So-net無料ブログ作成
検索選択

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

ぜんぜんテストやれてないけど(´・ω・`) [RC]

朝だけど投げちゃっとこう←

やー、たぶん一番このブログ見に来てる人はRC記事待ってるとは思うんですが;;
どーにも家のことと調整とりながらなので、なかなかできてなくてごめんなさい;
※他の記事にも書いてあったりとかなんですが、ちょいと介護のお話でそれどころじゃないことが結構;


んまそんなバンドの話そろそろしなきゃいけないので、そっちの事も考えつつな状況下ですが、RC触ってないわけじゃなくて…

写真撮ってないので先に出しておきますと、Mini-Z MR-03のドリフトの方は、おおかた基礎状態ができあがりつつあります。
なぜかフロントにオイルダンパー付いちゃったり、リアにオイルダンパー+ロールダンパー装備になったりと、だんだん「最初からVE買ってた方が良かったんじゃない?」というお話になりつつありますw
あ、FRPのソフトリンクプレート付けまして、あとはガイドプレートをカットしてピッチング方向のソフト化を顕著にしたりとかしてます。
ただ、やはり車速に対して重量が足りないのが響いて、なんとなく飛距離出せずがまだ残ってるかな?
いっそのこと、フロントだけゴムタイヤにしてしまう手も考えています。
…フロントをシーソーに近づけるのもありかとは思ってますが。
この辺はもう少し考えてみます。


でもって、そんななか、海外のホビーショーでタミヤがBIG WIGを出すと発表があったようで、
当時を知っている自分としては、なんかどうしても昔のマシンの写真が欲しくなって、こんな本を今頃買ってみたり。
DSC_0031.JPG
なぜか、俺がタミヤ降りるきっかけになった「ダイナストームのTRF版」が載ってないのが残念ですが、
それ以外は当時のRCガイドに載っていた写真がずらっと並んでいて実に懐かしい。
あと、データとして重宝する、今はもう売っていないパーツのリストが全部入ってたりするので、資料価値抜群ですな(`・ω・´)


そして、現状でドハマリ中のラジドリ関連。

YD-2の方は、少し前に記事にしてますので大体おわかりでしょうが、現状でフロントアッパーアームの渋さを取るための策を練り込み中です。
そして、2駆パケNEOとタイヤ共用にしてるんですが、サイズ測ってみたらRPホイールの6mmオフセットがYD-2とどっちも入れられる状態なので、
YD-2のフロントをRPホイールに対応するトレッドへ変更をかけました。
DSC_0035.JPG
RPホイールと新ドリフトタイヤ、組みやすくて良いですねぇ。
YD-2の方ではちょっとだけハミタイしてますが、ボディ干渉は全くないのでそのまま行きます。
…やはりフロントアッパーはアルミ化するかな?どうしてもフロントの渋さがとれないので悩みが解消できません;

んで、結局時間かかりすぎてるので、ダンパーもオプション入れちゃいました。
車高確保のため、ロングのトップキャップ使って重量に負けない状態を作り上げてあります。
しかし、ダンパー変えてもフロントの渋い動きの状況は変わらず。はよ直したい。

あ、そうそう。
2駆パケNEOの方は、中古で手に入れたyokomo BL-PRO2でアンプ載せ替えました。
DSC_0030.JPG
なんか電源スイッチが断線していたみたいで、外して中身直結していたものだったんですが、
断線箇所取り除いて配線し直したら問題なくスイッチ復活しましたw


外したYD-2ノーマル樹脂ダンパーは、当初から考えていたのですが、ドリパケ(マエオソ+ケツカキ)の方へ移植。
ダンパー長がちょうど良すぎましてねぇw
なんか良い動きするし、なんとヨコドリ車両規則で「全クラスのジャイロ解禁」が起きましたので、少し本腰戻そうかってんで、リアのショックタワーをTN Racingのボディマウントが上に逃げるタイプへ変更、
同時に、在庫処分関連で激安になっていたBL-RS3+21.5Tコンボを確保して、スポーツクラス仕様へ変更しました。
DSC_0036.JPG
うん、リアに関してはこのダンパー角度を使いたかったんです。
ドリパケ標準状態だと、どうしても思ってるより柔らかくできませんでしたので…

でもって、フロントの方もシーソーステーへ変えていく予定です。
今回はいろいろ他で用意することが多かったので、今回見送っていじってませんが。

ジャイロに関しては各社のものが大丈夫とのことのなので、まずはジャイロ調達です。
※実は今もう届くの待ってるのですが、今回は海外からYeah Racing GC301を買うのではなく、イーグル模型の3ch対応側を使ってみる予定です。
 …察しのいい方ならもうご存じでしょうが…これもyokomo、鬼式、Yeah Racingのアルミケースものと中身一緒系です(
 つまり、D-Likeリアルドリジャイロ同等品。
 昨今の傾向みたいですが、ジャイロ系、ESC系、Lipoバッテリーと、ほぼ大体同じ会社が作ってOEMだそうです。
 てことは、価格抑えたいならレギュレーションの範囲で選べるっちゅー事ですな。


2月の頭に秋葉原行く予定ができましたので、とりあえずフロントショックタワーは入手してきましょう。
※RC見に行くんじゃなくて、PC関連の下見しに行くのがメインなんですけども←


しかしまー、4駆側のヨコドリ車両規則が大幅な緩和があって、スポーツクラスでモーターが10.5T以上になったので、
ついでだからエントリークラスのESC+モーターも21.5Tコンボくらいまでは許してもらえたらなーなんて希望がw
※車両規定見てたら、サーボ・受信機まで含めてyokomoじゃなくて良いよって項目がいくつかできてました。
 ……ひょっとして、プロポとかまで今まで指定されてたの?;;
 気にしなくて良いものだから書いてないんだとばかり思ってました←
 しかし、ターンバックルが各社製使えるようになったのは大きいですねぇ。構成増やすの楽ですから。


まぁそんなわけで、4駆に関してはドリパケ・ケツカキとE10凪スペがあるのですが、
2駆ドリマシンが全部スカイラインだし、E10凪スペはあえてHPIのAE86にしたので、ケツカキさんもAE86にでもしようかなと思ってたり。
ただ、それ選ぼうとしてる理由が、WRAP UP NEXTのリアルステッカー(あのレンズのねw)使ってみたいだけなので、極端な話FT86かBRZ選ぶというお話でも良いかなと思ってたりもします。

…ボディマウントも他社製OKになったから、いっそのことマグネットマウントするのも良いですしねぇw
つか、もうちょっと早くそれ知ってたら、YD-2のボディマウントはマグネットにしてました。
ボディピン扱わないだけで、すごく楽に扱えるので良いんですよねぇ。
んまその辺はまた後日考えるとして。


…Mini-ZのEX-2+VE Pro化はもうちょっと後回しにしましょう。
今年はPC環境入れ替えも視野に入れないといけませんので…


<2017/01/31 追記>
YD-2のフロントサスの動作、渋いのとれました!!(ワーイ!

…ちょっとぼーっとしながらやってたら、アッパーアームピンをすっ飛ばして見つからなくなりましたが←
※ドリパケのAアーム用アッパーピンが短いものの付けられたので、調達まで仮付け(

まず、左側アッパーアームの指示ポイント4点の穴、これがまたアルマイトの厚みが出てしまってNG出してましたのでΦ2.5mmのドリルでさらって修正し、
取り付けに関してズレがないかと調べていたら、なんとショックタワー自体の加工精度の問題(たぶん製品としては許容範囲)で、取り付けの時にずれやすくなってたのがわかりました。
どうやら樹脂の方もこれが原因だったようで。

でもって、その加工精度のところで、右アッパー支持部が若干薄いのも発見。
なるほど、だから左右でクリアランスに差が出たのか。
これは、TN RacingのYD-2用アッパーアームスペーサーの0.5mmを前側に追加して修正。
まーこの辺は仕方ないですな。

で、さらにさらに。
やはり初期ものYD-2なので、思った通りの部分が渋かった!
ええ、ロッドエンドの設計の関係で、ボールを握り混みすぎて渋いんです(ぇ
なんでもロットが新しい方になって、今のはちょうど良い感じになってるらしいです。
んま、ダメになったら交換で良いものなので、セオリーの「付けた後にラジオペンチで強く握る」という方法で最適化して対応しましたw

ま、こんなところでしょう。


そして、調達していたイーグル模型のジャイロが届いたので、ドリパケとE10凪スペへ搭載。
E10凪スペはとにかく「紫色」なんで、いらないこだわりで紫色ジャイロw
搭載して調整だけかけましたが…2個ともちょっとノイズ拾います…;
何がいけないのかちょっとわからないですが、ひょっとしたらyokomoジャイロでも「両面テープ」を変更しないといらない振動拾いやすいというのがあるので、同じ症状かもしれません。
デジタルサーボって、常に細かく震えることでニュートラルでのトルクを得ますので。
※ドリパケだとどうしても場所的にサーボに貼り付けないといけないので、その辺シビアなのかも。
 E10凪スペの方はノイズ出てるのわかりますが、影響のない範囲(音だけ状態)なのでほっといて平気です。

…そういやNERVISに使ってる鬼式ジャイロも一定周期で「ジッジッ」っと言うので、このタイプの癖かもしれませんねw
(NERVISも音だけで動作量への影響がないのでほっといてます。たぶんリンクの違いですな)

気になるようなら、後日TN Racingの裏商品のアレのように、耐震ジェル両面でも使いましょうw


<2017/02/06 追記>
っと、秋葉原行ってきましたんで、目的のフロントショックタワー手に入れてきましたw
…直前でちょっと違う構成考えついたんですが、そちらは必要分のパーツが集まらないので様子見。

DSC_0044.JPG

いやぁ…TN Racingのこのショックタワーと、ヨコモ純正Aアーム用パーツが組み合わさるってわからんよなぁ;;
まさかと思って調べたら、ホントにこれできるって情報見つけてびっくりしましたがな(^^;
このショックタワーのために、以前買ったTN Racingの片持ちアッパーピンを使うこと考えて、さらに流用チューンしようと思ったんですが…肝心の取り付け部のパーツが手に入らない。
現状で、DPRのフロントアッパー後ろ側のパーツが使えないか吟味中です。
(実はヨコモにお店で取り寄せしたら手に入るか聞いてますが…たぶんダメだろうなぁ;;)

とりあえず、先にものだけ手に入れて後から考えようか;;

この辺の情報が入りにくいので、なかなか悩みどころですw
※アッパーアームをTN Racingの最新パーツで組めば問題は無いんですけどね←
 それだとちょっと額が張るので…;

んまいろいろ考えてみましょうw

とりあえずシーソーは来月w


<2017/02/06 追記2個目w>
いや、日曜日のうちにyokomoに問い合わせていた質問が返ってきたので。
これ結構重要なお話になると思いますので、追記しておきます。

うん、TN Racingのリバースアブソリュートとかのフロントアッパーデッキ取り付けで必要になる「アレ」です「アレ」。
TN Racingのコンバージョンキット買えばOEM分が付いてくるってお話なんですけども、ステップアップでYD-4考えてると結構な悩みどころのお話ですので。
※特にエキスパートクラス指定になれていない人には、チューンの制限幅に影響がでますし。

もったいぶってないで早く「アレ」ってなんだよはよ話せ!でしょうがw

「D-107 イマドキコンバージョン用 フロント ミッションマウント/リヤ シャーシブレース」です。
たぶん実質500円くらいのパーツw
昨年末から探してたんですが、通販全滅、店舗も全滅で結構困ってる人多いかと。

…うん、生産終了・在庫なしだそうです(ぇ
※そっかー残念ー(´・ω・`)…からのこの追記の間に気がついたんですが、ひょっとしてDPRまで終わり?;

ホントはねー、これ使ってTN Racingの「TN-572 リバースプログレッシブ用 アッパーデッキフロントブレース」付けて、ワイパー幅広げてみようかと思ってたんです。
※大注意点なんですが、以前このブログでもセンターリンク設置でギリNG出してますので、それなりの対処が必要なんですけども。
 サーボの位置関係で、サーボホーンへの干渉対策で調整が必要です。

んま、過去にヨコドリで活躍された方の樹脂パケで同じ例があるんですよ。(検索すると出てきます)
面白そうなんでやってみたかったんですが…DPR用フロントアッパーマウント使うとなると、上の写真の組み合わせで難が。
うん、パーツよく見てるとすぐわかると思いますが、DPR標準もしくは2駆ドリコンバージョンのPro側の組み合わせの時、Aアームのアッパーピンの固定方法でフリーになっちゃうんで、
たとえ穴位置合ったとしても、TN Racingのショックタワーと合わせるとピン抜け対策が必要になっちゃうんですね。
つまり、TN Racingの新型アルミアッパーアームがきっちり納められるかどうかを吟味しない限り、シーソーダンパースタイルは難しい。
※多分サイズ的には入ると思うんですが、後ろ側にネジが入れられない。
 ネジ使わずに入れて、ガタ取り対応ができるかどうかがミソ、となる。
 え?アルミパーツ側切る?w

なんともなやましい…w

んま、個人的に気に入らない形作るよりはこのまま俺は進めることにしますw

ちなみに、切れ角確保のため、4駆のドリパケではナロースクラブを対象から外し、あえてノーマルスクラブのキングピンアングル大の設定で構成しています。
これはねぇ…うん、Team SUZUKIの切れ角アップベルクランクの設計がその頃の形で止まってるから。
やっぱりナロースクラブはDIB以降のマシンに寄ってますね。
ドリパケだと2駆ドリ仕様にするときに使うみたいな

地球編、最終章(の一個前)突入<PSO2> [ゲーム]

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

<2017/03/22 余談:最終章って書いちゃったけど、最終章直前でしたな;すんません。タイトルに手加えときますw>



さてさて、昨日ですがついに地球編のクライマックスが始まりまして。


今月に入って「月母」が始まってるわけですが、いやーまだ見えないw
対マザー戦そのものはただの通過点に過ぎないのは確実ですな(`・ω・´)


また始まったばかりなので、今まで通りぼやかしたまま書きますが、うん、アーデムさんよ…;;
ファレグの立ち位置がよくわかるシナリオになってきてます。

ていうか、どうしてもガ○ダム○O(隠れてねぇじゃねぇか!←)を思い出してしまって、頭の中でラルクが流れまくります(コラ
アレも人類が覚醒して次の段階へ進化するのを促していく時代の話ですしねw
※1stから見てるとユ○コーンまでがなぜあの形なのかよくわかると思います。○Oとの違いは「成ったか成らなかったか」ですのでw


んまそんなのは兎も角、やっぱりファレグは敵と言うよりは…な感じですね。

でもって……いやーな形で新たなエネミーが誕生しちゃいましたが…これはホント気分の悪い話で、本気で止めないとどえらいことになっちゃうお話でございました……
アースガイド利用されすぎですがな;;

とりあえずラストへ向けての導入のような形でしたので、ボリューム的にはそんなに長くはなかったですし、
戦闘もちまっとあっただけなので、なんとなくもう少しやりたかったかなと思いもしましたが、まぁこんなもんでしょうw
これ以上入れられたらたぶん今度は「なげぇw」とか絶対言いますし(笑


とにかく、絵面でこうなるとは思ってなかったので、ちょっと面白かったw

pso20170126_011842_2806.jpg
※ただし、やってない人が想像するような状態じゃない

しかしまーファレグ、ほんと目を見開くとかっこいい…


んでもってもうひとつ。
期間限定バレンタインが始まりましたが…うん、今回のやつ、少しプレイ中の選択で悩みます。
途中でルートが左右に分かれますけど、追っかけたら追っつく距離、エネミーの強さの割合で、自分の方が終わったときの立ち回りで考えちゃいます。
待ってるのもアレだし、行くにしてもその後そっちもエネミー出るし、で。
XHだと6:6にバランス良い状態で分かれてるかどうかの確認なんてしてられないですし。

個人的には、左ルートの最深部手前までが先に終わることが多いので、そちらに向かって処理した後、
右ルートの時間かかる系を殴りつつ、その最深部まで終えてテレポータで戻って残りを、みたいな動きしてみましたが…
※なんでこうしたかというと、左ルートの最奥は【双子】だったので、エキスパートブロック的には簡単に持ちこたえちゃうだろうと思ったから。
 左ルートの最奥は狭いところに壊世の弓兵とゴロン・ゾランなので、たたみかけるにはちょっとワチャッとしやすいので;

(実際、手助け行かなかったときより行ったときの方が早かったのは事実ではある(ぉぃ ただし初日なのでそのうちやり方変化しますもんねw)

こういうとき一言言って突っ込むのが良いのか…うーん;
初期のPSO2だったら間違いなく「向こう行ってきますー」とか言えるんですけどね;
中期あたりから言うのも憚られるくらいシーンとするようになっちゃいましたので…;
(これ、あの頃にSAが邪魔だとかオートワードうるさいとか言いまくった人が多かった結果なんですよね…(´・ω・`))

んまボヤいてないで、次の時までにはなんか考えてみますか。
…忘れてそうだけど←



しかしまー神様いないなんて考え方、ちょっと考え直した方が良いと思うよー?(
というシナリオでしたとさw


<2017/01/27 追記>
うん、やはり1日でがらっと「チョコレートの行方」の動きが変わりましたねw

昨晩の参加では、特に助けに行かなくても、大体左右同時か、ちょっと待つくらいで綺麗に進むようになってきてますw
やっぱり人間の対応力って凄いですねぇ…

でもって、チョコ対応のコレクトシートですが、今回はなんとなく欲しいのがなかったのでエッグだけやってるんですが(いや、ツイマシの形は凄いと思ったけど、ちょっと時間的に完成させられそうな気がしないのです;)、
なんと受けて1日で埋まっちゃいました!(ぇ

実はヴィオラとサリィだけ☆13にできてなかったんですが、ヴィオラ☆13今回あったので頑張っちゃったみたいな←
基本は「チョコレートの行方」の参加枠2回(1回が大体3~4回回しなので、大体8回クリアですか)で上段が埋まり、残ったLv.51エルアーダはそのままSHで遺跡回ってたら簡単に終わっちゃいましたw

てなわけで、アストラ武器捕獲しまくりにまた戻ってるんですけども…強化が追っつかない;;
現状でBo用は全部終わらせてまして、今はナックルから作り上げていく感じなんですが、数がそろうまでに後どれくらいだろう?みたいな感じで。
※実を言うと、以前のコレクトシートの未完成ものが結構あって、どうしようかホントに悩む状態だったりします。

そろそろ倉庫の空きを考えておかないといけないです。


Lv.80解放のために、クラスキューブの用意もありますし…あっ、先にHuキューブ集めないといけないのもあった!;;
うーん時間配分が怖いです;;

なんとかしないとなー;


<2017/01/30 追記>
なにやら次のエキスパートブロック条件が出たようで。
なるほど、追加で☆13武器の+35強化称号とペットLv.120ですか。

必須使用条件が大体+32という状態でしたので、運営さんの言う「+35はやりこみ要素」というお話は「エキスパートになる方は作り上げている」という判断に至ったのでしょう。
…称号だったけど、何本到達だったっけ?あとで見ておこう。発表のだと1本みたいですけども。
ペットレベルは…うん、俺も普段サモナーしませんけど、なんとなくエッグ合成で終われるので、いつの間にか可能なペットは残り3種を残してすでにLv.120に到達しています。

てなわけで、俺自身は全然問題ない(はず)なので、とりあえずLv.80解放のためのHu武器作成奔走は現状変わらず。
※すべての職で使える☆13をなんとか確保していってる形ですが、何故かHuだけなかなか良い形にならんのです;;

クラスキューブ21個を確保できれば後は全職上げるだけのところにいますので、今までのスタンス変更はないですなw


<2017/02/05追記>
先ほど、アークスライブを見ていて、Lv.80解放の条件を改めてみてなんか違和感を感じたので、
見終わった後にもう一度確認していました…

極地を追求の「Ⅳ」までクリアってことは……あれ?俺もう過去に全部、それも全職で終わらせてます;;

…数えてみたらⅠ~Ⅳまでのクラスキューブを合計すると21個……おうぃぇ勘違いしてました;;


てことで、俺なんもせずにLv.80解放受けられるって事ですね(^^;


つーことは…メイン職だけでもLv.75で称号とオーダー終わってる人が訳50%、その中で全部終わってる人が25%くらいというお話だと…えーマジでそんな少数派に入ってたんですか俺;;

はい…ギクスとアストラ武器の残りの完成目指しますw
とはいえ2個作ったら終わりですので…なんともまぁ…;;



…なんか取るの簡単そうだから率先してやっとこ、ってのがここで効いた…w


<2017/02/11 追記>
さてさて。
ソロ花の記事を別個で書いたのでそっちに追記書いても良いんですが、欲しい情報と違っちゃうといけないのでこちらに。

2時の月母にて、アストラリープ(カタナ)の+35が完成。

てなわけで、今集めてるアストラのワイヤードランスが後2本手に入ったら+35が完成するので、
現状で実装と同時にLv.80目指せるのはHu以外全部ということになりました。

マッマの回数もうちょっと欲しいーー!!w
※そう思いつつも、今の期間限定緊急もなかなか面白いので良いんですけどねw

4月19日までアストラのコレクトシートはあるので、まだまだ大丈夫。
多分今一番遅れてるアストラクリーがギリギリ間に合うかなくらい?
そこだけまだ2本しかないから…w


DZAT DF-10を試す [音楽関連]

んま視聴系なので音楽関連に入れときますかw
俺にしては非常に珍しい「音響機器」系のお話。
この系統は好みが強く出ちゃう部分でもあるので、普段は近しい友達の間でだけしか展開してません。

えーと、先日先行販売があって、昨日だったかな?通常販売が始まった、「DZAT DF-10」を予約して買ってみました。

実は先行販売の記事を見て、これならすぐ試せるなって思ったので急遽買ってみた感じですがw

なんというか、今日届いてからずっと試し続けてました。

DSC_0016.JPG

ええ、ご覧の通り、試したい理由はただ一つ!
イヤホン本体の筐体に木材使ってるから!
RED Sanderって書いてあったけども、どうやら樺らしいです。
※他にMapleのがある

こっち選んだのは、スピーカー的にも考えると、より木目の詰まってる材の方が条件良いみたいな話が合ったからなんですが、
これ、買ってみるとMaple試したくなります(^^;


……高そうに見えるしなんか付属品多いけど、これで2,300円程度ってんじゃすぐ試すってもんですw
これで携帯電話とか意識しているのか、右側にマイク付きコントローラー(1ボタン式)が付いてます


ちなみになんか「渡哲特」とか書いてありますが、なんか中国のことわざを元に作ったこのメーカーの信条らしいです。


でもって、音ですよね音。





……ずるいよこれ!w

値段からすると考えられないクオリティです。
そら数万するようなイヤホンと比較したら、深みの部分でどうしても負けてしまうところがありますが、
ライトなリスニングでしたらはっきり言ってこれで事足りるくらいドライブします。
(ちなみにすぐ手元にあったスタジオモニターに使ってるSONY MDR-EX800STとは比較しました。深さ違うだけみたいな雰囲気です)

説明書にありますが、出力特性の部分で13kHzくらいからかな?一度カクンと谷があるんですが、
木製筐体のおかげもあるのか、自然さが抜けてしまっているとかはないです。
ちょっと総合的な細かい数値は測定器持ってないんで、完全に俺のフィーリングですけども。
※ちなみにテストにはNW-F886(ウォークマン)と、PCのMedia Go(Roland Quad-CaptureとT.C.Electronic StudioKonnekt48それぞれ)でハイレゾ環境でFlac使ってます。
 一部、Kalafinaのベストアルバムのハイレゾ版(DL購入)も試しました


正直、かなり良いです。
中域で少しモコッと上がってる感じがあるんですが、全体的にフラットな雰囲気。
低音もしっかり聞こえてきますし、高音域に関してはシャリシャリ言うことはありません。
Media Goのプリセットイコライザーでどれだけ変化するか、ランダムに選択してみると、ちゃんと反映されるだけついてきます。

Quad-Captureからデジタル出力でつないでるONKYO GX-100HD(スピーカー)への出力と比べても違和感あんまりありません。

まさか、その「付いてくるレベル」がStudioKonnekt48まで含まれるとは思わずw
これ、DAW用に使ってるやつなんですけどね…w

なんか表現しにくいんですが、ベースが指弾きかピック弾きかわかる上に、フレットノイズやら指でストップする弦に触った音まで聞き取れます。
Kalafinaからフォークギター一本の曲、メタルとあっちこっち振ってみましたが、どれも満足して聴けます。
……このレベルが何でこの価格なの!?って思ったw


イヤフォンなんて壊れるから安いので良いよ!って思ってる人には、ちょっと上のランクへ興味を持つのに十分な音質かと思います。


ただ…マイクいらん(笑
携帯のハンズフリーに対応させて価値を増やそうと思ったんだろうけど、純粋にドライバだけで勝負して良いと思うんだけどなー


でもって、ちょっぴり残念ポイント。

音的には申し分ないので良いのですが、装着感。
付属のゴムイヤーピースが滑りやすい;
一見柔らかそうなんだけど、割と反発するので外飛び出してきちゃう。
サイズ変えてみましたが、耳に対して大きいの付けちゃうと、今度は低音ブーストが強烈になっちゃうのでダメ、
逆に小さいのは低音がいなくなるのでダメ、で、結局付属の低反発ウレタンタイプへ落ち着きました。

DSC_0019.JPG

…実はこれに限らず、俺どうしてもカナル型は耳から滑り落ちるので、耳かけ式じゃないとダメかなと思ってました。
でも、この低反発ウレタンだと耳に沿って適度に引っかかってくれるので、気持ちよく使えます。
(今までは持ち運びででかいの嫌で、価格の割にフラットなVICTOR HP-AL302を使ってました)

ていうか、イヤーピースで音質調整とれるのが逆にわかったので、他社の材質違いとかでカスタマイズしても良いなとw

面白そうなので、Sonyとか定番のやつとかちょっと買い足して試してみようと思います。
(穴径はΦ4mmです←結構この情報が少ない。3mmタイプもあるので物によっては付かないかもしれないので…)


3時間ほどPSO2のプレイで付けっぱなししてみたんですが、あんまり耳疲れてません。
※音量は適度に絞ってますがw


予算は少ないけど、よりよい音質が欲しい!って思ってる人にはお勧めかな?w
常にハイクオリティを保持している人には、「お、値段の割に超頑張ってるじゃない!」という感じ。

そんな感じで、移動のお供にはよろしいかとw



あ、自転車乗りながらプレイヤー聴いちゃダメよ?
そもそも他の音が聞こえない状態は危ないし、今はたしか自転車でも「ながら運転」に含まれてキップ切られますので…;


<2017/01/19 追記>
先日、イヤーピースを2種類、「SONY EP-EX11M」と「多摩電子工業 S0001L」を用意しまして、
それぞれでDF-10の装着感と音質の変化を試してみました。

S0001Lですが、DF-10付属の低反発ウレタンとほぼ同型上の質の良い物、という感じなのですが、
若干低音が吸収されてしまうようで、好みの音質としては少し外れてしまいました。
これ使うのはもうちょっと低音の強いタイプのリスニングイヤホンが良いかもしれません。


で、SONY EP-EX11M。
いわゆるMDR-EX800STの標準イヤーピースなんですが、こちらが最終的にBESTでした。
装着するにはちょっと取り付け穴の寸法上で苦労するのですが、付けてドライブさせると気持ちよく低音が残ります。
装着感も悪くないし、何しろ普段のリスニング環境(スピーカー側)とほぼ同じに落ち着かせることができましたので、この組み合わせで使おうと思います。

というかですね、これにして使わなくなったスマホ「Xperia Z3」がハイレゾ対応プレイヤー入ってるので、microSDカード入れて大量に音源入れて試したんですが、気がついたら2時間以上ノリノリで聴きまくってました(笑

うん、これなら納得のいく使い方ができるってもんです。


近いうちに一度秋葉原に行って、Mapleモデルも買ってみようかと思ってます。
これなら持ってて良いと思うし。


しかしまぁ、ドラム練習でもちょっと今まで使ってきたPioneerの安ヘッドフォンがヘタレてきたので、ここいらで使い勝手の良いヘッドフォンかイヤフォンに切り替えたいですな。
オーバーヘッドタイプだと髪型に影響出ちゃいますしね。

e☆イヤホンに行ってこようかなぁ?w



<2017/03/16 追記>
そういやメイプル買うとか言っておいて結果買ってません←
お店まで行ったんだけどね、ちょっと気分が乗らずに。

んまそれは兎も角、こんなん買っておきました。
DSC_0083.JPG
Amazonで98円(笑 ※それで4個入り(ぇ

どうしても服にすれると凄いこすれノイズが入っちゃうので、服に留められるようにしました。
効果抜群。
※実はこれがお店になかったので、メイプル追加購入しなかったみたいなお話だったりする←

で、それとは別に、エレドラ用に在庫処分で安くなったMEE audio M6買ってみました。
80時間のエージングしてから、って書いてありましたが…うん、まぁそこそこ。
聴ければ良い的なら問題ないですな。
慣れた頃に真価発揮するでしょうし、ちょいと様子見。
でも、耳かけケーブルなので、ヘッドフォンのように髪型潰れ起こさないから良いですなw


Googleアカウントの認証で若干トラブルるも [PC・MAC]

いやぁ、ちょっと焦ったけど解決して良かった的なお話。

昨日、ブラウザのキャッシュをきれいに一度しておこうと操作したら、意図せずにYoutubeのログイン情報まで落としてしまい、作業後に再ログインしようとしたときに起きたお話であります。


まーポカミスでしたけどもw
なんとも、携帯電話会社のメール設定(ユーザーが触れない位置のところね)までトラップになってました。


原因は、スマホの機種変したときに、Googleアカウントの二段階認証で「Google認証」の乗り換え手続きの間違いをしたことにあったみたいです。
※後述しますが、新スマホのアプリの認証コード下に、なぜか変なメールアドレスが入力されて無効になった模様。

で、PCのブラウザでChromeとFirefoxを併用している現状でChrome側がログアウトしてしまい、
幸いFirefoxでなんとかなると思い、作業開始。

最初のうちは二段階認証のページまで即座にいけていたのですが、ここでポカミス。
よく見たらGoogle認証のGoogleアカウントのコードの下に、なんか知らん感じの表示が(ぇ
「スマホ機種変更」ってところでやって、そこのQRコード読み取ったはずなんだけども…
そしてなんかおかしいなと思ったため、ここでスマホのアプリへの認証をかけ直すために、一度スマホの登録切っちゃった!←
この操作をしたのは、復旧用の携帯メールを登録していたため、そちらでやれば良いと思ったから。

が……これが甘かったのである!

結論としてはたいした問題では無かったのだけども、何度二段階認証でテキストメール送信使ってもそれが届かない!(ぇ

何度やっても届かない!
挙げ句の果てに「コードの取得でエラーが発生しました」とか出ちゃう始末;

で、できうる限り先手で危なそうな「秘密の合い言葉」まで削除しておいたのですが、
頼みの綱のテキストメールが全く届かない。

仕方が無いから復旧サービスの方へ連絡して、数日かけて作業しようと思ってました。
手続きまで済ませて。


そして今日、「ひょっとしてメールフィルターで遮断されてないよね?」と思ったので、
携帯メールのアプリから「メールフィルター」の設定を立ち上げ、試しに「Google」と部分一致ホワイトリストへ登録。
んでもってもう一度復旧用メールアドレスにテキストメール送信。


…1発で来たっ!!!(汗


酷いなぁキャリアさんよ…Android端末なのに、なぜGoogleのサービスメールを蹴飛ばす仕様なんですか;;

で、無事に再ログインできたので、もう一度Google認証で連携を再登録。
※この時初めて新スマホのGoogle認証の表示が自分の正規の物になった。

なんでまた前の時変な状態になったのか、未だに謎。


それは兎も角、再設定リクエストをキャンセルしておこうと思い立ち、フォームに理由書いて送っておいたのですが…どうやら無視して良かった模様。
しかしそれが影響したのか、その後迅速に返ってきたシステム返信で「本人確認が甘くてできなかった」という「受付拒否メール」が(笑

いや、これすぐに届くって聞いてたけども、間になんもアクション無くてすぐに蹴飛ばすとか、さすがですGoogle先生w
そこまでやらないと間に合わないので仕方ないし、そういうもんだと思ってたから良いんだけど、逆にフリー登録でどこまで入れれば本人確認できるんだろう?と新たな疑問が。

調べようとしたら…出てこないしw


しかしまぁ、あっちこっちでアカウントの共有ができる昨今、こんなやり方でつなげちゃうと命取りだなと思ったり。

Facebook、Twitter、Google、NVidia……この辺簡単に共有化できます。
俺はつなげすぎると後で困りそうだから、最初から別々に管理するようにしていますが、もしこれがつながってたら結構大変なことになってたなぁと。

でもって、Googleアカウントについては、有償タイプの方を使っておくとどうやら話が早くつくらしい。
んじゃそれどこからよ?って見に行こうとしたら、これまた見つけにくい。



…Gigazineでこういうタイプの「悪いUIができあがる理由」ってのを説明してる記事があったけど、やっぱりそこにハマりすぎてるなぁと思った次第。

極端にわかりにくいと衰退するだけなので、わかりやすく且つ優しいUIであってほしいものです。
※だから変なところで特殊性が残りすぎるんだよね、PCソフトウェア関連って…

YD-2アルミパーツ導入その2 [RC]

<2017/05/08 追記>
ちょっとここのところ多いので、無駄に時間を割いてしまわないように追加しときます。
この記事と「YD-2アルミパーツ導入その1」「YD-2製作記」では「Kamikaze Factoryのアルミギヤボックス」は扱っていません。
yokomoドリフトミーティングの車両規定に沿わせるために、敢えて公認パーツ以外の導入を避けています。
今後扱う可能性は大いにありますが、この記事では扱いませんのでご了承ください。
<追記ここまで>


さて、「その2」とか言っておいて、前回のでどれだけ入れ替えてるんだというお話ですが(ぉ

うん、先日の縁起の悪い買い物の口直しで、テスト終わってからやるつもりだったのを予定変更して入れました。
いやぁ、この年最初の買い物がつくづくバッテリーじゃなくて良かったですよ(--;

ちなみに最初の買い物がなんだったかというと、年末に実はスマホを新機種へ乗り換えたんですが、
今まで使ってきたストラップがかなりへたっていたので、買い直さなきゃいけなかったので、
適当に調べてよさげなのを見つけて買ったんですw
でもって、なんかちょっと気になって、以前買わずにどうしようか悩んでた商品が在庫処分的だったので追加して…

DSC_0007.JPG
「夜のヤッターマン きゃらいど ドロンジョonオダさま ラバーストラップ」(なんでこれやねんw

いやね、ホントは「オダさま」だけのがあればそれが欲しかったんですが…まぁ凄く頑張ったレパード(報われてないのがアレだけども)ならおkとして、プロポにでも付けようかと考え……出来が良いので使うのもったいなく感じてたり←


まぁそんなことは兎も角、お口直しにフロントバルクの基本物を購入しました。

DSC_0008.JPG

入れるんならアッパーアームブレースもやらないとってんで、そこまでアルミ化
買ったのはいつものRC専門通販ショップです。
※ちなみに現時点で問い合わせてから今日予定で到着なんですが、その間に注文した写真の物は手元について昨日組み終わってます(なんやて!?

まぁすんなり付くだろうと思ったんだけど…実はちょっと甘かったw

右前のパーツがちょーっとだけアルマイト処理の厚み分サイズが合わず、削って調整。
まぁそんな小加工で簡単に付くくらいで良かったですw

んがしかし、実はこれ、ショックタワーも併せて一気に交換する予定で考えていた物なんですが、
出費の調整をかける為に、今回はショックタワーのみノーマル樹脂のままでくみ上げたところ、樹脂特有の問題が発生。
※悪い方向ではなく、フロント周りの調整で何が悪かったのかが見えたというお話ですな。

DSC_0009.JPG

写真じゃちょっとわかりづらいですが、右アッパーアームの前後位置調整が、幅広くなっちゃってます。
で、ショックタワー調べてみたら、ねじれが発生してました。
うーん、どうしてもこれだけは避けられませんねぇ…ドリパケでも樹脂で2度ありましたし、樹脂特有の内部応力バランスで起こるものなので、仕方ないです。
※思ってたよりテスト走行と調整で無理かけたかな?;

とりあえずここはすぐにアルミショックタワーに変更します。
(2017/01/18 追記:ポイントたまってて数百円でアルミショックタワー手に入れられたので、早速付けてみたんですが、やはり同じ隙間が… というわけで、ストレート当てながら見てみたんですが、どうやら歪みではなく、アッパーアームのパーツが左右で若干サイズが異なってたようです。削るにはちょっと大きいので、浮いたお金でアルミ化するかどうか…RPホイール対応でまたアライメント取り直しますし…)

でもってですね、実はもう一個予定外なんですが、新たに出たパーツで調整しなそうか考えています。
…ええ、RPホイールですな。
ただ、6mmオフセットなのでフロント周りはナックル位置調整(トレッド方向)が必要なのでホイールハブまで含めて交換という割とどうしましょう的な感じなので、作戦考えてるところですな。


YD-2のTNコンバージョンの話もちょいちょい流れてきているので、最初のバージョンが良ければ即変更かけるつもりなので、それまでの間に基本仕様決めたいところですなw

…実は半分はDRB用バッテリーホルダー使いたいのもあるんですけどね←
※これもかさ上げパーツはすでに調達済み。


とにかくまずはアンプ交換やっときましょ。
BL-PRO3+ZERO2 10.5Tに変更して扱いやすい状態つくりませんとな。


<2017/01/08 追記>
すべての物がそろったので、YD-2のアンプとモーターの載せ替え作業中です。

で、ノイズが乗って突然チョンっと前進が入るG-Force TS90Aですが、何がダメなんだろうとちょいと分解してみましたら…
開けてすぐ異常発見。

基板上の素子には熱が当たったとかダメージを受けたとかは見受けられなかった代わりに…

なんと受信機への接続ケーブルのマイナス線がケース内で圧迫を受け、絶縁しているにもかかわらず、ちょこーっとだけ冷却ファンのマイナス端子と接触してました!;;
たぶんこれが原因でしょう。

だから起きるときと起きないときがあったのかと。

とりあえず心線には影響なかったので、被服を保護するように配線テープで再度絶縁処理をし、
接触しないように(なぜか)両面テープを貼られていたその下の冷却ファンのマイナス端子の足(基板裏側の出っ張り)を不要分カットしました。
たぶんこれで問題ないはず。

両面テープを突き破ってるとか、たぶんこれ個体の製造過程の調整ミスでしょう。
TS90Aって故障報告多いんですが、この辺の影響が大きいかもしれません。

マイナスとマイナスなんで、回路上で直流だけなら問題なさそうですが、交流生み出してる関係でノイズが回ってくるのかもしれませんねぇ…

とりあえず様子見て使えそうなら他のマシンに使いましょうw


<2017/01/12 追記>
TS90Aをその後テストだけしてみたんですけども…やっぱりダメでした(´・ω・`)
仕方ないのでこの一個はあきらめます。あたり悪かったなぁ…イグレスに乗せた時から症状出てましたので。


<2017/02/21 追記>
なにやらyokomoのブログ見ていたら、YD-2EXとう新型が出るようで。
軽く仕様見てきたんですが、「こうだったら良いのに」が詰まってる。素晴らしいw
俺のはメインシャシーはTN Racingコンバージョンにしますが、ショックタワーに関してはEX用出たら付け替えることにします(`・ω・´)

YD-2EX、多分パフォーマンス良いと思うなぁ…

なんというか、YD-2のアルミパーツ、出てからそんなに経ってないのにマイナーチェンジ多いみたいなので、ここから先がチョイス幅増えて面白いかもですなw

…そういや、BD8のサスマウント使えるんだったっけ。
パーツ変更の幅で、用意する物が少なくなるだろうから、どっかのタイミングで入れ替えてみようかな…


<2017/03/06 追記>
さて。各社YD-2のコンバージョンシャシーキットが出まして、ついに俺が待っていたTN Racing製も供給が始まりました。
もちろん、視野に入れて進めていきますよー!
※エレメンタリーとビヨンドという、まさかの2種展開が起きましたが、悩んだ挙げ句、まずはステップアップ方向と言うことで、エレメンタリーから入ることにしました。
 説明からするとおそらくビヨンドに使われてる素材はYD-2EXのメインシャシーと同等なんじゃないかな?
 ミドルユーザー程度までしかいけてないだろう自分にはビヨンドで扱いきれない方が怖い←


直前に知りましたが、Kamikaze FactoryのYD-2コンバージョンがかなり面白そうな内容でもありますが…ここはヨコドリ仕様優先。
部品入れ替えが進んで1台分出そうならKamikazeでRRモーター仕様……いやいやもうさすがに増やすのやめましょう(笑
台数増えすぎると手が回らなくなっちゃうし。

で、エレメンタリーの初期仕様としては、アッパーデッキレス、バッテリーおみこし、サイドフレーム装着という形にします。
状況に応じてセンターサブフレーム導入とか。

んま、まずは樹脂の状態である程度続けて、そろい次第移行かなぁ?

個人的なモンですが、樹脂シャシーで剛性問題はそう感じませんが、重さがどうしても上がるので、そこが逆に気になってたりします。
NERVISはその点で言うと、相当軽いので、スプリングチョイスがしやすかったのもありましてw
※うん、ドリパケの樹脂シャシー、割とスプリングの組み合わせで悩むことが多いです。丁度良いところを探るのに重さが影響してしまうので。


あとはYD-2EXの登場を待って、ショックタワー導入ですな(´ω`)


<2017/03/24 追記>
その後、TN Racing YD-2コンバージョン エレメンタルに移行するため、テストしながらパーツ変更書けている状態なので、順調にノーマルパーツが蓄積されております←

そんな中、yokomoさんが面白いツーリング出してくれたじゃないですか…w
「YD-2 TC」。

うん、フロント周りの足回りとステアリングパーツ、リアギヤボックス程度で組めちゃうので、多分組み替え版TC作るかもしれません。
丁度RFコンセプトもディスコンになりましたので、メカ的に移行もできますので。

ツーリングカテゴリなので、タイヤとかシビアな話が出まくるんで、どのように組上げるかが効いてきそうですが、とりあえず面白いグリップに見えるのでやってみたいですなw


Lipoバッテリー寿命2個目 [RC]

いやー、YD-2の再調整してて気がつきまして。

バッテリーホルダーに乗せようとシャシーにヨコモの4000mA/30Cのショート乗っけてみたら、なんか座りが悪い。
前からちょっとずつ膨らみ始めてた部分はあったんですが、ここへ来て一気に限界まで膨らんだ感じ。

やっぱり、ストレージに近い形まで使ってたとはいえ、2年間分の相応のダメージ食らってたみたいです。

ただ膨らんでるだけだったら、次の購入まで引っ張って使おうかって感じでしたが…さすがに今回はすぐやめました。
というのも、底面の膨らんでるところ、ハードケースにヒビが走り始めてます;;
さすがにこの状態で充電はしたくないので…

というわけで、廃棄に回すことにして、リサイクルに入れてきます。


で、このままではYD-2に使えるバッテリーが無くなってしまうので(例のレギュレーション縛りをしているため)、
Racing Performerを買おうかと思ったんですが、ちょっと待てよと。
TNコンバージョンを入れる予定にしているので、たぶん薄型に移行する可能性があるってのと、
Racing Performerの新型5000mAのは+コネクタが5mm仕様になるので、変換入れなきゃいけないとか、
んじゃ、普通の4000mAのロングにするかと考えたら、今度は二駆パケNEOさんのほうで端子変更必須とか。
おまけにB-MAX2MR用に元は買ったバッテリーだったので、他にするとサイズ問題出るし、何しろバギー側はyokomo縛り必要ない話になります…

…価格帯も考えると、そこまで必要か?ってのもあり。

結局、在庫が確保できる4000mAショートの全くおんなじものに落ち着きました。

ちなみに、同時期から使っている、RFコンセプト用に買った2800mAは未だに膨らんでません。
追加でNERVIS用に買ったKAWADAの3300mAのも全く問題なし。

…てことは、G-Forceのアンプとヨコモのバッテリーの組み合わせに相性があるとしか考えられませんな。


いつかはパフォーマー側のバッテリー使う事になるとは思いますが、現状はこれで。


今月、Mini-Zのシステム更新しようかと思ってましたが、予定変更。
YD-2のフロント周りをアルミ化するのと、可能ならTNコンバージョンの初期の確保ができればそちらに行くことに。

はよモーター届いてほしいですわ;
他の店舗じゃ見かけるようになったんですが、どうも俺が予約するところは入荷が遅れるようです。
しかも直前で該当ページ必ず消すので、予約した方の気持ちが不安定になりやすい;;
とりあえずモーターとESC変更かけてからYD-2はテストに戻ります。

Mini-Zは一個だけサスセッティングを試したいところがあるので、そのパーツを確保ですな。
※だんだんR246化してきてますが…割とドリフトできるようになってきてますw


しかしまー、yokomoの逆説防止のための+側5mm、-側4mmコネクタって仕様、各社共通になりませんかねぇ。
下手するとどっちか限定使用になっちゃうので、変換あったとしても割と手間が;;


<公開直後だけど追記>
またやってくれましたよこの店…;
「在庫僅少」で在庫ある表示なので発注かけたら、見事に午後になってから「入荷次第」に変更。
知らせのメール来てないしー!
(リアルタイムで反映されないのは仕方ないにしても、他店では必ず来ますので…(´・ω・`))

しかもモーターの方もまだほったらかしなんで、先ほど両方一度に問い合わせしました。
…てか、バッテリーの方は独自追っかけシステム見たら「8日入荷」で動いてましたが。

うん、今後そのお店は使うことやめます。
対応はまったく問題感じないんですが、ちょっと配送系で不備が多すぎる。
※実はNERVISコンバージョン購入予約でも同じこと起こしてまして、他店に入荷発送あるのに平気で1w放置しましたので。
 やっぱり商品ページ削除したからね、そこ。

とりあえず現時点で信用できる店限定に切り替えましょう…精神的によろしくない;;


<(゜Д゜;)追記>
返答きまして…正月明けにメーカー確認だ…と…!?(驚愕


ないわー…これはないわー……つまり予約受付とか真っ赤な嘘か;;

結局、某ショップの新入荷情報見てるのが一番確実と言うことだな。
(※問題の店はJoshin Webです。阪神ファンとして悲しい…絶対NERVISも問い合わせしなかったら手に入らなかったなこれは;)


<2017/01/05 追記>
前言撤回。<対応はまったく問題感じないんですが

いやね、大目に見たんですがやはり収まらない。
というのも、「メーカーが休みのため」って言ってるけど、バッテリーは同じメーカーの取り寄せ品で即日入荷日わかってる時点で意味不明。

そして現時点で確認のメールは来ていません。(18:25)

昨晩、Joshin Webの本サイト側の登録を抹消しました。
今後この店は電気物含めて絶対関わらないことにします。

あと、注意点。
調べてみたらこの店、予約品キャンセルするとキャンセル料発生だそうで。
……商品確保してないのに?疑問を持たざるを得ません。
電化製品系でもトラブル事例の多いこと!;

近所に実店舗あるんですけど、ビミョーな雰囲気漂わせてるなぁ→規模縮小でHARD OFFにだんだん飲まれてる、の時点でさもありなんなのかと(´・ω・`)


<(ーー;;)追記>
や、追記書いたら30分後にメール来ました…けど納品一緒になるってのは良い。
予約に関して予約になってなかったことにはなんも触れてない。

というか、直後に見てらっしゃるようですので、あえて言わせていただきます。

「トラブルが起きたときの正しい対処法のノウハウ蓄積に尽力してください」

今回のは完全に俺には「火に油を注ぐ」対応です。
人によって酷くなるかもしれませんが、俺の場合「適切な挨拶があった上で納品が決まる」なら「わかりました」で終わりです。
が、今回のは…っていうか、2回のトラブルでどっちも納品日だけ確定報告、そんなん気分悪くなるだけです。

まったくもう…


<2017/05/07 追記>
そういやトラブルったこの通販の店、近所の実店舗ついにHARD OFFにすべて飲まれてました(ぇ
さもありなん…

YAMAHA SD-755Mを入手 [音楽関連]

はい、今年第一回目の記事でございますが、実を言うと年末にやったお話です。

なんかね、ずーっとYAMAHAのメタルスネアが一個欲しいなぁってずっと思ってたんですが、
なんとなく現行買う気にもならず…かといってこれまた欲しいLudwig LM402はまだ手をつけたくないし…ってんで、
ヤフオクをずーっと眺めていたら、ふと目についたYAMAHA SD-755Mが気になったので入札してみたら上手くいっちゃったのでありますw

DSC_0003.JPG
DSC_0002.JPG

まぁこんな感じのです。
80年代のYAMAHA。
たぶん品番から言ってYD-7000系の付属スネアだったのかな?
昨今は5半スネアでは採算が合わないので、ほとんど作られてない「シームレスシェル(継目なし打ち出しシェル)」なんですな。
非常に貴重な存在です。
細かいことがあんまり調べられない状態なので、この後もゆっくり調べていくつもり。


で、記事にするくらいですから、普通の買い方じゃないんですよ。
…2枚目の写真見て、気がつかれる方もいらっしゃると思いますが、これ元はジャンク出品だったものです。
そのため、かなーり安い価格で手に入れました。

どんな状態だったかというと…

DSC_0146.JPG

べっこしーの

DSC_0147.JPG

おういぇ…な感じ(何

どうやら、角棒か何かの端っこに強打して凹んだらしい。
ただ、浅いので自分で叩いたら直るんじゃないかと思って思い切ったわけでありますw

ただ、やっぱり板金ハンマーなんぞ持ってないわけでして、あっても今後困ることはないので安いセット買っときました。
加えて必要かなと思ってレールアンビルも一個。

なんで普通のハンマーでやらないのかと言ったら、普通のハンマーだとヘッドの端っこが処理されてないので、
斜めに打ち込んだらボッコボコにしちゃうから。
板金ハンマーだとその辺考えてヘッドが作ってあるのですわ。

で、分解してクリーニング(ギター用ポリッシュでひたすら磨いて汚れ落とし)したあと、内側から軽く叩きながら様子見て仕上げてみました。

DSC_0154.JPG
DSC_0155.JPG

思ったより簡単に元戻っちゃいました。
※金属の性質上、完全に元通りじゃないですが、エッジに影響しない形までしっかり戻ってます。

…アンビル使わなくてもシェルが直ったのが意外だったけども。

しかし、ダメージを受けたときにミュートダイヤルの軸も力を受けていたらしく、くの字に曲がっていたので、
そこも分解して、こちらはアンビルの上で修正。
上手くいってちゃんと真っ直ぐに。


凹んだり曲がったりしていた以外は、実を言うとほとんどサビもない上物でしたので、苦労しませんでしたな( ´ω`)

一度も変えたことがないと思われた、YAMAHAの当時のヘッド(表裏両方とも日本製)は外して資料として保管、
新たにYAMAHAロゴのRemoの同等品を張り直し。

スナッピーは相当悩みました…

これ、全面あたりなんですよ。
現状で全面あたりのスナッピー、数が少ないもののなんとかPearlのがあるんですが、どうやらちょっと長いらしい。
でもって、YAMAHAは当然全面あたりはもうラインナップにないわけで。
(オーケストラ用スネアだと全面あたりがまだ存在するらしいですが、今後のパーツ供給でどうなるかわからない)

悩んだ末、オリジナルのスナッピーがまだへたってもいないので、クリーニングして張り直しました。
ただ…このスナッピー、テープでとめるタイプで、手持ちがなくてどうしようかと思ったんですが、
あんまりよろしくないけど形にはしなきゃいけないので、以前70年代のTAMA IMPERIAL STARスネアのレストアで残った、古いスナッピーテープが残ってたので、それを再利用しました。
…一応問題なく使えてはいるけど…切れると困るので今後買い直して付け直しですな。


軽くチューニングしてみましたが、8テンションスネアの割にはかなりタイトな音です。
そして、インナーミュートが扱いやすい。

なんというか、不思議なほど「安心する音」なんですよ。

「こうしたいかな?」って思ってチューニングボルトを回すと、きれいにそっちに寄ってくれる感じ。

下手に妥協してって部分をなくせそうなスネアで、手に入れて良かったと思った個体でした。
ダメージありでこれですから、完品だともうちょっと良いのかもしれない…

今後の変更をどうするかですが、まずは内面あたりにしてしまうチョイスを視野に入れてみようかと思います。
…ただ、スネアベッドがない頃のスネアですので、影響は出るかもしれません。

その分、懐かしい音は作りやすいかもしれませんがw


しかし…ちょっと前までYAMAHAのサイトにも旧カタログみたいなのがあったのですが、全部消されちゃって近年の生産終了ものしか見られないのが残念ですなぁ…
データが残ってると、補修できる範囲がわかるので便利なんですけどねぇ…


んま、とりあえずまずはこのまま使いましょうw



てなわけで、公開時間設定かけようかと思ったけど、まだ正月休みのとこですので、早朝ですが投下しちゃいますw


あとは…そろそろスティック箱買いしないと在庫切れてきてるので、買い足し考えておかないとです。


謹賀新年 [その他]

旧年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。


ということで、なんかあっという間に2017ですなぁ。

昨年は見事なブレーキの一年になってしまったので、今年はKNIGHT RIDERばりにTURBO BOOSTな1年にできたらな-。

うん、昨年はどっちかというと、たぶん「おっさんが加速した」だけだったかもしれませんが、今年も同じくおっさんが加速するだろうと思いますw


そんな感じで、新たな年が皆さんにも良い年でありますよう。