが、すぐに体感することのできるお話があったので、長期使用については追記しながらの記事にします。


効果を話す前に…とりあえず現状から。
俺、実は中学に入る頃から偏頭痛と普通の頭痛とに悩まされ続けておりまして、酷いときは寝込んで動けません;
会社員時代もそれでどれだけ理解のない上司に苦しんだか;;
まぁそれはそれとして、どの程度酷いかというと、偏頭痛は大学病院でMRIつかって診断を受けたほどです。
偏頭痛については「原因不明なので典型的なものです」との診断までもらってます。
おかげさまで地元のクリニックで「イミグラン」の処方も受けております。

まーそんな感じで、本気で頭痛薬を常備しないといけないもんですから、そういうのから解放されるならと思うと藁をもつかむ的な(^^;
あ、当然肩こりも中学から悩まされてます。


でも、これだけのお話だと「何がどーやって頭痛とアイプチが関わるねん!?;」ですがw


いやー説明見ていてなるほどなと。
自分はそんなことになってないと思っていましたが、「眼瞼下垂」という症状だったんですな;;
簡易診断の方法を試してみたら、左目は見事に瞳孔の半分を覆っていました;
てことは、病院での手術で保険下りる治療を受けられるレベル;;

メカニズム的には、
「眼瞼下垂で目が十分に開いてない」→「見ようとして眉毛より上の筋肉まで使う」→「楽しようとして顎が上がる」→「クビに負担がかかる」→「肩に負担がかかる」(→「腰にまで影響が出る」)
てな事らしいです。
まぁ、俺は剣道やってたためか、未だに腰には来ない状態のようですが油断はできない;


えー;そんなのを中学の頃から放っておいたのか俺は;;
ていうか、普通にそんな雰囲気なかったのになぁ;;

で、手術の内容ってどんなことするのかと思ったら、なんと「二重瞼にする」(ぇ!?
そして、番組の中での医者の説明で「軽度ならアイプチも効果的」って言ってる…

そんなら試してみようじゃない!っていう流れです。


冒頭の「買ってきた」ところに戻って、早速お試しの話をば。

まー使い方はふつーにアイプチですw


いやこらびっくりレベルでしたがな;
モニターの人の話にもあったけど、「全然違う!」

まず何が違うって、二重にして目がしっかり開いたことで、簡単に顎を引いた姿勢に。
そして、すぐさまはっきりとわかる「頭皮に沿ってリラックスが確認できる」という!
結果どこまで行ったかというと、PCの前に座ったときに、「見よう見よう」と無意識にしていた姿勢のためだったのか、モニターの高さに強烈な違和感を覚え…なんと20cm下げる結末に!
おまけにイスの背もたれにどかっと体預けてたのまでなくなるし!

何より頭がすっきりするのがすごい。

…これ、車の運転にも変化が出るんじゃないかな?


で、寝る前につけっぱなしも何なので、こんどはアイプチを落としてみたら…うっそーこんなに瞼が視界のじゃましてたの!?;;というくらい差が;;
今度はモニター低くしてるのに顎上がるんですよね;;
こりゃやらないと駄目だ…と(^^;


てなわけで、どんだけ変化するか、長期試してみようと思います。


…アイプチで間に合わなくなったら眼瞼下垂の治療受けないといけないな;


<2016/05/29 追記(2日目の実感)>
公開直後になっちゃったけども、日中気がついたことを。

やっぱり頭の筋肉にリラックスがでるからか、上半身が楽です。
何より助かるのが、「あ、また頭痛でそううかな?」って不安がない。

で、運転してみたのですが、確実に顎引いてるので運転してても上半身が楽です。
しばらく走ってみて思ったのは、「若干視野角が若返ってる?」みたいな感じがあること。
なんか周りを見る力が少し上がったのか、怖さが減ってる気がします。


ああそうそう、二重に修正している部分ですが、元から奥側で二重なので一重に見えて実は…というのを保持できる位置でやってます。

あとはドラムやってみないといけないなー


<2016/05/31 追記>
えーと先に書いておくと、ドラム演奏への影響ですが、やはり車の運転と同じく脱力しやすいので非常に楽になりました。
腕の嫌な上下位置の無意識変化がすっかりなくなりましたので、小さなエラーが極端に少ない!
本気で体動かしやすいです。

でもって、実は昨晩から低気圧にやられて頭痛ダウンしての復帰からなんですが(ぉぃ
この記事のお話とは原因違うのでなんともアレ。
とはいえ、気がついたら「そうか、首コリが減ったから肩こり強く出たのか!」みたいなお話かもしれない?

まぁそれはそれとして、夜中に起きちゃったんで寝られないので、ちょいとギターをアンプに通して、ヘッドフォンでペケペケやってましたら……そっちまで変化ありました!
たぶんこれの方が効果大きい!

まずね、出音が変わりました。
明らかに指が動きますし、自分でも「?」と思うくらい鳴りを呼び出せるみたいな。
そして、指が動くと感じるそのレベルが桁違い…
今までどうしても運指で入っていってくれなかった指が…するっと届くじゃありませんか!
横方向にも開きやすいし!(ぇ!?

いやぁ…全身の筋肉って本当に連動なんですね;;
まさか目から影響が出ていてうまくいかないってお話だとは思ってもみませんでした。

なるほど、全身マッサージに行く人が多いのがよくわかった気がする。

瞼の治療、恐るべし…
てなわけで、まだお試し続けていきますよ!(`・ω・´)


<2016/06/08 追記>
さてさて、ちょっとおいてからの現状報告をば。

いやぁ、すっごく体の調子が良いですw
前回の追記の後、背中全体の筋肉のコリが徐々に抜けて行っている感じなのですが、
腰の筋肉のコリが露見した後、肩から腰までをコリが解れながら痛いのが行ったり来たりして治って行ってる感じですね。

ホントに頭痛薬のやっかいにならなくてすむので助かります。

でもって、非常に面白い効能があったんですよw
ほら、このブログでも2年くらい前に笑いのネタで入れた「痔」の話。
その後もやっぱり出ては治りの繰り返ししてたんですが、この治療を始めたら痔になりにくくなって行ってます。
なんというか…全身の血行が悪かったんですね;;

それと同時に、風呂につかっていていつの間にか寝ているとかやらかしていたのもすっかりなくなりました。
考えてみれば、朝起きたら舌がしびれているとかあったので、本気で血行悪かったんだなと;
改善して良かったー


でね、アイプチしっぱなしで寝る訳にも行かないので、風呂でいつも落とすんですが、
まー落としたらびっくりするくらい「見えない」感じがします。
気づかないレベルで進行していたんだろうけども、こんなに見えなくなってたのかと思ったです、はい。
車の運転していても、アイプチしてると視野が広い感じがしますので、年齢で狭くなる話と連動してるのかもしれませんね。

で、ドラムの方ですが…コレがもう始める前と後で別人に自分がなったのかと思うくらい思い通りに体が動く!
おかげで頭の中の余裕がすごいこと!

良いことづくめなので、ずっと続けますw

新ケツカキマシン作業進捗 その1 [RC]

5月なのに真夏のような暑さですな;;
車乗ったら室内温度計が「Hi」(50度以上)とかになってるので、くれぐれも買い物なんかで車内に動物やお子さんを残されませんよう;
※子供は放置すると違反だったっけ?ともあれ、そんなこと関係なく危険な温度になりやすいので注意です。


さてさて、タイトルのお話の前に。

検索で「最近リヤモーターの4駆ドリ車が出始めているが何故?」てのがあったたのですが…それはラジドリの歴史を見ましょう。
そもそもドリパケが製品としては最初だったかな?
ツーリングカーの旧製品での遊びとしてラジドリが始まったわけですが、そもそも最初は「リアモーター」ですがな(^^;
FFマシンもかなり前からありますが、4駆でフロントモーターってのはラジドリの製品開発の上で出てきたバランスものだったと俺は記憶してます。
…記憶ったって、俺も自身がRCに戻ったのが2年前ですから、そこから遡って調べた範囲ですけどね。

で、新型でリアモーターがまたでてるのは、近年また注目されてるからです。
たぶん、2駆ドリでフロントの逃がし方がわかってきたから、4駆にフィードバックがかかり始めているんじゃないかな?


…ええ、なんでこんな話したかというと、軽く今作ってる余り物で作ったドリパケの話にやってることが近似してるからなんですよw



てなわけで、ドリパケケツカキを新たに構成している最中で、とりあえずメカ載せ前まで来てるのでちょうど良かったとw


今こんな形になってます。

DSC_0226.JPG

できるだけ金額抑えようと思ったけど、やはりおみこしだけは外せなくてこの状態へ。

2駆パケNEOに新しいバンパーつけようかと思ったけど、ボディポスト入れ替えとか起こるので、あっちは交換タイミングで新しくすればいいやとw

でもってこれを作るために、ちょうど良いタイミングなので2駆パケNEOのスパーギヤとピニオンをギヤ比9付近で入れ替え。
たぶんあっちはこれでちょうど良いはず。


前の記事にも書いたとおり、フロント0.76倍、リア1.3倍の1.71カキなので、ギヤ比が標準あたりなら割とリアが追い越しやすい状態のはず。

でもって、ここからがさっき書いた「直結」的なお話。


いやね、2駆ドリを作ってたことで、ひょっとしたらそれ使えるんじゃない?ってのが見えたのでやってみることにしたんですわ。
そうです「2駆ドリのデータを4駆ドリにフィードバック」してみたってお話がそのポイント。

カウンターステアが当たるようってことは、フロントが適度に逃がしやすいセッティングで行けば良いんじゃないかと踏んだわけです(`・ω・´)
まー…メーカー的に見たら「そんなのもうやってるよ」だと思いますがw

ちょっと考えてみたら、なるほど「グレードアップコンバージョン・ステージ1(バージョン2)」に付属のスプリングの組み合わせがまんまじゃないかと。

実際、TN RacingのAアーム用のダンパーエンドポイント変更パーツのおかげで、フロントサスの動きは2駆ドリ的な感じに近づいてます。

実際に走ってみて微調整に入る予定ですが、現状でサスの動きも結構理想的なところにある感じ。
サスマウント、ノーマルの樹脂になってるんですけど、問題なく使えそうな予感。

あとはフロントナックルの扱いをどうするか。
通常のキングピンアングル10度や12度のアルミナックル、製品写真を見るとロアアーム側で外側にオフセットしているので、
見かけ上ナロースクラブと同等になるんじゃないかと予測していたり。
下手したらステアポジが強烈になるか、逆になくなっちゃうかしちゃいそうですが…
ま、これは走らせながらにしましょうw


あとはメカ載せ。
とりあえず現状でアンプ下ろしちゃってるRFコンセプトから持ってくる方向で組み上げることに。
サーボがピヨピヨ病ですが、まーチェックで左右連続しない限り鳴かないので大丈夫でしょうw

あとの悩みは…またBEC後付け仕様で組むのかどうか。
安定動作のためには必要ですけども。


やっぱりケツカキと2駆ドリと両方やれるようになりたいですなっw


てなわけで、E10凪スペとともにケツカキも条件出ししてデータ残しませんと!(`・ω・´)



<2016/06/07 追記>
作業進捗その1の記事にして、なんともコレでおしまい的な追記w
メカ載せて調整終わりました(ぇ

DSC_0246.JPG

うーん、もう走りそうなオーラがw
それにしても最初に買ったこのホイール、他のより持ちますなぁ…
ボディどうしようか迷ってます。
というのも、2駆ドリにはシンプルなカラーリングのボディを使いたいので、4駆は前に使ってたER34 Blitzつけちゃって、そっちに新しいボディ乗っけたいなという欲が(ぉぃ

んま、後で考えようw

ちなみに初期セッティングとして、前のマエオソでのセッティングをそのまま再現してます。

ということで、データとしては

前後キャンバー:-6°
フロントトー角:0°
リアトー角:3°(サスマウント2°、ハブキャリア1°)
前後ロードクリアランス:5mm

ダンパーに関しては、グレードアップコンバージョンそのままです。
シリンダーが旧式なだけ。
あ、一個だけ違うわ。トップエンド側でスポンジ入れてません。
強烈な減衰をなくすための処置。
※2駆ドリは全部このやり方してます

しかしセッティングとりやすかった…センターモーターのおかげで左右の重量のばらつきが少ないので、
それぞれのタイヤへの加重の違いがかなりなくなってます。

まーブラシモーターなんで、走行時間は短い状態になるでしょう。
しかし、ビギナークラス準拠なので仕方がないw

YD-4の樹脂シャシーが出たら、このマシンを降りる感じでしょうか?


ドリパケ、楽しいですわぁ


<2016/06/21 追記>
空いた時間でちょっとだけテストしまして、新記事にしないけどここへ。
まーなんというか、試しにつけてみたものが大丈夫かどうか、走ってみないとわからなかったからみたいな。

えーと、写真撮ってません(^^;

とりあえず、E10凪スペに使おうと思って、お試しで買ったBD7 2016ショートショック2用スプリングがいいのかどうか?

結果としては、やっぱりレース用スプリングと言うことで、グリップ回復力が驚異のスピードで起こるため、
あえなくドリパケ専用を使う運びとなりました(ぉぃ
ちゃんとドリフトできるんですけどね、やはりストロークが少なくなってしまうのが行けないのか、ブレーキングでリアがスポッと抜けてしまう感じに。
のび側のストロークを稼ぎたいというお話ですな。
というわけで、2駆ドリにスプリングを近づけたら面白いんじゃないかと言うことで、グレードアップコンバージョンの組み合わせから2段階ソフトにして組んでみました。
また走らせてみて調整ですな。

でもって、ほとんどスクラブ半径減少が目的ですが、Aアーム専用のキングピンアングル12°ナックルへ変更しときました。
これ調整楽だなぁー、ノーマル位置と同じところにタイロッドエンドつけられるので、長さ合わせるだけみたいな感じ。
※もちろん計り直しましたけどねw

ただ、ドリパケのER34ボディ乗っけるため、フロントタイヤの位置を前に出さないといけないので、結果キャスター角が減ってしまい、ナックルの売りであるステアリングポジがちょっと少ない状態に(´・ω・`)
とはいえ、ノーマルナックルよりはきちんと面を使ってくれそうなので、後は印象ですな。


それにしても、やはりおみこしが効いたのか、すっごく走らせやすい印象です。
足が動けば間違いなく決まる!みたいな。
カウンターを当ててからのグリップ回復を遅らせるセッティングがキモ。
今のままだとほんとにすぐにフロントがリアを修正してしまいますな;;

で、マエオソとケツカキの組み合わせですが、これ結構良い。
前後差が大きいほど二駆ドリに挙動が似てくるんでしょうな。
ここのところ二駆ドリばかりだったので、ジャイロがなくても巻かない二駆ドリみたいな雰囲気を感じで面白かったかもw


というわけで、新記事でもうちょっとまともなお話かければなと思いつつ。


<2016/07/01 追記>
検索ヒットに「ボールデフかどっちがいい?」てのがありましたので。

えーとですね、これはドリパケだけにとどまらない話なんですが、ソリッド使うかボールデフを使うか、そしてギヤデフを使うかというのは、
「ドリフト中のコントロールフィーリング」で個人の好みが現れる部分になるかと思います。

ちなみに俺の例としては、ソリッドはちょっとスロットルオンやオフのときの動きで好み的に違うため、2駆ドリではボールデフメインで使っています。
ギヤデフじゃないのは…単純に持ってないだからだけですw

なんというかですね、ソリッドだと少し強めに振りだし、戻りが出るイメージといった方が良いでしょうか。
ボールデフだと内輪差が若干出るからだと思うんですが、少しソフトなんです。
ギヤデフの場合はオープンデフにしないことが重要(インリフトした場合に回転が浮いた側へ抜けるので)。
まぁ昨今のツーリング用ギヤデフはほとんどがオイル封入タイプの固さを調整できる物が大半ですので、オイル入れないということをしない限りオープンにはならないと思いますがw
※TT02とかだと確かデフガムを入れることで似たようなことはできたはず。E10では俺やってみましたしw

まぁ要は「バキッ」っと強く振り出したいか、ソフトに振り出ししたいかということです。

…ケツカキだとリアがソリッドオンリーなんですけどねドリパケやYD-4だと(^^;
※DIBだとプーリーの種類で選べるはず

で、お勧めはどっち?というお話ですが、これはもうセッティングツールとして見た方が良いと思うので、
最終的には全部触っていても何ら問題ないチョイスだと思います。
買って使ってみて合わないと思っても、捨てずに持っておいていいよ、的な感じです。
全部そろえるとそれなりに額がかさむので、どうしても最初悩んじゃうのは仕方ないですが(^^;
とりあえずソリッドなれとけば、他はソフト方面なので、後はお財布と相談ですなw

COSMOS SE [PC・MAC]

さて。

マインクラフト(Windows10バージョン)で設定をEASYにしたところ、スケルトンの攻撃のよけ方が最初うまくつかめずに死にかけました(何
ていうか、食料なんとかしないと戦うの危ないな;;
ま、それはそれとしましてw


昨日、メインPCのケースをAntec SIX HUNDREDからCOOLER MASTER COSMOS SEへ変更しました。
「今時そのケースつかうの?」とか聞こえてきそうですが、BD-R乗っけなきゃいけないんだから仕方がない(ぇ
(いや、外付けタイプへ移行すれば問題ない範囲だけどねw)


DSC_0219.JPG

ミドルタワーとはいえ、そこそこ大きい。

本音を言うと、COSMOS Ⅱくらいのフルタワーにしても良いかな?って思いはあるんですが、場所的に置けないのでミドルタワーにするしかなく。
直前までかなり悩みました。
Trooperが置けるんじゃないかとか、MASTER CASE 5 Proにアタッチしてディスクベイ増やそうかとか。

結局、大きさの面でCOSMOS SEで最初のチョイスに戻っちゃいました(^^;
まぁ、前情報とかで組み込み時のつらいところとかは知った上でのチョイスです。

てなわけでメインマシンを開けまして…

DSC_0220.JPG

M/Bとかはあんまりホコリかぶってませんが、よく見るとHDDには積もってますな;;
全バラした時に全部拭き取っておきました。

で、ディスクの順番はWindows側で決まっちゃうのでそんなに気にしなくても良いんですが、
変なことにならないとも限らないので、SATAケーブルに順番書いて再現できるように作業しました。

ちなみにAntec HIGH CURRENT PROの1200W使ってますが、これは以前の記事にも書いたとおり、数量限定特売品でたまたま半額以下で買えたもの。
10年保証って言うだけあって、未だにノントラブルです。素晴らしい。
※DTMマシンの場合、HDDをどうしても増やして使う必要があるので、余裕のある電源入れたいんですよね。


COSMOS SEの全体写真撮ってませんが、とりあえず組み立てのお話へ。
(というか、組み立てそのものは自作する方ならそんなに目新しいもんじゃないですし…)

すんげぇ小ネタなんですが、毎度俺がPCを組むとき、M/Bが乗っかるスペーサーの締め込みはこれが出てきます。
DSC_0221.JPG

…TAMIYAのRCキットについてくる十字レンチ(笑
冗談みたいな話ですが、初めて自作PC作った時(18年前)からこれやってますw
※うん、その十字レンチは小学校の時から使ってるのよ?未だに復活RCで使われてるという驚きの耐久性w

まー今回の商品詳しい人ならわかると思いますが、実はCOSMOS SEにはこのスペーサーを締め込むための道具が最初からついてきます。
被せて+ドライバーで回せるようになったものが。
……全部締め終わってから思い出して、使い勝手確かめるの忘れちゃったよ←
まぁ今後のために取っておきましょうw


肝心な組み込みなんですが、M/BがATXフルサイズ(Extendじゃないぞ?)だと裏面配線のためのホールに半分かかってしまう問題があるんですが、
SATAコネクタ真下のホールを使わないで、あえて隣のホールへ逃がすことで対処。
フラットタイプなら問題特になく接続できますな( ´ω`)

あとは、トップパネルに排気用のファンが内側後方に固定されていますが、これをあえて外側前方へ移設。
狙いとしては、トップフローのグランド鎌クロス3がメモリ周りへ押し出したエアを効率的に流して行く方向へ。
I/Fパネル側のファンはそのまま。

あとは初めての裏面配線を処理しつつ、これまた初めてのノンツールディスク固定を楽しみながら組み込み終了。

DSC_0224.JPG

なんかSATAケーブルでわちゃっとしてる印象はありますが、SIX HUNDREDと比べたら問題ないくらいのスペースが確保されて、改めて「こりゃいいや」とw

組んでいて頼もしいと思ったのは、作りの良さと堅牢性。
横にしようが立てようが、フレームにゆがみが出にくいのでネジが締めやすいんです。
今まで使ってきたケースがあんまり高いのじゃなかったのもあるので、ことさら違いを感じました。

SATAケーブルの接続でちょっと狭いって思った以外には特に困る要素ありませんでした。
10kgあるんだけど、フレームのおかげで持ちやすいしw

完成させてスイッチオン。

DSC_0225.JPG

いやまー目立つねぇこれは。
個人的には緑色にしたいけども、まぁこれでいいでしょうw
それにしても、パネル前面にあるHDDアクセスランプがデカい!
おかげでちょっと近未来感ありますなw

実はね、このフロントパネルのUSBポートの方向が今回の商品選定で重要でした。
というのも、置き場所の関係で、イスと接触してしまうことが考えられるので、極力上に逃がしたかったんです。
んま、ホコリ対策考えとく位であとは良いかな?w

で、右側にリセットボタンと謎の歯車マークのスイッチがありますが…この謎スイッチ、ドライブベイのところにあるファンのLEDのON/OFFスイッチでした(笑
……なくても良いがなwww
せっかくなので、ファンには青く光っていただいておりますw

実際に使ってみて、メッシュが多いのでファンの風切り音はどうしても出ちゃいますが、エアフローはさすがに秀逸ですな。
測定していないので数字的に評価するのはできませんが、体感でマシンの挙動が違うのがはっきりわかります。
でもって、先ほどのファン位置変更も狙い通りの動きをしました。
予想外だったのは、トップの後方のファン固定位置で吸ってることかな?
グランド鎌クロス3からI/Fパネル側メモリへ押し出したエアが、たぶん後方のファンで外に引っ張られてるはずですが、
負圧が発生しているのか、空きのある部分から外気を吸い込んでいる模様。
前側へ移動したファンは、きっちり暖まったエアが出てきてます。

おそらくその結果、メモリ周りの熱が効率的に排出されて、OSの挙動として体感できるようになったんでしょうね。

PSO2もいつも通り参加しましたが、緊急クエストで負荷をかけても「あ、これ回線側だ」ってわかるウェイトが見て取れるくらいの差になりました。

SIX HUNDREDでもそうそう困ることはありませんでしたが、メンテ性優先の交換が結果的にすべて噛み合ったので満足ですな( ´ω`)

これは良い買い物でした。


てなわけで、サブPCのSilver Stone LC30と併せて、学生の頃欲しがってたCOOLER MASTERをついに手にしました。
それ以前では、今はなきWindyケース(オールアルミのミドルタワー)で長いこと使ってきて、電源規格の関係で一度安いケースに戻り、Antecに行き着いたって感じだったのですが、
これでまた長期使用するケースに戻れた感じですなw
…とはいえAntec SIX HUNDREDもこのブログ始まる前から使ってるので5年は使ってたんですけどね(^^;


良いものは長く使える傾向があるので、大事に使っていこうと思います(`・ω・´)

マインクラフトとForza Moter Sport 6:Apexに着手してみたものの…<コントローラー> [ゲーム]

ちょっと前まで「PSO2が終わったらゲームから身を引く」なんて言ってましたが、
PCの「DirectX12」ネタもあり、昨今ゲーム実況動画をいくつか見ていた関係で、どうしても一度は触っておきたくなったので、
今流行の(?)「マインクラフト」と、DirectX12対応で無料スタートできる「Forza Morter Sport 6:Apex(Beta)」を、
Windows10のXboxアプリからDLしました。

もちろん、マインクラフトは1k課金で。
※実は先日PS3版の体験ものをやってはいます。
  スマホ版のPEも、安く投げ売りのキャンペーンの時に買ってあって、ちょっといじって止まってます(^^;

正直に言って、マインクラフトって「何でも思いついたことをやれる」タイプのものなので、基本筋道を通ってやるゲームを好む俺には向いてないかなー?って思ってたところがあります。
が、やってみるとなかなか面白いですねぇ…サバイバルモードの方が断然面白い。
とはいえ、初めてなのでクリーチャーと出会って死にまくるのがオチなので、慣れるまで難易度最低でやり方覚えてます(笑

現状では難易度のおかげで拠点作ったりとか、ある程度の道具作ったりとかの練習状態ですが、
折を見てワールドの難易度あげて慣れていこうかなと思います。
とはいえそんなに触れる時間多くなさそうですけどねぇ…w


そして、俺としては相当久しぶりのレースゲーム「Forza Morter Sport 6:Apex(Beta)」。
もうね、これはDirectX12を試したかっただけです。
一度は見ておきたかったし、ちょうどGTX970へ乗り換えるということもありましたので。

これもすごいですねぇ…詳しい方々は「ジャギーが」って言われてますが、たしかにぎざぎざしちゃうのはあるものの、これまでの画質と比べたらトンデモナイ変化なわけでして。
それが描画指令の簡略化で、思ってるより軽く動作するわけですから。

おおむね満足してますし、調整してちゃんとやりたいかな?ってところ。



てなわけで、前から使ってるXbox Oneのコントローラーで動かそうとしたら…なぜか動かないんですよ;;

何でだろう?ってあれこれやってまして、Windows10の「Xboxアクセサリ」をDLして更新したところ、
きちんと動くようにはなりました。


が…問題が。


たぶんこのソフトとかアプリが問題なんじゃないんですが、Xbox Oneコントローラー、なぜかWindows10標準ドライバ入れると、ボタンの認識がおかしい感じになるんですね。

具体的に言うと、「LT/RTボタン」に割り当てられる「Z軸」がなぜか2つに分かれてしまう。
「LTボタン」が「Z軸」、「RTボタン」が「Z軸回転」、という状態に。
そして謎なのが、振動モーターが「11ボタン」という状態で認識されてしまい、振動機能がカットされる。

なんじゃらほい?
まぁ、以前のWindows用ドライバをDLしてありまして、USBにつないだ状態で一度ドライバを削除し、その以前のドライバをインストールし直すことで、上記不具合は全部なくなるわけです。

…これ、他の人もなるのかなぁ?;
調べてもあまり出てこないんですよね。

で、対処法としてはこれでできるので良いんですが…「Xboxアクセサリ」で更新をかけてしまうと、
一応マインクラフトもForzaも動くんですが、クライアントが途中で落ちてしまったりとゲームが不安定に。
しかも、コントローラーのプロパティを開くと、ボタンは上記不具合状態に;

その状態で一度古いドライバに更新書けたんですが、Windowsはドライバが重なってインストールされるとき、
古いものを排除して新しいのを選ぶプログラムで書かれているので、直らないんです。

結果、きっちり認識させるためには「Xboxアクセサリ」をアンインストールして、先ほどの対処法で直すことに。


そうなると…PSO2は良いんですが…マインクラフトとかはコントローラーの認識がなくなっちゃう。


OSもコントローラーもマイクロソフトなのに、なんでこんなことになるんだろう?
プログラム屋ではないので、とりあえず使える方で使っていますが、なんとも気持ちが悪い。
現状ではPSO2で使うのがメインなので、しっかり認識させた状態で使うことにしました。

上記不具合の状態でも動けば良いじゃん、って思われるでしょうが、「LT・RTボタン」が「Z軸」で分割されてしまうと非常に問題があるんですわ。

どうなるかというと…PSO2デフォルト設定で「LT」は「選択したパレットの実行」、「RT」は「ショートダッシュ」なんです。
で、それの数値の与え方が、「Z軸のMINとMAX」で決まる状態なので、
不具合のままだと「LT」を使うと「パレットの道具を使った直後に勝手にダッシュが入る」ちう困った状況になります;;

だめですよねぇこれ;

でね、Forzaで確認したんだけど、こっちの場合はなんかの弾みでボタンを何かしら押すと落ちます;
同じことをマインクラフトでやったら、マインクラフトも落ちた!(ぇ

USBポートを変えてみたけど症状変わらず。


いったい何なんでしょう?
とにかく、Windowsの機能に任せるとまともに使えません。

てなわけで、この問題を解消するべく情報収集してるんですが……時間かかりそうです。


なんだかんだ言いながら、実はXbox Oneコントローラーも各ボタンが寿命になりかけ始めましたので、
今年のどこかのタイミングで交換しないといけません。
上位コントローラーの入手ができればそっちを使ってみるという手もありそう。


しかし、この辺のお話、Microsoftに相談したいんですが、窓口がわからない;
というか、不具合報告としてあげたいんだけど、どっからフィードバック送るのかがわからないという;;
おまけに説明難しいし;
この辺も調べながらなんとかしないといけませんな。
※実はWindows7の時からずっと探してたりします←


解決できるネタが手に入ったら、ちょっといつになるのかわからないくらい先かもしれませんが追記したいと思います。


<2016/05/17 追記>
まだ解決したってお話じゃないですけども。

やはり検索してみたところ、俺だけじゃなかったみたいですね。
複数同じ症状(ほんとに全く同じだった;)の方の情報がありました。
使えるようにするための解決方法まで全く同じ。

うーん……どうしたものやら。

イスを替える [音楽関連]

先日言うのためらってた部分だったりします(ぇ
しかし、考えてみたらこの部分は話しても大丈夫か的な感じなので、ネタ追加で書いちゃおうかと。

まーそうですねぇ…たぶんこれ体感するのって、相当こんで頑張ってる人じゃないかな?


まぁ、きっかけ的に言うと「イスの高さ変えても、上半身がどうしても後ろへ逃げてしまう」がとれなかったので、
イスの位置変えてみたりいろいろしていたら、体の使い方で「あ!」って気がついたことがあったので、
まずそちらをやってたら「あらまこんなところに問題が!」って知ることができたってことです。


俺はドラムを始めてからずっとTAMA派なので、当然スローン(一般的には「スツール」ですな)はTAMA製品使ってきてます。

最初に買ったスローン、1St Chairシリーズが出始めた直後だったので、見た目と新しさから「Wide Rider」を使ってきて、オリジナルバンドを始める直前くらいまでそっちを使ってました。

が、なんとなくちゃんと座れれば「実は基本の丸いすでいいんじゃね?」って思ったので、現行にもあるスタンダードな形の丸トップに付け替えて今に至ってました。

DSC_0210.JPG

あんまりにも後ろに傾くんで、前から気になってたバックレストまで追加して。
※実は結構使わないような位置になってましたけどね←

で、体の動かし方で一度腰に当てっぱなしにしたところでふと気がつきました。


「太ももの付け根が…丸いすの角で動きを阻害してる…;;」


そうなんですよ、個人的にイスの前の方に座ってる方だから大丈夫だと思ってたんですが、
全身の使い方がわかった段階で「尻と太ももの境界線あたり」の保持の仕方で好みが分かれるのがわかったんです!
これ結構大事なお話でして、実行したらさらに発見したんですが、「ちゃんと踏んでもパワーが乗りにくい」っていう原因にもなってたんですね。
ホントの座り方に気がついた段階で、ようやく見えてくる問題点でした。


気がついたときに「まさか…」って思ったので、10年くらい押し入れで眠ってたWide Riderを引っ張り出して交換することに。
※俺、結構壊さないんですよw 物持ちよすぎてびっくりされるほうですw

DSC_0213.JPG
色があってないが気にするな!(笑

さーTAMAフリークなら懐かしい座面がw
これ、90年代後半に限定品として出たカタログ外モデルのブルータイプですw
手に入れたときは…在庫処分で半額だったかな?

まー今も同じ形で新品売ってるので、ロゴ合わせ的に買い直すかもしれません(ぇ


変えてみて演奏してみたら…ものすごく違う!

気になってた腰の位置変化もなくなり、上半身はいつも同じ位置にキープされ、全身リラックスしててもぶれなくなりました!
しかも、いつもの踏み方でキックのインジケーターがちゃんと赤まで入る!
…ここに来るまでが長かったなぁ;;

ちなみに、バックレストいらないかもって結論に今は達してます。

「こんなことで?」って思うかもしれません。
が、俺的に「どうしてもできなかった」プレイがこれにしただけでできちゃったりなので、びっくり度数高めです。

Wide Riderが出た頃って、世間のあちこちで「エルゴデザイン」がはやりだした頃だったんですが、
先に出したのはジブラルタルだったかな?ものすごく高価なイメージで、TAMAが手頃なの出したときに「やっと買える!」って思ったもんですw


でね、まとまんないようなお話で今なんで書いてるのかというと。

たぶん初めてスツールを買おうとしている人がいて、あまりにも各社いろいろ出しててわからないってのが本音なんじゃないかな?って思ったから。

かなり好みで変わっちゃうところだとは思いますが、まず欲しいと思ったのを買うってのが前提でお話をすると、

「実際の演奏で違和感を感じないイスをチョイスするべし」

なんじゃないかって思います。

気がつくにはある程度の練習量が必要だと思うんですが、丸座面使っててどうしてもランクアップできないって思ったとき、サドル型のタイプを試すのがいいんじゃないかな?って思います。
「丸でできるべし」でもいいと思うんだけど、根性よりここは「楽さ」を取った方が絶対に得なんじゃないかと。

その人の座り方の癖で激変する商品選びだと思うので、チョイスの仕方を組み上げることが肝心でしょうね。


いやはや、どのジャンルもイスって重要ですな。


てことで、「あこがれの自分もの」を手にするときの参考になれば幸いです。



ちなみに、俺はイス周りはガッチリしてるのが好きなので、足も通常の3本のものではなく、4本の安定度の高いものを使っています。
まぁひっぱたき系してた頃に、3本ので後ろに転びそうになったのでこうなったんですけどね(^^;
気がついたらこの安定度じゃないと嫌になってました(^^;

うん…スタジオ入った時に、壊れかけのスツールだとすごく不機嫌になります俺;

イスだけはこだわりたいけど、合わせの時は我慢するしかないか。てな感じですけどね(^^;
ライブ本番には必ず持って行くスタイルに戻ろうw
※丸いすにしたのは、ハウスのが丸一択ばっかりだから慣れたかったのもあるのよねw

E10凪スペシャル製作進捗4回目 [RC]

さてさて、ちょいとRC記事また続いてますが。
ドラムの方も、先日練習中に「あ、そういうことか」なんて見つけて、今までやれてた曲に反映させるための改善してみたりとか、なかなかいい感じなお話あるんですが……ごめんここでは書けないので;;


というわけで、GW中まったくラジしてないんですが、作業としてはE10凪スペが次の段階になりましたので、そのお話を。


いやぁ、今回のは見つけたら買わずにいられませんでした…レア過ぎんだろ!的なものだったので(^^;

それがこちら…

DSC_0194.JPG

E10にこだわられている方でしたら、もうこの写真だけで「!?」でしょう(笑

写真右側は絶版になったものの、よく知られているOverDoseのE10用ケツカキギアセット。
たぶん舵角のせいで手間があったためなんでしょうな、生産終わっちゃったの(´・ω・`)
1.52倍だそうです。

でもって左側は日本国内じゃほとんど知らないでしょう!
俺も知らなかった!!(笑
米国INTEGY社製、E10用アルミミッションケースです!!(ドヤ!←
HPIなんで、eBay見てたらなんか本国もので面白いのあるんじゃないかと検索したら、アルミホイールハブと一緒に出てきて悶絶w
しかも、このビレットな商品、ベアリングまでついてくるんですよ!!(ぇ

いやね、ケツカキ手に入ったので、シャシー変更によるアライメント変化で摩耗が大変なことになっちゃうんじゃないかって心配してたので、「なんかいい対策ないかな?」って見てたらこれですよ!
アルミならそうそう入力に対して負けませんし。
……とはいえ、足まで含めてアルミなので、たぶんハードヒットしたらサスシャフト曲がりそう(^^;
ま、酔狂ネタもここまで凝れば完璧だろう、なんていう自己満足で決定です←
※もちろん前後用意しました。

てなわけで組み付け。

DSC_0196.JPG
左右分割なんでこんな感じ。
ケツカキギアの方も組み立てて。
DSC_0197.JPG
ベアリングの内側のサイズを合わせるのに純正のスペーサーを入れるんですが、抜け止めどうするんだろうと思ったら、溝切ってあってOリングはめるという頭脳プレイw
そして組み込み。
DSC_0198.JPG
割とキッツキツなので、ちょっとバックラッシュとしてはどうなのか疑問ですが、純正でもキツいので後は馴らしで対応するしかないでしょう。
(とはいえ、ケースのビスの締め加減で軽く回るようにはしてます)

E10はノーマルでもミッションケース下から見えるのですが、この形はグリスアップ楽になるのでいいですな。
塗りすぎにならない程度にしっかりとモリブデングリス塗布しときました。

で、フロントワンウェイの方も組み込んで、シャシーへ。

DSC_0199.JPG

うん、否定はしない……E10どこ行った!!!!!(笑
※ちなみにパワーユニットは今、ブラシレスに乗せ変わっています。例のSKYRCを戻しました。
  え?SHEPSUT?もうSpeed PassionのReventon R+怒響8.5Tに乗せ変わってますよ?←

もう入手時のパーツはドライブトレインしか残ってません!(ぇ

元は…こうだものw
DSC_0103.JPG

本気で「ここまでやるんだったら別マシンでよくない?;」です。
ほんっと酔狂ですよこれ;;

舵角確保の面でもクリアできているので、たぶん酔狂マシンとしては仕上がりに自信が持てるかと思います(`・ω・´)

というわけで、ブラシモーター乗っかってる間にブレークイン始めたんですが…タイヤつけないでやったために、酷い失敗をしてしまいました;;


DSC_0204.JPG

「ぎゃー!」

いやねぇ…右リアの回転が渋いなって思ってたんですが、ベアリングがナックル内側死んでました…
そして、回転が渋いことでユニバーサルが内側へ抜け、アウターケースが外れた拍子にスパイダーのピンが抜け、リアハブキャリア内側を引っ掻いて回転が止まりボキン!(死

ああああああああああ(´;ω;`)


リアハブキャリア傷るし、よりによってHPIのユニバーサルを壊す(他社より若干高いのよ;)という失態をorz

やってしまったものは仕方がないので、補修パーツ入手へ。
とりあえず、直してからテスト走行します…


これで後は手を入れるとしたら……スパーギヤどうするか(ぇ

実はですね…これもeBayで出てくるんですが、枚数の違うE10用メタルスパーギヤがあるんですよ!
ただ…必要性あんまり感じないのがね…;


というわけで、あらかた終わったら、一度ベアリングを総交換するための用意だけはしておこうと思います。
※死んだの以外は実はまだゴリゴリ全く出ていないけども


<2016/05/11 追記>
さてさて。
なんか精神的に壊れたままおいておくのも嫌になってしまったので、潔くリア用の1setだけユニバーサル買いました;

…パッケージが新しくなってるよこれ……しかも今度のは加工精度ばっちり!

さては、かなりNG品出してた業者から乗り換えたなHPIw

まぁそんなことは兎も角、組み直ししました。

でね、気がついたことがありまして。

DSC_0216.JPG
写真のユニバーサルのアウターケースは外したものです。

なんで外したか?
ええ、新しい方組み込んでみたらですね、嫌な引っかかりもなくすんなり組み上げられたから交換しちゃいました。
実はこの「以前使ってたNGを直した方」が悪さしてました;;
(残ったユニバーサルの部品は補修用として残します)

いやねぇ…軸は出てるんですけども、なぜかこのNG直した方でベアリングに通すと、回転渋いんです(ぇ
…ブレが出てないのに渋い…うーんやっぱり軸ずれ?
ちょっとマイクロメーターとかないんで計測できませんが、新しいの入れたら回転スルスルなんですよね。

どのくらい変わったかというと…引っかかりどこにもないよ的な(大変化じゃないか←

一応抵抗なく入るように調整したはずですが…同軸度そんなにシビアに出るかなぁ?;;
とにかく、ベアリングへの負担度が全然違うんですよ。

まー内側見ると、バイト(旋盤の刃物ねw)がビビりを出した形跡がしっかり残っているので、妙なことになってるのかもしれませんな。
(筒ものの旋盤加工って実は大変です。切り込み量が適切じゃないと材が逃げちゃうので)

んま、新しいのが問題ないので、とりあえず細かい詮索はやめておきましょう。キリないし(^^;

ちなみに気がついたのでフロントもチェックしたら、フロントは全く問題なしでした。


てことで、ケツカキになったE10凪スペ、微調整の段階へ進むことになりそうです。


あっ、ESCのバッテリーコネクタを田宮7.2Vにしないと…
※通称「タミヤコネクタ」ですが、一応「中継用Lコネクタ」っていう商品名があります。
  電子パーツの店にもあります。
  安く大量に買うなら秋葉原で電子パーツのお店に行くよろしw


<2016/05/29 追記>
さて、ちょこっとだけアップデート。
アップデートとはいうものの、すっごく小さな小変更ですなw

DSC_0234.JPG

前後のダンパートップのボールをBD7用からYD-4用オイルダンパーボールへ。
この首の長いのがポイント。

適当なスペーサーを入れてなんとかつけてた感じでしたが、問題ないくらいに若干ショックタワーに当たってるとかあったのが、これで無事解消。
見た目もすっきり。

動きも良くなったので、ダンパーの力をまたちょっとだけ引き出せるようになるでしょう(`・ω・´)

yokomoのサイトで新商品情報が出たときは「もうこれはE10に使うしかない!」って直感が働いたんですが、サイズぴったりで良い感じ。

そして、アルミミッションケースにしたことで、若干ホイールベースが前後に伸びていたようで、
フロントのホイールアーチがタイヤとずれるので、バンパーウレタンとミッションケースの間にクッションテープ(バッテリー用のアレね?)を適当に挟み込んで調整。
リア側がさらに後ろにずれてる感ありますが…ボディ干渉するほどじゃないのでよしとしましょう。
リアはステアしないので、沈んだときに当たらなければ良いだけだしw

時間なくて走らせてないですが、そろそろ他のも含めて始めませんとね…

ケツカキ再始動?(ぇ!? [RC]

沼ですマジで!!(汗


唐突な始まり方ですがGW中いかがお過ごしでしょうか?
俺は新規バンドのネタひねりで、昨晩気がついたらお風呂も入らず朝になってて、慌ててシャワー浴びてました←


まぁそんな事は兎も角。

ここまでラジドリにハマると思ってなくて、気がついたら2駆ドリメインで3台も弄り倒ししてるという謎状態になってるんですが……またやらかしました(´・ω・`)


いやねぇ…RCやってる方ならわかると思うんです…その、「アップグレードで使わなくなったパーツを置いといた」結果…いつの間にかマシンが増えてるという現象(^^;
先日の記事にもちょっと書いたかな?とは思いますが、そのお話。

余り物を寄せ集めてみた結果……







DSC_0205.JPG


ドリパケ!お前は「プラナリア」かっ!!!
※プラナリアって、切っても切っても死ななくて増殖し続けちゃう生き物です。

しかもね…今回はドライブトレイン系はベアリング以外全て中古利用できる状態です!!(ぇ
聞いて驚け、マエオソ0.78とケツカキ1.3が組み合わさってるのだ!!(ぇ
多分、計算上1.5以上1.8カキ未満くらいじゃないかな?今度計算しておきます。
※実際に回してみたざっくり測定では、1.7倍くらいに見えた
(2016/05/10補足:yokomoで新製品発表ありまして、YD-4用に減速ギアが出たことですべての商品解説に倍率表出ました。表から前側0.76、後1.3で計算的には1.71倍です。目分量割と合ってたなぁ…w)


さすがに死亡したフロントナックルは用意しないと行けないので、いたずらでD-MAX用ナックル入れましたが、
多分これビンゴ。アッカーマン出しやすい。
樹脂C足の場合、切れ角アップのためにストッパーモールドを切るのを推奨されますが…多分これしなくていい。
見た感じ60度は内側で確保出来てるので、ユニバーサルの範囲を増やさない限りこれで対応できるはず。
外側の角度もほぼ45度~50度辺りなので、問題ないはず。
※敵はD-MAXナックルがいつまで手に入るのかだ…ダメだったらアルミナックル持ってくるか。

ダンパーも1台分残ってるし。

でもって、マエオソやケツカキやってるときに集めたデータ的に、シャシー側の補強は今の状態以上はいらないのをわかっているので、リアのロアアームを替えるかどうかしかくらいしかあんまり興味が←

ただ、重量配分がこのままだと残念な状態になるので、2駆パケNEOに施したマウントだけは確保しておきたい。
んま、とりあえずヨコドリ準拠マシンで作りましょう。
サスマウントだけは最終的に入れるかなぁ?
やっぱり樹脂だけの組み合わせだと渋さが取り切れないんですよね。
※それにしてもTN Racingのサス用スペーサーは使い勝手が良い…


話が前後しますが、今回フロントはナロースクラブ採用を見送ってます。
理由は簡単。
節約もあるけど、ベルクランクの仕様上、ノーマルスクラブの方が条件良さそうだから。
それは切れ角のお話でしたので、そんな理由です。

写真は小型リアディフューザーが付いてますが、2駆パケNEOで使って残った方が勿体ないなだけw
ノーマルのバンパーもあるので、調整幅で必要かどうかで最後決めるかと。
※4駆ではデカいディフューザーいらないって思ってます

とりあえずボディは2駆パケNEOさんと共有かな?
実は4駆の方だとAE86で作りたい病が出てたりするんですが←


まぁそれは兎も角。

ちょいと作りながら、以前の記事に追記した「ワンウェイ関連」のお話を再確認してみました。

ちょうどyoutubeでドリキンが実車でやってた「峠タイプコースでのガチンコバトル」(ちゃんとクローズドのコースだぞ?)で、WRC仕様インプレッサGDBと雨宮RX-7で対決した話を見まして、
記事を書いていた頃にはあまり「フロントワンウェイとセンターワンウェイを同時に使うのは意味ない」って思っていた部分に関して訂正を入れたくなりました。

どう変わるかというと、その動画でGDBの駆動セッティングの部分で、「センターをフリーに近づけていることで、FRの動きに似せるようにセットしています」っていう話が出てきたので。

……そうか、だから「フロントワンウェイとセンターワンウェイの両方付けてると良いですよー!」ってお話しされる方が結構いらっしゃったのかと。
センターワンウェイが効いている間、4駆特有のアンダーが出にくくなるので、コーナリングがニュートラル特性に寄るんですね。
結果スピードダウンを減らすのが楽になると。

うーん、奥が深い。
飲み込めたら価値認められたけど、それまでは車重増でデメリットなんじゃないかと思ってました。

これって、いわゆる「ネコデフ」と効果近いですよね。

…すげぇなぁ最前線でやってる方々は…俺もはよサーキット持ち込めるだけの腕付けて行きたいところです。
※今のままじゃ当てて「ごめんなさい連呼袋」確定だもんな;;


とはいえ、昔から「組み立て屋」的な俺ですから、マシンメイクはこだわりますよ!(`・ω・´)



しかし…余りパーツの箱、おかげさまで小さくなりましたよ(笑


中古で8kだったドリパケが、よもやこんなにも面白いお話を提供してくれるまでに発展するとは、わからんもんですw



<2016/05/22 追記>
足りないところを補充するパーツを入手したので、とりあえずメカ載せる前段階までは仕上げました。
モーター配置どうするか相当考えましたが、やはりここは2駆パケNEOさんとの比較もかねて、同じモーターマウントへ。
ま、メカ乗っかってタイヤ用意までできたら写真に撮ってアップしますw

でね、今回のマシンメイクでは、2駆ドリのセッティングを参考にしたサス周りを試してみることにしました。
4駆なので減衰力だけは4駆にあわせていますが、動きのバランスを2駆ドリ傾向にしてみることで、
ケツカキの姿勢変化とフロントの逃がしの制御に使えるんじゃないかと予測して。

ダンパーはあえてダイアフラム上のスポンジインナーを入れずに組み立て。
これで反発が穏やかになるはず。

YD-2が出てから考えようかと思ってますが、フロントナックルをナロースクラブに移行できるような構成があれば、そちらに載せ替えてしまおうかという考えもあります。
その選択肢には、キングピンアングル2度という設定のYD-4用標準ナックルも視野に入ってる状態。
ユニバーサルのボーンの長さがどうなるのかがちょっとわからないので、まずはナックル使えるかの判断からですな。
※ちなみに2駆パケNEOでそのまま使われているアルミナロースクラブナックルは、キングピンアングル7度だったかな?

あ、キングピンアングル10度のアルミナックルって言う手もありますな。
実質下側のピボットが外側に出てるので、効果としてはナロースクラブ的に振る舞うはず。
うん、これも候補に入れておこう。

てなわけえ、また走る前からいろいろいじり倒しみたいですが、確実に形にしようと思います(`・ω・´)

スマートフォン専用ページを表示