So-net無料ブログ作成

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

O2センサーの話続き 02(とはいえ完結) [車]

はい、ちょっと早めにすべてが済んでしまいましたので。
(あんまりにも暑くて、お茶だけで足りずにOS-1飲みながら←)

先ほどですが、無事に新品のO2センサーに交換が終わり、排気ガスチェックでもしっかりと基準値以下の超余裕ある状態に戻りました。
いやぁ、ほっとしますねぇw

最近は夜中の首都高で抜き打ち車両チェックもあるみたいですので、RECスタ出て夜中に帰宅とかで首都高使う事もあり得るので、ホント心配ごとは取り除いておきたかったので助かりました。


で。
問題だったCOとHC濃度は基準値の1/3まで落ちたので、やはり触媒ではなくO2センサー寿命だったと断定できそうです。
調べてみると5年に1度くらいで交換、なんてお話も出てきますので、今までほっといた方がよろしくなかったみたいな感じですかね。
これからは車検3回に1回は交換費用として計上しなきゃいけませんな。
※だって今回の、事故修理で入れ替わっていたとしても10年は経ってますし、そこで入れ替わってなかったとしたら20年近く使ったというイレギュラーすぎる話ですので(^^;


そして、これまた検索すると良く出てくる「O2センサー交換したら燃費良くなった」みたいなお話の方。
うーん、まだ燃費に関してはデータ取れませんけども、明らかに違う点はあります。

「アクセルのツキ」は劇的変化してます。

回転数の上がり方が新車のような感じになるので、劣化するとやはりレスポンスダウンに繋がる部分はあるみたいです。
※クラッチミートの位置が手前にある気がするくらい違います。

アクセルを「チョン!」とつついただけでエンジンが反応するくらいですので、当然リアのグリップ感が違う。
「こんなに前出たっけ?」って思うくらいなので、相当息切れ(燃料ポンプの症状じゃないよ?w)みたいな感じで、よっこらしょ回転してたんでしょうねw


しかし、「0.1V~0.4V」と「0.7V~0.9V」の範囲を状況で入れ替える、という処理らしいのですが、
まぁ0V張り付きはあるわ、0.6Vで止っちゃってるわ、2つの範囲のどっちにもつかない感じで行ったり来たりするわ、交換前はどんだけ状況悪かったのかと;
※ちなみに新品でも0V出てましたので、酸素量で同等が来ると電位差出ない条件あるんでしょうね。


まー新車みたいなレスポンスなんで、今回の突発出費は費用対効果絶大だったと言っていいでしょう(`・ω・´)


車体の状態にも依るけれども、どんなグレードの車でも長く乗ろうってんならO2センサー交換は渋っちゃダメですな。




…そういや調べていて思ったんだけど、大学の頃にサークルの仲間が「うちの車(AT)がエンストしやすい」って言ってたんだけど、オイル交換しなさすぎだったの聞いてあきれて交換勧めたけども…ひょっとしたらO2センサーとエアフロ汚れだったかもしれないね;;
※気にかかっているのはATフルード交換も勧めてしまったので、その後わかるようになった「ATミッションのオイル交換をこまめにしていない車両は入れ替えちゃダメ」にぶつかってなかったか今頃心配していたり←
 …心配したところでもうその車両現存してないでしょうが;
 (90年代はあんまりATフルード交換リスクの知識が広まってなかったんですよ)

今回の件とはまったく関係ありませんが、ATミッションの手入れで、長いことフルード交換をしていなかった場合、
気になってフルード入れ替えたいなら「フルオーバーホール」必須だと考えてください。
というのも、どうやらスラッジ(金属がこすれることで出る金属カス)が汚れたオイルと絡まって固着して、交換だけだとそれが取り除けなくなってしまい、オイルラインを塞いでブローする、という可能性が高まってしまうことからなのですな。
もし、ATフルードにこだわって交換をしたいと思うのなら、新車時から決まった走行距離数で確実に入れ替え実施することです。
…結構短いスパンらしいですよ?w
んま、俺なら車検毎に指定すると思いますけども。
※MTの場合は、クラッチ交換で入れ替え必須になるため、そこまではよほどハードな走行しない限りは引っ張れます。
 ただし、LSD入れてる場合は、そちらは3000km程度で交換(2回目以降ね)が必要です。
 やんないとスリップしちゃうらしいので。


んま、そんな感じで、大事に乗るならメンテ費用は覚悟しましょう、っていう自動車整備系のお話でしたとさw



とにかく基準クリアできて良かったー



<2017/10/18 追記>
さて、車検からとりあえず3ヶ月は経ったので。
その後、凄く快調な状態が続いております。
実はうちの車はエンジン載せ替えの後、一度もAACバルブ洗浄(もしくは交換)をしてないんですが、AACバルブやるより先にO2センサー疑った方が良いんじゃないか?と思うくらいに快調です。

割とキツい坂道で加速したくなって踏み込んでも、すぐに反応してくれるので気持ちが良いですな(´ω`)

いやぁ…こういう話はホント長いこと同じ車に乗り続けないと覚えないですね。

エンジンチェックランプが点灯しない状態での交換でしたが、燃調関連で不調が続くようならO2センサーは見た方が良いと思います。

多分、前のやつはECUチューン(現車合わせ)する前にAFC Neoで簡易調整してて、それの一部が合ってない状態を続けていたからってのもあると思います。
吸排気は割と何もせずとも交換して使えてしまうのでそのままになりやすいですが、寿命考えるとちゃんと調整まで考えた方が良いですなぁ…

O2センサーの話続き 01 [車]

01、って書く割には多分追記で終わってしまうんだと思うけどもw
(ちなみに朝っぱらだけどデモ音源のやりとりしてたのでずっと起きてた←)

昨日、車検から車が帰ってきまして、排気ガスNGが出たときの症状を詳しく教えて頂きました。

事前検査と12ヶ月点検時の数字見るとOKだったのが、検査場でNG。
(…たまに検査官が初年度登録間違って必要の無いNGでやり直しってあるらしいですが、専門職の方のライン通しなので多分そこは大丈夫)

どうやら、検査ラインで燃料がリッチ(つまり濃い状態)になってしまい、規定値を超えたみたいな感じで、
触媒がしっかり反応する温度まで暖めることで、なんとか通すことができたという事らしいです。
…これで通してもらえるってんだから、その後直すの見越してくれてるんだろうなぁ;
検査官の方の優しさですかねぇ?

というわけで、なるほど、連絡受けてから自分で症状を調べて、パターンを覚えておいたのとほぼ一致。
考えられるのは、O2センサー寿命、もしくはO2センサーのヒーター異常で計測値異常か。
どのみちO2センサー交換の範囲です。

で、現車合わせのことがお店の担当の方の頭になかったので、O2センサー入れ替えでNGなら手の施しようが…って言われちゃったんですが、そこはやはり現車あわせの強み、お金はかかるけど車検のための安全マージン運用へ落とす事も可能なので、
とりあえずはO2センサーを交換して様子を見て、それでも上限危ないなら再度現車合わせに持ち込んでもらうってお話でまとまりました。
※頼んだお店からフナッツさんの方へ外発注した車両だって話したらGT担当がすぐ来てくれたので、関わり深いんでしょうねぇw


で、帰ってくる途中で、故障診断コネクター(日産コンサルト)からGready インテリジェンスモニターに状態送ってるので、
今までアクセル開度表示だった部分をO2センサー電圧に変更して様子を見てみました。


DSC_0238.JPG

ずっと0.83V辺りに固定しっぱなし(ぇ
(2017/07/08追記:無事交換作業が終わり、新品とセンサー入れ替わったのでモニターしましたところ、しっかり暖まるとこの数字近辺がよく使われてるのがわかりました。それよか、修理直前の状態がとってもダメで、正常範囲数値外でO2センサー電圧が全く一定してない方が大きかったようです。2種ある切り替わる範囲がどっちなのか判断つかなくて行ったり来たりしちゃってました。新品交換後は綺麗に決まる感じです。)


整備要領の該当項目を見ると、アイドリング←→2000rpmの間で、「0.1~0.4V」←→「0.7~0.9V」を状態で入れ替えるってあるので、上限近くで固定になってしまって、アイドリングですっごく濃いんじゃないかと;


てことで、担当さんは次の車検までの間に見ようって感じだったんですけども、心配ごとは早く対処しておこうってんで、もうこのまま修理に入ります。
※工具用意して自分でって思ったけども、工賃とどっこいだったので多分お任せするかも←

これでまだ危ないようであれば、エアフロの対応変更含めて現車合わせやり直しメニューを今回施すことにしました。
※家族と相談したら「乗り換えるなら候補出しておけよ?」という話も出ましたが…次回の難修理が出たときのために、しばらく現行車両の情報集めは開始します。
 ちなみに、2000ccクラス見てたんですが、最近はタイヤが大きくなってるんで、タイヤの維持費は今と変わらないなと(^^;


とりあえず問題無く直りそうな予感なので、ほっとしてますなーw


<2017/07/06 追記>
そういや続報書いてなかった;

自分でやってしまうことも考えながら、お店の人と相談し(マジで自分でやる話まで出した←)、
とりあえず部品がどの程度まで取り寄せられるかと、DIYでのプラスマイナス点調べた話と総合して方向決めました。

えーと、結構ネット検索すると互換品の話でDENSOやBOSCH、NTKの商品が出てくるんですが…
なんと問屋さん通そうとすると、BOSCH以外は純正品版からの引き当てができません!!(ぇ!?
お店の回答でこう返ってきました。

で、ですね。
実は俺、これは想像してました。
というのも、通常互換する品番はメーカーサイトで確認できるんです。
俺もDENSOとNTKはサイトの商品ページ探して、対応品番調べに行ったんですが…丸っとO2センサーは一個も品番を公開してませんでした(ぇー
多分、国内では最初からOEMのみの考え方なんでしょうね。
元々車種によって引き当て違う部品ですので。

となると、ネット通販でお店が「これが相当します」って言ってるけども、確信持って選定ができないって事になります。
※ネット通販業者の方ごめんなさいです。
 決してディスってるんじゃなく、DIYで初めてさわるときの判断基準がないので難しいって事です。
 通販商品ページにもありますが、「詳しい方のみ」という部分が大きいと。


で、ここまででまずおおかたの指針は出るわけですが、んじゃBOSCHにしろ「対応社外品」を選定した場合のプラマイの話が続きまして…

自分の調べた範囲ですが、OEM元のメーカーを選んで対応品を付けた方のをいくつか検索で拝見しまして、気になる点が。
ECUの処理で、回転数が上がる課程でのフィーリングに大きな差が出ている、という話を数個見つけまして。
…個人様なので紹介できませんが、検索すると結構簡単にヒットする位置で出てきます。

興味深いのは、純正と社外、OEM元製品と比較なされてまして、結果として純正が一番良かったというお話が。

やはり、センサー系は時代合わせた方が良い、みたいな感じでしたが、どうやらサンプリングタイミングが若干異なるようで、そこを合わせたものでないと雰囲気がガラッと変わっちゃうらしいのです。

そうなると出てきますよねぇ…気になる点がうちの車では。
ええ、「現車合わせ」を施しているわけです。
ということは、O2センサーの処理が違った場合……最悪悪化の可能性を否定できない;
今NGスレスレなのにもっと酷くなるとか考えたら危ないわけです。

はい、結論として純正を使うことに決定しました。
ER34だと、品番は「22690-AA007」です。
以前手に入れた電子パーツリストだと、後対応で「22690-AA005」までは2007年版で出てきます。
自分の車体番号で検索してるので、同じグレードの「2500 GT-X Turbo」ならこの二つで大丈夫。


純正はちょっと高いですが、工賃は自分で工具用意するのとどっこいだったので(トルクレンチが入るから)、お店に頼んじゃうことにしました。

安心と情報共有の面でも有利ですしね。


ちなみに、お店の方のお話ではやはりBOSCHのユニバーサルタイプだと、純正配線を切ってカプラ増設で対応するため、接点が増えるのが気になるとのことでした。
……実は俺もそこ気になってためらってたんですよね。
同じ考えが出たことが任せるに至った理由でもあります。
(使ってる方は大丈夫だってレビュー出してるので、気分的なところでもありますがw)

うん、半田付けNGなんですよ場所的に。
よく使う電子工作用の半田ですと、融点が250℃くらいのはずですので、エキゾーストマニホールドやタービンアウトレット付近の温度だと、いとも簡単に流れてしまうのです。
※排気温度計付けてるからわかったんだけど、調子の良いときはアクセル踏んでると簡単に500~600℃でますので(ぇ


…ってそうだ、最近の街乗りで排気温度ちらっと見たとき、500℃切ってる感じが結構多かったな…;
燃料がリッチだと排気温度が下がるので、症状としては結果が合致してる。
※薄い状態(リーン状態)だと温度上がります。バイク(RF400とドラッグスター400乗ってたのよ?w)で昔調整して体感したことありますw
 マフラー出口とかプラグが白化するし、何しろ乗ってても熱い!w
 薄いと変なところでパワーでないんですよねぇ…濃すぎも反応悪いですけど


んま、そんな感じで修理第一段階スタートで、納品待ちです。


後はR35とかのエアフロアダプターとコンピューターセッティング周りの情報収集しないと。
多分急は要しないし調整料金がおっきく出ちゃうと思うけども、メンテ代が1/3になるのは魅力である。



それはそうと、パーツリスト最新版手に入れておかないとだなぁ…いろいろ廃番部品あるから、メーカー内の互換もの調べたいし。

ER34またちょいと交換発生 [車]

んー、車検通ったよーっていうお話を連絡受けて、そのときにまたかという指摘があったようで(- -;

前回のような足回りのパーツの見間違いでもなく、触媒でもなく。
…いや、触媒に近かったというか。

おかしいな?となった今回は。


ええ、前にも検査官から「排気ガス濃度が上限に近いので触媒直しておいてね」って話で、メタル触媒を新品入れ替えしたんですが…なんとまた今回も同じ指摘を受けるという(ぇ


で、考えられるのは「O2センサー寿命」。


んまーエンジン載せ替えでも10年、そのときにそのまま使っていたとすれば…19年!w


さすがに来ない方がおかしいかな?w
というわけで、交換前提でお話を進めることに。

ちょっと高い純正選ぶか、DENSOやBOSCHのユニバーサルタイプ使うか。
後者にしておいた方が実は今後交換楽なんだよね。
※カプラついてるタイプもあるので、そういう製品探すのもアリ。

自分でやろうと思えばできる交換箇所ですけども……付け替えた後のチェックできないんだよな;;
排気ガスチェッカーとか持ってないですもん。


でもって、これでダメだとなったらECU再調整かけるか、ER34をギリギリまで乗って終了するか。
20年乗りましたし、今後パーツは入手困難になるばかりですし…潮時もちょっとずつ見ておかないといけません。

まぁ大体でかい話すぐ考え始めるときは、すぐ直っちゃって問題無くなることの方が多いんですが(


しかし、乗り換えるに当たって、ER34は売るという選択はしないつもりです。
やはり10年前の事故でのフレーム矯正があるので、正直に言って次のオーナーがいたとしたらドリフトやる方になるでしょうし、そうなると安全面で安心して任せたいと思わないのです。
だからこそ、わかってるから自分に合わせてチューンした車ですので。

それに、やはり車検は通るとはいえ、環境基準が変わっていく昨今、いつまでも乗り続けられることもなくなるだろうなって思うのもあります。
まだ近未来的な話の世界ではありますが、いずれガソリンエンジン車両の居場所はなくなっていくんだろうなってのは感じてます。
実際、電動でもレシプロに負けない出力のが出てきたりとかありますので、今後は置き換わっていくのは自明かなと。

個人的にはもうちょっとMIRAIみたいな水素電池車両とか、EVが発展するまで引っ張りたいんですけどね。


…あ、プリウスって世間では良く事故やらDQN走行で嫌われる話出ますけども、プリウスが悪いんじゃなくてドライバーが悪いって話なので、くれぐれも車両のせいになされませぬよう;
※気をつけるのはかまわんけどね?w

2代目と3代目はレンタカーで運転経験ありますが、ホント車両としてはプリウスは良くできています。
フィエルセーフがきつめなので、電動部分で故障すると「なんでやねん」って思うことはあると思うんですが、そうしないと安全面で怖いことになりますので、それは受け入れるしかないでしょう。


てなわけで、いつまでも乗りたい気持ちもありつつ、頭の片隅には「どこまで直すかな?」って考えがだいぶ増えてきている愛車事情でした。

ER34エアバッグキャンセラー交換 [車]

さて、注文していた新しいエアバッグキャンセラ(と、日産のコンサルシステム互換装置)が届きました。
DSC_0210.JPG

うん、セメント抵抗で容量確保した感じの商品ですな。
これなら安心して使えそう。

で、早速作業開始。

今回はバッテリーを外さず、「エアバッグヒューズ(運転席下)」と「ホーンヒューズ(エンジンルームヒューズボックス内)」を外して作業。
んま、誤作動防止だねこれ。
多分バッテリー外してないので、この場合は一度警告灯が点灯するでしょう。
(ていうか、点灯しましたw)

ステアリングを外して、角度調整スペーサーも外して、該当のキャンセラーを取り外す。

DSC_0213.JPG

あれぇ!?;
ワークスベルのエアバッグ対応ボスを当時買ってつけたはずですが、差し込みタイプじゃなくて、ちゃんとカプラーじゃないですか!
つか、先端にヒューズついてる…
ヒューズ確認するも切れてない。

一瞬「まさかスパイラルケーブル側?;」って思いましたが、どう考えてもそんな気がしないので、
とりあえず新しいのと交換して様子見しようと作業続行。

DSC_0214.JPG

うん、接点が減るのでトラブル減りそうだよなこの方が。
ちょっと手持ちの配線用テープが短めで、一周と1/3位しか巻き付けられなかったけど、一応留まっているので後日必要ならやる方向で。
多分しっかり張り付いているので大丈夫だと思うけども…w

元に戻してから、キーのON/OFFとドアスイッチ連打の方で、診断モードを立ち上げ、無事警告灯消灯。
しばらく走ってきて、一度エンジン切ってから再度試して、点灯しないのも確認。

これでダメだったら、スパイラルケーブル側も加工してギボシ端子化して対応予定。


でもって……外した方を戻って観察してみる

DSC_0215.JPG

ん?ハーネスの真ん中で盛り上がってて…まさか表面実装使ってるとか無いよな?って思いながら、
熱収縮チューブを切り、端子も引き抜いて状態チェックして愕然となる。
DSC_0217.JPG
写真のちょっと形が変わっているところは…なんと半田無しのカシメ端子!(ぇ
そして、端子側はなんと…ちっさなカーボン皮膜抵抗(?)の足を曲げてカシメめてある!!;;

そうか、これで接触不良起こしたな?と。

おそらくカーボン皮膜抵抗なんで、ヒューズで保護って考えなんでしょうけど…接点増えるし、熱当たるしで抵抗値高化起こしたのかなー?;
精度表示で金来てるからカーボンだと思うけども…燃えるの怖いよねこれ;

んま、抵抗って寿命あんまり聞くことないですけども、消耗品として考えておこうと思います。

この黄色いコネクタ、電子パーツのお店でないだろうか?
後でストアで形見てみようか。
端子だけ手に入れば、ハウジング生きてればかなりメンテできる気がしますし。
※ヒューズ側は普通に売ってるやつなので簡単である

でも…まさかの半田無しですか;;
長く使ったら緩みますわなぁ;

このケーブルは残しておいて、補修に使えそうなら使いましょ。


しかし…思ってるよりちっさい抵抗使われてたんでビックリですな;;
※この抵抗、多分単価数円ですよ(ぇ
 ほとんど専用コネクタ代だろなぁ


<2017/06/25 追記>
えーと、時間おいて調子見ておりますが、現状で再点灯なし。
あとは車検持ち込みの時につかないかどうかか。

でもって、思ってたより多めにアクセスがあるので、日産コンサルトシステムの簡易故障診断モードのやり方だけ書いておきましょう。
※以前オークションで手に入れた整備要領で確認しました。

えーと、エンジンキーをONにしたときに、大雑把に分けて「ユーザーモード」と「故障診断モード」の2種類に分かれます。
前者は言うまでも無く、いつも乗ってどっかいくときのエンジンスタートです。
後者の方だと、警告灯がついたところの点滅パターンで「症状」を表示する状態です。
つまり、後者に一度切り替えて試す、ということですな。

故障診断モードへの移行のやり方は…

1.イグニッションキーをONまで回す。
2.7秒以内にドアスイッチ(ドアを開け、Bピラーにある蛇腹状のカバーのスイッチ)を5回以上連打
 (つまりON/OFFを5回以上繰り返す)

これでモードが切り替わります。
※同じ事を繰り返すとユーザーモードへ切り替わります。

故障表示が出ていないときにこの操作をしても、ドアスイッチを使った故障診断モードへの切り替えは行えません。
(お試しで起動はできないよって事です(^^;)


で、運転席エアバッグの状態が正常であればエアバッグ警告灯は

7秒点灯→2秒消灯→3秒点灯→2秒消灯→3秒点灯(以下エンドレス)

になります。

運転席側インフレーター(つまりエアバッグユニット)に問題がある場合は

7秒点灯→2秒消灯→3秒点灯→2秒消灯→2回点滅→2秒消灯→3秒点灯(以下エンドレス)

となるとのこと。
センサーユニットの場合は点滅が7回になるらしい…
他にもサイドエアバッグとかいろいろあるんですけど…数多すぎて書き切れないのでここまで(^^;
(3秒点灯が信号の区切りの合図で、点滅パターンが複数出るときはその分箇所が多いとのことです)

で、コンサルト操作機器を使わないでリセットするには、該当箇所を直して、
故障診断モードにしてからキーOFF、再度ONでユーザーモードに切り替わって終了。
(付け替えて無くても、故障診断モードで正常値になってるときはON/OFF操作で良いみたい)
…逆に言えば、直ってないと診断モードから切り替わらないそうです;


これ、整備要領持ってないとわからない話なので、あとは日産コンサルトシステムを入手して弄るパターンも考慮に入れておいた方が良いです。
※ちなみに今後のことも考え、輸入品ですが互換機器入手しました。(ググると出てくる割と有名な商品です)
 まだ使ってないですけど、レーシングカー並のデータロガーに使えるのでちょっと驚きました。
 純正使いたい方は、オークションとかで探すのが良いのかな?
 ちょっと高いので悩みますし、ER34はOBD2じゃないので、旧コネクタ仕様買うとその後大変ですが;
 (純正OBD2の方を用意しても、旧コネクタ変換ケーブルがあれば互換するので使えるらしいです)


バイクもそうなんだけど、自分である程度メンテする方は、整備要領を時間かけてでも手に入れた方が良いです。
……車のは全部集めるとどエラい金額になりやすいんですけどね;;
(そう考えるとバイクの要領書って安いよなぁ…)

整備要領持ってると、自分でばらすときの手順とかも書いてあるので便利です。
合わせてパーツリスト持ってると、ある程度の金額も見られる。
…パーツの価格が都度変更になるので、参考程度にしかなりませんけどね(^^;


<2017/06/26 追記>
ちょいっと合間に。

今朝方、持ち込み車検で預けてきたんですが、先ほどどうしても必要になるような交換はなかったという連絡が入り、車検費用確定しました。

つまり、エアバッグキャンセラー交換した後、問題はなくなったようです。良かったw

あとは車検受けて終わることだけ。

緊急修理…にはならないですんだっぽい [車]

久々の車ネタですな。
昨年の修理連発からしばらく何も起きなかったのですが、車検の時期が来たので、そろそろお願いに行かなきゃいけないなーと思ってて。

前より車の稼働回数が減ってるので、意図的に動かして保守走行してるんですが、今日のはその間に起きた!;;


ふと気がつくと「エアバッグチェックランプ」が点滅してるじゃないですか!!;


車庫から出したときには問題無かった…てことは走ってる間に点灯したと。
慌てて予定変更して、車検(前回のメーター変更があるので、持ち込み車検してもらうことになった)のお話と混ぜていつものお店へ。

やはり、エアバッグチェックランプ関連はディーラーじゃないと弄れないとのこと。
これ、当たり前の話で、リセットツールがディーラーにしかないんです。
故障診断ツール自体、自分で手に入れるのは結構な事になりますので、個人整備の話でも買うのは現実的じゃない。
(ていうか個人で買えたって話聞いたことない)
(書いてからすぐ調べてみましたが、どうやらもの自体は買えるみたいですな)


んましゃーないので、車検の予約を済ませ、その足ですぐ近くのディーラーへ駆け込む。


…正直ね、ライトチューンとはいえ純正ROM書き換えECUなんでちょっと受けてもらえるか不安でした。
が、ずいぶんと日産のショールームの雰囲気変わりましたな。
当たりが柔らかかったので、相談しやすくなってました。
やっぱり当時相当言われてたので、さすがにちゃんとしようって話になったのか、こちらとしてはありがたかったw

で、無事に見てもらえることになって、診断コードまで説明受けられまして。

なにやら、「運転席周りでのステアリング周りのエラーを一度検出してます」という確認ものだったらしい。
つまり、カプラーの接触不良も含め、現状問題出ていないけど、エラー出ちゃったから見といてね、というものだったと。

いやぁ、それ聞いて安心。


ただ、ここで気になったのが、うちの車はステアリング交換で、ステアリング周りのパーツはエアバッグのところがダミー抵抗に変更になっているという事。
記憶が正しければ、10年経ってます。


さすがにそろそろ抵抗ダメかな?


ってことで、とりあえずECUメモリリセットで警告灯は消えたので、このまま様子見で大丈夫だろうと。
何か出たらそこで部品交換やらないといけないかもしれないってお話で終了。

まー、スパイラルケーブルが逝くのは考えられないので(変なボス変更作業するとあり得るけども)、
自分でやるの危ないので、当時ちゃんと車検取れるオートバックスでやってもらった作業なんですな。
で、今まで問題なかったので、そこじゃないだろうと。
(外していろいろやってたらアレだけども、年数考えるとそこじゃないだろうと)


てことで、第一段階になるけど、一度ステアリングボスごと交換するか、抵抗だけ入れ替えるかのメンテしようと思います。



実はね、このダミー抵抗入れ替えって結構気をつけないといけない作業なんです。
というのも、ECUへの電力供給を完全に絶ち、しばらく放電した状態で作業を開始しないと、抵抗値エラーでチェックランプ点灯、そのままディーラー操作という流れになっちゃうのです;;

確か10分放置必須だったかな?

自分、失敗したくなかったし、道具的に外すの怖かったんで頼んだんですよねぇ

前は安いの使ったし、今回入れ替えるのだったらちょっと良いステアリングボス入れようかな?


(慌てて書いたらABSとか書いてたので修正しましたw 失礼しましたw)


<2017/06/19 追記>
さて、実はこの話続けていろいろ調べまして、リセットのやり方を覚えたりとか、
純正じゃないまでも、ツールが存在してて、そっち持ってると割と後でいろいろ使えるよ?とか知りまして、現在今後のメンテ考えていろいろ用意しています。

OBD2用の配線規格とかも調べたんですけども、結局空きポートの関係で車種別出ちゃうんですねぇ…
基本データ取得の端子だけ繋いで情報読み取る装置はできてるんだとよくわかりました。

しかし…ER34の故障診断モード、スーパーカーの「儀式」かというような操作ですな(笑



<2017/06/20 追記>
その後ちょっと大丈夫だったんですが、またエアバッグ警告灯点滅。
出先で簡易故障診断モードからリセットで消えましたが、帰ってきてすぐにエアバッグキャンセラー(ダミー抵抗)を発注しました。
残しておいて良かったと思ったのは、当時つけたときに引き取った箱から全部あったので、自分がどこのメーカーつけたか調べられたことでしたな。
…安いのつけたと思ってたら、ちゃんとワークスベル使ってました(ぇ
※だって車検だけ意識してたから、当時気にしなかったんだもん←


ステアリング交換はちょっと当時手順がわからなくて怖かったので、当時お店に任せてしまっていたのもあって(上でも書いてるかw)、
ダミー抵抗の端子がオスなのかメスなのか悩みましたが、どうやらS15とかも一緒のカプラーみたいなので、ER34が対応に書いてあるカプラー接続タイプへ決定しました。

ていうか、そこで初めて専用カプラーじゃなくて、端子に突っ込むタイプなの知ったんですが;
そりゃ最後だめになりますって。
ワークスベルの商品で入れ替えようかと思ったんですが、差し込みタイプなので接触不良再発を避けるために除外。
…コネクタだけ手に入れば自分で作れる範囲なんですけどね;
※あ、くれぐれも自作の時はプリント基板用のカーボン抵抗はやめましょう。
 できるならクラッド抵抗タイプで容量大きめにとらないと、最悪抵抗が破裂なんてこともありうるので;


でもって、作業としては多分ヒューズ引っこ抜きタイプ試すと思います。
バッテリー外す方だとセキュリティの「電圧降下検知」で鳴ってしまいますので;
その状態で10分待ちとか、近所にも自分の心臓にも良くないw


久々のDIY修理ですが、割と簡単にできそうなんでほっとしてたり。


しかし…ちょっと高いけどクイックリリースつけたいなと思っちゃう自分がいる←
スパイラルケーブルを動かさなければ、エアバッグキャンセラつけられてれば割とトルクレンチ一本で終われるんですよね。
やり方知ってるとついつい考えちゃうけど…もうサーキット行かないのでそこまでいらないかなと思いつつも、バケットシートなんで入れ替えてみたいよなぁと思ってもみたりw


※ちなみにノーマルステアリングは押し入れに圧迫かからないようにしてしまってあります。
 ちょっと汚れ目だけど、レッドステッチきれいに残ってますので、もったいなくてw

そういえば交換してから相当経ってるけども。 [車]

気がつけば3月になってまして…;;

バンド仲間からSkype越しにURL飛んできて、1話観て「なんじゃこりゃ!?」だったんですが、
最近のは3話くらいまでみないと判断つかないのもあるので、Gyaoで無料一気視聴期間来たので観たら見事にハマりました。
知能指数低下気味です(何



はい、おっさん見事に落ちました「けものフレンズ」に(笑

ていうか、近しい音楽仲間がみんな染まってるのが面白いところなんですけどねw
やばいよードリパケのボディ次の用意考えてるのに、下手したらあの渦巻き入れてしまいそうで怖い←


てなそんな話はどうでも良いわけでして。



先日ですね、車で流してたら久々にでた症状(それもかなり長くでてなかった)が一瞬だけ起こったので思い出したお話です。
※症状としては、マルチ(多気筒)エンジンなのに単気筒のような回り方を起こす感じです。


はい、ER34の泣き所と言われてる「あの部分」です。

「ダイレクトイグニッションコイル」

エンジンカバーの下にヘッドカバーついてる関係で熱篭もりが起こりやすく、結構な確率で熱で死んでしまうので有名です(ぇ

うちのER34もノーマルが5~6万km程度で逝きました。
で、交換しようってんでいろいろ当時探しまして…自分でやるのも考えて。
ER34ターボ特有の悩ましいお話に直結したのも懐かしい思い出です。
※配管の関係でヘッドの上を吸気パイプが通過しているので、ヘッドカバーへのアクセスが非常に困難なのです

それでも自分でやろうと思ったんですが、貸し駐車場で何時間も作業するの嫌でしたし、
予行演習でパイピング外そうとして「道具なきゃ無理;」がすぐでたのでお店へゴー。
このときすでにディーラーに見切りつけていたので、行きつけのお店でやってもらったんですね。
確か…正しければ2007年頃。
まだボディカラーがKV2(アスリートシルバー)だった頃ですので。

商品選定でノーマル、Split Fire、あと一社(名前思い出せないけど高い←)の3つで相談したのは覚えてます。
一番高いのが信頼性で抜群だったんですけども、予算として高すぎ(ノーマルの1.5倍くらいだったかな?)だったので、当時巷ではトラブル多いとも言われた「Split Fire」にしたのです。


で、多分あれから10年か。
良い結果の出る頃じゃないですかw

はい、気になった一回が出た先日まで、全く問題なかったです。
交換してから大体6万kmちかいはずですが、ノーマルの時よりも断然調子良いですし、その後再現出てなかったりします。

思うんだけども、多分ハードな環境下では起こす、ってモンなんじゃないかなと今では思ってたり。

前にも書いてますが、うちのER34は大事故一度やっちまってまして、エンジン載せ替えされているので、おそらくそこから数えて同じくらいの距離といえるくらいですので、明らかにノーマルよりは保ってると言って間違いないですね。
チョイスとして問題なかったなとw


すぐにはまた交換来ることはないと思うので商品展開の様子見ながらなんですけども、先ほどさらっと調べてみた感じでは、現状ではどうやらSplit Fireしか見かけないようで?
(ちゃんと調べないといけませんので、確定ではないですが)

んま、次回でもSplit Fireで良いかな?って思ってますw


そういやプラグ番手もたしか7番にしてた気がするけど…
あ、確かにDENSOイリジウム22(NGK7番相当)にしてあるわ(手元の記録見て)
ノーマルが6番だったと思うんですが、暖まった後のレスポンスが気に入らなかったので7番入れたんですよ。
多分直接爆発には影響してないでしょうが、エンジンチューンするつもりだったのもあるし、すでに吸排気変更した後でしたので、回すために切り替えた感じでした。
現状、そのまま使ってきてトラブル起きてませんが、よく考えると先日のはコールドスタートで発進し、暖気終わる前の信号待ちでしたから、番手上げてたから低回転で不安定出した可能性はありますね。
その日は外気も冷え気味でしたし。
走り出しで元に戻りましたので(コイルがダメだと変な回転のまま走り出す)。
※暖機してからじゃないと走っちゃダメだろうと言う方もいらっしゃるかと思いますが、90年代以降の車だと、「いきなり踏み込まなければ」という条件を守れば、通常走行で暖めながら走るので問題ないものが多いです。
 現にずっと新車からそうしてますが、未だにトラブルないですし、周りから驚かれるレベルの快調です。

ま、そんな感じでIGコイルまた見ておく必要も片隅に置きながら。



(閑話休題)

そういや、先日youtuberの方の動画見ていて、専門なのに酷い説明出てきてびっくりしましてねぇ…
「信号待ちでバッテリー保護のためにライトを消さなきゃダメ」って言い切ってました;;
……何年前の話ですか;;

これ、俺が免許を取得した1995年頃にですね、JAFがロードテストで10車種以上使って結果出してる話なんですよ。
※当時のJAF MATEがないので写真出せないんですが、安全面の話だったのでよく覚えています。

結論から言うと「80年代より前の古い車ならともかく、現行(90年代ね)車種ではオルタネーターやバッテリーそのものの性能が向上しているので、アイドリング中の充電が低いと言うことはない」とのことでした。
※ちなみにエンジンスタートに必要な電力を充電するには、なんと150m程度の走行で取り返せるとのことでした。

むしろ、信号待ちの間の「下向きON」を推奨しています。別の理由で。

何だと思います?
これ、「横断歩道を渡る歩行者の保護」のためなんです。
ヘッドを消してしまった場合、歩行者の服の色に依存してしまう視認性の影響で、ドライバーの認識が遅れてしまう可能性があるから、との結論です。

逆に、信号待ちのハイビーム(上向き)は御法度。
これは、走行中であっても、対向車もハイビームで照らした場合、歩行者を両側から照らすことで影がなくなってしまう、
いわゆる「蒸発現象」が起きてしまうので、ドライバーには「そこに誰もいない」と錯覚させてしまい、非常に危険な状態になるからなのです。
これも当時、JAFが写真付きでJAF MATEに掲載して呼びかけていた話です。

あれから20年も経っているので、すっかり忘れ去られてしまっているのかもしれませんが、
ライト類、バッテリー系の話はあれからまたすごく進化していて、簡単に弱るシステムではなくなってきています。
※うちの車がバッテリー上がり起こすの、結果としてターボタイマーの仕様上の問題だったくらいですし。
 逆に言うと、バッテリー保護しなきゃいけないくらいの状態は、オルタネーター交換必須だってことです。
 昨年…いや一昨年か、うちの車がその状態でもあったわけです。

…さすがに車屋さんが発言してしまって、こんなので間違った認識をばらまかれた日には…と元車体開発経験者は心配でなりません;;(もちろんその後見るのやめた)
※だから、シ○ターさんの動画で出た「Youtuberは素人だから」ってのが別の意味で効いてくるなと…
(2017/05/22ちょい追記:このシ〇ターさん大炎上させてどえらいことになってますけども、さもありなん的な;俺はかなり前にチャンネル登録していましたが、ちょっと前に一緒に動画し始めた一部のyoutuberの方が見たくないジャンル(物壊すとか世の中甘く見てるほう)の方だったので、そこで解除してリストに出た時だけ見てました。たまたまリアルタイムで見ましたけども…ああ、やっぱりこうなっていったかという感想しか;)

これもね、俺も実はあんまりよくないお話にハマってますけども、免許とった頃からと比べると、とんでもなく町中ですれ違う対向車が増えたために、いつの間にかそうなっちゃったという行動がありまして。

「どこまでもロービーム走行」

ほんと、いつの間にか教習所の話がひっくり返ってましたよ;;

対向車および対向歩行者がいる場合は「すれ違い前照灯へ切り替えて通過」ですもんね。
…今日日、普通に道走ってて対向車いない状態の方が少なくなりすぎてる上に、街灯が今のは明るくて、それこそヘッド付け忘れてても走れちゃうほどだったりするので、いつの間にかハイビーム忘れてるみたいな。

考えてみると、FN15パルサーCJ1で初心者マークつけてた頃、地元走っててよく切り替えてたのに、
ER34に乗り換えてしばらくしたら、だんだん機会が減ってやらなくなってたなと…
気がついた最近は、なるべく周りいないときはハイビーム切り替えするようにしてます。



なんで俺が今、JAF、JAFって押して言うのかというと、これね、警察とタイアップして調べてる話だったりするからなんですよ。
※だから車検で緩和があったりするってのを知っとくと良いと思います。
 伊達にJAFがFIAの加入団体じゃないってことです。


<2017/05/20 追記>
そういえば様子見その後を書いてませんな

結果、症状は一切出ていません。
てことは、外気温の変化で起こるムラだったようですな。
これはECU学習リセット(燃調マップが1つのタイプのだと、ホントは季節ごとにやるのが望ましい)がかかわる方だった模様。

あ、燃調マップが1つ?とか思うだろうけども、最近の新車は複数のマップが自動的に切り替わる仕様に変わったので、外気温に合わせて適切なところに勝手に行くのです。
※なので、例えば今のGT-Rとかは、リプレイスECUへ交換すると結構大変なので、ノーマルECUの中身だけ書き換えて対応していくチューニングが主流になってたりします。
 ただ、そうはいってもまだ単独マップタイプの車は沢山あるので、HKSの金プロとかはまだ最新機種が出てたりします。

やっぱりハードな環境での耐久性だったのかもしれませんねぇw

ターボタイマー取り外し [車]

さて、前回「はずそうかな」記事書いてからどんだけ経ってるんだよと言う(笑

注:結果的に商品レビューみたいな形になってしまっていますが、商品自体に問題はありません。
  この手のパーツの避けられない相性問題で起こりうるお話なので、使っていて問題ない方もいらっしゃるかと存じます。


なっかなかこれも外でやるしかないのでタイミングがとれず、やっとこの記事を書く前に取っ払ってきました。

DSC_0158.JPG

HKS Turbo Timer Type-1。

あ、生産まだしてるのかこれ。
結構前につけた印象だったので、もう変わってるかと思ってました←

取り外そうかと思い立った理由は前の記事で書いたので割愛しますけども、「チューニングを重ねて出た理由のわからないトラブルの原因がターボタイマーであることがたまにある」というお話、今回体験しました;

いやー、取り付けてすぐバッテリー上がりの度にメモリー飛んで面倒だなぁ…って思ってたことが主な要因でしたが、
外してみて「こんなにも始動前に影響していたのか;」と思うくらいに電装系の動きが違います。

決してものが悪いわけじゃないんですが、どうやらハーネス分岐で「常時電源」に悪さをしていたらしく、
キーをACCまで回したときのポンプ作動や他の機器の始動待機までの時間が相当増えてました。
外してテストしたら、全部一瞬で終わるくらいには、このターボタイマーは電力引っ張っていたようです。

それに、バッテリー上がりの度に、説明書通りなら揮発することのないメモリーが飛ぶと言うことは、
どうやら仕様として常時電源線から保持電力を取っていたと推測できるわけで、そりゃあっという間にバッテリーを使い切ってしまうわけでありまして;

うーん…車種によるのかもしれませんが、ER34にはあまり合う装備じゃなかったみたいです(´・ω・`)


で…さらに違う部分がありまして。

このターボタイマー、回転数を検出して、オートでアフターアイドル時間を設定するのですが、
この機能、思ってるより内部処理で電気食ってるようです。

これまた外してみた後の確認試運転で、発進クラッチミート時の謎の回転落ち→ミート失敗ストールを割と頻発していたのが皆無に。
※以前、パイピングを変えた影響ででた、吹き返しによるストールとは別の挙動です。
 アレはやらないとホントに何もなくアクセルオフで落ちますので、必須対策です。


……これ…電装系の強い、しかも割と専用で電源引ける状態で使うのが正しい装備なんじゃないかと思います;
内部処理で強くCPU処理をするのか、レスポンスが一個遅れてしまうのですよ。

外したらなくなったってことは、確実にこのターボタイマーが原因です。
(もしくは、ハーネス分岐のための専用ケーブルの影響かも)

IGNまで回したときの始動レスポンスも「きゅきゅきゅきゅ…ブォン」だったのが、「きゅブォン」くらいまで(笑)変わりましたし。

あとは…うん、車の挙動が全体的にラグが減ってます。
ダイレクト感が戻ってきたと言った方が良いかな?
激変したのはカーステレオの「抜け」。高音域のノイズがいなくなったので、さらに聴きやすい。


てなわけで、デジタコとして使っていましたが、お役御免と言うことに。


接続用に分岐させた、車速信号線、回転信号線、サイドブレーキ検知線は、今後他の機器の取り付けのために絶縁処理をして残しました。

割とNISMOフルスケールメーターの感触が良かったので、下手するとDefi VSD-Xも取っ払ってしまいそうな気もしますが…
それに変わる装備をつけるつもりもないので、いかんせん中途半端になりそうな予感。
※逆光対策でつけてる装備なので、ないと困るってのもありますけどねw

とりあえず回転数に関しては、GReddyのインテリジェンスモニターに任せますか。


んま、とりあえずはデジタコ考えましょうw


15年くらい前、Optionのチューニング解説記事に出ていた、ショップ店員の意見の「原因不明の不調を調べていった結果、ターボタイマーが悪さをしていたことが多い」ってのを思いだし、やっぱり本職のお話は覚えておくべきだなと思った年末でしたw


<2017/01/09 追記>
昨日、用事がてら車を動かしてみて、やはりターボタイマーが電源を取っていたのが、早い段階でのバッテリー上がりに影響していたのがわかりました。
1週間わざとあけての再始動試験だったわけですが、電圧計は11.4V程度でなんの問題も無くスタートできました。
※以前は1週間おいておくと9V付近まで落ちてしまい、再始動不可能になってました。

やはり、メモリーに常時電源使ってたんですね。
セキュリティーも搭載している車両なので、加速させてしまう結果になったようです。

以前のターボタイマーは強制タイプだったので、単純に分岐ケーブルで割り込んでるだけだったので、
特にキーOFFの間はなんもしていなかったようです。

そう考えると、頻繁にサーキットに行く車両ではないのであれば、Type-0の強制タイプを普段はOFF、サーキットで設定時刻強制アフターアイドル、という切り分けで使うのが正しいかもしれません。

…Type-1はちょっといらんことしすぎますね…;


免許更新してきた [車]

早朝ですがw

昨日、通知が来たのもあり、ちょうど時間も良かったので免許更新を運転免許試験場へ出向いて受けてきました。
混雑具合どうかな?って思いながらでしたが、時間上手いことチョイスができまして、ほとんど並ばずに講習室までたどり着き、講習終わって配布所であっという間に受け取れて帰ってこられました。ラッキーw
(下手に時間を言うと大変なことになりそうなので、あえて伏せさせていただきます(^^;)


えーと、俺は東京都多摩地区住まいなので、府中運転免許試験場なのですが、
やはり5年ごとともなると、ちょっとずついろんなものが変わってるもので。

東八道路が凄くきれいになってたのでちょっと驚きましたな。
でもって、申請・検査の場所と講習会場、配布会場が一つの建物にまとめられたとのことで、いろいろ敷地内の流れが変わったらしく、
見事に全く変わってないはずの駐車場の入り口を間違えました(ぉぃぉぃ
(一個手前の入り口は職員専用駐車場なのです)


…だってー、すぐ前の車が職員さんだと思わなくて、思わず駐車場の入り口ここだと思っちゃったんだもの;
(そして後ろが引っかかってホーン鳴らされるw いやほんとご迷惑おかけしました;;)
入りかけて歩道の奥の方に「一般はこの先です」って書かれてもさすがに見えないよっ;;(言い訳w


でも、ほんと前から変わったなと思ったのは、一般の駐車場に整理の方がいらっしゃって、出し入れがすっごく楽になってたことでしょうか。
前入れ車庫で、出すときのバックがなかなか気を遣うのですが、切り返しタイミング教えてもらえるようになったので、おそるおそる動かすことがなくなった感じです。凄く良い。


今回の更新で、痛恨のブルーライン(ちなみに5年の方です)にまたなってしまったのですが、1時間の講習内容(つまり一般講習)も、
優良講習と比べてもそんなに変わらない雰囲気になってまして、割と軽微な方の扱いは良い方向になったんだなと。
※前回は10年前ので一般優良講習受けてますが、そのときと比べても丸く感じるほどでした。
 そういやそのときの免許証はブルーラインに「優良」と書かれてましたが、
 改正後は年数で区別で表示なくなったみたいですね


願わくば次の時はゴールドに戻したいですな。


しかし…やはり人数捌かなきゃいけないので、例え空いていたとしてもテンポはいつもと変わらずなので、
自分が動こうとするテンポから3つも4つも早くて、やっぱり「急がなきゃ;」となる(笑


でもって、前回の更新の時、帰宅途中で他車の動きで怖い目に遭わされましたが、今回はそんなこともなく平穏に帰宅。
気をつけていたのもあるんでしょうが、やはりゆったり運転できると気持ちが良いものです(^^



そして、またブルーラインに戻ったと言うことは…来年の任意保険の金額がアップしちゃうと言うことなので、
前のが2万くらい上がったのでどうしようかと思ったのですが、今年の更新の時に試しに試算だけしてみたところ、なんと8kに押さえられてるのを知ってちょっと安心。
この辺のお話も年々進化してきてるってことなんでしょう。


ここからの5年は無事故無違反で通したいですな(`・ω・´)



そういえば、もらった冊子に書いてありましたが、来年上半期の間に免許証区分がまた変わりますね。
「準中型」が追加されます。
おそらく、前回追加された「中型自動車」の区分では、配送業者のドライバー不足を加速させてしまう結果になったので、
学生さんのバイトとかでも扱えるように(もしくは高卒で就職したときの必須免許)ということで、小型トラックの運転できる枠を増やしたと言うことらしいです。
18歳からとれるので、これから高校出て免許とるのなら、準中型で取っとくと幅ができそうですなw

ちなみに俺は旧免許区分なので、中型8t限定です。
制度が切り替わったおかげで、「普通」だったのが「中型」に表示も変わっちゃってますw
10人乗りが運転できるので、まぁそこそこ問題なくw
…限定解除してみるかな?
※8t限定のままだと、視力検査が今までの普通自動車と同じままだったっけか?
 深視力検査が必須になっちゃうんだよね中型だと。

…失敗するともったいないからこのままにしとこうw


ターボタイマーを外すか? [車]

うん、車の記事が続いていますが、ここのところ、使っていてこれどうしようか?というパーツの事です。

今、ER34にはHKS Turbo Timer Type-1がつけてあります。
半分は回転計として使ってるってのもあります。

えーとですね、ER34を納車した頃は、ターボタイマーはターボ車の必須アイテムとしてつけて保護、ってのが常識みたいになってまして、
当時はディーラーで扱っていたBLITZのターボタイマーを使っていました。
長いことそれを使っていたのですが、経年劣化で液晶表示部が見えなくなってしまったので、最新のHKSに交換。
このとき、直前でEVC-S(ブーストコントローラー)を装備していたので(実はこれ自分で作業したのよ?w)、見た目として合わせるためにそうなったんですけども。
たしか同じ時期にSuper SQV-Ⅱ入れたんじゃなかったか。

取り付けてからもう6年以上でしょうか?
回転数からアフターアイドリングを検出する状態で使っていたのですが、きっちり時間設定されてアフターアイドルが作動した回数が、なんと3回あるかないかって状態でして。
現車あわせする前に家族全員で三重県まで走ったときに作動したくらい。
それにしても、SAに到着して休憩するとき、車庫入れまでにほぼ勝手に冷却されて、1秒とか3秒とかアフター下だけの「ホント意味あったのこれ?;」という動作状態でした。


で、最近の商品どうなんだろうって、各社見に行ってみたら…「あれ?ターボタイマー自体が減ってない?」と。


うん、やはりターボ車のデーターが出そろってきたのと、冷却システムの進化があったのでしょう、
あんまり必要じゃない装備になってきたんだな、という雰囲気。

ER34のタービン、水冷入ってますし、どーもアフターアイドルの時間見ていても、そうそう意図してやる必要あるのかな?という程度。
※サーキットだったら普通にアイドリングしながらエンジンフード開けて逃がしますけどね


というわけで、おそらくもうシビアに考えなくても良いんだろうと、今はターボタイマー外すかどうかで悩んでいます。
それに、バッテリー外すたびに回転数とスピードの設定値がなぜかリセットされてしまうので、メンテ時に余計な手間が増えてしまうのもアリ…案外厄介者なのですわ;

車速信号線と回転信号線外してしまえばあとは元に戻すだけなので、そんなに時間はかからないし、やってしまうかな?

まぁそんな感じで、ちょいと細かいお話ですが、装備再検討してみたいと思います。

あとは水温計を後付けやるかどうか。
これはラジエター交換してあるので、取り付けできる部分があるので楽なんですな。
問題はメーター設置場所。デジタル表示タイプでなんか良さげなのがあればそっちに行くか。
この辺も悩みどこですねぇ
(ちなみに今は故障診断コネクタから信号を取る「Gready マルチモニタ」が付いてます。倒産直後に(以下略)

スカイライン緊急修理(その2)→作業終了 [車]

タイトル的に「またかよ」ですが…うん、俺もそう思う(滅

とはいえ、コンビメーターのお話ではなく、「クラッチ」の交換時期がいきなり顔を出したってお話。

先日、カーナビの更新をしなきゃいけなくなって、データをDLして走りながら適用して帰ってくるときに初症状が。
5速60km/hでちょっとした登り(橋に上るためのちょっと長い目なとこ)を走っていたところ、なんか雰囲気が違う。

タコメーターの針がが上がり下がりするじゃないですか(ぇ
しかも、それに合わせて車が前後に漕ぐ(笑

うん、典型的な「クラッチ滑り」の症状です。
幸い4速以下は(ほとんど)滑らないので、動くうちにお話ってんでお店へゴー。


…うん、マフラー交換した後には結構死ねる額ですorz


何がでかいって、工賃。
ミッション下ろす作業なので元々高いのは仕方ないんですが、やっぱり見ると初めてじゃないとは言えびっくりしちゃう(^^;
こんな時いつも思います。
「車庫と道具があれば…」って。
※バイクの時はホントに自分でほとんどやってたからねぇ


まぁ外発注の作業なので、下請けさんの取り分もしっかりしてもらわなきゃいけないので妥当な額ですが、ツインプレートしか選べない仕様になってるのでホント上がりがびっくりする(笑
タイミングがタイミングなので、「なんでこうなった~~~(涙」ですが、ここはプラスに考えて、「新しい部品買えるぜヒャッハーw」しときます(ぉぃ

現状の出力と今後の内容考えても、もう今の以上はいらないと言うことですが、踏力考えて今回は「NISMO カッパーマックスツイン」へ。
※もっと安くなるクラッチないかと相談して見てもらったけど、結局値引率一番小さくてもこれがコスト一番低い。


ちなみに、使い切ったクラッチは「EXEDY カーボンツDツイン」です。
当時出たばかりで、新しいもの使ってみたくてこれに…(高かったので「滑り気味」指摘あっても使ってました)

うん…実はこのクラッチ入れたことでサーキットとか行くのが遠のいたんですが(ぇ
いやねぇ…買って入れてから気がついたんだけど、この商品だとジムカーナの車両規定でNGなんですよ(ぇ
ジムカーナ車両でダメって事は、そのままスライドで「サーキットトライアル」もダメなんです。
ラリー車両規定に則すことになるので。

で、なんでダメなんだろうとちょろっと調べてみたら、どうやらカーボンクラッチってダメージ入りやすくて、シフトの多い環境だと割れてNG、
そうじゃなくてもある一定の負荷がかかると一気に滑っちゃって終わるとかあるらしいですな。
その辺の安全面から車両規定から外されてるみたいで。
あ、あとは削れたカーボンの粉が再付着しやすくて、それが滑りの原因になるって話だったかな?
Hシフトをシーケンシャルに切り替えるシフトノブキットがありますが、アレとは別の意味でNGのようです。
※そのシーケンシャルキットだと、つけてるつけてないでタイム差が激しく変わっちゃうから、という理由だったかと。

それ聞いてションボリして、使い切るまでは走行会封印状態にもってっちゃったわけですが…うん、たぶん入れ替えてももう通勤快速じゃないかなぁと(^^;

カッパーマックスツイン最初から入れればよかったじゃない、と思われるかもだけど、
前回の交換の時にはツインがまだなかったんですよね。
で、シングルの対応馬力が割と低くて、その頃目標にしていたチューニングを考えると、使い切る前にまた交換が嫌でw
で、今回の交換に至るんですが、やはりシングルは踏力で悩むのでツインにしようと。


あまり書かれることのないER34のクラッチですけども、ノーマルのシングルクラッチが結構重いんです。
ER34が納車されたときに「うん?」って思いましたからw
ノーマルよろしく半クラッチ容量が大きいのでそんなには困りませんでしたが、ノーマルの対応は10%増しくらいを見るのが妥当なところなので、チューニングの時点でNG。

初めての交換の時に選んだ「EXEDY ハイパーシングル」ですが、これはこれで今度はお店の方も困るくらい半クラッチ容量を確保するのに大変だったみたいで、ならしが終わるまで、手元に戻った後俺も相当な時間を慣れに費やす事に。
半月くらいでやっと意識しないで操作できるようになったみたいな。
初日なんて信号待ちからのスタートで困る操作性でした(^^;
(※慣らし終わるとこんなことはないんだけどね)
シングルだったんで踏力もすんごいことに。足が棒になるってこういうことかって思ったくらい。
…あれ覚えてると、対応馬力に収まっててもツインじゃないと困っちゃうw

それくらい、マルチプレートの踏力低いですよ?w

先にも書いたけど、その代わり半クラッチ容量は減っちゃいますが、確実に足の力で調整できますから。
とはいえ、必ず最初はエンストしますけどw


ちなみに、カーボンツインの方ですが、EXEDYではER34用は今ありません。
フィーリングとしてはエンジン振動が減るので、乗り心地がよかったです。
ただ…べらぼうに高い!;
次いらんと思ったもんなぁ;


というわけで、次は定番NISMOへ。
しかし、なぜNISMOのシングルが消えてツインだけになったのだろう?
カッパーミックスって半クラッチ性良さから人気あったと思ったけども…やはり踏力か?

そういやR31に乗ってた大学院の後輩がトリプルプレート入れてたんで、試しに乗らせてもらったことがあるんですが、
枚数増えるとより軽くなるってのは本当で、「トリプルってこんなに軽いの!?」って聞いちゃったくらいでしたw
まぁそんなのゼロヨンのヘヴィチューンしない限り縁がないですし…そもそも今はER34用であんま見かけないw
※余談だけども、そのトリプルプレートの初回発進でやっぱりエンストしました← 慣れって大事。


そんな感じで、直さないといろいろ移動できなくなるので困っちゃうので、直してからその後またインプレッションをしましょうw



なにやら直すお話が昨年から続きまくりな気がしますが、割と少ない方なんじゃないかな?うちのER34は。

とにかく、長く乗れるように大事にしませんとね


<2016/08/28 追記というか訂正>
カテゴリが今見たらRCになっててびっくり(笑
慌てて直しましたw
たまに設定したところからずれるんですよねぇ…ゲーミングマウスの方がたまに変な挙動するのでドライバかなぁ?
思ってもみないところがスライドしちゃうことがたまにあります。選択切れてなくてみたいな。
マウス、普通のでも良い感じだから、そのうち替えちゃうか…


<2016/08/30 追記>
さてさて、なんで商品変えちゃうのよ?的な交換劇になっていますが…うん、俺もこれ書いた後にもう一度メンテナンスキット見たりとかしてまして。

フライホイール側を再利用する場合、焼け具合、クラックの状況を見ないと痛い目に遭うそうです。
…金額的とかよりも、下手すると人体に影響の方で;;
調べてたら、ハードな使い方したものだと、フライホイール割れて車室内に飛び出してくることあるみたいですね;
さすがに今の俺の乗り方ではそこまでのダメージは入ってないの確実なので大丈夫だと言い切れますが(^^;
(読んだ記事では「レーシング中に」とありましたので、競技専用車両だと思います。)


で、EXEDYのサイトでカーボンDツインのメンテナンスキットの価格見たら…うん、工賃同じでNISMOの新品一式入れるのと同じ額になりました(ぇ
…入れるときも思ったけど、ほんと高いカーボンクラッチは!!;;
※逆にまだメンテして使える可能性を見いだしたので、たぶん引き取ってきますw

カッパーミックスだとクラッチディスク一枚の費用が25k程度ですが、なんとカーボンDツインのだと一枚55k!(うぇ~
しかも低μ素材なので圧着力上げないといけないから、わりかしコストパフォーマンスとしてはかなりの厄介者ですな;;
ストリート用じゃなくて、完全にコンペティション、それも専用車両用ですよこれ;

確かに半クラッチはものすごくやりやすいんですが、ちょっと維持的にキツすぎますね;
カッパーミックスだと価格抑えられるので、次回からは状況次第になりますけど、ディスクとカバーの交換で行こうかと。
※今までそうしてなかったのは、商品とっかえひっかえしてたからそうならなかっただけ。


ちなみに、ノーマルが終了したのでEXEDYシングルへ交換でしたが、当時のディーラー担当は「フライホイールも入れて交換じゃ無きゃダメです」と平然と嘘言う人でした(ぇ
うちのER34、ノーマルのころは競技走行してないの伝えてるのにこれです;
ていうか、競技走行しててもそうそう変わるもんじゃないはずですがねぇ…
※まだそいつ同じ営業所にいるから、そのディーラー絶対行かないんだけども←
  つかその担当、余罪がたっぷりまだ他にありまして、本社にクレーム入れたくらいですので。
  それでもただビビるだけで、営業所もなんの問題解決もしないってところで見切りました。
  すごいよね、説明できないのなんとかしてって言ってるだけなのに何もしないの。
  黙っていれば嘘で作業放置でもまかり通るなんてあり得ない考え方でしたから(ぇ
  ちなみに、その影響でノーマルシフトノブの取り付けのためのスナップリング下のパーツがが一枚無くなったままです(ぇ
  今はC'sクイックシフト入れてるから関係ないですが、作業しようとして気がつくまで放置されてました。
  自社製品の修理でおかしいところに気がつかないとかどんだけですか;
  (もう10年くらい前のお話です…おっと誰か来たようだ…?w)


あ、C'sクイックシフトを入れたの、本来の目的とは全然違ったりします(ぇ
ノーマルのストロークでカーステパンチしちゃうから、ってのも違いますw
うん、俺が背が低い関係で、1速入れたときに遠くなりすぎるんです。
つまり、手がちょっとのびきっちゃう…w
ちょうどその頃、カメラードが倒産した直後で、処分品が大量に安価で出たので、すかさず一本手に入れたのです。
もちろん自分でその後作業w

クイックシフトが全般的に今ありませんが、調べてみたらいろいろあったんですねぇ。
なるほど、6速ミッションではレバー比変更でバックが入れづらくなりすぎますか…
ちなみにER34のノーマル5速ミッションではさほど操作の重さに変化はありませんでした。
…まぁ、スポーツクラッチ入れてたからってのもありますけどもw

ただ、ノーマルシフトレバーの時は結構ノブに気を遣っていろいろ試しました。
重さ変えてみたり、樹脂にしてみたり。
最初はディーラーオプションのチタンノブつけてたんですが、真夏に火傷しそうなくらい熱くなるので結構なやみましたw
冬場は…真逆で冷たすぎて触れないwww

クイックシフトにしてからいろいろとっかえひっかえをまたやって、最終的にノーマルノブに。
不思議なもんで、あの重心ずらしてるのが良いのか、フィーリングが一番決まるんですね。
あ、でも今度ポッティング部分直してまたチタンつけてみようかな?
ストレート形状のノブですが、すっごく手に馴染んだんですよねぇ、あのオプションノブw
入りも良かったしw

ちょっと横道それちゃいましたが、こんな感じでまた楽しんじゃってる自分がいるなと思った追記でしたw


<2016/08/30 追記 その2>
さてさて、納期確認で予想外の展開が起きてしまったので(^^;
なんと、現時点でNISMO カッパーミックスツインの在庫がなく、入るのが9月末!(ぇ
さすがにその間に必要な走行が何度かありますので、これは痛すぎる!;

てなわけで、急遽商品変更をお願いして、お店の方に調べてもらい、
自分でもその間にできるだけ情報を集めて、価格差が小さく収まり、且つ在庫が存在した「HKS LA CLUTCH Twin Plate」へ。
EXEDYのメタルも額的には同じラインなんですが、2週間待ち。良い感じなんだけど…その前にやっぱり一回走らないといけなかったので残念。

すかさず電話しながら商品紹介ページでHKS見て、良さげなんでそちらへ。
気になる価格アップもなんとか許容範囲内へ収まったし、まぁこんなもんでしょう…
※いつの間にかHKSも新型クラッチに切り替えてて、それは厳しいと思ってたのが販売終わってましたw

うん、メンテナンス用の補修部品も割と価格抑えられるので良い感じですな。

あとは操作性だけの問題でしょう。
とはいえ、すでにシングルからツインまで10年以上扱ってきていますので、まぁ最初の慣れでエンストするくらいで終わっちゃいそうですw

しかし、ちょっと焦りましたなぁ;;
1ヶ月待つとは予想だにしませんでしたので。
NISMOのカッパーミックスって、海外メーカーのOEMみたいなので、在庫切れスポットにちょうどはまっちゃった感じでしょう。
なんというか、状況としてまた「そっちよりこっち使った方が良いよ?」の流れがまた状態で流れてきた感じなので、HKSクラッチのチョイスは間違いじゃないんじゃないかとうっすら考えてます。
※ほんとにこういう事で天然トラブル回避しちゃう事が多いんです俺w

てなわけで、考えてチョイスするほど、なぜかHKSのパーツで車が染まっていく不思議現象をまた浴びつつ、納品待ちになりました(笑

吸排気がすべてHKSのノーマルECU現車合わせなので、ひょっとしたら条件噛み合うかもしれませんねぇ…
これは楽しみかもしれないw


<2016/09/08 追記>
さて、本日ER34は作業のために3日間の入院へ行きましたw
お店行ったら、店の前にローダー来てたw

代車も俺の一番お気に入りの車種が。
90年代のアベニールですが、使い込まれた雰囲気とは想像も付かないほどの調子の良い車なんですな。
俺がその店ですべて任せる理由になってる車です。
うん、幸先が良いw

しかし、90年代後半の日産と、2000年代入ってからの日産で、どうしてこんなにもFFのステアリングの癖が違うんでしょうなぁ…
アベニールだとどの速度、回転角でもステアリングの重さが変わりませんが、なぜかブルーバード・シルフィは一定の舵角以上で重さがすこっと抜ける;
これ、同時期のマーチもそうなんですよね。乗ってて怖い。
エンジンフィールがシルフィの方がマイルドですが、基本日産の小型エンジンは元気(俺は「ぶんぶん丸と呼んでますw」)なのが多いので、あのステアリングフィールだけは不安になっちゃいます。
何が起るかわからないので。

その点では、アベニールってほんとバランス良いんだよなぁ。
ブレーキちょっと強いとぎったんばっこんしちゃうけどw
未だにちょっと欲しいなぁ、って思う車種ですねぇw

さて、そんでは3日後の新品クラッチを楽しみにw



<2016/09/10 追記>
無事にクラッチ交換が終わって、ER34が戻ってきました(・∀・)
HKS LA CLUTCH Twin Plate、凄く良いです(`・ω・´)

なんだろう?コンポジットディスクのイメージ間違ってたかな?って思うくらい。
思ってた以上に半クラッチ楽です。
しかも、当たり前といえば当たり前ですが、カバー圧着力がカーボンの1/2になったので、ホントに踏力いらない。

…うん、前の追記で出した、大学院の後輩のR31のトリプルプレートにそっくりな踏みごたえです。
アレも当時のHKSだったんじゃないのか…?w

それ以上に違うと感じたのは、なんと「エンジン音の音量差」!
店の駐車場出るときに窓全開にしてエアコンの効きを早めようとしたんですが、動き出してから違和感。
ええ、排気音がいないんです!(ぇ

やはりメーカー統一の影響なのか、車の動き出しのスムーズさ、極低速域の扱いやすいさと、エンジンバランスポイントの見直しが起きた結果なのでしょう。
あとは…うん、滑ってないからアクセル開けてる範囲が小さいのかもしれません。
エンジン音に関しては、びっくりしてしまうほどの「ノーマル」な感じの音量になりました。

そして、お店の車検担当の方のお話で一度聞かされている、「腕の良いショップに外注で頼んでます」という言葉の通り、作業をした方の腕が非常に良いのでしょう!
詳しくはわからないですが、相談すればそこへ行くのは決まってる感じなので、直接ではないですが今後も任せたい!


良いですねぇ……上品ですよ!(・∀・)
また街乗りが楽しくなりましたw

うん、ここまでHKSパーツが入りましたし、助手席エアバッグに当たらない位置へHKSのステッカーでも貼ろうかな?w



<2016/09/26 追記>
検索で「ER34 クイックシフト」があったようなので。

ちょっと前の追記でも書いてありますが、今の状況では、ほぼ新品のクイックシフトは無いと思います。
「シフトチェンジの時間を短くして、その分ステアリングに左手をまわせる」という触れ込みでしたが、
ミッションへのダメージが大きくなってしまうことが多いので、現在ではあまりやらないチューンだと思います。

もし、ER34前期のシフトレバーをクイックタイプにしたいのであれば、迷わずNISMOのソリッドシフトか、
ER34後期MTのシフトレバーに入れ替えてください。
確実にショート化しますので、同じような効果が得られます。
※後期MTレバーの場合は、ゴムが多分ソリッドシフトより若干柔らかいかもしれませんが
 NISMOもソリッドって言っておきながら、純正形状の強化タイプになってます。

カメラードのも実を言うとノーマル形状の変更タイプです。
完全に一本の金属棒ではありません。

というかですね、街乗り主体でたまにサーキット、という感じでしたら、一体型のシフトはおすすめしませんです;;
何しろ、ギヤに蹴られたとき、手首に全部ショックが伝わるので痛いと思うからです;

なので、シフトレバーそのものを変更しないにしろ、シフトノブにこだわった方が良いかなと思うのが、
長くER34乗ってきた自分としての、ある回答のような感じになってます。

実は今、ノーマルシフトノブから、最初に使っていたディーラーオプションのストレートタイプノブに戻してるんですが、
やはり重心位置が違うと、操作そのものがレーシーに寄って、割と「腕の力で入れる」という感じになります。
ノーマルノブだと、ノブの重さで入れやすくする感じが出ますので、好みに合わせて選ぶ感じですね。
…樹脂の球体タイプは…おすすめしません; ねじ込み過ぎると、すぐ割れます(ぇ
※それが多かったのか、最近あんまり樹脂もの見ないですけどね


あ、そうそう。
レバーだけ変えてノブがノーマルならそのままで問題ありませんが、
もしノブにシフトパターンが刻まれていないものへ付け替えるときは、シフトゲートの近くに「シフトパターン」のステッカーを必ず貼ってください。
法規で表示が義務づけられているので、車検通らなくなっちゃいますので;;
※俺も今回のノブ戻しのために、NISMOのシフトパターンプレートを再購入しました。


シフトレバーの交換、ちゃんとレバー比の事考えて選ばないと大変ですよー

スマートフォン専用ページを表示