So-net無料ブログ作成

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

ドリパケ(マエオソ+ケツカキ)更新中 [RC]

まだ走れない状態のドリパケのほう。

とりあえずフロント周りを更新。

DSC_0056.JPG

シーソー導入。
カウンターが当たりやすくなるらしいとのことなので、どうなるか楽しみですな(´ω` )
ダンパーはYD-2標準の樹脂ダンパー入れてましたが、長さが合わないので、以前使っていた旧ドリパケコンバージョンを暫定で取り付け。
これは後日DIB用へ変更します(SHEPSUTのダンパーをRC926のカラーチェンジキットにして、残りのパーツで眠ってるのと併せて1台分復活予定)

で、前後TN Racingショックタワーに変更したため、どうせなら以前入れられなかった+6mmセンターリンクをなんとかつけてみようと、いわゆる「リバースプログレッシブ」のアッパーデッキを思い切って導入。
DSC_0057.JPG

一見付かない感じがするけども、付いちゃうんだこれがw
えーと、ワイパーも+6mmに併せて広げて設置。
ポストに関してはノーマルに2.5mm分カラーを仕込んで高さ合わせ。
リバースプログレッシブやDPRだと、端のシャシーブレース穴使わないけども、樹脂シャシーの場合はステアリングポストの下側が止められないので、押しつけて強度確保するためにポスト立ててます。
これは…えーとAアーム用10mm延長にカラーを合わせて、15.5mm分入れてあります。
実は、ちょっと短めにして、押しつけしっかり出るように調整してる感じ。
※全部TN Racingとyokomo製品でやってますので、これでも公認状態。

で、「え?」って思うはずの「D-107」がなぜか入手できてる状態ですが、これは某所を確認していると「問い合わせてください」ってあるので、アッパーデッキと併せて送ってもらった形ですw
この辺、後で面白い話出てきますので、要チェックだと思いますw
(2017/05/30 追記:ちょっと前にこの「D-107」のお話がTN Racingさんのブログで出ましたねw TN-107でOEM部品の販売開始とのことです。あんまり分解しなければ、クラッシュ以外ですぐに駄目になるとかないでしょうが助かりますよねーw しかし、yokomo品番じゃないとDPRのリヤブレース側パーツが手に入らないので、DPRユーザーは引き続き苦しい選択待ってる感じですなぁ;)

で、ワイパーを広げて設置したことで、通常のサーボセーバーとのクリアランスが問題になりそうなんですが、
なんと+6mmなら無干渉な上にちょっとだけ余裕できたので、そのまま何も加工せずつけております。
おかげで、アウトサイドの切れ格が上がって、よりパラレルに近づきました(`・ω・´)

ただ…この構成を作ったことで、大問題発生。
写真ではすでに対策でパーツ入れ替えてありますが、元はyokomo純正のAアームでしたので、
前回の追記での「ノーマルシャシーブレース+アッパーアームサポート」の状態が使えない。
つまり、TN Racingのショックタワーの後ろ側補強プレートを使う必要が出てきたと。
そうなると……そうです、本来はTN Racingのアッパーアームピンを使って固定ということに。

…ですが;;
そうなんです、ナックル見たらわかると思うんですが、キングピンアングルが12°を選んでいるので、
ここでキャスターが強くなるとタイヤの接地の関係でよろしくない動きを作ってしまうことになるのです;
(その形の方が特性として好むのなら良いんですけども、俺は残念ながら好まないし、ボディーに合わせてホイールベースを決めてますので、そっちで影響が出過ぎちゃう;)

てなわけで、最近出たばかりのこれまたTN Racingの新型アッパーアームへ換装。
少し大きめの設定なので、ナックルと合わせると長さがなかなか合わせにくくて悩んだものの、
このアッパーアーム、今まで使ったアルミアッパーアームでは一番良いかもしれない。
NERVISには近藤足入れてますが、あのアッパーアームだと留めネジ側で押さえるとネジ山が潰れやすくなっちゃうのですが、こっちだとスリープを固定に使うのでそれがない。
YD-2だけじゃなく、NERVISも置き換えしちゃおうかな、なんて考え始めてます。


このマシン、一応yokomo純正のモーターハイマウント入れてますが…ここまで来たらそこもTN RacingのR2モーターマウントに入れ替えたくなっちゃったので、多分入れ替えます。
で、玉突きで余るyokomo純正はSHEPSUTの方へ移植して、アダプタータイプのハイマウントをはずそうかと。

リアの足は走ってみてどうするか決めることに。

あとはボディをどうするか。
ボディマウントが他社製OKになったので、まずはそちらに移行しますか。

てなわけで、まだちょいちょい変更かかりますが、ジャイロ搭載4駆として戦力にしていきますぞ!



<2017/02/21 追記>
そしていつもの通り、気になるとやらないといられない病発動で、モーターマウント変更。
DSC_0060.JPG
DIBダンパーもSHEPSUTにつけていたダンパーをRC926カラーチェンジキットで組み直したので、残りパーツで1台分復帰。
したら、ダンパー長の関係からシーソーの設定出すのに四苦八苦←
ロッドエンドを変えたりしてなんとか基本状態確保。
R2モーターマウントにすると、どうしてもスパーギヤホルダーのサイズ調整しなきゃいけないので、ノギス引っ張り出して、削っては測定、削っては測定で13.5mmをちょっと割る程度に調整しました。
思ってるよりも簡単には削れないので、長期戦覚悟したんですが、それよりは時間かからなかったかな?
バッテリーホルダーも、一度試して見ようってんで、しなくても良いのに全体を押さえるタイプへ。
…おまけで付いてきたポスト使ってみたけども、前側と高さ違いますな。
とりあえず様子見して前側の直しも必要なら考えるくらいで。

で、外したyokomoのハイマウントはSHEPSUTへ。

DSC_0061.JPG

うん、すっきりすっきりw
ただ、組み合わせていたスパーギヤ(78T)ではピニオンがまさかの噛まない位置になったので、
手元にあった82Tと入れ替えて形を確保。
んまー8.5Tモーターなので、回転数押さえるのを考えると必要な方向なので大丈夫でしょうw
(補足:計算してみたらスパー82Tのピニオン16T、マエオソ0.78倍なので、大体12をちょっと下回る位のギヤ比ですな。)


<2017/02/25 番外編>
唐突だけども、ちょっと仕入れた情報から仕様変更をかけると言うことで、E10凪スペのモーターに17.5Tを中古で手に入れて載せ替えしました。
上手い具合にyokomo ZEROの中古が競らずに安く入手できました。

DSC_0068.JPG
DSC_0069.JPG
ちょっと交錯している配線だけど、半田ごての先をΦ3mmの平面にしたので割と楽に作業完了。
もちろんクリップスタンドも併用してますけども、道具のチョイス大事。
※状況によって半田ごてを2本使い分けてます。時間かかりそうなら白光 FX600、そうでなければGoot(大洋電気産業)TQ-95みたいな。今回はTQ-95で作業。
 モーターリード外しから取り付けまで一気に。


いろいろ調べていて、どうやらタイヤの回転が上がりすぎる場合、4駆はフロントの引っ張りが強くなって、
結果的にグリップに近い方向へシフトし、カウンターが減るという状態になりやすいとのこと。
確かに、フロントのグリップが高い状態で設定した場合、フルカウンターの条件をギヤで出していても、リアが逃げていくよりもフロントが引いていく割合が上がりすぎてしまい、カウンターの影響が強く車体をアンダー側へ戻す可能性がありますな。
自分もまだそこまで上手いわけではないので、一度ドリパケも21.5Tにしてみたので、E10凪スペも合わせてみようと考えた感じ。

キャンバーで設定するのであれば、ロール時のタイヤの接地を考えれば、リアキャンバーで立てて行く方向が望ましいんだと思いますが、ピーキーさをどう押さえるか、という点で経験が必要になりそう。
あとはフロントの逃がしのポイントを探って行くことかな?
※ステアポジが効く、というお話はこの辺からのはずです。

んま、確かにケツカキを試していたときは、ギヤ比を上げてタイヤの回転数を下げて丁度よい状態ができていた訳なので、多分雰囲気変わるでしょう。


…2駆ドリのほうで「リアルギヤ比」の考え方、スロットルD/Rを弄って回転数制限かけますけども、
考えてみたらモーターターン数を上げて、モーターそのものの回転数を制限するのもアリなんですよね。
車両規則的に競技だとターン数の範囲がずれちゃうので使うことができませんけども、センサーケーブルに中継で回転数制限設けても良いわけです。
※先日のMini-Z Sport2 MR-03をトレーニングモードでドリフトさせるのも同じ考えですし。


とりあえず、4駆側がこのやり方でまとまるかどうか、試していきたいと思います。


それにしても…下ろした二つの10.5Tブラシレス見てて思うのね…

DSC_0063.JPG
DSC_0064.JPG
DSC_0065.JPG

GeForceとSKY RC(こちらは日本じゃ売ってない)、OEM委託先一緒だよなぁ…w

Mini-Z MR-03ドリフトチャレンジ 1回目 [RC]

さてさて。
ちょっと1/10側はいろいろ手直し(駄目潰し)に終始している上に、テストの時間がなくて書けてませんが、
Mini-Z側は廊下でできるのもあり、少し変化させましたので1回目として。

割といろいろ試してみて、とっかかりの部分見つけたような感じです。

DSC_0157.JPG

昨年末の時点で、実はこの状態まで。

FA130モーターのリード線が固くて、左右でリアセクションの動きが変わっちゃうので、
リード線自体の取り回しを変更、フリクションボードへコンデンサがぶつからないように逃がしたりとか、部品変更以外のところで結構神経使ってます。

…なぜかフロントダンパーはこんなことになってますが(笑
これ、スタビライザーわざとつけない状態がなかなかよかったので、150番オイルと併せて現状使ってます。
※オイルなくても良いかなと思うけど、粘ってくれないと困るしね。

で、簡単な現状をお話しすると、まず見た目では写真の状態から、フロントボディーマウントへ10g乗っけてるのは以前のお話と同じです。
写真撮ったときはダンパーの動き見るために外してましたので。

リアセクションは、TバーにFRPソフトを入れ、ガイドプレートは大胆にカットしてピッチング方向を極力ソフトに。
これも以前書いてますねw

デフに関しては、少し弱めにセットしました。
これは、スロットルに対してガチガチにするとピーキーだったから。

今回は箇条書きじゃないですが、大体こんな感じで構成されています。

この状態で…うん、一応はドリフトできてます。
が、ノーマルアッカーマンがついたままなので、後半巻き込んでしまうので、そこをどうにかしようと四苦八苦。


おまけに、ドリフトタイヤにしたってのに、カーペットの上でどえらくグリップするので、思ってる以上にスピードが出てしまい、コントロールするのに神経使い過ぎちゃう。
ギヤ比変えようにも、すでにモーターピニオンが6Tなのでこれ以上あげられない。


もうこれはフロントをゴムタイヤに戻して行くしかないかな?って思った矢先。


1/10での二駆ドリのギヤ比をふと思い出す。
…比較的タイヤ回してないな…とw
そして、リアルドリスタイルで「回転数を敢えて制限する」というお話も昨今出てきてるので、
もしやこれが使えるのではないか?と考えて、それを実行してみることに。


え?Mini-Zで回転数制限、しかもSport2じゃやれないじゃないかって?w



忘れちゃいけませんよ!
「トレーニングモード」があるじゃないですか!!
※初心者用にフルスロットルに制限を設けて、速度を落とす機能です。


今後、MHSシステム入れたときもこれで何かできる可能性あるので、データとして試してみました。
てなわけで、早速スロットルトリガーをバックに入れてKT-19のスイッチオン!!(これでトレーニングモード)



…………やっぱりーーーー!!!w



すっごく良いスピードでドリフト楽に決まります。
後半巻き込む癖は抜けてませんが、ブレーキかけて引き延ばしが有効に使える。
というわけで、飛距離伸びてますw
※マシンの特性上、浅角ドリフトするしかありませんけども、カウンターは当たりっぱなしができる

てことはですよ、EX-2とかASFシステムにしたとき、ICS使ってスロットルレンジ弄ればいいわけです。
EX-2ならスロットルD/RかEXPで絞っちゃえば良い。


そうですよね、考えてみればMR-03って「DD」なんですから、ツーリングタイプと比較してギヤ比が低いんですよね。
それだけスロットルワークがシビアになっちゃう。
なんで最初に気がつかなかったんだろうw


というわけで、現状だとフロント重いかな?って思う形になり始めましたので、次回は5gにでも切り替えて。
…ひょっとしたらウェイトいらないかもしれない。


うまくいったらシステムをブラシレスにしてLiFe化させたいんですが、金額的に結構なことになりそうなので、とりあえずVE Pro基盤+KT18のASFシステムからステップアップに持ち込もうかと考えています。
一気に買った方が最終的な金額は抑えられるけど…まぁその辺は追々考えて予定立て直しも含めて。
※ジャイロも買わないといけないので、その辺の兼ね合いもあるんだよね…




あ、余談だけど、昨日地元でちょっと車流してたら、目の前をマクラーレン12Cの黄色いのが走って行ってちょっとびっくり。
俺んちの近く、スーパーカーのいることほとんどない地域なもんだからw
中古でも2050万って今見てきたんだけども、維持費考えたら庶民な俺にゃ無理だなとw
※んまぁ、宝くじ当たっても儲かっても買うつもりのない世界ですけどね(^^;



<2017/04/24 追記>
ちょいっと臨時収入はいったなーと思ったら、某ショップでEX-2エキスパートセットが激安になってて、思わずポチりました←
と思ったら、今度はMHSの基盤であるMZ505が在庫切れ(ぉぅふ
とりあえず入荷待ち予約状態にしましたが…予定外ですが出費が抑えられたので、来月ブラシレスシステムで走行可能な状態にします。

ICSも使えるようになるので、スロットル範囲とかいろいろ弄って良いところ出して形に仕様と思いますw

あとはエコチューンモーターとジャイロが確実に手に入りますように…(在庫切れても待ってたら復活しますけどねw

バイオハザード7体験版(今頃?) [ゲーム]

もう製品版出てるのに、今頃体験版かよと言われそうですけども(^^;


えーと、うん…実はホラーゲームやるの苦手なので、1作目から触ってないんですバイオハザード(ぇ
その割には、実況動画とか観てるの大丈夫なので、ついつい観てしまうんですがw
(リアルタイムで戦闘が起こるタイプのゲームだと、トゥームレイダーは結構やりましたが)


でね、今回の「7」は映像綺麗なのですごいなー半分、表現が綺麗すぎると割と怖くないなと思ってましたので、PS4持ってないしVRしてみたいけどどうしようかとかいろいろ迷ってたら…


普通にWindows10のストアでPC版出とるやないですか(^^;
んじゃ、ちょっとチャレンジでやってみようかと。
攻略的にも結構ありますし、すでに一通り観ちゃってるのもあるので、ほんと軽ーく試す気持ちで。

推奨PCスペック的にも、これでもかというくらい今のマシンが同じ内容だったので、描画設定系は最高画質に合わせてみました。

Resident Evil 7 Teaser_ Beginning Hour 2017_02_14 5_11_05.png

体験版のビデオ中の画像ですな。
ほんとすごく綺麗。

で、操作してみて、最初パッドでやってたんですが、振動伝わってきたりでなかなか面白い。

そして、やはりここは「手帳エンド」だろうということで、攻略見ながら操作。

しかし、XBox Oneコントローラーであるにもかかわらず、クイックターンが決まらない。
PS4とかだったら簡単なのかな?
あまりにもうまくいかないので、途中からキーボード操作でやりました。
感覚的にはマインクラフトのPC版がキーボード操作なので、割とそっちの方が楽だったみたいな。
※初回でコイン出せたんですが、見事に引っかかれましてバッドエンド側で終了。

てっきりトゥルーエンドじゃないとコインを本編に引き継げないと思ってましたが、バッドエンドでも出せたら引き継げるんですね。
メッセージ出てきたんでちょっとびっくりw


で、きっちり手帳エンドをやってみたいと思ったので、今度はキーボード操作で終始やってみました。
したら、地下室で今度はあっさり逃げられるというw

だがしかし!なんか慣れたなと思ったんだけども、違うところでびっくりしまくり(ぇ
うん、つないだまま横に置いといたコントローラーの振動機能が生きてるので、要所要所で振動して、その音でびっくりするという(笑


その後、なぜかビデオで幽霊の確認がなっかなかできず、時間的につらいので、とりあえず5人目の条件が出てないところでしたが、そのままトゥルーエンドへ。


なかなか面白いじゃないですかw

でも…たぶん製品版は遠慮します;;

というのも、怖さ的には大丈夫なんだけども、操作の方。
この操作性で初めて、キーボード&マウス操作戦闘中の切り替え素早くできる自信ありません;;
加えて、Xbox Oneだったとしても、走る操作でスティック押し込んだまま方向入れるの多分指が保たない;
まぁXboxOneコントローラーだってのもあるんでしょうけども、なぜこんな固い押し込みなんだか;
PS4のだとPS3みたいに軽いから楽かもしれないけど…今度は左スティックの位置的に親指が痛くなりやすいんですよねぇ…個人的に(^^;

多分、最後まで終えられるかどうかがいろんな意味で怪しい←
※ほぼほぼ「詰み」になる気がしてならんのです;;


しかしまーほんと3Dキャラクターだけじゃなく、オブジェクトの再現度が半端ない。
なんとなく作り物感はあるものの、ほぼ実写みたいな空気感なので怖くても見られちゃう感じですな。
※バイオシリーズの怖さって、1とか2とかのあの「若干悪い操作性」と「当時の技術のグラフィックから来る、想像してしまう怖さ」ってのがありますので、できがよくなっちゃったからこその怖さ軽減があるんでしょうねw

よくできてるなーと思いましたわ。



ちなみに、バイオハザード7の絵を見てられるの、多分「サイコブレイク」の実況を全部見たからだと思います。
正直、怖さから言うとこっちの方が上。
日本国内版だと、比較的オブラートに包んだ表現になってるんですけども、北米版まで見ちゃったので、なんか変な耐性ついたみたいです(ぇ
※北米版の実況は現地の方のを見たんですが、エグすぎて夢に出そうでした;;
 実は、俺がホラー映画見られない理由になる「非現実すぎる設定の気持ち悪さ」がそこに;;
 変な話、「あり得る」表現は見られて、「あり得ない」表現だと怖く見えるんです俺;;
 …なんでだろ?;
 サイコブレイクは精神的に訴えてくる怖さがプラスされるので、そこなのかもしれないw


んまぁ、バイオハザードの感染者の変異も、非現実すぎるっちゃーそうなんですが、
なんか「別の生き物」にしか見えないのか、大丈夫なんですよねぇ…w




で、体験版やってみて大丈夫だったかというと…多分夢に見そう←


でも、製品版の中身知ってるとはいえ、なんか気になるお試し事情でしたとさ(笑

ソロ花<PSO2> [ゲーム]

ほい、アプデで新クエスト来てますのでw

今回も2回目予告から参加。
徒花のソロ限定クエスト「輝光を屠る輪廻の徒花」へチャレンジしてきました。

pso20170208_222215_209.jpg

んーーーーーーーーー

残念ながら、初クリアはならず、ブースターももらえませんでした(´・ω・`)
本戦第2形態の、2回目のダウンとれる直前までは行ったんですが、運悪く突進でタイミング外してしまいそこであえなく失敗。
※ちなみに残り時間ここで12分ちょいでした。

正直な感想を言うと、「思っていたより全然やれるねぇ」って感じ。
攻撃力落としてるとはいえ【双子】のお車が数多かったり、即死攻撃のわかってるところで失敗かますと終わるので、やっぱり気をつけないといけませんが普段からソロ花してた方は歯ごたえ無いんじゃないんでしょうか?(^^;
※白状しますと、俺は一回も通常の徒花をソロでやったことないです←

このクエスト、目玉はレイを交換でユニオンにアップグレードするためのブースターをもらうことにありますが…いろいろ調べてみたら、なんというか若干本気になるほどでもないかなと言う印象…


ただ…徒花ソロで終わらせてみたいな!って思えるので、失敗でも良いからとりあえず突っ込んで行きましょうか的な感じですなw

最近はマルチだと強い人集まるので、【双子】のギミックを最後まで見られないことの方が多いですし、
「ああ、こんなのあるんだ」って再確認できたりして面白いです。

……車出過ぎだろと思いましたが←
※あれ、全部自分に来たからわかったけども、8~12台くらいいない?;;
 アレが追っかけてくる間は無理しない方が良いですな。
 …といいつつ、俺結構気にせず部位破壊やってましたが←
 当然、混乱効果受けちゃうので変な苦労しました(ぉぃ


うん、今回のアップデートから次までの間って、俺の中での印象は「チャレンジステージ」な感じですね。


あと、期間限定の方の「暗影渦巻く壊れた世界」もチームで集まって行ってきました。
怒濤のボスラッシュw

レオーネさんのところで、仲間にレスタ打ちたいのに狭い上に間髪無い攻撃で打てない打てない(笑
打てても範囲違うところにいて届かないしー;

最後のところはディーオ・ヒューナル先に倒した方が楽です。うん。
独極ステージ10で、間に合わなくてヒューナルと併せて叩かなきゃいけないとき、ヒューナル先に落とした方が楽みたいな事に似てます。
範囲攻撃多いので、少しでも広い方を落としちゃう的な。
※まとめ方の問題もあるので、絶対これだけじゃないと思いますけどねw


うん、なかなか楽しめましたなw



というわけで、次のシナリオが来るまでの間、esのストーリーやれてないのでそっち終わらせておきますか。


そんな感じで、ファーストインプレッションでしたとさw


<2017/02/09 追記>
おおう、やはりクリアするのにどうしたら良いのか調べてる人が多いみたいで、凄い記事閲覧の伸び!

まー、これも俺が通ってた剣道の道場で掲げてた「守・破・離」の考え方なんですが、
特に今回の場合、最低限の「破」(つまり攻撃力)を担保した状態で、いかに「離」から「破」につなげていくか、という見極めがポイントになると思います。
剣道で言う「守破離」ですが、「守って打ち抜いて離れる」という一連の流れをベースにものなので、
要は「確実に攻撃が入れられるタイミングを自ら作り出す」となるかと思います。

これね、ある程度打たれ強いユニットとか完成させてると、割と半分くらい力押し入れてもなんとかなる範囲が増えます。

ご自身のプレイスタイルに合わせて、やりやすいつなぎ方を見つけると良いかと思います。


…ただし、俺みたいに深淵第2携帯の突進の見極め失敗すると、あそこで即死ダメージ食らいますので、ある程度立ち回れるようになったら、そこの対処に集中するのが良いと思います。
最後の壁として、おそらく突進にいかに確実に合わせるかが問われるでしょう。
第3形態(人型)に入ってしまえば、今度は逆にビット落としの余裕が少し大きくなりますし、突進がなくなりますので。

その後の【仮面】に関しては、隙のある部分が多いので、そこ狙えばそんなに怖くなかったりします。

ギクス近辺の☆13で+35の5スロ武器で俺も割と楽に感じるところが多かったので、あとは立ち回りです。

焦らずじっくり攻略しようじゃないですかw


<2017/02/10 追記>
そして2回目の挑戦。

…【双子】の「そりゃ無いぜベイベー」アタックで失敗しました(笑
※突進で逃げる方向(つまり突進方向に対して直角の向き)、しかも自分が回避移動するその導線上一直線に綺麗に車並んじゃ無理ってもんですw

俺に絵心があったら、漫画っぽくイラスト描いて出したくなるくらい、綺麗に「逃げられない条件」そろいました(笑
あんまりにも綺麗にそろったので、終わった瞬間笑いが止まらないという←
車は並んでくるけれども、個別にこちらをロックオンしてるので、移動するとそれに併せてそれぞれが付いてきちゃうので、独特な回避軌道で走らないといけないんですよね。
(なので、いつも避けられないと判断したときは、一番後ろのにヒットするようにしてます。旋回半径が大きいので、上手くすると前にいるのは時間差で消える)

たまにこの「変なパターンにハマると完全に回避不能」ってのが突然来るのでどうしようもないw
画面外から来るのに被ると手の施しようがない(^^;
※ちなみに先日PSO2やりながら買ったイヤホンを試していて気がつきましたが、画面外からの攻撃、対処で自分は「SE(効果音)」からエネミー位置の割り出ししてることに気がつきました。案外音、それも定位が大事だったw


んま次頑張りましょう。


で、Wikiでも結構書かれてくるようになったので、マルチ側で状況確かめてみましたら、確かに上がってきてるのが良い方法ですな。
今回本戦試せなかったので確認取れませんでしたけども、深淵相手にするときは、ビット無視で本体に当てるのが良いと。
マルチでやったらどうなるか試してみましたら、ビット無視したら第二形態まであっという間に超えて、そのまま第三形態に到達してました。
つまり、突進がないので凄く楽。

そうなってしまえば、後は事故くらいしか気にしなくて良い感じですな( ´ω`)

しかし、自分の力量的に落とせるのわかってるので、回避不能パターンで落としたのは悔しいなぁ…w


んま、このクエストって「クリアできたら凄い」くらいのものなので、適度に適度にw
(クリアしたらくぎゅぅの声で「すごいすごい、ご褒美上げるね!」と脳内再生しましょうw)
 ※【双子】の声、どっちも釘宮理恵さんです。外はカリカリ、中はふわふわ(作品違う



ちなみに、ここだけの話、挑戦開始でキャンプシップ移動中の宣伝バナー見て嫌な予感してたのは内緒です。






「笑いの絶えない職場です(リサさんの悪い顔)」




…うん、すっごく縁起でもねぇと思いながら入ったら、【双子】のコアがことごとく遠いところに出てめんどくさいこと(笑
あのバナーの時、実はRaかGu用にシフトするんじゃねぇだろうな?w(そんなわけない



<2017/02/12 追記>
さて、3回目のチャレンジ……Failed!w

今回はちょっといつもと違って、通信のやり取りで出る最低限のラグが悪影響してしまったのも含まれました…けども、一応第2形態の突進まで(2回目の突進なので第3段階手前やねw)はきちんと。

ただ、運の悪いことにエネミーの攻撃パターンが悪く、隙があんまり無かったことでかなり【双子】に時間かけてしまい、初日より時間かかってしまいました。

しかーし!その余裕につけ込んで、車の避け方実験しまくった←

上の追記のパターンだと無理ですけども、何もないところで全部追っかけてくるときは、
基本相手の来る方向から直角に逃げて、だいたい4~5歩くらい走ったらまた直角に曲がって列の後ろ側に回り込むように行くと全く当たらないですね。
でもって、その間【双子】って大体空中でなんかの動作してますんで、攻撃のタイミング存在してない。

なるほど、緊張感はあるけどなんとかなる…



…てな感じでいろいろ見てきましたけども。
Twitterとかでタグ回ってきて、いろいろ数値的なまとめが出てきたりしてますね。
多分「これできないとカス」って思い込んでる人には衝撃かもしれません。

……「マルチでS到達できる程度の人じゃ間に合わないよー」とか「普通に計算して2.5人以上の攻撃力いるよ」ってお話でしたのでw

うん、だから「クリアできたら凄い凄い」なのですよ。


…あれ?俺の「とれるはずだ!」って感覚はどこからよ?;;←多分半々なんだろうと思う

んま、そもそもアークスライブとかで言ってましたけども、現状でLv.80の条件を職1つでも満たしてる人の割合が25%程度って事ですので……俺もやりこみのフレンズ(今風に言ってみる←)なのかもしれないけども;;
※現状ですでにHu以外は条件満たしております。コレクトシート様々…

ここじゃ書いてなかったですけども、一番得意なのがBoなので、ソロ花挑戦時はBoでDB主体のプレイをしています。(ちなみにBoHuです)
光で貼り直したギクスDBですし、5sで割と盛りましたので、トッププレイヤー系の方からはずっと下ではありますがそれなりに使えてるんでしょう。
手数に助けられてる感じです。
しかし……☆1武器の強烈な作り込みで18分クリアとか出てきてますので、やり方なんだなーとは思います。


…どっちかって言うと「クリアできなくて当たり前」のものなので、悩み過ぎちゃダメです(^^;
「ドリフト駐車で隙間前後1cm」と変わらない系なので、くれぐれも腐らぬよう(^^;



…「~のフレンズ」で思い出したけども、【双子】の台詞って時代先取りでしたかねぇ?w

「わーいすごいすごーい。あれぜーんぶ倒しちゃったー」(某ハルコタンイベントシーンより)


…元ネタを俺にSkypeで送ってきた友人、通知直後に家のブレーカーが落ち、PSO2でチームチャットで同じの流したら、今度は俺が630エラーで落ちるという…あの作品いろいろネタかましてくれるじゃないかw


<2017/02/14 追記>
さて、4回目。
やっぱり駄目でしたw

今回は位置ずれや事故防止のために、人数の少ないブロックへ移動してからチャレンジ。
これは功を奏しまして、今までで一番楽に操作できました。
変なウェイトもかからず、「えー(ーー;)」てな被弾も受けず。

ただ……パターン悪いのに瞬間的に捕まりました(
今回も深淵の第二段階まで入ったんですが(ペロ時点で残り時間11分でした)、なんと2部位同時攻撃、しかも完全に同じタイミングでヒットし、即死レベルのダメージ食らっちゃいました;
アレはさすがにガードのない職ではどうしようもない;
その手前までで、やっぱり運悪く操作タイミングが被弾にはまってしまい、回避がうまくいかなかったのもあり、気がついたらメイト終わってるし(ぇ
…ずらすのも追っつかない感じでした(´・ω・`)

でも、タイム的にはクリアは目指せるところにいるのは確実。
ミス減らしたいなぁ…
ちょっと考えすぎてるのもあって、実を言うと初回の時が一番乙女出てないんですよ。

若干運の要素が絡んでしまうので仕方ないけども、見える感じが残りっぱなしなので頑張らないとw


<2017/02/15 追記>
昨晩5回目。第3段階までいけました!が、残り4分半で目測誤って終了←
ちょっとずつ伸びてますなーw

しかし、ここでチムメンと話してて、「ツリー様」すっかり忘れていることに気がつく(ぉぃ
そうですよね、攻撃力アップ受けてこないともったいない;
※逆に受けないでそこまで行ってるのかよという話ですが←

あとは、ミスを減らすために交換武器手に入れておくことか、ニレンオロチ作るか。
ザンバをサブパレットに入れたものの、場所がうまく合わせられなくて四苦八苦したり。

次の目標は【仮面】まで行くところか。


<2017/02/15 追記>
6回目…当然駄目w

というか、今回は何でそうなったのかわからんけど、ケーブル引っかかってたのか、なんとモニターの電源が抜けてクライアント強制終了かましました←
(なにやっとんねん

で、仕切り直ししたんだけども「え?初段で車!?」とか、完全にキラーパターンを繰り返す【双子】にうんざりして終了。
…ダブルチェックとかねぇのかおい;;車2回分に突進とかさすがに笑えない。
一応アルゴリズムとして決まったパターンが存在してはいるけれど、ランダムで2度連続車+突進ってのは今回初めて来たのでなんというか…(´・ω・`)

チムメンとも話していましたが、なんか逆にストレスが始まりかけてきてるので、俺も一度これはお休み方向にチェンジします。
ちょっと疲れちゃったしw

んま、トリガーで残りますしねw


<2017/02/19 追記>
某芸人的すごい人の生放送でソロ花ちょうど見られたので、どんなもんだろうといろいろ見てましたら、
現状の俺の装備の予ダメージ、タイム的な通過ポイントを見ていて、やはり落とせるのはわかりましたw
おそらく、残り1分半でやっといけるくらいのはず。
何がいけないのか。うん、かなり見切れてきてるけどもまだ足りてないんです「立ち回り」が。

あと、その放送でも言ってましたが、「パターンが良いと」ってありましたので、運よくそこに当たるよう祈りながらやるしかないですなw

で、車のよけ方、やはりギリギリを抜けていくのが常套手段。
片側の列がうまくよけられれば、そのまま走っていればもう片方の列は時間で終わってました。
つまり、その間は攻撃に力入れないってことですなw

うーん、今までの落としたポイント、ほんとに運悪かったのがよくわかりました;

またちょっと気合い入ったらツメに行きましょうw

スマートフォン専用ページを表示