So-net無料ブログ作成

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

Waves Nxを試す…っていうかもう導入決定w [PC・MAC]

今日は二本立て。

こんなのあるよー的には小耳に挟んでいたのですが、とあるきっかけでヘッドフォンをVRサラウンドにするユニットを見つけたところで、基本システムが安価で導入できるので入手してみました。

「Waves Nx 3D Audio for Win/Mac」。

NX.jpg

本来は普通のヘッドフォンをサラウンドシステムに変えてしまうソフトウェアオーディオインターフェイスみたいなもんです。

Wavesって、音楽製作やってる人は多分必ず知ってるメーカーだと思うんですが、このソフトはDAW用のプラグインじゃありません。
スタジオ音質のシミュレートが目的だったかな?
にしても、ヘッドフォンに無線の追加ユニット使って疑似5.1chで、頭振っても位置変化しないように定位動かしちゃうとか凄い技術。

…それが日本代理店通しても1300円とか激安(ぇ


で、早速購入して、シリアルナンバーまで送ってもらったんですが、DL販売なのにどこからDLするか全然わからん!(ジャガーさん)

検索して、Waves本社サイトの特設ページの「Try Free」でメール送ってもらってDLってのをようやく理解。
※他の方の解説で、Waves Central(管理ソフト)でインストールってあったんだけど、全く出ませんでした(ぇ
 ちなみに試用版にシリアルナンバーいれれば製品版になります。
 実はDLに4時間かかったんですが、なんとDLリンクのメール送信フォームがChromeとFireFoxでは処理されなくて悩んだだけという←
 来ないと思ったらIEかEdge使いましょう。


再生環境は、PCからUSB接続で繋いだRoland Quad-Captureから光ケーブルでOnkyo GX-100HDへの24bit 96kHz接続のスピーカーシステムと、Quad-CaptureのヘッドフォンアウトにSHURE SRH750DJという形。

インストール後はシステムの再生デバイスを「NX Headphones」に指定し、NXを立ち上げて設定から使っているPCのオーディオインターフェイスなり再生デバイスを指定するだけ。
※つまり、PC上ではシステムとインターフェイスの間に割り込ませる形。


3Dにちゃんとなるのかってんで、以前いれてちょっとずつ進めてる「Forza Mortar Sports 6:Apex」で早速試してみる。

…凄いよこれ;
車の後ろに当たるところからエキゾーストノート聞こえるし、タイヤのスキール音の位置もちゃんとわかる。
それだけじゃなくて、コース上で反響したエギゾーストがちゃんと空間回ってる。
「なんやこれー!!」でしたマジで;

余談ですけど、PSO2起動するときのnProは問題無く通りましたw
普通にPSO2の音も再生されます
(2017/05/31追記:しばらくOFFで様子見てて、大丈夫そうなんで3Dサラウンド試してクエストしていたところ、ケーキ屋Eトラ予兆の音がスピーカ再生できちんと臨場感伴って再生されて、意表を突くタイミングでビックリするレベルだったことを付け加えておきますw)

で、いろいろyoutubeやらMedia Go(もちろんイコライザはオフです)やらをマルチメディアプリセットで聴いてみたら凄く緻密に再生される。
そのまま導入決定になりましたw


さて…ここまで来て気になるのは…そう、再生デバイスで指定して出力って事は、スピーカからも出るわけで。


いろいろ弄って調整かけてみたところ……激変!
さすがWaves社だなと思わされました……スタジオでRECシステムにCDいれて聴いてる感じになります(驚
これ絶対、バッファを1024で使うことをおすすめします!
(知らないとよくわからない数字設定があと2カ所ありますけども、これはいきなりクリアになるポイントが環境で違うので、わからないなりに入力してみると良いです)

今までのシステムでも相当細かい音とか定位を感じられたんですけども、さらにその上を行く細かいワンショット系音色が聞こえたり、
バスドラムの生鳴り成分が聞こえるようになったりと、思っていた以上にハイファイ感上がります。


DAW用に接続してる、T.C.Electronic StudioKonnekt48(まだ使ってるのか)からTASCAM VF-X5への出力に追っつく感じですな。

まさに「なんじゃこりゃ!?」です。

ちょっと音にこだわる人だと、好みの関係でいれない方が良いかもとか出るとは思いますけども、これはイージーリスニング環境をランクアップさせるのには非常に良い装備かもしれません。


…うん、それくらい、ボーカルの音程修正かかってるのがはっきり聞こえちゃいますので(ぇ
(知らない人多いけど、割とボーカル音程取れない人多いので、結構細かい修正多いです。っていうか3音しか出ない人実際にいて、それを無理矢理直すことも現場でありますので(^^;)

ブロックノイズ聞こえやすくなるから、ハイレゾ音源必須になっちゃうかもしれない←
それにしたって、CDから非圧縮になるFLAC指定で取り込んだ音が良い感じなので、普通に使うだけでも効果絶大かな?


なんというか、ホントに技術進歩凄くておっつくの大変だわ;










まぁ楽しい話してはいるんですが、本日はちょっと不幸ではないけど寂しい話がありましたので、気持ちだけでもみたいな感じです。
少し楽にはなるんですが…うん、いろいろ複雑な思いが交差する感じですな。
その話はまた機会があったら。


<2017/06/13 追記>
その後しばらく使ってまして、ちょいと気になりはじめちゃったというか;

うん、DAW用のStudio Konnekt48の調子が良くなかったみたいで、一度ファクトリーリセットかけた段階で調子見てて…違いやっぱり感じてしまいまして(^^;

こう言うのって困るんですが、気になり出すと止らない;

悪くないんです、Waves Nx。
んがしかし、好みの部分が引っかかりだした!←

・Waves NxからQuad-Captureへの出力でNxエフェクトON
・Waves NxからQuad-Captureへの出力でNxエフェクトOFF
・Quad-Captureストレート
・Studio Konnekt48ストレート

で試すと、明らかにスピーカーではWaves Nx通すと中低域のクロスオーバーが出そうな当たりでもこっとしてるんですな。
そのせいでちょっとイコライザ欲しくなっちゃう。
※試してみたら割とMedia Goのピアノ用プリセットが割と自然に落ち着いた

で、その状態でヘッドフォンの「頭の形」の設定をしっかり入れてあると、ヘッドフォンは最高。

つまり、1ドライバータイプのスピーカーだと収まりそうかな?みたいな感じでして…;


現状でどうしようか迷い始めました。


いずれにせよ音質は良いので、完全に好みですな。


どーすっかなー?;
※あと、Windows立ち上げるたびに確認押さなきゃいけないのが面倒になってきてはいる←


ドリパケ更新→TN Racing Reverse Progressive Conversion化 [RC]

はい、ちょっと前にYD-2をエレメンタリーに切り替えたばかりだというのに…おじさん暴走した←

DSC_0197.JPG

TN Racing ドリパケ用リバースプログレッシブコンバージョンキット
※へそくり導入した今回は←

登場からもう1年経ってますが、ドリパケをコンバートするならこれって決めてましたので。
ヨコドリならエキスパートクラス以上じゃないと使えませんけども、ドリパケはRCDC準拠にすることに決めたので、心置きなく入れ替えです。
(かっこいいこと言ってますが、ちょいと気分すっきりしたいと思うことがここのところ多かったため、気持ちのリフレッシュ目的が含まれていたり)


で、組み立て手順とかやっても良かったんですが…そんなに難しいもんでもないかってんでいきなりほぼ組み終わり写真。
DSC_0198.JPG

メカの搭載が決まってるわけじゃないですので、仮付け状態で今はこの形。
せっかくのリバース配置できるシャシーなので、そっちで組んでも良いんですが、ご覧の通りおみこしモーターマウントが条件だったため、実はどっちでも良い感じです(ぉぃ
置き場所より、実はワイパーの変更かけるかどうか考えています。サーボの搭載方向変えて、サイドフレームはいれておく必要がある気がするので。

あと、組み替えをするきっかけになったもう一つの理由が、リアミッションケースの割れを発見した事もあります。
ついにこのブログで「ド…ドリパケ?;」の記事で入手した当時の樹脂パーツがついにこれで消えましたw


ついでだったので、フロントをYD-2を組み替えたことで玉突きされて残ってた樹脂のYD-2フロントロアアームへ入れ替えました。
交換に至っては、とりあえずこれまたTN Racingの変換サスピンで。
YD-2やYD-4用のテフロンスペーサーで位置調整しましたが…若干ガタが大きいので、0.5mmシムいれて再調整必要かな?
ノーマルC足に追加プレートで対応していましたが、シーソーステーとDIBダンパーの組み合わせではちょいと良いポイント探りにくかったのが、YD-2アーム使うことで解消。
かなり下に下げられるように。
これはいい。

で、リアハブキャリアですが、やはりDIB用の中古ですので、DIB用ユニバーサルをいれることにしました。
現在調達中。
リアに関してもYD-2リアアームが残ってるので、それに入れ替えたいんですけども…実はちょっと思案中。
というのも、ドリパケより若干短いです。
そうなってくると、ボディ載せたときのリアトレッド調整で若干足りなくなるのが考えられるので、現物合わせしながら直そうかと考えています。

…そうなると、多分リアのサスマウントをBD7かBD8用を選んだ方がいい気がしますな。
このコンバージョン、BD7系のマウント使える仕様ですので。



そして、今のこの形でもまだ走れません。

なぜかというと…うん、予想外のダメが出まして;;
ノーマルのスパーとピニオンでいけるだろうと思ったら、まさかのモーター位置下限でもギヤが噛まないという;;

スパーの直径を考えながら、まずはノーマルギヤ比に一番近いところを割り出してこれも発注かけました。
…もうここまで大変更だと、ドライブシャフト系もオプションいれて良いかな?って思うので、次回のアップデートで駆動系の軽量化をすることにします。
合わせてリアアームもYD-2用いれてみましょう。



で、ここまで読まれた方なら「そこまでやるんだったら、新品でYD-4MR買っても良かったんじゃない?」って思われるかもしれませんな。

いやね、考えたんです実は。
けど、ドリパケの頂点状態見たい、ってのがどうしてもありましてw

YD-4って構成大変更したモデルに見えますけども、駆動系はドリパケのままなんですよね。
センターシャフト周りのドライブトレインが違うくらいで、リングギヤまでは一緒。
敢えて言えば、ステアリング周りがトレンドに乗っかった形みたいな違いはありますが。

…ひょっとしたら、低重心タイプじゃないのを使いたいなら、ドリパケコンバージョンで詰められるんじゃない?ってのが理由です。
足回りの交換もできるわけですし。

というわけで、TN Racing気に入ってるのでこのチョイスになった感じ。
モーターのセンターハイマウントをどうしてもやりたいってのもあります。
※このタイプになると必然的に「シャコタカ」系のセッティングに近づく感じかな?
 ロールの幅がないといけないので、足を下に下げたい感じになるのです。

んま、そんな感じでとりあえずモーターをE10凪スペと入れ替えようかなと思います。
よく考えたら、あっちは17.5Tいれたんだったと(忘れてたんかい←
この仕様だと21.5Tよりそっちの方が良い気がするので。
※E10凪スペに17.5Tはちょいと回しすぎ感あります;


でもって、RCDCレギュレーションのボディ選択ですが、ABCホビー使うことに決めました。
ちょっと公認ボディベースでバリバリカスタム選べるのか悩んだので聞いてみたら、割と細かく使える商品教えてもらえましたので、ちょうど欲しい車種が数種あるので、その中から選ぼうと思います。
…問題は車幅に合わせてトレッド構成しなきゃいけないところか;
そこに合わせてスケールダイナミクスのホイール使うので、計算しまくりですな。


良いマシンになると良いのだがw


<2017/06/06 追記>
さて、スパーギヤとピニオン入れ替えまして、やっとモーター搭載まで完了。
ついでなんで、yokomo純正軽量スパーギヤホルダーも入手し、キットの指示通りサイズ調整して搭載。
リアユニバーサルもDIB用へ変更、ベアリングもタミヤだけども1050にして適正化。

でもって、いろいろ考えた結果、せっかくリバースプログレッシブいれたんだし、ということで、
メカ系を左側へすべて移しました。

モーターもZERO2 17.5Tへ。

で、ABCホビーのサポートに聞いて、RCDC公認ボディの選定もできるようになったので、合わせてトレッド設定を確認。
前後で大体210mm(小径タイプ。普通のホイールなら200mm)なので、ここで購入悩んでいた「アレ」買おうかと思いますw


というわけでもう走れるわけですが、ここまで作り込んだので、リアロアアームもYD-2ノーマル(つまりYD-4リア足)を使おうかと言うことで、
残っている変換サスピンとスペーサーで位置合わせて組み込んでしまう予定です。

写真は全部組み込んだらにしますw

ホイールベースは260mm狙うか。ボディに合わせて。

あ、リアディフューザーは多分使えなくなるかな?
ボディが旧車系なので、多分合わないし…このコンバージョン、リアサスマウントが吊り下げタイプに変えられるので、その分だけリアバンパー取り付けが後ろに長いんですよね。


<2017/06/07 追記>
そういやモーターが17.5Tなんで、「あれ?RCDCは13.5T以下じゃない?」って思われた方もいらっしゃるのでは…?w
うん、昨晩気がつきました←

んま、でもまずは慣れないといけませんし、セッティング出すのに下からやってかないと扱いきれなくなって泣いても困るので(^^;

入れ替えるときはD1モーター入れたいですなぁw


<2017/06/20 追記>
形になったし、いっちょ完成形報告をば。

DSC_0208.JPG

サイドフレームのポストの数は今後増えるかもしれないけど、とりあえずこの形へ。
サイドフレームを最初から入れることにしたのは、実はピッチング方向のフロント側の動きを見て「まずい;」と思ったから。
ちょうどワイパーベースとセンターボーンの間で剛性のあるものがなくなるので、そこから若干動くんですよね。
これ、駆動系に負担かかりそうだなと思ったので、なるべくワイパーベースとリヤシャシーブレース繋ぎたいと思ったのです。

ギヤ比はノーマルと変わらないように、スパー84枚で計算してピニオンチョイス。
※この状態だと、ドリパケ標準のギヤ比表が全く使えなくなりますので、これからデータ作らないといけませんな。
 今一番大きいスパーなので、これでかみ合う最小のピニオンがわかれば、必然と使える範囲がわかるはず。


そして勢い余ってR2ナックルまで導入(ぇ
できればDPM用のワイパー手に入れて、サーボの方向変えたいかも。
※なんか妙に入手困難ですな最近DPM用パーツは;

で、ご覧の通り…前後ロアアームはYD-2のものが移植されました。
なんかこっちの方が調整やりやすいのは何だろう?

タミヤコネクタも後日なんとかしましょ。
見た目的にそこだけ安っぽいし(^^;

ABCの旧車ボディを載せることにしたので、リヤディフューザーが取り除かれましたが、なぜかWRAP UP NEXTのバッテリートレイがついてます。
これ、バッテリーを載せる目的じゃなくて、リヤへのウェイト追加用ベースとして取り付けてあります。
あんまり下に行くとボディの下に見えちゃうので、ポスト追加でかさ上げ。
上手くいけばマフラーベースにできるかな?

あとは、そう、駆動系の軽量化を図り、ついでにセンターシャフトカップも入れ替えて、ついにノーマルパーツいなくなりました←

ダメ潰ししたいところが一カ所、タイロッド。
構造上可動範囲が大きいので、ダンパーエンドみたいな形使わないと上下の稼働角度で制限が生まれちゃいます。
(それに今のYD-4用だと外しにくくて大変←)

最終的には10.5Tモーター仕様へ落ち着けたいかな?



しかし、リヤインプットシャフトの交換でちょっと焦りました;
なんか知らんけどネジが固着してしまっていて、プラス溝が完全に死んでしまうと言う;
仕方ないので、いつもの方法(ネジの下穴径と同じサイズのドリルで皿ネジの頭を切り飛ばす)を使って、なんとか外しましたが…削るもの手に持って電動とか怖いんでピンバイスで頑張ったという←
※なかなか切れ目が出ないんで、最後は軽くハンマーでベベルを叩いて、ネジの頭を割飛ばしました

あと、今までギヤにはドライルブを施していましたが、前後共に金属ギヤで走行中鳴きが凄くて気になるので、今回はモリブデングリス塗布に切り替えました。
(センターシャフトカップやベベルギヤ取り付け部にも塗ってカジリ防止もしてあります)


さて、どんな感じの走りをするか?


出来上がって思ったけど、やっぱり4駆なんで、それなりに重量ありますな。



…シャフトまでカーボンにしたら、編み目の関係でシャフト周辺が錯視起こしそうにな見栄えで目が回りそう;


<2017/06/22 追記>
いやぁ、パーツがなかなか見つからないってんで、DPR/DPM用のステアリングリンケージ一式のセットの「D-126」をヨコモのメールオーダーに頼んでみたんですが…以前、フロントミッションマウントで生産終了ってのを聞かされていたので、若干危惧はしていましたが…
うん、D-126のワイパーセットも生産終了とのことでした(´・ω・`)

…なんとかパーツだけで構成できそうなんで、残り物見つけた瞬間押えましたけども←

ということは、多分DPRとDPMはサイトには表示ありますが、既に生産終了なんでしょうね(^^;
そりゃ、YD-4なんて次のマシン出ていて、価格考えたら敢えて選ぶとは…;

とはいえ、リバースプログレッシブでは使えるので、確保だけはしておきたいって思っちゃいますな。
近い商品だと、WRAP UP NEXTのFR-D用のステアリングワイパーが使えそうですけども、形状的に後ろ側が出てるので、サーボとの干渉避けられませんし…
この辺なかなか条件そろうのみつけるの大変そうです;

スライドラックなら…GRKの使えそうですけども、GRK3が事実上最後のマシンでしょうから、今後やはり入手困難は予測される…
となると、ラックの部品を確保しておくのも今後大事かもしれません。
SHEPSUTのラックも割と危ないか…デルリンローラーで。
※最悪はSHEPSUTにVX Dockの青つければいけますけども←


いやぁ、上手くいったと思っていても、割と細かいところでちょっとずつ出てきますねぇ…


<2017/06/25 追記>
さすがに笑うのでw

D-126はメーカーから生産終了ってありましたが、それの構成パーツ単体の売り切れた通販見てたら在庫復活してるじゃないですかw
単体で存在してるって話なら、メーカーもそれ教えてくれれば良いのに(^^;
無駄に急がないと入手不可能になるかと思ったじゃないですか(笑

ともあれ、手元にワイパー届いたのでTeam SUZUKIの切れ画アップと形状見比べてみたんですが、
明らかに新形状なんで、ニュートラル位置でのタイロッドの組上げに余裕が出ます。

サーボ縦置き必須になっちゃうんで、この際死にかけのSANWA ERS-971も処分して新調しますか。
※とはいえKOのPDSの残ってるのがサイズ的に入りそうならそっち使うって手もありますけども
 あーでもそろそろ4駆側も速度重視のサーボいるかな?
 このマシンはモーターはD1で置き換える予定で考えていますし、ちょっと高級なの選んでも良さそう


PC更新時期いつにするよ? [PC・MAC]

はい、というわけで、昨晩の凹みから脱出して一個置いとこうと言うことで。


今年は保守的にPC新調しなきゃいけないぞと思っている昨今な訳ですが…実はまだ決めあぐねています。
別にパーツが高いからとかじゃなくて、ものすごい過渡期に入っちゃった感が強いから。

というのも、Kaby Lakeで組むのは昨年末に決めてたんですが、AMDがまさかの大攻勢かけてきたとか、
DAWソフトやソフト音源の関係で、CPUに指令を送るコードがAMDじゃ受けられないパターンも考えなきゃいけないからCore i7は外せないぞという枷もあって(つまりハード的に出るバグ回避)、
Z270チップセットを軸にM/Bを決定しようって考えていたら…

選ぼうとしているASRockのモデル見てたらThunderbolt3 Readyのみならず、最初から搭載モデルが最上位にいたりして、今後の機材選定にまたかかわりそうな雰囲気からZ270スタンダードスタイルがどう変化するか見てたわけです。


…したら、先日のIntelの発表で衝撃。


「Thunderbolt3チップセットをCPU内に載せ、ロイヤリティフリーにして展開する」


とか(驚

えーと、これできると自作PCだけじゃなくて、普通のノートPCまで一気にMACの仕様に並んでしまうことになります。

これ、なんか使えるもの増えるねー的だけに見えますけども、実はThunderbolt3使えるとやれることが一気に増えます。
おまけにドックつないだらIEEE1394(Firewire)も生きるわけで。
搭載ビデオカードと繋いでCPU内のビデオ機能と処理を重ね合わせるのも出てくる。
Thunderboltから出力されるビデオ出力でモニタ増やせるとか。
…外付けのビデオカードボックスを繋ぐなんて話も出てくるわけですよ。
ストレージを外付けにして増やすのも楽。
※通常のUSBだと転送速度の問題でDAWにはキツかったりするので、2.0なのか3.0なのかで大違い;

ちょっと高機能付け足しどころじゃなくて、余裕が違う。


となると、そのタイプのCPUの販売がいつになるのかが焦点になるわけで。
…今のが壊れちゃってたら迷う事なく組むだけなんだけども…そうじゃないのでできるだけ新しいの選びたい。
(その分長く使えるからね)


9月めどにしようなんて思ってたんですが、こりゃ難しい時期だなと;;

てなわけで、まだ4930K引っ張らないといけません。
こういうとき、ワークステーションに使えるM/Bにしといて良かったと思いますわ。
耐久度の問題で変わってきますからねぇ


というわけで、下手したら組み直しでビデオカードも交換して良い時期になっちゃうんじゃないかと危惧してたり←
いやーGTXの1000シリーズ来る直前で970購入必要になっちゃうとか思わなかったからなぁ去年は。
2年使ったのなら、乗り換えても何ら問題無いですしね。



…しかし、PCI-e 4.0ていつ決まるんだろう?

さすがに凹む<PSO2> [ゲーム]

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp


今回も画像無しで。


いやぁ…なんというか、今週はメンテ後から普通にSHクエストやってるのからデウス再戦まで不本意すぎて凹みます;

というのも、意図してない動きにものすごく翻弄されている感。

不具合なのか自分だけなのかわからないので、書くのものすごくためらいましたが…うん、凹みすぎたしすっきりしたいので書く。
(当然報告できるもんなのかも判断つかないのでどうしようもない;)

いやね、今週、ものすごいエネミーの攻撃モーションの悪いのに当たりまくったんです;
クォーツ・ドラゴン、ファング夫妻あたりが一番酷く、一応倒せるにゃ倒せるんですけども、

「なにこの変なコンボの連続!?;;」

なわけです。
それがボスエリアだけなら兎も角、移動フィールド中のEトラで起こる。
その状態が来るとき、必ず雑魚エネミーてんこ盛り一極集中配置が含まれるので、手の施しようがないという(ぇ
酷いですよホントに、こっちの行動タイミングが一切なくなるんですから;(そこから歩けないとか信じられる?;
※もちろんそこでペロる。


で、デウス再戦。

こっちはもっと酷い。
通常の本線やってるときも起こるんですけども、やたらと攻撃前モーションと攻撃が一致しないのに当たる。
あと、位置ずれの関係か、2キャラ分外側にいるはずなのに、大ダメージで茨食らったり。
酷い時には振り下ろした剣からどんだけ離れてるのよ、って言うところで即死ダメージ(ぇ
逆にデウスの6連続コンボ食らって生き残る謎現象もあります(ぇ
※通常3発入るとペロのはずなんだが;

…そして今日、デウス再戦で本気で凹むほどのこの手のやられ方でPT内最多ペロを叩く。
身内なら兎も角……一期一会の方の前だと、事故だけで迷惑かけちゃったのが凄く辛い;;


でね、あんまり酷いので今週のメンテ以降はペロ前後の挙動見てたんですけども、やっぱりなんかおかしい感じがするのです。
偶然なんだろうけども……どうにもモーションと攻撃、当たり判定出現のタイムシンクロがどれもむちゃくちゃになることが。
※酷いの一個だけ言っておくと、自分から見て明後日向いてるエネミーの即死攻撃が、なぜかいきなり全部こっちに来てることがありました。
 決まってそのときは「何かしらこちらの入力が入りにくい」というのを伴ってますので、ラグとは別の連携で何かあるのかもしれません。

あ、アレだ。
バトルアリーナの仕様上で起こる、あの特有のやられ方が連続してるって言えばわかるかもしれん。
※自分が安パイ状態でも、攻撃相手から見てヒットしてると食らった事になるらしいです。


やけにテクスチャバグも増えて、ほぼ毎日見ますし……凄い負荷なのかなぁ?;;


メタル化現象とか呼ぶのもあるらしいですが、初期の頃にテクスチャが壊れやすくなったのを思い出します。
あの頃はどういうわけか、不正プログラムで動かしてる系が近くいると必ず見たので、はじめはそっちの影響かと思ってましたが…未だにそれも原因わからんですな。


ちなみに、現在のPC環境的には、こまめにOSインストールのやり直しからで保持させているので、そうそう簡単にクライアントが壊れている状態とは考えにくい感じです。
※DAWのエラーの関係でシステムクラッシュ予防しないといけないので、先んじて入れ直すことが多いのです。



はー、書いたら少し落ち着きましたかな;
誰が悪いとかじゃないので、上手いこと吐き出したくてもなかなか難しいですこの話系は;;



話には「敵のいる位置と判定が全く違うところにあったゲームがある」って聞いたことありまして、
「多分この辺かなー?;」って殴る状態だったそうですが、それに比べりゃまだ良い方なのでしょうが;
…うん、オンゲはPSO2しか知らないので結構な精神ダメージです(


<2017/06/01 追記>
メンテが来たので、これで負荷下がって良くなるかなと思ったら。

デウス再戦の事故率は減ったものの、出たときの極端さが際立つ;
今回のはさすがに酷いし、1クエストで2回同じ現状が起きたため、終わった段階ですぐさま不具合報告に出しました。

いやー、あまりにもあり得ないペロでムーン使わせちゃうの失礼なのでシップに戻って再合流したら、
なんと数秒デウスが同期取れなくて止まるじゃないですか;;
動いたらいきなり大攻撃に合わせてくるし(ぇ
というか、この「シップ戻り」ですが現状では絶対やっちゃダメです。
なんかしらんけど同期狂って、攻撃モーションと中身が確実に変わります;;
荊で即死ダメージとかあり得ないのいきなり食らったもん。HP MAXで(ぇ
※荊の範囲外の当たらない位置で、剣の振り下ろしありました。多分これがヒットしてる。
 …けど、明らかに荊の方が先なのに、そこの判定でもらってます(--;

でね、先週から「イヤだなこれ」って思ってた動きがありましてん。
レイドボス、雑魚エネミーにかかわらず全体的に「攻撃タイミングにタメのような前後が繰り返される」を確実に感じます。
なので、デウスなんか通常攻撃でも避けるのに変な神経使いっぱなし;
これに関しては、正直難易度修正前と、修正直後の1週間が一番良かったです。
※もちろんこれも報告しときました。


憶測でしかないけど、回線速度の速い人の方を遅い人に合わせる処理がいたずらしてるんじゃないかと思ってたり。
完全に時間ずれのようなタイミングです。ラグじゃない。
(ラグだと操作そのものが重いんだけど、先週から含めて操作の重さは全く感じてなくて、ただ「なんかタイミングが前後に揺れてやりにくい」なのです。その証拠に、補助アイテムと補助テクニックのタイミングはみんなバッチリ受けられてますので)


今日のデイリーですごかったもん。
龍祭壇タイムアタックの中に出てくる台座ビーム、明らかに当たってるのに判定出なかったからね(ぇ
※で、報告してから気がついたけど、位置ずれなのかわからない「自分の攻撃判定がやけに遠くまで通る」とか意味のわからないのを確認。


…でね?
自分ばっかりだとアレなんで周りの人見てたりもしてるんですけども、やっぱり明らかに変なペロしたの人の位置がおかしいんですよ。
明らかにこっちから見ていてエネミーの攻撃範囲外みたいな。
でもって、さらに言うと「必ず同じ人に起きまくる」のです;
月母で「何でその装備でそんなに床ペロなの!?」って事故なのわかる方見かけると思うんですが、
同じクエストで起こす人の割合見てると、確実に同じ人が何度も食らってる状態です。
※間違ってもらいたくないのは、「決して手を抜いている人ではない」って事。


不本意すぎると疲れっちゃうので、ヤバいのは避けとくことにします;
正直、普通なら倒せるし内容良いんだけど、外部的な影響で困らせられるんじゃたまったもんじゃないし、楽しくない。
(PC更新時期とはいえ、M/Bはワークステーション用なので、一般ものほど耐久値落ちてるとは考えにくいしねぇ…)

<すぐさま追記←>
チムメンと話してて、一度追記書く前にクライアントの再インストールとかやってたんですが、
気になってしまったので、昨日のメンテ後に何も来なかったファイルチェックをかけてみまして…あれ、17個DLしやがった?(ぇ
※再インストールの時にもやったんですが、そのときは何もDLされてなかったので、後から来たのかな?

とりあえずすぐさま、通常クエストでは一番痛い思いしたSH浮遊大陸探索へ行き、クォーツさんと対戦。
…いきなりクリス・ドラールでおよよ(CO受けとけば良かった的な←)でしたけども、全然動きが違う(ぇ
この記事書いたときのクォーツさんと比べても1/3くらいのスピード。なにこれ。

メンテ後に試しで入ったときには、ちょっと人数いないところでもザラついた画面だったんだけども、それも解消。

まぁ、人数いないときにやってるので、高負荷の時どうなるかわからないんですけども、取り合えずもう一度試す必要ありそうですな。


なんか変に翻弄されてるなぁ…;;


<2017/06/01 21:57頃書き始めの追記>
さて、たった今終わったデウスエスカ・グラーシアで検証終了。

結果は、昨晩遅くになぜかいれられた17個の追加ファイルのおかげか、この記事全体の困った動きが全くなくなりました。
※事故ペロ1個ありましたけども、他プレイヤーさんと同時に転けたので間違いなくこれはラグですな

オロチ首全部ちゃんと動いたし、変なタイミングのタメとモタリも解消。
(シップ戻りは怖くてやりませんでした。あの同期ズレが再突入での無敵時間扱いだと困るので;)

良かった、これで安心してデウス受けられる…;

しかし、メンテ明けに一度、気になるから一度ファイルチェックしたのに、どうしてそのときは入らなかったのか?;
多分追加されてて入らなかったのなら、何かしらの影響で失敗してたんでしょうな。
(上の追記するときにチェックしたら、有線接続で30分もかかったしね(ぇ)

追加対応であったらのなら、ありがたいことです。


ともあれ、これでなんとか再戦受けられる!(`・ω・´)


<2017/06/21 追記>
さて。
実はほぼ確証得てはいるんですが、どう報告したら良いのやらで困ってそのままにしてます。
それに今日はランチャーが新しくなりますし、公表の必要の無い修正で裏側になにか追加されてるかもしれませんので。

何もエラー無くてもファイルチェックでDLファイルができあがる状態で、3週間ほどずっと見てきましたが、
やはりSHに限らず、レイドボス、雑魚系エネミー双方で「レベルに見合わない動き」が出ることがありました。
テクスチャバグと近い原因だと思ってますが、なんか難易度が高い方へシフトが入る間違い指示が出てるのかもしれませんな。
おかしいな?って思ってクライアント終了させて再DLした後だと元に戻りますので、明らかにその辺のはず。

んま、大騒ぎしたいわけじゃないので、気がついてもらえればこそっとでも回収していただければ、みたいな気持ちで様子見してますw


しかし…なんでこう頻繁に再DLファイルが生成されるのか、謎ですなぁ;

Mini-Z MR-03ドリフトチャレンジ 2回目(にして終わるかもしれない?;) [RC]

はい、これまたちょいと先延ばししていたテスト。

見た目あんまり変わらないから写真はありませんが、今回は重量バランスを変更しながらいろいろ探ってみました。

結果から言いますが、結局ドリフトのきっかけと維持に関して、「こうしたい」という意味合いで弄ると、
その効果は確かに出るんですけども、後半で足のグリップ回復力が高いのが手伝って、結果として「カウンターステアからの立ち上がり」の状態へ必ず入っていきます。

つまり、グリップ思考で設計されている上に車体が小さいので、相当普通の考え方のままではドリフト後半を維持するセッティングを出すのは厳しいという判断になると思います。


で、今回のウェイトバランスの実験は、「フロントに20g」→「ボディールーフ裏に10g追加」→「フロントウェイトを10gへ落とし、ボディリア後端に10g移植」→「リアにさらに5g追加」、という形になっています。

要は、リアの振り出し量をスロットルで調整してやろうと言うことだったのですが、確かに効果はでて、追加の方法が進むにつれて凄く良い振り出しになるんですが、後半やっぱり凄い勢いでグリップが戻って収束してしまいます。

なんかね、思っている以上にタイヤと路面の摩擦関係の最適値に戻るのが極端に早いようです。
やっていて思うのは「大回りのスピンターン」もしくは「スピンターン失敗して大回り」のどちらかにしかならない雰囲気だなぁと。


で、そこから得た結論が……「フロントタイヤ回してないと厳しいかな?」ってところ。



うん、実を言うと、ちょっと早めにこの考えにシフトしたのは、理由があります。

ドリフトチャレンジとしてドリフトタイヤを前後に履かせて遊んでたわけですが、凄くグリップするのです。
で、スピンターンからの立ち上がりの挙動見ていると、感情のそこから湧き上がってくる「これグリップ走行凄く楽しそう」が強く出てくるのです。

それくらいセッティングが表に出るので、正統派グリップでのタイムアタックが一番面白いんじゃないかと。


やればやるほど、不思議とMR-03ではそれを狙いたくなるのです。


なので、せっかくVE Pro化も果たせましたので、この際グリップマシンでちゃんと使おうかな?と考え始めました。
やっぱりAWDで気楽にドリフトの方が楽しみ多いかなと(^^;
※それくらいスロットルワークに神経を割かれるので、楽しむと言うより「ずっと手探りしてる」感が強いです。


というわけで、ちょっとMini-Zに関してはまずグリップへ戻す方向でマシンメイクしていくかもしれません。


純粋に面白いよ、MR-03はw


ずっとあなたを待っていた…(HH905RH) [音楽関連]

某シオンのような台詞を吐きつつ(

そういや昨今の音楽関連ニュースで、徴収が怖いことになりそうなので、昨年からやろうとして体の改善最優先になって止まっていた動画配信開始、余計に怖いので止めちゃってます(ぇ
教室系にあんなこと言われたんじゃ、個人でやってもすぐに来ますよねぇ;;


が!そんなことはどうでも良いくらい待ち望んでいたものを入手できたので今はそっち優先(ぇ


90年代にドラム初めて、ドラムキットを組む夢なんぞを思い描いたりしていたのを思い出す感じですが、
当時から2バスといえば「オルタネイトしてるときのハイハットクローズどうすんの?」問題は今も変わらずありまして、
あの頃から比べるとずっとセカンドハットは今は身近になってきている(比較的~で価格的に楽では無いのは同じだけども)昨今、
小生も「キットを持ったら是非入れたい!!」と思ってた「リモートハット」。
(どうやらワイヤー特有の動作抵抗から、調整難しくて敬遠されちゃってたみたいですな)

なぜか2000年代入って、TAMAの商品が消え、しばらく経ったら他のメーカーもだんだん消え…で、
いざ自分のキット持てたら買える商品がなくなってたというこのジャンル。
もうX-HAT系で固定で良いかと諦めていたら…今年になっていきなりアナウンスが出てきたじゃないですか!

てな訳で、もうこれは運命だと言わんばかりに予約(ぉぃ

届きましたー♪
DSC_0188.JPG

900シリーズで展開とか素晴らしい。

で、昨日だったかな?
TAMAのサイトでも商品ページできて、内容が詳しく見られるようになったんですが、
さっき開けるまでそこ見てなかったので、外箱開いていきなりビックリする俺。


DSC_0189.JPG

ケース付属か!!(嬉

実は昨日届いてたんですが、収納考えないといけないなと思ってたので、場所確保してから開封しようとしてたんです。
これは助かるなぁ~

てな訳で開けましておめd(ry
DSC_0190.JPG

おー、ちゃんと内部で固定できるじゃないですか!
傷防止の段ボールですが、ちょっと考えて、外枠はホームセンターでボード入手してセミハード的に直して使おうかなと思います。
それまで段ボール常駐w


早速引っぱり出して踏んでみる。

…凄いよこれ。確かに普通のハイハットスタンドと変わらない。
しかもスプリング調整、宣伝の通り片手で簡単に回る!

ちなみにわざとケーブルをまいたまま踏んでみましたが、それでも普通に踏めちゃいます。
※さすがに曲率の問題で、ここまで来ると若干重さ出ます。

クラッチの使い勝手は、ワンタッチタイプが初めてなので使ってから評価しましょう。


まだセッティングに入れてないので、これから試行錯誤が待ってますけども、置く場所だけ考えれば良い感じかも。

これは楽しみだなぁ…w


テスト走行 YD-2エレメンタリー1回目+新ケツカキ2回目+E10凪スペ5回目 [RC]

やっと…やっとやれた;;

YD-2はちょいテス地味にやれてたけども、他の2台のブランクの空き方ときたら←
もうちょっとしたら、また気楽に時間取れるとは思うんですけども。


んま、そんなことは兎も角。
YD-2エレメンタリー、新ケツカキ、E10凪スペのテスト走行すな。

では順番に。


<YD-2 TN Racingコンバージョン・エレメンタリー>
DSC_0185.JPG

前回からの変更点…ってもう別の車両ですけどねこりゃw
細かい仕様は先日のエレメンタリー化の記事のところと同じなので割愛します。
ボディにステッカー追加して、TN Racingのマシンだよアピールも追加w

うん、あともうちょっと足す感じですが、もうほぼほぼ頭の中はNERVISと同じような扱い方で流せます。
欲を言えば、もう少しフロントの慣性加重が欲しいくらい。
上手く逃げてくれるようになったので、押し出しが強く感じられるようにこれから向けます。

ただちょっともっさり感あるから、バッテリーを薄い方にするかなぁ…

とりあえずフロントバルクヘッド下にウェイト入れますか
あとはギヤ比どうするかも検討必須。

いじょ(短い←


<E10凪スペ>
DSC_0186.JPG

さて、ダメ潰ししまくった上に、金属スパーギヤ入れたりと割と大変更だったE10凪スペ。
あ、タイヤは今回まで旧仕様。
次回からラウンド形状のタイヤにします。

こちらもジャイロ搭載初走行ですが…うん、違う;
走れるんだけどこれじゃぁ定常円とか8の字とか言う以前な感じ。

というかですね、ダメ潰しして顕著に出たのが、なぜか「なんでこの車こんなにグリップするの;」でした(ぇ
……すっごく横に踏ん張る。

しかも弱カウンターはあたってるんですけども、車速が想像以上に速いんですな。
モーターターン数を21Tにしたのに、前より明らかに速いって…w
スプリングを柔らかくしないといけないのかもしれない。
てなわけで次回いろいろ変更しての様子見です。

んーキャンバー足すのも考えないと。


<新ケツカキ>
DSC_0187.JPG

多分、次回から名前変わります(ぇ
※まだ内緒w

えーと、前回からの違いは、

・前後スプリングを1段階柔らかいものへ
・いたずらで極端にリアロールセンター変更(詳細は「RCDCを見ていて」の末尾写真参照)

ですな。
うん、やり過ぎどうなるかの比較です。

前回は綺麗にカウンターのあたったドリフトできたわけですが、今回は激悪化。
カウンターあたるどころか、終始ラリードリフト状態。
言うなれば「なんか浮いてる」(笑

全く駄目ですこれは。

というわけで、前回のセッティングに速攻もどす。

いやぁ、これはシビアです;
基本的に前回のでOKという事なので、現状でやれることはとりあえず終了気味ですな。
ドリパケの限界点ってのはこういうことなのかもしれませんねぇ…;
YD-4とギヤは共通なので、前後の回転比をもっと上げても良いんでしょうが、どの辺りを見ようかってのもありますな。
が、足回りに関しては現状前回のがベストってことで…うん、引き出し増やす必要が出てきました。
手探りしないと。



てなわけで、一進一退ですっごくモヤモヤでしたが、糸口は探れる感じなので次回は形にしたいですな。


強化版デウスエスカとかファレグ戦とか [ゲーム]

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

さてさて、ちょいと画像無しですけども。

先週のアプデで実装された、デウスエスカの再戦。
とりあえず野良とチムメンとで行ってみましたが、自分はまだクリアできてません。

いやぁ、手元の事故(つまり緊張で滑っちゃって入力間違うとか)もあるんですが、同じくらいの確率でラグ系の事故がどうしても入っちゃう;
倒れるのを間近で見てると、明らかに遅れてるので、運が悪いなぁ…ってな感じです(^^;


それでも、なんとか頑張ってノンペロしながら最終形態まで入って、既にそこで合計4回の同行者のカウントが入った後で、最後に自分が落とすと凹みますなぁ(^^;


しかし、運の良いことに野良であたる方はみんなそこそこ強い。
で、失敗しても文句も出ないので、恵まれた当たりマッチングに助けられてるかなって思います。


いろいろやってるうちに、安全地帯が割と大きく存在しているのが見えてきました。
事故が怖いパターンの時は、安全牌でその範囲に入ってしまうと割と避けるの楽です。
ただ、人数が少ないので、できるだけ集まってる方のが良いのかな?
※タゲを首に取られてると追っかけられちゃうので注意しないといけないと思いますが(^^;

コレクトシートのゲージ対象外、クリファドフューズ確定2個(そのかわり☆13武器と☆12ユニットのドロップがない)なので、その分気楽な感じでしょうか。
クリアできるなと思う内容なので、一度は通過しておきたいもんですw


そして、ファレグ戦。
手前のストーリーで大笑いしすぎる方向性だったので、なるほど断り続けると多分そこを弱みとして取引させられるんだろうなと思ってたり←

それはそれとして、素直にやってみましたらキツいキツいw
事前情報で「コントローラーを投げつけるレベル」なんて言ってましたけども、HP設定値は低めで動きは素直なので「なんだすげぇ速いだけか」みたいな印象です。
なので、全然頭にくるかと言われると…来ないw

……このゲーム、悪い意味で敢えて言いますが、ちょっと難易度の考え方に「エネミーの移動速度」を意識しすぎてるんじゃないかなと思ってます。
画面外にエネミーが出たとき、何らかの失敗で見失うと即死になる確率が極端に高いです。
今回もそれが出てる感じ。
というのも、結局いつもの通りマロン爆弾であっさり行けちゃうって話が出てまして、サブSuですべて終わらせてる方の話とかも見かけました。
※CβTからやってる人なら、多分ファング夫妻やクォーツ・ドラゴンの極端な移動距離連発で顰めっ面したの覚えてると思います。
 やっとプレイヤーの移動速度が上がったと思ったEP3で、それを上回る移動のレイドボスでなんじゃこりゃとか思ったのも良い思い出。
 (ぶっちゃけると今でもアレ嫌い;両極端の極まる始まりだったから)


んま、そんなのも笑い話として捉えられるのは、初出の頃のヴォル・ドラゴン知ってるからですけどもw
凄かったよーアレは;
ここの過去記事でも書いてますけども、まだ職が3つしかないときにCOでどうしても全職行かなきゃいけなくて、あんまりにも固い上に比較的攻撃力高い、防御的にもユニットが足りてない頃ですので、ガンスラでちまちま2時間かけて指痛くなるの我慢して通ったもんです;
※その後あまりにもストーリークエストも火山探索でも時間がかかりすぎるため、弱体化の最初になったというw
 今みたいに全然メセタ貯まらなかったし、ドゥドゥの失敗が結構極端で強化覚えるの大変だったりでしたな;
 当時アンケートに書きましたもん、「入手できるメセタ量に対して、強化失敗の損失が大きすぎる」って;


ともあれ、ファレグ戦でそんな不満がまたか?って思われるでしょうが、俺はいたって「ふーん、んじゃ時間取れるときまで取っときましょうか」程度です。

やはり、今までのと違って「別にやらなくても良い」というスタンスが明言されているものなので、
別段クリアしてないからド下手くそって思わなくて良いもんだったりします。
※これであーだこーだー言ってくるようであれば、言う人の方がよろしくないので距離おいて良いんじゃないかなぁ?

てな感じなので、強烈だなとは思うんだけど、個人的には「あのまま修正入れないでくれ」という感じ。
なんかね、「通過してみたい」って思いがあります。


とりあえず、見切りポイントは初日に生放送やった方々の見ていて掴んでいるので、後は反射神経と動体視力を合わせていく感じかな?
ポイントは相手の攻撃を変に食らって立ち止まると、そこからファレグペースになっちゃうので、立ち止まってしまわないように心がけておくことですな。
……うん、ちょっと出始めてる年齢による「体がついてこないよー;」がどれだけ解消できるかです←


個人的にはまずクリアしたいのは再戦デウスさんですなぁw

RCDCを見ていて [RC]

AC/DCではない(
…そういやAC/DCもオリジナルメンバーそろわないんですよね今は(´・ω・`)
アンガス・ヤングの派手なパフォーマンスは今も健在なのが凄い。


そうじゃなくて。(音楽の話じゃないってば)


YD-2を弄ってたり、復活させた4駆の「マエオソ+ケツカキ」のドリパケ弄ってたりして、ふと昨年から始まったRCDCを初めてちゃんと見てみることに。

正確には「R.C.D.C」ですが、ちょっと書くの大変なので「RCDC」で書いていきますね。


んま、ちゃんと見てなかったので今更何言ってるんだみたいな感じですが、
会長にあの広坂正美さん、副会長になんとWeld(RCではOVERDOSE)の伊藤篤さんという凄い団体。
若干人数は減っている感じだけども、RCの新たな楽しみとして定着し、世界戦も行われるようになったドリフトラジコンをさらに定着させるための行動なんだなと受け取りました。

考えてみれば、昔は峠道の無茶な走行で嫌がられていた実車のドリフトを、Optionの編集長と公認レーサーとで「D1」という形で競技化して、サーキットで楽しむスポーツに昇華させたという、元は「アレ」な感じだったのをイメージ一新させられた凄いお話だったんですよね、ドリフトは。
※今じゃJAFの公認競技になってますよ、D1って。


で、RCDCの発足理由見ていてなるほどなと。

実は実車でもドリフトって「地域で走り方もセッティングも見方も違う」世界なんですよね。
俺は公認ジムカーナだけで実車ドリフトの経験が全くないので、細かく語ることは全くできないのですが、話に聞いてみるとホントに足回りの考え方、サスセッティング、乗り方と各地方でそれぞれのスタイルが存在してます。

実車でもそうなんですから、ラジドリなんかも当然東西の差があるわけです。
これも調べた範囲でなんだけども、確かに大まかに4区画くらいで分けられる雰囲気が見て取れます。

どうやら、そのままだと遠征で戦いに行っても、現地の走り方知らなかったら勝てないとか当たり前になってしまうので、地域で固まりすぎて人気のウェーブを維持できない恐れがあると。
そこで、統一した評価方法を決めた上で、RCカースポーツとして大きくまとめましょうという事らしい。


……素晴らしいじゃないですか!w


見てみると、初心者歓迎、さらにどの程度のテクニックを持っているかを証明する「TECHNIQUE MATRIX」評価制度、審査員の資格も別個に存在、とJAFの公認競技みたいな内容が。
おまけにルール見てると、「抗議」に関する規定まで存在。

これ、真面目に取り組んで損する状態無いですよ。
単なる地方の草競技会の域を出て、「俺のラジドリは○級だ」って認めてもらえるんですから。


他の公式競技なんか見ていても思ったんですが、自分がどのクラスに出られるのかが割と不明瞭な部分が多くて、初級者がどこから手をつけたらいいのかがよくわからないのがあったと思います。
が、TECHNIQUE MATRIXで定義されると、あの人は自分より上だとか、このカテゴリならみんなと対等にやれる!とか見てわかる。

個人的に非常によいシステムだなと感じてます。
(また個人的な書き方になりますが、剣道の場合、年齢(ある年齢から上か下かだけ)と段位で分けられたりするので、全日本レベルにならないと段位不問とかありません)


…で、競技車両規定を読んでいて、その内容に興味を持つことに。
自作パーツの構成はNGだけども、市販車ベースでオプションパーツは自由、ということなので、
例えばヨコドリやらタミグラ(タミヤにドリフト競技無かったと思うけど←)だと、公認パーツかメーカーパーツ以外はほぼ使えないのですが、
RCDC規格なら「自分がこうしたい」という組み合わせが使えるわけです。

しかもそのマシン持ち込んでTECHNIQUE MATRIX受けられるんなら……やる気が全然違うw


不満あるわけじゃないんですが、引き合いにヨコドリ出しちゃうと、エントリークラスは実質ドリパケしか参加できないルールなので、いくら公認パーツ入れても気に入らないセッティングを解消できなくて結構悩むんです。
実は新たに構成して組んでる「マエオソ+ケツカキ」マシンのテストが進まないの、この辺で「どーも気持ち悪いのが解消できないなぁ;」となり、マシンメイクが楽しくないのです;;

だったら2WDクラスやるよと。
※現状でYD-2エレメンタリーが凄く決まってきましたのでw


…なら…TECHNIQUE MATRIXの上位認定を狙って、4駆も2駆も攻めたら楽しいんじゃないか?と。


ええ、つまり、4駆側のマシンメイクをRCDCに合わせていこうと決めたわけであります(`・ω・´)
そうするとですね以前からやりたかった「リバースプログレッシブ」の導入が簡単にできるので、
今いい感じに収まってるドリパケを、さらに好みのスタイルへ持って行けるわけです。
おまけに公認ボディの幅が増えるため、やれることが思いっきり増える!

めっちゃ楽しそうに俺の目に映ってます今w


というわけで、ちょっとへそくりまた出動かもしれませんが、4駆側は今後さらにTN Racingマシンになるかもしれませんw
RFコンセプトでワンメイクレース出られなかったので、ある意味リベンジにもなるし←


RCDC準拠の競技会が増えれば、JMRCAの一部になる可能性も出てくる訳なので、是非とも応援したいですしねw


というわけで、YD-2は今後も多分ヨコドリ仕様ですが、4駆はRCDC準拠で組むのを前提にしようと思います。
※E10凪スペはさすがに国内流通のないパーツが多数なので、結構言われそうなんでグレーすぎますが←
 それでも、ドリパケのオプションパーツだけで組まれたSHEPSUTは紛う事なきOKなわけです(ぇ


なんか家のことがあるので大がかりに動けないですが、一段落も少し見えてきているので、タイミング合うようならTECHNIQUE MATRIX受けてみようと思います。
※初段の定常円と8の字は既にやれているので多分大丈夫かと思うんですが…w


あ、今度問い合わせでどこまでパーツ使って良いのか聞いてみるのも手か。
出る出ないにかかわらず教えてくれるだろうしw



てなわけで、TN RacingとWRAP UP NEXT体制のマシン整備、今後運用考えていきたいと思いますw



ちなみに、RCDCに乗っかるのを選んだ結果、ドリパケのリアサス周りが割と変な構成になったというオチを置いておきます←
DSC_0175.JPG
DSC_0177.JPG

TAMA新型リモートハット [音楽関連]

今回はちょっと雑談系w

他にも雑談書きたいRCな話もありますが、そっちは今度。


いやぁ、FacebookページでTAMA DRUMSの新商品情報見て色めき立ちましたw

自分のドラムキット持ったら、絶対入れたいと思ってた装備だった「リモートハット」が、キット手に入れたときには商品終了していてX-HAT使うしかなくなってるというガッカリが。
※他メーカーでも出てるんですけど、ペダルボード合わせたいのと機能の関係でちょっと欲しいのと違ったのだ。


それが、今月末予定でウィークポイント解消して復活するとのお話が出てたと。


…すっごく欲しい…w


ようやく見つけた予約見たら、割とお値段素敵(
けど、どうしても欲しいので今回は突撃することに。
一度買えば後は長く使えるもんねー

これで、サブハットに用意しているKジルの神保彰さんモデル(これも廃番になりましたな;)がフルで使えるってもんです(`・ω・´)

いやぁ、楽しみです。

ツインペダルや2バスのドラマーにとって、セカンドハットって夢の装備だったりするんですが、道具の方で使い方も変わるので、さらに面白いこと考えられるんですよね。


実はリモートハット扱うのはこれが初めてになるので、今から楽しみで仕方がないw


良い武器になると良いなぁ