So-net無料ブログ作成
検索選択

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

再び椅子の高さを考える [音楽関連]

まードラムの事いろいろやりながら、納得のいくセッティングを出すのに四苦八苦していますが。

いやねぇ、先日の記事のアイプチ治療したおかげで、全身のコリがとんでもないレベルで抜けまして、
それに伴ってプレイスタイルが激変し始めてるのであります。

動画撮ってアップしようって話なのに、なかなか形になってない理由でもあります。
それくらい修正が必要なんで、納得がいかなくなっちゃうのです;
すんごい変わるよ?ほんとに。
力入れてるつもりがないのにハードヒットしてるのがわかるくらいですから。


で、今回のタイトルの部分。

何かというと、2バスの踏み方…というか問題はないんだけどキックの踏み方そのものが違う感じになってきたのです。
椅子の高さ的には一応細かいのまで踏めるんですけどねぇ…ヒールアンドトゥを使おうとするとかかと側で主さが入らない。
今の設定してる高さだと、足の動作を椅子の種類でなくしたにもかかわらず、間違いなく動作範囲の外にかかとがある感じ。

てなわけで、現状でどうするか?

とりあえず椅子下げるしかないわけですがw


前置きこんなんですけども、ようは余裕ができてきたことで「もう使わないや」って思ってた高速2バスやろうかってお話が個人的に出てきてまして、
それをやるためのセッティングを今一度再現しなきゃいけなくなってきてるって事です。

まだこれから試行錯誤のお話なので、全然結論としてのお話が出せない中途半端なものですが、
16分音符でBPM240を30分踏めるようにした練習の頃の椅子の高さを考えると、間違いなく低くする必要が俺にはあります。
※その練習のために、超頑張ってAXIS A-L2買ったんですよね。
  おかげでダイレクトドライブの正しい踏み方と力を入れずに踏むというスキルを得たわけですがw
  逆に今までのチェーンドライブが違和感あるような方向に行ってしまったのは予想外でしたが;

うん、今の椅子の高さだとできないんですよその速度が(笑


まー最初の頃、ドラムの椅子の高さって、踏みやすさとキックの音色で決めると思ってましたけども、
きちんと音を出せるようになることを通った後は、足の使い方に合わせて決めるというお話なんだなと思い始めた感じです。


背が低いので、タムのセッティングで今度は悩むことになりそうですが…まぁなんとかなるかw
俺のキット、アクセルサイズだしw



ほんと、こう言うのってやればやるほど覚えることが出てくるので、いつまでたっても精進なんだなと思う今日この頃でしたとさw


※ちなみに俺はブラストビートはできません;

2駆パケNEOを続けるのか、YD-2へ行くのか…迷い中 [RC]

や、なんとも「えー続けないの?;」って感じのタイトルがついてしまいましたが;

いやーもう、YD-2の樹脂シャーシが出たら、たぶん買いそうな気がするので、どう乗り換えを入れていくのかで悩んでいるのであります。

何でかというと…ドリパケの2駆化ですが、究極のやり方としてSHEPSUTを作ってしまったので、
ワイパー式ステアリングの樹脂シャーシでどこまでやれるのかの実証にしかならないのですよね。
なので、ある程度やったところで、本来の目的であったケツカキさんに戻したいかもしれない、と考え始めてます。
YD-2の予定がなかったら、きっとドリパケ2駆で続くんですけどねw
※そうはいっていますが、まだ発売までには時間がありそうな予感なので、その間にデータ取りはしっかりやっておきます(`・ω・´)

2駆パケNEOさん、現状でギヤ比を変えましたので、たぶん次回で相応に走るはず。
すでに走れる状態で、操作性を上げるためのファインチューンの状態へ移行しているので、おそらくその程度しか変化でないかなー?といったところ。
んじゃせっかく作った新ケツカキどうするのよ?ですが、それはそれで必要分取り外してコンバートするでしょうw
足回り的には相当アドバンテージのある土台がありますし、御神輿モータマウントは余る分をSHEPSUTに使ってマスバランスのさらなる適正化にも使えるわけでして。

…割と良い感じに回せそうな予感が強い。

予定は未定で、ほんとにそうなるのかはまだ決めてないしわからないんですが、YD-2ほしいのだけは確か。
メカ的には2駆パケNEOを移行すればちょうど良い。
ボディも穴位置同じでしょうから、流用可能。
マジで悩んでます(^^;

って、ほしいなと思って書き始めて、落ち着いてくると「どうしようかな?」という迷いが戻ってくるわけで…
なんとも行ったり来たりですが、どうなるかはお楽しみですな。


それだけね、元オフロードな人間にとってYD-2の構成は来るものがあるんです。
リヤギヤボックスがオフロードのギヤダウンで動作するなんて、ほんとに変更でピンと来やすいんですな。
おまけに最初からオイル封入タイプのギヤデフ装備なんてやってくれちゃうから…w


本気でどうしよう?(^^;


そんなことを考えながら、NERVISの小変更ネタを用意しようともくろんでます。
とりあえずサーボはSANWAの新商品確保へ向けて動きました。
あとはVXドック周りのパーツ調達。
初回ロットでうまく手に入ると良いが……

ドリパケのコンバージョン系、すでに2つやってる訳ですし、ここは世界戦を制したYD-2プロトの実力を手にしたいと思うのは流れだと思うんです(`・ω・´)
……ばらしたドリパケはもう仕舞っておく事になりそうですが(^^;
※実はあんまりお金かけないでよかったなと思ってたりします←
(新ケツカキの方ね)

さて、どのようにアプローチかけていこうか……

ちゃんと楽しめるように組んでいかないとね!


<2016/07/04 追記>
こそーっとyokomo YD-2(DP-YD-2)を予約しちゃいましたー(ぇ
うん、型番見たらわかるでしょうし、Plus(グラファイトシャシーモデル)は8月なんで樹脂の方です。
いやね、仲間とも話してたんですが、これはどう見ても樹脂の方が面白いんじゃないか、というお話で。
ま、走りに一定のレベルがついてきたら、グラファイトシャシーへ移行すれば良いだけの話ですし。
※このやり方だと、最初からPlus買う方が安くなるのはドリパケとかと一緒です。

てなわけで、2駆パケNEOさんが一段落した段階でYD-2いじることにします(`・ω・´)

ただ、ボディーどうしようかなと。
実はですね、例のヨコモのER34ボディは4駆のために作ったんで、ちょっと重さが想定より多いのであります。
できれば軽いボディをもう一枚用意したいか。
電飾なしで…いや、ちゃんと電飾作りますけどねw

また少し時間かけて用意かなぁ…


<2016/07/12 追記>
NERVISのアップデートの用意のためと、イグレスのパワーソース再考をしたところ、使えるサーボとブラシレスコンボが1台分…w
んー、ジャイロと受信機だけか…平行やれそうな雰囲気が出始めました(ぇ
SANWAが安い受信機出してくれたのがハードル下げちゃってる感w
しかも、またRCMartで鬼式ジャイロと中身同じと思われる、さらに安いジャイロ発見しちゃうし←
ただ、それ買うとなると、国内でyokomoの安い方買ってもそう価格変わらない感じなので、なかなか選ぶの悩みそうw
※送料とるか時間とるかの差になり始めましたw

んー、メカ選びといい今はほんとに選択肢多くていいですなぁw


<2016/07/30 追記>
直前に知りましたが、ちょっと延期入っちゃいましたね(^^;
情報が8月中旬と下旬で分かれてるのでどっちなのかよくわかりませんが…
ともあれ楽しみに待ちましょうw


<2016/08/06 追記>
さて、yokomoから発売日延期のお話が出てしばらく経ちましたが、ホントにもうすぐですなYD-2w

そして、やっと時間作れるかと思ったら暑すぎて熱中症対策しないとだし、いつものトンネルが暑さ避けで逃げ込んでる車の方々おられるので譲ってたりとかw

んー、YD-2すっごい人気になってるみたいですね。発売前から増産してるとか。
さて、このマシン、樹脂シャシーの方ですが、予約して試すまでいろいろ俺の中にも「こうなるんじゃないか?」てのがありますw
ですが、あえて今は語らずにします。
YD-2走らせてみてからじゃないと確定しないですし。

にしろ、パーツリストが更新されて、細かいパーツの形状が見え始めましたので、改めてスゴいなこれはという思いが。

もうね、現状でwktk止まらない状態です(笑

メカも1台分あるので、たぶんすぐ作っちゃって試すと思いますが、そのときには暑いのとか言ってなさそうな気がしますw

花組、出撃!<PSO2> [ゲーム]

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

「引~き裂いた~♪闇が吠え~♪」

pso20160622_233058_098.jpg

MILAI:「あれ?ミカサどこ?米田さーん?隊長~?…なんちてw」


はい、というわけで久々のPSO2ネタです。

んー、まだ新徒花やってないんですよ;
時間的に合わないので、だいたい2日目に初見なわけですないつも。
とはいえ、一応Youtubeに出てるプレイ動画見させていただきまして、たぶんこうだろうなという想像をしながらです。
でも慣れるまでペロるんじゃねぇかなぁ…;
大半は覚えたら避けきれる気はする。けどミスって食らったときにデカい印象やね。
装備替える替える詐欺で未だに白リュクスなんですが、一応物理攻撃耐性3がついちゃってる&4s+エクステンドMAXの状態なので、どーも更新かける要素として弱くて悩みどころ。
現状でペロ率相当低いですからねぇ…(結構ムーン投げる側です(ぇ)
てなわけで、ちょいと見かけ上心配かもしれませんが、見かけてもとりあえず様子見してやってくださいませ(^^;
※5sのための素材は作ってあるんだけど、NT武器作るのにメセタが飛んでしまっているので、手をつけたくてもつけられないのです(えー


まぁそれはともかく。

俺的には今回のコラボがヒャッホー過ぎて、宇宙戦艦ヤマトコラボ以来のACスクラッチ投入しましたw
結果、全体的に結構微妙な引きではありましたが、目的の光武二式(さくら機)と進化D:さくら機はゲット。
まさかの霊剣:荒鷹まで出てしまい、最低限ほしかったところが全部出ちゃった感じ。
んー、美月用にさくら袴もほしかったですが…とりあえず戦闘服をメセタ購入。

使えそうなアイテム以外はとりあえずマイショップへ。


サクラ大戦、もう20年も前の作品になってるんですなぁ…
当時、初回限定版がとんでもないプレミアムがついて、そりゃもう中古ですごい額になって、どうしようかと思ったもんですw
大学の友達から借りてやってドハマりしたゲームなんですが、戦略シミュレーション系戦闘、実は一番苦手な俺でもやれるゲームってんで、このゲームの特徴のメンバーとの恋愛要素そっちのけで「こう置いたらどうだ?」とか悩んだもんです。

ちょっとできるようになってほかの戦略ゲームに手を出したら、見事に玉砕して(もしくはマップをおっかけっこで終わらない)クリアできなかったんですが(笑

……ちなみに「すみれ派」です(聞いてない

3で大神がパリに行って、そこの隊員とまたロマンスしちゃうのがちょっと最初あれっ?って思ってやめたんですが、その後一応5作目まですべてクリアしたゲームでもあります。
※4作目で確かきっちり相手決まる流れだったかと。
  3でも花組の隊員の飛び入りで一応ツッコミ入るんで、実はそんなに嫌なシナリオでもないw


もうね、今回SEGAつながりなのでPSO2置いといてサクラ大戦の話しちゃいますけど、
音楽が先でアニメでも突っ込む俺の例外に漏れず、この作品の音楽が大好きです。
見事に歌謡曲が並ぶし、ミュージカル好きの部分もあるのでその要素でやられちゃうし。
それに普通に大正ロマンが大好きなので、サクラ大戦はどこ切り取っても楽しいんですよ!(おちつけ
※どんくらい大正ロマンが好きかというと、自分で屋敷を建てられるようになったら、間違いなく大正洋館建てると豪語してるくらいです(ぇ


そんな俺のサクラ大戦一押しキャラはもちろん「米田一基」!(ぇ
こういう熱い初老を迎えたいもんです(`・ω・´)
え?百年早い?(←やってる人しかわからないネタやめなさい
※1作目のボスキャラ「天海」の台詞です。「ひゃ~く~ね~ん」「早いわ~」(ほんとに2個にボイス切れてる)
  ちなみに千年バージョンもあるw


てなわけで、早速出た光武二式を着て動き回ったわけですが…実は一つだけがっかり。
走るモーションは良いんですけどね……ホバーどこ行った?;
元の走行モーションでホバー入れられるか見てみたけど、残念ながら着てると変えられない(´・ω・`)
んま、雰囲気楽しもうと言うことでここはあきらめましたw
※Twitterでいろいろ上がってたもので、体型に左右されて、元がいわゆるFATなスタイルですごいことになってたのには大笑いさせていただきましたw

しかし、ちょっと期待したんだけど、ルームグッズとかでミカサとか轟雷号とかあったらさらにヒャッホーしちゃったんですが、さすがにそこまではなかった模様(^^;
シーナリーパスでミカサあったら間違いなくBルームに展開してましたw


さて、そんな感じで、実装されたレイシリーズをコレクトすべく始めたわけですが、またも結構大変な中身であれこれ算段してます。
とりあえず期間限定に出向くのは必須として、SHAD遺跡は通わないとですが…カプセル足りますかのぅ?;
…「闇へのいざない」出たら確実に行かないとです。対象エネミー全部出るので。

タガミコウガのJBだけ完成させてIZURUに持たせてますが、見た目派手で良いなとは思ってたんですけども、
今回のレイシリーズの見た目の方が個人的には好きですなw
なので、確実に仕上げて装備したいところ。
…スロットいじるのに迷うなぁ…どれに注ぎ込むのかで考えちゃう。
※個人的にメカメカしいの方が好きなので、機能美系デザインを好みますw
  そういう意味ではレボルシオが早いうちに作れたのはラッキーでしたw

オフスティアスライダーとインヴェイドセイヴァーがメイン装備だけども、何しろユニットがないのでほんと悩ましい。
また調べてベスト考えないとかなぁ……計算すると数字がそんなに変わらなくて、完全に堂々巡りだけども;
※下手にエクステンドしなきゃよかったと、成功してるのに考える矛盾←


さて、この久々にサクラ大戦熱が入ってしまった上に、手元に実機もソフトもすべてそろってる状態、
また最初からやってしまうのだろうか!?(そんな時間なさそう…

ちなみにSS版、DC版、PS2版、DS版、PC版と全部持ってます←


そういやドラムの練習で、当時「激!帝国華激団」入れてたなぁ。
※結構難しいんですのよ?これw


え?なに?
俺の前にアイリス、コクリコ、リカリッタ持ってきても萌えないよ?(何

(考えてみたら、ロリキャラ人気って今世紀入る前からあったんだね…)


<2016/06/24 追記>
さて、昨日、追加ストーリーも終え、新徒花も参加してきました!(`・ω・´)

結果は…なんと初回でノンペロ通過しました!(ぇ
……いや、自分でもびっくりした;
何が驚いたって、たまにミスってデカい攻撃食らっても、エクステンドの結果なのか半分も行かないダメージで逃げられちゃいまして。
2度食らうことがあるので気を抜けないのはありますが、思っている以上に立ち位置考えると避けられる感じですな。
あと、DB特有のあのモーションが逃げやすくしてくれるってのもあります。
てなわけで、ちょっと怖かったけど蓋開けたらそうでもなかったというご報告。
でも油断はしない方向で;

で、ストーリーですが……あの顔隠してるの絶対あの人だろう?w
とりあえずベトベトさん(妖怪ではない)のお話が思ってたよりヘヴィだったなという印象。

ただ…ちょっと注文つけたいとすれば、一応ストーリーの段落の区切りはしっかりしてほしい;
なんて言うかですね、「今回はここまで!」っていう区切れを感じないので、やってて心の収まりが悪いというか。
シナリオは問題ないと思ってるので良いんですが……適度な置き石はしてほしいなと思った。


とまぁ、コレクトファイルのほうもなんだかんだ言いながら久々に参加した「採掘基地:侵入」で一気に半分以上まで進みました。
けど、新徒花の方が結構回数いりそう。
ブーストMAXで挑まないと3本分確保が大変になりそう。
そして、ADSHで頑張って対象のクエスト行くんですが…悉く他のが落ちてDBだけとれないのが続いています(笑
逆にあっさりJBだけ取れてしまってなんともはやw
Lv.71以上のエネミーに関しては、緊急でXH参加してるのと、期間限定クエストのおかげで最初に埋まりました。
ていうか、ここまで1日ってのがすごいと思う…今回そんなに「こうだ!」って事してないのに何これ?;


ま、そんな感じではよレイシリーズ武器そろえたいもんですな( ´ω`)

E10凪スペシャル製作進捗5回目 [RC]

はい凪スペ製作進捗5回目ですw

前回のテストから調整したくてもどうにもならないなと思ったので、前から予定していたものを実行ついでに変更かけました。

DSC_0261.JPG

んま中身の前に完了した後の写真ですが(ぉぃ

変更したものはこの2点。
DSC_0259.JPG

えーと、まず受信機をRX380(FH3)へ変更し、M11XからM12へ登録も変えました。
さすがにSHR使えると反応違いますなぁ。
これを一度覚えてしまうとM11XかM12かというより、もうDS3を使う理由がなくなってしまう(^^;
SKYRCのCS60も問題なくSHR使えるのでこれでいいですなw

しかし、ちょっと思ったのは大きさ…
DSC_0260.JPG

思ってるより一回り大きかったです。
RX450系位あるかねぇ?
ま、性能的に問題はないので、設置場所考えれば問題ないねw
RX47Tが新たに出てますが…どうしようかな?
3chが実質必要のないB-MAX2やイグレスはRX380で置き換えていい気がしてきた。
で、RX471を玉突きで二駆ドリマシンへ入れて、RX450をグラスホッパーとサンダーショットに移すていう考えもいいかもw
んま追々考えましょう。


で、もう一つの変更は、ダンパーを3RacingのSAK-U314からyokomo BD7 2014ショートへの交換。

作ってみてわかりましたけど、SAK-U314って、yokomoでいうDIB用よりは短くBD7ショートよりは長い、というもので、割と特殊サイズなんだなと。
手持ちのダンパーとどれが一番近いかと見てみたら、旧ドリパケバージョンアップコンバージョンのダンパーに、DIB用ダンパーエンドをつけた長さが全く一緒でした。

結果、一番上の写真のとおり、ダンパーの取り付け穴の段を下側へ変更する必要が出まして、アッパーデッキの装着がそのままではできないので、ねじの逃げ分、フロントへシムを入れてという対策も施されてます。

ただ、BD7 2016のショートショック2用のスプリングを一度買ったおかげで、そこまでは内径Φ14mmで扱えるのがわかったため、
写真の通り、スプリングをドリパケ用のドリフトスプリングをつけて対応することにしました。
これだとかなり調整幅とれますからねw

で、細かくはリアのキャンバーをネガティブ側へ数字を大きくしておきました。
グリップ戻りの時間変更みたいなもんですな。
それと、車高調整の時にボディがリア下がりなのを見つけたので、ステーを1段高くして修正しました。

あとは走らせてみてから。

あ、前回左リアタイヤの取り付けビスが緩んでしまった問題は、ねじ止め剤を打つことで対策できました。
が、ちょっと回すの固いなー;
まぁやらないと困っちゃう話なので、これはこれで。


さてー、どうなりますかなー?

フルモードサスティナーその後 [音楽関連]

久々に楽器ネタ。

なにやら小ネタみたいな感じで追記にしたりしてたのがようやく完成しました。

とりあえず写真を。
DSC_0257.JPG

えーと…機種名がつけられませんw
Fernandes APGなのは確かですが、これプロトモデルで製品にならなかったものの放出品なので、シリアルナンバーすらありません。
オークションで「APGプロトタイプ 未使用」というものをゲット。
ハードウェア一切ありませんでしたので、以前買って問題が出始めたAPG-85Sの回路を移植。
ブリッジやナットがTakeuchiを使えない形だったため、Fernandes社の他のブリッジを考えると、FRT-10じゃないかと思ったので、GOTOH GE1996Tを43mmナットの組み合わせで入手、ペグも新調しました。
(ストラップピンがまだついていませんが、これは後日ロックピンをつける予定)

※ハードウェアに関してはちょっとした小ネタがありますので、最後にまとめて書きますw


ぱっと見た目じゃわからない写真ですが、このギターは「スルーネック」なのです!(`・ω・´)
もうそこだけで競り勝つの目指しましてw

実際に音だししてみると結構扱いやすい感じで、APGの印象そのままスルーネックのレスポンスな感じです。
…Fernandes嫌いが消えそうな予感がしてきたよ(笑

や、ホントそれくらいバランスの良い楽器が出来ました。

で、実はサスティナーユニット搭載をするにあたって、チャレンジとしてPU交換やってみたんです。
が、どうにも内部ノイズと発振が抑えられない。
加えてDuncan Custom Customなのに気に入らない感じがどうしても残るので、標準である元のVH-401に戻しました。
さすがメーカーデフォルトだけあって、この方が収まるし音良いんですよね。

なんでだろう?と思ったら、PU元に戻すときに気がつきました。
サスティナーに接続するVH-401…シールド線のない2本線仕様。
Custom Customはシールド+4本線。
…そうなんです、どうやら内部ノイズと発振が収まらないのは、この「シールド」の扱いのようなんです。
Fernandesのサイトから取扱説明書をDLしてきて読んでみると、確かにPU線はシールド系を一切持たない構造なんですね。
てことは、基板上のアースとポット系のアースが別扱いの可能性が高い。
回路図わからんので詳細は書けませんが、変にループするとかえって良くないって事なんでしょう。
なるほど、「可能だけど調整が非常に大変」というのはこういうことかと。
そりゃメーカーも特殊で最初から違う組み合わせじゃなきゃ保証したくないですよw
少なくとも日本の考え方では製品としてクレームつきやすくなっちゃいますし。
てことで、VH-401に特に不満もないのでこの組み合わせで行きますw
※調べていたら見つけたんですが、個人工房でサスティナーのPU交換を得意とする方がいらっしゃいます。
  EMG乗っけたり他のパッシブ乗せたりとなかなか興味深いものがありましたw
  自分で解決出来なさそうであれば、相談してみるのも良いかもしれませんねw


というわけで、サスティナーを抜かれたAPG-85Sがその後どうなったか?w

ちらっとGE1996Tの記事を書いたときに、ボディー塗装を剥がしていたのを写真で載せておりましたが…w
現在このようなお姿になられました(ぇ

DSC_0258.JPG

おい、なんで形になってるんだ!w
えーとですね、まず最初にこのギター、実験して駄目なら廃棄ということで、ナットの取り付けねじがうまく刺さらなくなっていた部分を、大胆に木工パテで補修してみました!(ぇ
いや、木工パテと言ってはいけない!
…なんと「タミヤ エポキシパテ」で座りの部分を大修正しました!(は!?
結果は大成功!びくともしない固定が手に入りまして、ネック再生大成功ですw
ロックナットの高さ調整には手持ちのプラバン0.3mmを用いて行いました。
素人にしてはうまくいったよー(^_^)v

PUに関しては、Seymour Duncanで統一するということで、フロントを新規にHOT STACK neckを調達、
他は以前MG-1Rに搭載していたQuarter PoundとCustom Customという構成で、音量バランスを取りました。
この組み合わせで良い感じに落ち着きました。
※Little ’59は初期ものなのか出力低くて全く駄目でした。前から駄目だと思ってたけど、やっぱり駄目だった(ぉぃ

でですね。
なんの変哲もなく収まっていますが、写真をよく見るとわかるとおり…「木地着色+オイルフィニッシュ」という大胆変更を施しております!(`・ω・´)
使った塗料とオイルはホームセンターで普通に買える安いもの。
初めてなんで少し色の入りが悪いところとかもあるんですが、おおむねうまくいきました!
これがねー…こんなにも違うのかと思うくらい効果ありまして。
元々の塗装状態でも良い音出してたんですが、全体的に詰まりの部分がすべてなくなりました。
日本の気候を考えると、湿気の多い日と少ない日で音が変わっちゃう可能性は大いにありますが、たぶん湿気の多い日に音出しして良い感じだったので、湿気の少ない日はもっと枯れるでしょうw

そして…見た目にコントロールが全くおんなじ状態になってますがw
ええ、フルモードサスティナーと操作方法同じっぽい構成になっております。

まぁ、サスティナーないので、ポット三つはストラト配線を応用して1V2Tにしてあります。
この2Tも、普通にするとあれなんで、フロントとリアでトーンが効く構成。

ミニスイッチ二つがありますが、黒い方が3Pスイッチ、銀色が2Pスイッチで、見事にサスティナーと同じ操作体系なのですが…中身は全くの別物ですw
その正体は…黒い方の3Pスイッチが「リアPUのシリーズ/タップ/パラレル」の選択、
銀色の2Pスイッチが…今回の目玉「Providence VZ-G1(Vitalizer)」のオン/オフなんです!(ぇ

ええ、せっかくの電池搭載可能ボディなので、アクティブ/パッシブの変更を乗っけてみたいと思った訳w
まーアクティブサーキット使えればそれでいいや的なところがあったんですが、EQ系だとギターもの今殆どないんですね。
調べてもベース用しか出てこないので、価格考えてもVitalizerを試してみようじゃないかと。
結果、大正解だった訳ですがw

このVitalaizer、メーカーが推すように、ホントにパッシブの雰囲気を変えずにローインピーダンス化してまるでEMGのような抜けを作ってくれます。
短いケーブルでもわかるくらい、音の分離がしっかりしますので、これならロングケーブル使っても良い感じに使えそうです(`・ω・´)
…Ibanezの安7弦(とはいえこれもプロト公式販売の10万超えモデルだけどね)にも入れたら効果高いかもしれない…w

まぁ、内蔵タイプがどうかと言われれば、やってることはエフェクタータイプと同じです。
接続的にもギター内部で最終出力部分をVitalaizerに入れて、その後ジャックに流す感じなので、
足下のエフェクト周りとして「どこにVitalaizer」が来てるか?くらいしかありませんので、必要に応じて切り替えで使える感じです。

そして出音なんですが…激変!
弾いてて楽しくなっちゃうくらい反応が良くなったので、お気に入り度がうなぎ登りいたしましたw
オイルフィニッシュ恐るべし…鳴らしやすくてびっくりしちゃった;
※オイルフィニッシュの怖いところで、ものによっては全く真逆の結果を生むことがあるので注意は必要です。

再生したAPG-85Sが思っている以上に良い楽器に仕上がってしまったので、駄目になるまで使い倒そうと思いますw



さて、では冒頭の方で書いた小ネタを書きましょう(`・ω・´)

今回のこの2本の組立で、最大の問題点がありました。
というのも、これらが作られた時期はどうやらTakeuchi社が健在の頃のようで、アンカースタッドがTakeuchiローズ用のものが最初から打ち込まれていました。

スルーネックの方はGOTOHにしたので打ち替えが必要、85Sの方も今後を考えるとアンカーを他に替える選択肢を用意しなければならない…という話だったのですが、
精度を出す加工をしなきゃいけないので、とりあえずドリルガイドとステップドリル、本チャンのドリルと用意までしたのですが…ちょっと怖いのでTakeuchi残しました(ぇ

その代わりですが、ダメ元で買ってみたGOTOHのアンカーボルトを試してみたら…ネジピッチいっしょなのを発見!
そのままのスタッドで入れ替えてブリッジ搭載となりましたw
完璧な状態ではないんだけれども、Takeuchiローズのアンカーボルト交換の救済技として使えます。

使ったアンカーボルトは…なんとGOTOH社製WilkinsonのVG-300用のもの!(ワオ!
長さ的にもネジピッチ的にもぴったりでした!

というわけで、エッジのかかり方は少し変わっちゃいますが、おおむね良好な感じだったので、TRS-ProもGE1996Tもこのスタッドを流用しております。
TRSの方がちょっとアームダウン後の戻しで軽く強制的に戻す必要がありますが、良い感じに操作できますw
※ベースプレートの厚み調整すると状態良くなりそうです。


というわけで、なぜかAPGが2本に増えてしまうと言う謎現象が俺の部屋で起きましたが、非常に有益な形を取ることが出来たので大満足ですw


しかし…Vitalaizer搭載と、PU接続切り替えスイッチのおかげで、かなり頭が混乱しやすい作業でした;
面白くはあったけど、段取りが難しくて相当頭使いました。
やってることは簡単なことなんですが……取り回しで悩む悩むw

ミドルクラスの改造系、楽しいですw

SHEPSUTテスト走行3回目 [RC]

はい、というわけで今度はSHEPSUT側。

DSC_0245_P.jpg

今回のは先に失敗をお伝えしておきます(ぇ
いやー動画の準備できてなくて撮ってないけど、とれたもんじゃなかった;

すっかり忘れてたんですが、スプリング交換したから車高調整しなきゃいけないのに、「はよやらないと;」が先行して調整終わってると思い込みましたorz
結果、フロントバンパーを地面に擦ってブレーキをかけてしまって、一応走れはするものの自分で巻き込むスパイラルで安定しませんでした;;

みんなはちゃんと走行前に確認しようね?俺も今度からそうします;;


とりあえず、前回からの変更点を書いておきますと、

・パワーユニット(SKY RCのコンボ)をE10凪スペへ移したので、
 今回から「Speed Passion Reventon-R+怒響8.5T」コンボへ。
・フロントスプリングをRC926「ちょっとやわらかブルー」へ。
・タイヤを今回からSHEPSUT用に用意したMSTの2駆アスファルト用へチェンジ。

てな感じ。

失敗の話がありますが、とりあえず悪いところのデータは取れるくらいに走れはしたので良かったですな。

まず、8.5Tにモーターが切り替わったので、そらもうタイヤの回転が非常に速い訳でして、
Reventon-Rの使い勝手の良さは非常によくわかったものの、最初頭が着いていきませんでした(笑
わかったら「あーこうかw」ってなもんですが。

まず、リアが最後のパワーオンで抜けやすいので、スプリング変更必要かな?と思ったので、
走行後にRC926「やわらかライトグリーン」から「もっとやわらかブラック」へ入れ替え。
同時に車高調整もやり直しました。
フロントに関しては、タイヤに残った傷を見る限り、逃がしは作れているようなので変更なし。

すぐ残ってるバッテリーでやろうと思ったけど、お外暗くなってきたので次回持ち越しw


でね、パワー上がったことで思っても見ないものを走行後のクリーニングで見ました…



ラジコンのドリフトでも出るんだね…「ブリスター」;;
※タイヤの表面がクレーターのようにはがれる現象のこと


yokomoのゼロワンR2じゃ殆どキズだけだったので、そんなに汚れた覚えなかったんですが、
まー黒い削れカスがたっくさん!;;
掃除している間にうっかりフロントのダンパーを止めているクリップを飛ばして紛失したくらい(ぇ
これは慣らしが終わったら収まるんだろうか?ってくらい汚れました…
…見た目的にはそんなに削れてないんだけどねぇ…

ちょいとギヤ比も上げてった方が良い気がするので、手持ちで残ってる、ドリパケに入らなかったスパー入るか見てみましょう。
※それくらい回りすぎます;


しかしまー、今日は「前に出ないなぁ」って思ったら、まさかの車高調整忘れとは、ほんと何やってるんだおまえですわ(^^;
なーんか姿勢制御しようとすると、ぴょこっとフロントが動くので変だなーと思ってたら…バンパー下引っかけてるんだもんそうなるよね;;

てなわけで、近いうちにリベンジやらないといけません。

そのときはNERVISも試さないとね!!




そして余談。

Speed PassionのサイトからESCのプログラミングソフトをDLしてきて、Windows10で動かしたんですが…
問題なく動いたのは良いんですが、調整中に爆笑事案発生w

ファームウェアアップデートに「Drift」ってのがあったのでそれをたたき込んだのですが、そのあと画面にこんな表示が。
drift.png

「Drift Sound On…?」

一応メーカーあわせてモーターまで怒響なので、なんかそれっぽいのっでもあるのかな?と考えたんですが…
REVリミットを再現するのってSANWAしか聞いたことないよなぁ…みたいな…

まぁ試してみようかと「ON」(矢印のところねw)を押してみたら…


「キュキュキュキュキュー!ヴォンヴォンヴォン!!プシュー!!」


……おいっ!なんでPCから実車を録音した音ながれてんねん!とwww

そんなのいらないから容量減らしてくださいw

たぶん雰囲気味わいながらセッティングしたい人いるんだろうなぁw
とりあえずセーフティー設定入れて「そっ閉じ」w

しかし、このユニット良いですな。
最大連続電流も70Aなんで、RFコンセプトのバッテリーで十分いけます。
コンデンサ交換しないといけないかな?って思ってたけど、全然変更いらないくらい扱いやすいです。
国内正規流通だと俺の嫌いなあの会社通さないといけないのでアレですが、海外から半額で買えたのでラッキーでした( ´ω`)
これはお勧めできますね~
代理店気に入らんけど、欲しい人がいたら勧めますな間違いなく。
金額がちょっと上ですが、損はしません!



そして余談もう一つ。

2駆ドリyokomo版をやるべく、ずっと2駆パケNEOで作り込んできましたが、ついに出ますねYD-2!!!
ギヤトレインがB-MAX2とか想像の斜め上だったし、パーツの観点からもバギーと両方管理できるので、今すっごく考えてますw
どうやら樹脂シャシー版も同時に出るようですので、たぶんそっちで買うかなー?
そこが出ると、間違いなくTNレーシングが純正とは別のシャシー出しそうですしw
※DIB用が出たもんだから期待しちゃってる俺がいる←

バギー用ギアトレインってことは、アドバイザーされてるバギーさんが監修に加わってるのかなぁ?
何にせよ独創的なの来たので小躍りしてますw
ギヤデフ標準装備ですが、オイル何番入れようか?みたいなw

最近のタミヤの「一括管理できる」とは違う、ちょっと頭を使いたくなる商品展開、yokomoさんさすがです!
そういうのが欲しいんだよ!!


そして、樹脂高級ドリフトマシンOverDose XEXのカーボンシャシーコンバージョンも発表…
なんかこれは…いいのそれで?(^^;
結局みんな「樹脂であの額は…」てのがあったのかなぁ?
見た感じアレで完成されてる気がしてたので、そこまでするならVaculaの新バージョンでもたぶん同じ額だよなぁ、と。
しかしながら、足回りをアルミ化させるのなら結局いるんですよねぇ…
個人的には「車作ってる人がこだわって作ってるRCカー」なので、高額ですが気になるシャシーではあります。
……うーん…完熟と言って出てきたR31 HouseのGRK3も超気になるし…

ここへ来てらじまにさんのオリジナルマシンも形になって紹介されましたから、メカ的にも観察していて楽しい限り。


ま、とりあえずはドリパケベースものは「樹脂もので極力作り上げる」を基本に行き、最後にYD-2行こうかと思いますw
YD-2はマジで欲しい!
久々だよ、こんなにストックで興味そそられたのw
※NERVISはあくまでもコンバージョンなので、ちょっとだけ色違うのよねw

E10凪スペ テスト走行4回目 [RC]

ふー、前回から結構開いちゃいましたが、ようやくやりましたテスト走行;;

が、ごめんなさい、動画の準備ができるほどじゃなかったので写真だけで精一杯;
後ほどSHEPSUTの記事も上げます。


さて、4回目にして、フルアルミオプション状態+1.51カキになったE10凪スペ。

DSC_0244.JPG

細かい修理や交換、基本セッティングを形に出してのE10初のケツカキ走行!(`・ω・´)
タイヤがまだ前の古いタイプ使ってるけど、新タイプの方が良いかなぁ?


結果は……すばらしいやん!!(*^_^*)

まぁ微調整必要ですが、すっごくコントローラブルになりました!
リアの戻りがまだ若干早いので、維持するためにもリアキャンバーをもう少しネガティブへ増やすのと、
前後スプリング交換で対応していく必要がありますが、嫌な挙動は一切ありません!(`・ω・´)

…まぁ、思ってたとおり、2駆ドリに比べるとカウンター量は半分くらいになってしまうのは4駆特有なのかな?
セッティングをもっと煮詰める必要があります。


しかしながら、困ったことにトラブルが。

ネジ止め剤使えば問題ない範囲ではありますが、原因不明の「リアタイヤ脱落」が起きます。
ネジが抜けきらないうちに気がつくのが幸いですが、なんで起こってるのかがよくわからない。
HPIの純正ユニバーサルには、内側にネジを保持するための樹脂ナットみたいなのが入ってるんですが、一応そこにはネジかかってるんですけどねぇ…
んま四輪すべてのねじ溝に軽くネジ止め剤入れときましょう。


やー、ホント素晴らしい出来になったので大満足です(`・ω・´)
ここまで来ると、あとは調整だけでドリパケについて行けると思います。

改めて4駆ドリの面白さを確認できたかもしれない。
これはドリパケケツカキNEOさん(今勝手に名前つけた)のテスト走行も楽しみでありますよ!
あっちは1.72カキですから、もう少し派手になるはずだから。


それにしても、このE10凪スペ、妙に速いです;
どうしたの?って言うくらいスタートからかっとんで行く。
ここまで作り込むには気合いと気持ちが必要ですが、手を入れた分だけ形になるってのは面白い。


さて、あとはスプリングセッティング用に外径Φ17mmのスプリングを探すだけ。
BD7用ショートショックのスプリング径を調べないと。
3Racingのはなっかなか見つからないですねホント;
色的に気に入ってるのですが、どこかでBD7ショートショックへの交換も視野に入れておきたいと思います。