So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp
前の10件 | -

旧型デイライト&オイルキャッチタンク取り外し [車]

今回も写真なし系。
ていうか、写真撮るまでもないからって感じですな。

えーとタイトルの通りなんですけども、日本で取り付け推奨が始まった頃に付けた古いデイライトを取り外しました。
というのも、前の車検(3年前かな?)あたりから、事前点検でたまに点滅するようになったらしく、指摘をそれから受けるようになったので、ちょいと面倒ならもう取ってしまおうかという感じで。
※簡単な話、バンパー外すときに手間がないようにするため、ユニットと直接つながっていたライト部分の配線をギボシ端子に変更していたので、そこが甘くなって点滅してるだけです。
 実際に故障はしていません。

まーね、今年の指定点検の時にも出ちゃったんですよ点滅。
で、その時の担当さん(いつもお願いしてる人じゃない)が、ちょいと法規的にあんまりわかってないかな?って印象があったので、面倒ならもうやめちゃおうと。
こっちから「その他灯火類で通るから、端子しっかり差し込めば直るよ?」って言って、「次の車検でNG食らうかもしれません」とかあんまり理解できてない表情で即答されちゃったので(^^;
※決して今回の店員さんが悪いわけではなく、割と曖昧な感じで食らう部分だってのもあるってことです。
 んまちょっと謎な行動多い方なんで、こっちでかなり意識して対応してますけども。
 大きいのはいつもお願いする方にしかしないようにしてます。トラブル出ないように←



俺が自信持って「大丈夫よ?」って言えるのは、付けていた古いデイライトの明るさが300cd以下の商品だったから。
つまり、「その他灯火類」でデイライトを取り付けるという運用で始まった頃の製品だったから、スイッチの有無も含めて問題なかったって話です。
もちろん俺も商品の説明通りにACC電源から直接点灯させるようにフェンダーの中通して配線しましたので。
※その他灯火類の場合、点滅しなければ色も赤以外なら何でもアリなんですな。
 あ、青紫と黄緑はフロントガラスの下端より下か。

取り付けていたのはナンバープレートの両脇なので、次の車検だろうと言われるわけもないのですわ。

が、古い←
どんだけ古いかというと、もう10年は付けてる(
おかげでレンズ傷だらけだし、おそらくLEDとはいえ輝度も下がってるでしょう。
見た目も大分宜しくなくなったので、ちょうど良いから外しちゃおうと。

もちろん、今回の取り外しを考えるにあたって(実はかなり前からはずそうと思ってた)、「今の車検でデイライトってどうなんだっけ?」みたいな部分も調べてたんですが、実はすっかり最新情報を落としてました←
(とはいえ、今年の車検前には知ってましたけどね)


詳しくいくと、2016年の秋に切り替わった灯火類の規定で「デイライト」が正式に追加になってます。
(つまり昨年の車検で問題なく通ってるので説明おかしいんですなホントは←)

きちんとした機能として認定されたデイライトの基準は次の通り。
ちなみに「昼間走行灯」という括りに。

・明るさは1440cd以下(つまりかなり明るくなった)
・他車の幻惑を起こさないこと
・灯火の色は白のみ
・損傷等がないこと(つまりどこかに当てて割れたら放置しちゃダメ)
・取り付けが確実であること
・レンズ面積が規定値に収まること
・ヘッドライトかフォグライトが点灯する時は消灯しなければならない

てな感じがざっと大まかなところ。
で、今回やっかいなのが、この基準を満たすデイライトを付ける場合、場所がある程度決まってるってことです。
ぶっちゃけ後付けの場合、左右のライトの間隔を開けて付ける場合、最初から設定のない車種だとバンパー加工必須になっちゃう。
…実は左右のユニットで600mm離さないとダメなんですよ、新基準のだと。
※つまり、300cd以下になる「その他灯火類」だと適用外なので色ついてて接近してても通るというわけ。


…面倒でしょー;
まぁ、車検場でダメだったらその他灯火類だとコネクタ引っこ抜いて消灯しっぱなしにしちゃえばいいんですけども←
ちなみに点滅するようなネオン管を付けてドレスアップをするのが10年くらい前に流行りましたが、アレは指摘受けたら「イベント用なんでスイッチで切り替えて停止時に使います」って説明できて、点滅できない方を見せておけば大体よかったのかな?
スポ根チューン流行ったときはよく見かけましたけども、最近はバンのカスタマイズ系の方が多いかな?


ホントは新基準ものの付けるの考えて、それの加工も一緒にお願いしようかな?って考えてもみたんですが、
別にそこまでしなくてもいいかってんでやめちゃう方が楽だなとw

で、コネクタ接続で全部付けてたんで、取り外し自体は30分もかからず。
エンジンルーム内に引き込んできていたACC線はとりあえずまとめて他に接触しないように処理。
※一応メスギボシにしてありますが、念のため折り返してケーブルにコネクタを直に結束バンドで固定して、嫌でも他に当たらないようにしておきましたw
 でも後でちゃんと全部撤去します。炎天下だったので日を分けた感じ。



そしてあんま上の話まとまってないけども、もう一つの方。

こっちは不測のトラブルの時のために汎用品で付けていたオイルキャッチタンクが、長く使ってきて全くいらない感じになってるのに気がついたので、サーキットも行くことほぼないので、行くようにまたなったら付ければいいや、でこちらも廃止することに。
まぁブローバイのリターンホースの割り込みなくなるだけなんでこれもそんなに難しい話でもなく。
今はもう生産終了なので手に入らない装備でなんですが、HKSのサクションフルパイピング入れてまして(このブログの最初の頃の方で付けたときの話してますなw)、どこから戻してるのかな?って見てみたら、割と深い位置で戻してて。
あ、これなら普段乗りなら吹き返しからドバッと表に来ることはないかなって感じだったので、思い切って。

外したオイルキャッチタンクも確認してみましたが、熱が当たって確認用チューブが変色していた以外は全く何も変化なく。
これも10年くらい付けてて一滴もオイル入らないってんじゃいらんなと(^^;

ちなみにフルパイピング入れる前では、このオイルキャッチタンクを付けることで相当レスポンスよくなってたので、それなりに圧力来てて影響あったんだなって思いましたが、
フルパイピングの方ではさすがにその辺見ているのか、外した後の走行でもフィーリングに変化はほとんど影響ありませんでした。
さすがだよねぇ…


で、この両者を取り外して一番違うなって思ったのは、やはりACC電源から光らせていたデイライトがなくなったことで、更に電圧変動がなくなったことでしょうな。
どうしてもキャパシティ的に引っ張られる部分はあるはずなので、ちょっとしたタイミングで電圧の落ち込みみたいな部分を感じていましたが、やはりそれが減るのか、いつも「あ、ちょっとツキが足りてない」って時でも息切れせずに乗れる感じで助かります。

あとは…やっぱりでっかいオイルキャッチタンクだったからか、エンジンルーム内の空気の流れが変わって、オイルや水温の上昇が若干遅くなったかも。
あと、フロントの動きがちょっと違う。
「んなアホな;」って思うでしょうが、実はエンジンルーム内の空気の流れを整えると燃費よくなります。
その証拠に、昨今の高級車のエンジンフード上げると、大体整流板が一枚どーんと展開してあると思います。
ラジエターサポートの上に付ける整流板だけでも相当違うので、気になる方はやってみると良いかもw
…俺も入れようかな



てなわけで、相変わらず駐車場監視は続けながらで何とかしたいなと思いつつですが、
やっぱり車って愛着の部分もあるけど、いろいろ楽しいなって思います。


今年はやらないけども、来年は電動SUPER HICASを外します。
年相応で来てしまう話からトラブルフリーを目指して。


コメント(0) 

七夕ロビー→アークマ常設<PSO2> [ゲーム]

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

今年も七夕終わりまして。
pso20180708_021017_008.jpg
SS撮ってなかったので慌てて撮りに行ったら緊急アナウンスで天井赤い(

んまそんなことは兎も角、現状をば。
とりあえずレベル上げ状況としては、Hu・Fi・Br・Bo・RaまではLv.85に到達させて、今はGuを上げているところ。
思ってるよりは早い感じで上げられてるかな?
Raやってて、秋くらいの予定でスキルに入るのわかっててLリングのステップジャンプ作ってGuまで使ってたり。
Raの動き若干忘れ気味でしたが、Guはなんか実装当時からちょっと好みだったからか覚えてたりと不思議な感覚でプレイしてますな。

そんな中、初めてまだ旬な状態で☆14入手できまして。

pso20180708_021417_013.jpg

エターナルサイコドライブなので、Foやるときにでも使えるようにしてみますか。
これがドロップしたときの状況がちょっと面白かったんですなw
緊急の「創世導く母なる神」でドロップしたんですが、同じ部屋に最近他のゲームではやりの「メジェド様」を作ってたキャラの方がいまして、その方が大箱割る直前に「14でませい」って言った後に割って俺に落ちるという(
「いやいやそれはメジェド様側に落ちるのが普通だろう;」とか思いながらも、なんと一緒のPTだったチームリーダーも他の拾ってるし何この状況、とw
※メジェド様のありがたい御利益と言うことで。(メジェド様本来そういう役目じゃない←)
(2018/07/10追記:その後メジェド様いなかったけど、カザミノタチ手に入れました。ちょっと運出てきた?w)

このママンからデウスエスカの緊急はやってて前みたいな怖いラグとか変な処理がほぼないので楽しめてます。
むしろレベル上げでみんな望んでいるからか若干長めの攻略になるので、その対応で楽しんでる感じですか。
ただこの二つのレイドボスでは、俺ちょっと動きで対応しきれる自信がない部分があるので、BoかHrで望むようにしています。現状はHrばっかり。
他の職だとちょっとタイミング見られていても反応できる自信が;


さて、先週から始まってる「空中遊園アークマランド」ですが、ほぼ毎日籠もってます。
おかげでたくさんホムラシリーズいただいておりますが…残念ながらユニット系はあんまり拝めず。
どちらかというとコレクトシートでバジリスが再び来ているので、以前取れなかったのをここぞとばかりに3種入手、完成させました。
バジリスディソニア欲しかったんですよー!
傍らで実はホムラノフシチョウも手に入れてるんですけども。
でもって、今まで使ってたスカジラーススカルがお役御免に。

でもって、この手のグルグル回りながらやってくクエストはやっぱり好きなので楽しいですなw
ただ、やってて「嘘やろーなぜ埋まらん;;」って続いたのでびっくりした今回のビンゴ。
何度もやってみてたらなんと「単純に指定の通常エネミーが出てきてなかった」という(ぇ
※ビンゴ裏に入るまでその状態だったんだから、どんだけレアエネミー側で進んだんだよと(

とりあえずビンゴ裏もあと4つ埋まれば終わるくらいにはなってるんですが、どうやらこれアークマランドのステージ変化対応みたいですな。
俺てっきり最初「エンドレスクエストもよろしくね」かと思ってた←


あとは今月末のアプデで来るアプレンティス戦がどうなるのかが楽しみですな。
アプレンティスフォームもあるようですので、どんな技出るのか今から気になってます。


そうそう、エルダーフォームとルーサーフォームですが、エルダーは後一回り上げてやれば全部最高レベルへ、ルーサーフォームも後半状態です。
他の方の表示方法とかでオーラ表示見ましたけども、ルーサーフォームに関してはオーラ表示の方がかっこいいかもしれませんな。
まだ弄ってないので今度試してみよう。



コメント(0) 

Kamikaze YD-2 アルミギヤボックスとTN Racingのダンパートップキャップのネジ [RC]

はい、これまでのYD-2記事では扱わないよーって宣言してたあのギヤボックス、ついに手を出しましたので改めて、しかもYD-2Sのお話が定着してる今頃になってお送りいたします(笑

入手したのはPallasのサーボ発熱問題検証よりもちょっと前。
少し他にやることがいろいろあったのと、調整用のパーツ調達とかで時間かけておりました。
で、先日やっと組み付けを済ませましたので、記事に。

DSC_0149.JPG
んま、YD-2使いならご存じのアルミギヤボックスですな。
KamikazeさんがTEAM DCとコラボして販売してる商品です。
某RCブログやyoutubeチャンネルでも紹介されました。
俺も「あの方」のチャンネルで紹介見て国内販売を知りました。

ぶっちゃけ、TEAM DCと何が違うか?って言ったら「Kamikazeロゴが追加されただけ」ですw
※でもね、これが大事なところで、国内正規流通品のサポートはKamikazeロゴものだけなので、
 何かあったときに相談できるのは確実にこちらだよって事です。
 個人輸入できる人は価格差に驚いちゃうでしょうが、ロゴ入れと送料考えると結構妥当です。
 ちなみに並行輸入ものは非サポートとしっかり出ていますので、トラブル発生時に英語でやりとりできる自信がある方のみ、直接購入とかしてみると良いんじゃないでしょうか。
 とはいえ、まだKamikazeさんの直販にも在庫ありますので、欲しい方はそっちで行くのが速く手に入るかもです。
 (俺はスーパーラジコンの在庫押さえましたがw)


ん、まぁもう特筆する事ってそんなにないですけども、一応。
これを導入するのは、リア荷重を増やすことで、基本トラクションを上げておきましょうって事ですな。
確かにノーマルの樹脂ギヤボックスから交換すると相当重くなります。

で、組み付け中の写真はありませんが、シムでガタ取りするくらいしかないので割愛しました。

ガタ取りする部分は、トップシャフト(スパーギヤのつくシャフトね)とファイナルに当たるデフだけ。

とりあえず樹脂ギヤボックスでガタ取りしたときのシムの量で(これでガタなしでした)入れてみたら、
デフが左右にガタが増え、トップシャフトは逆にシムが厚すぎて回らない状態になりました。
というわけで、各部位のシムを以下のように変化。

トップシャフト:0.33mm厚シム→0.25mm厚シム
デフギヤ   :左右0.1mmを1枚ずつ→2枚ずつ

これでスルッスルに。
これ、同じ事をしても多分個体差があるので合致しない状態になると思います。
そのために、Φ5mmシムセットとΦ10mmシムセットを別途用意しましょう。
基本はベアリング支持の両端で同量ずついれるのですが、俺は今回はトップシャフトだけスパーギヤ側のみの適用をしています。

2個の中継ギヤに関してはあまり気にしなくて良いかもです。
厳密に言えばやった方が良いんですが、確認がしづらいので、若干の力の逃がしと捉えておけば問題ないかと思われます。
一応内部にモールドがありますので、ギヤが内壁に接触することはありません
トップギヤも形状から接触しませんので。


で、どれだけ雰囲気変わるかなってお話ししておくと、ガタ取りしたのもありますが、樹脂ギヤボックスと比べても静音化が進みます。
そんな感じで、無事組立てられたのでシャシーへ。

と、ここで問題。
後日パーツ変更かかると思うので(一部ぼやかして)書いてしまいますが、
実はリアサスマウントF側に、とある調整機構を増やすと言うことでActive HobbyのYD-4用サスマウントを使っていました。
で、PallasはKamikazeのRR化キットを載せているので、樹脂ギヤボックスでもスタビ取り付け部が干渉するのでギヤボックス側を削っていまして…

ええ、今回も同じところが干渉するのです。
樹脂ギヤボックスと比べると、アルミギヤボックスの方が若干スタビ取り付け部の位置が高いのですが、それでもちょっとだけ干渉しちゃう。
仕方がないので、リアトーを0度に設定していたので、前後入れ替えて取り付けることに。
で、こうなるとまた困るのが…そう、リアバンパーが付けられない;
どこかでOverDoseのアジャスタブルタイプに交換するか、yokomoの選択式に入れ替えるかするかな?


って事で、現状はこんな感じで搭載されております。
DSC_0151.JPG


で、ここの組み直しで確信したんだけども…やっぱりこのKamikazeコンバージョン1.1、リアサスマウントF側の取り付け穴、右側が0.5mm前方へずれてますw
組んでておかしいなーって思ったんですけどやっぱりみたいな(サスアームピンのスペーサーで調整できます)。
先ほどショップの写真見て確認してみましたが同じようにずれてるので、元からですねこれ。
ま、この辺はホビーRCならではの修正の楽しみなのでおk。

あとはテストですなw


で。
これは今回の車体とは関係ないんだけど、確実に「これを使え」がわかったので書いておきましょう。

TN Racing YD-2アルミダンパー用ダンパートップキャップ。
あのダンパーエンドとかを利用して、簡易車高調整機構を追加する部品ですな。

この部品を組むときに、BD-8用の大きいボールを使うダンパーエンドを使う場合、短いのでネジどれつかうか悩むと思います。
で、いろいろやってみた結果、これは「M3×8皿ビス」以外使えません。
これ、ボールエンドのネジ穴の深さから、8mmのビスを使わないと、余剰分が長すぎてボールを掴むところに圧迫を作ってしまい、動きが渋くなります。
部品を観察してみましたが、どの長さのBD-8用エンドを使っても(スタンダードでもショートでもです)、ネジ込む深さが一緒なので全く同じ症状になります。
上記ビスサイズを使うことで、最短状態で圧迫が出なくなるので、ダンパーがスムーズに動くようになります。

おそらく、DIB用でも同じくらいじゃないかな?

というわけで、このネタどこに使ったのよ?ってなると思いますがw
これはTN Racing ドリパケ リバースプログレッシブのダンパーに適用しました。
長さ的にフロントシーソーが使えなくなってしまったので、ちょっとしたアプローチ違いの組み込みを考えていたりしますが、最初にケツカキでカウンターできてたときもシーソーやってなかったので、多分このまま上手くいくんじゃないかなーって思ってたり。

ってことで、こちらもテストですなw

しかし…今年になってヨコドリ、エントリークラスから車両規定が大変更でTNシャシー使えるようになってるっぽいので、慌てて対応に戻してる感じです(
当然、テストの間もなくネコデフ廃止(ぇー
悔しいので、前オソギヤのワンウェイに2.0倍ケツカキ組み合わせてやりました(ぉぃ

後はホイールとタイヤを新調して。
DRAでやらないと後で調整難しそうですので。
RPホイールで何とか考えていかなければ…


ってことで、近いうちに走らせませんとねw

コメント(0) 

スネアを組む [音楽関連]

さて、今回のはちょっと今までとは違う楽器弄り系。

この2ヶ月ほどで、2個の中古のスネアシェルを安く購入していました。

DSC_0092.JPG
DSC_0146.JPG

こんな感じで。
なんとほぼ使ってないシェルなんですよw

上の写真がTAMAの「PAL355AN」、下の写真がPearlの「STS1465」。
型番がわからないみたいな出品でしたが、実はこの2つはずっと中古出ないか見ていたものだったので、すぐにわかって入手に走った感じですな。
特にSTS1465は元々スタジオの定番設置モデルで、使い勝手良かったのでLM402と天秤にかけるほどの位置で見ていたモデルでして。
PAL355ANはここへ来てアルミシェルの有効性に気がついたので押さえた感じですな。

現段階で、STS1465はいろいろ他で入り用だったのでパーツ発注を後回しにし、今はPAL355ANの組立て部品発注からの不足部品待ち状態です。
ラグとストレイナー、バットは標準パーツがすぐ手に入ったんですが、フープでちょっといたずら心でサウンドアークフープを選んだら、見事にバックオーダー待ちで組立て待たされてる状態です(笑

ま、とりあえず今月中には組み上がるのわかってるので、それが終わり次第STS1465の部品発注をしようかなと。

この辺、物がわかってるだけに狙いを付けて作っていけるので、ちょっと楽しみですなw

ドラマーは込んでくるとスネアが増えると言いますが…俺も例外に漏れず、スネアは妙に気になって音色違いをそろえたがる状態になってしましました。
悪いことではないんだけど…置き場所(白目

でも、初代センシトーンスチールを本気で探していたので(なぜか中古の球数少ないんです)、ほぼ使用していないシェルに出会えたのはラッキーだったなぁと思います。
こういうのも縁がないと見つけられないので、即断して良かったなーって思ってますな。


というわけで、モデル名わかってるのに、ちょいちょい違うパーツ入れるという予定なので、結局半オリジナル状態になるんじゃないかと思いつつのお話で、後日談をお届けすることになるやもしれません。

「こうしたい」の幅を増やすための装備として、きちんと作り上げなければ(`・ω・´)


<2018/07/08 追記>
PAL355ANのほう、フープが月末予定だったのですが、前倒しで納品があったようで手元に残りの注文が届いたので、組み上げました。
STS1465が完成してからまとめて記事にする予定なので詳細はまた後日格と思いますが、サウンドアークフープにこだわって入荷待ちしたのは正解でした。
見事に俺の欲しいまとまり方へ落ち着いたので大満足です。

あと、初めて42本線スナッピーが標準のスネアだったので入れたんですが、これ良い意味で俺が思ってたようなものじゃなかったです;
バラバラうるさいんじゃないかって思って今まで敬遠していたんですが、凄くまとまってバズ音出すんですね。
啼きも少ないので扱いやすかったです。
PAL355ANではこれ固定になりそうです。

というわけで、STS1465に使うパーツもこれで傾向が決まったので、後日発注かけようかと思います。
多分FAT TONE HOOPだろうな、この感じだと。
スナッピーはちょっといいやつ入れよう。
元がエントリーモデルなんだけど、化けるんだこいつは。

コメント(0) 

SENNHEISER CX 6.00 BT [音楽関連]

最近ちょっと更新遅れ気味ですが。
直近では4年前から使っているFILCOのキーボードのキートップが摩耗してフィーリングが悪くなったので、交換用キートップセットを購入して入れ替えました。
キースイッチは今のところ問題ないし、新しいキートップ付けただけで新品のフィーリングが戻るので良い感じだなと。
…しかしまー見た目にはそんなに減った感じしなかったんですが、指先が拾ってくるあたり、人間の感覚とはかくも繊細なのかと改めて思いましたな。
このキートップで交換時期が来たとき、次のキーボードに乗り換えようかなと。
実質8年は引っ張れると思うと、FILCO製品耐久性良いなぁと思う次第。
(その前にキースイッチがダメになったとしても、実はMXの茶軸を単独で買えば、半田作業さえできれば交換できるんですけども、さすがにメンテとはいえ108個入れ替えるとかだと買った方が安そうですしw)

ま、そんなことは兎も角。

先日までDZATの安いイヤホン(前にレビューした商品ですな)を使っていたのですが、
「まぁ有線のイヤホンで問題ないからいいや」みたいな感じで過ごしていたのが、ちょっと電車に乗って移動中に突然「あ、煩わしい;」に切り替わってしまい、一月ほどワイヤレスイヤホン導入するかで考えてきました。

ちょうどe-イヤホンへ行けるタイミングができたので、友人とともに最新BLUETOOTHモデルを物色。

いろいろ試した結果、タイトルにもある「SENNHEISER CX 6.00 BT」に決定。

DSC_0147.JPG
※ちょっとフラッシュで飛んじゃったけども;

手前でSONYの5k周辺の安い方も試してみたんですが、びっくりするほど音質ダメで選ばず。
同じSENNHEISERでも同価格だとビットノイズのようなジャリジャリが存在するので聞くにちょっと耐えない。
5k周辺でのモデルではPioneer SE-C7BTかなと。

で、ちょいと上で10k周辺を聞き比べてみることにして…
最初にこれかな?となったのがJBL E25BT。

一応候補としてこの2つを入れつつ。
SE-C7BTはパイオニアらしいデジタルに強い音色かな?比較的ブーストも少なめで素直、
E25BTは全域にわたってスムーズな再生の印象ですが、若干低音がなめらかに大きい感じ。

そして、上の「CX 6.00 BT」を試して、ここでほぼ決定に。
(ほぼ決定になったのは完全ワイヤレス、つまりケーブルすらないモデルまで試したかったから)

CX 6.00 BTは、一発で聞いて「あ、SENNHEISERだ!」って思うほど素直にSENNHEISERの傾向が強く出ているけれど(クセの少ない再生特性)、低音がなくなるほどでもないというバランスの良さ。
何しろ親の使っていたステレオの横にあったヘッドフォンで小さい頃から聞き慣れた再生だったので、落ち着くことこの上ないというか。
※割とレビューで高音が目立つというお話を見ますが、イヤーピースが小さいとこうなりやすいので、適切な大きさのイヤーピースにしていないと低音は消える傾向にカナルタイプはなりますので注意。
 逆に耳に対して大きすぎるイヤーピースを付けると低音が暴れます

その後、その場でSONY WF-1000Xも試したのですが、なんか上手くXperia Z3とペアリングができず、同行した友人の持ち物で後ほどチェックへ(結局忘れてしてないんだけど←)

というわけで、CX 6.00 BTを買うことに決定。

このモデル、8台までペアリング設定できるので、自宅にいるときはBLUETOOTH搭載PCと連携しても良いし、複数のポーダブル機器とつないでも良い。
おまけに一応ハンズフリー対応なので、電話にも出ることができるので便利。
※俺あんまりそういう使い方しないけども←


何より、SENNHEISERがこの価格帯でこれだけのイヤホンを出してくるのかとびっくりしたって印象でしたな。
俺の持ってるSENNHEISERイメージって、高級ヘッドフォンの世界でしたから…

店頭で再生能力(特に周波数特性)の表示がなかったので、家に着いてからメーカーサイトで調べたのですが、ハイレゾ対応じゃなくても一応21kHzまで出力するので、実用面においては少し広めかなと。
ハイレゾ音源流してみても違和感のない再生なので、これで良い感じなんじゃないかなと思います。

普段使い用としてはなかなかの物が買えたので満足かな?w
ちょっと初めてのBLUETOOTHモデルなのでAptXとかよくわからないのですが、遅延はホントに少ないです。
まぁ…後で調べてみたら割と当たり前に昨今のモデルは対応しているようなので、気にするほどではないのかもしれませんな


でもって番外編みたいなのですが、いろいろ見ていく中でとても価格的に頑張った商品見つけて、しかも音質悪くないのがあったので。
「VAVA VA-BH001 TrueWirelessEarphone」。
7kちょうどくらいの完全ワイヤレスモデルなんですが、これが予想外の良さw
電池の持ちと接続強度に問題ありな感じですけども、ヘヴィユースではないのならこれはアリだなと思いました。
割と長く聴くとかあるのならちょっと選びにくいですけども;


コメント(0) 

強化ヴァーダー<PSO2> [ゲーム]

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

ん、例のごとく初日の時間には間に合わなかったので、2日目の夜のからやってみました強化ヴァーダー。

pso20180614_232626_001.jpg
※なぜかまたctrl+PrintScreenが動かない謎現象だったので、他キャラの名前のところ消してます
 メッセージウィンドウに2人消し忘れありますけど、その方はPT一緒だったチムメンです(消し忘れゴメン


Lv.80なのはこの緊急の前の雨風でFiがLv.85に到達したので、Brになってるから。

うん。たった一回(それでも一応5回回れましたが)の参加でしたがもうやる気しない。
理由はたった一つ。上の画像でわかると思います。

そう、「カメラワーク考えてない上に雑魚攻撃が見えない位置が多すぎて話にならん」のです;

3戦目までに4ペロ。いずれも「何の攻撃が原因かわからない」。
先に言っておくと、また「表示前被弾」が相当数あって「今の当たってないだろうよ?;」が多発。
これじゃ近接職の場合、傾向が全く見られないので対策の施しようが無い(--;
加えて、今回のはどうやらボード系ユニットか多スロ武器に特化したドロップのようなので、クリア時大箱から出るドロップが半分以上コモンという状態。

うん…ノンブーストで5sが5回回って1個なんて状態になってました俺。
ボード系は…うん、俺はあんまり出るとは思ってないところもあるので考えてません。

とにかく、見えてて避けられる攻撃はある物の、上のような位置関係だとミサイルの着弾位置すら見えないので、吐き出された雑魚の攻撃と一緒にミサイルで同時3HITとかもあってゲンナリしきりました…
おまけに見えないから見えるところ行こうとして移動したら足下無くて下に落ちてるとか凄い回数になるし…

が、この戦闘内容で頑張った割には爽快感が全くないし、正直無理矢理攻撃当てられてる感が半端ないし、
回数床ペロすると周りの人に悪いという気持ちが先行してしまって全く楽しめませんでした…;

てことで、強化版ヴァーダーはアプレンティス封印以来のスルーすることに決めました。
やっててストレスだけしか感じないってもう嫌…;


自分がBr下手なのもあるのかもしれないけれど…雨風の方メインに回ります。


こんなに途中で「やめていい?;」って思いながらやったの初めてだわ…
※以前言った「作業」系ですこのタイプが。
 全く面白くないんですよねこうなると。


てことで、あんまりにも面白くなかったんでネガティブしか書けてない感じでごめんなさいです;
それくらい良いところ見つけられなかったよ…;


そういやロックオンがうまくかからずに明後日にPAが飛んでいくのに苦しんだんですけども、
チームリーダーから「肩越しの方が良いよ」ってアドバイスもらったものの…コントローラーで肩越し入ると移動がまともにできないんできっついんですよねぇ…;



<2018/06/18 追記>
先ほど、2時の予告緊急でオメガファルスルーサー参加してきて激怒入ってしまったのでクーリング的に;

あのね、本気で人を呼び戻そうって思うんだったら、攻撃判定と攻撃モーションの一致をやらないとダメだと思います;
…うん、そうなんですよ。びっくりするくらい同期が合わない状態で、この前から言ってる「カタストロフィ・レイ」の挙動がついに最悪パターン出まして。
どうなったと思うよ?;;
「表示前からダメージ判定入って、表示されたと思ったら2回目の回転側の攻撃範囲表示とともに2回目の被弾、更に正しい時間の範囲攻撃表示とともに3段目」ですわ。
避ける以前の問題ですこれ。

しかも、影響出てる人と出てない人とで真面目にフィールド上での動きに差が見えるほどの酷さで。
うん、俺と一緒に大ダメージで倒れた人、その後も変な被弾でボッコボコにされてるんです。
で、俺が今回一番酷くて、追尾攻撃を人から離れた場所へ引きつけて逃げようとしたら、判定先で表示後という状態で逃げられない状態になっちゃって、余計なペロに誘導された形に。

これさ、マジでPS4の挙動が速いの問題だと思うよ?;
公式発表の話ひっくり返すと「負荷が大きくかからない時に影響が出る」なので、明らかにレイドボス戦の時は影響大きくなるはずなんです。

だって……本気で雨風全く問題ないからね。
条件としては間違いなく当てはまるわけですから。

とりあえず「同期をしっかり見直してくれ」と要望で速攻入れてきました。
このままじゃ話にならん。
※アンケートにも同様の話は書いてるんですけどね。


で、更に酷いのが、こういう状態で接続しっぱなしだと、カヅチ襲来がやっててものすごくキツい;
緊急の後にボーナスキーが出てたんでやってきたんですが、頭の当たり判定が出なくて攻撃が全く入らないのですわ;
ぜーんぶ胴体に行ってしまうので、最初に壊さなきゃいけないポン・デ・リング(←ぉぃ)が壊せないことこの上ない;
しかも…Brのガードが…入らない;;
緊急で変なプレイさせられた影響で頭に血が上ってるんで、もーストレスマッハ。
※カヅチ襲来が悪いわけじゃない(笑


今回のが昨年の今頃と違うのは、その後のファイルチェックで修復ファイルが出ないことくらい。


本気でちゃんと人をとどめたいなら、この辺のプレイアビリティを下げないことが重要だと俺は思いますな。

ていうか、俺がこんだけ文句言うのはっきり言って普通じゃないよ;
いつもなら「あかんかったー;」「しもた今のはやってはイカン」とかだもの。
そうじゃないもんこれ。コントローラー持ったまま、ボタン押す前に堕とされてるんだから;
まともじゃなさ過ぎますて;

動作チェック班として、外部から接続して状態を見続ける人ら用意した方が良いんじゃないのか?;

コメント(0) 

電動SUPER HICASのキャンセル(実行はしていない) [車]

いろいろ調べていたらちょっとびっくりしたので。

日産のスポーツカー系ではおなじみだった装備の「HICAS」関連のお話ですな。
後輪が操舵することで応答性を高めたり、緊急操作でも破綻しないようにできた装備です。
※R31の頃は小学生だったんですが、当時初めてお目見えしたときには「スゲー!」って思ったもんです。

まぁR34に限らず後輪操舵機能のついた車両をお持ちの方で、スポーツ走行経験があればわかると思うんですが、スピードが高いほどインフォメーションにズレが出て気持ちが悪いって言われちゃう装備でもあります。
で、構造変更必要だったんですが、2000年代は「HICASキャンセルロッド」ってのがものすごく人気を出しまして、ドリフトだけにとどまらずサーキット走行の必需品とまで言われたもんです。
…構造変更なんで「改」つくから保険の関係で俺はずっと触らなかったところですな;
(高速走ってても「一枚内側に勝手に行く」ので、ホントはキャンセルしたかったんだけどね;)

で、R34の場合は「電動SUPER HICAS」がついてるんですが……うちのは幸い故障はしてないけど、もしトラブルが出て交換が出ると40万円コースというとんでもない装備でもありまして。
価格がとんでもなかったからなのか、それとも修理あんまり無かったのか、壊れても「改」つくぐらいならキャンセルしたのが多かったのか、なんと修理部品も生産終わってるという問題がある箇所でもあります(白目

うん……大丈夫とはいえ20年選手なので悩ましいよね?;

日々、こうやって延命処置みたいなチューニングも情報かき集めながらなんですが、そんな中(もったいぶってここまで引っ張ってるけど)車検の内容が変わってることに3年経って気がついたという(ぇ


ええ!これはスカイラインやシルビア乗りには朗報ですよ!

「HICASキャンセルは構造変更対象外になった」という。(2015年4月かららしいです)

正しく言うと、「操舵軸数変更(4WS←→2WS)」は今でも構造変更対象なんですけども、
「乗車定員10 人以下の乗用自動車に備える油圧、電力などで作動する後輪の操舵機構を取外し2WS としたものは改造届出を要さないものとする。」って但し書きがくっついたんです!

見た目的に言えば、ワンボックスカーより小さい車だったら後輪操舵装置取り外して良いって事。
…これはびっくりしたよ、うん。
だって、HICAS壊れて修理できなかったら「改」付き確定だったんだから。

てことで、検査対象外なので外されてても見られない事になってるようですが、肝心な商品は縮小しまくってしかもそこ拾ってないのか各社「競技専用部品」のままです(ぇ
※CUSCOさんその他パーツサプライヤーさん気づいてー!!てかNISMO知ってるなら作ってくれー!w


というわけで、別に気にされないので市販品でキャンセルロッドやHICAS車用ドラッグロッドで対応できるのがわかったわけですが…まだ問題が残ってる。


ええ、この変更が為された時にはまだ無かったんですよね、今の「警告灯」確認。

そうです、HICASユニットを外すって事は「HICAS警告灯」が点きっぱなしになってしまう。
これ車検大丈夫なの?;って話ですな。
※消すだけなら昔からある東名パワードの「アレ」付ければ良いんですけども
 ちなみに該当部分の電球抜くのは問答無用でダメです。


…ん?「該当部分」って思った方鋭い。
これ書く前に俺も相当調べてやっとわかったよ;

実は警告灯消灯確認の項目なんですが、「点灯→消灯」を確認する部分が決まってます。
昨年の今頃、俺が必死にやってた話にもつながってるので、1周回ってやっと理解できたみたい話でしたがw

で、検査でチェックされる警告灯は次の5種類。

「前方エアバッグ、側方エアバッグ、ブレーキ(パーキングブレーキ引くと点くやつ)、ABS、原動機(エンジン)」

パーキングブレーキの警告灯に関しては教習所での話を覚えてるかですが、パーキングブレーキ下ろしてる状態で点灯するときは、ブレーキの油圧系統に異常があるときですな。
オイル無いぞーとか。
ちなみにABS系統は別センサーなのでブレーキ故障とは別個に扱ってるのでこうなると。

エアバッグに関しては、車両年式で運転席だけとか、運転席+助手席だけとかありますので、車両で数変わると思います。
※ER34に関しては、中期から後期の車両でサイドエアバッグ装備になりましたので、前期以外は警告灯増えてるかもしれませんな。

エンジンチェックランプはもう言うに及ばず点いたら走れんぞなもし;
問題あるから点いて、走れたとしても危なっかしい状態だからね;

てことは…そうです。「HICAS」の警告灯って検査対象じゃない!!
つまりユニット外して点灯しっぱなしでも問題ないって事ですな。
※グレー残すとなると項目外でも安全性に問題があると判断された場合は車検続行できない例もあるらしいって事ですが。
 でも、HICAS自体は外して問題ないって話になってるので、おそらく「後輪操舵なくしました」で通っちゃうだろうね


うん…条件揃って説明もできる状態がちゃんと揃った。


これなら俺は迷わずCUSCOのドラッグロッド選んで付けます。
その方が運転してて安心できるので。
おまけにメンテも楽になる。
多分タイヤの保ちにも変化あるんじゃないかな?
※なぜCUSCOなのかというと、このメーカーは大体先にダートトライアルやラリー用作るので、強度高めの印象があるからなのですな
 調整式アームが構造変更必要なければ、間違いなくCUSCOで足回り全部入れ替えてると思います俺。
 その証拠に、ピロテンションロッドとテンションロッド補強バーはCUSCOついてます。


というわけで、今年はちょっと違う処置をしなきゃいけないのでやれないだろうけれど、金額的には大きくないので近いうちにやりたいなーって思う変更箇所になりました。
リアの横グリップのインフォメーションが弱めなのが唯一の不満点でもあったので、それの解消できるだろうし。

ER34、ホントに乗れなくなるまで守っていきますぜよ(`・ω・´)


<2018/06/24 追記>
行きつけのお店に法定点検予約入れたときにこの話をしてみて、やれるかどうか聞いてみまして。
やっぱり思った通りの内容で、俺の住んでる地域の車検では問題なく構造変更なしで通せることがわかりました。
で、気になるのは警告灯が点灯しっぱなしになるのが下手するとグレーかもしれないので、そこは潰しておきましょうということで、東名パワードの商品も併せて使う感じになるでしょう。

いやーこれは助かるなぁ。
修理するのに部品がすでにないのわかってる箇所なので、変えられるときに変えておきたいと思います。


コメント(0) 

カーナビとハイレゾ対応 [車]

んー今回は珍しく実戦してないお話。

いやまぁ、今使ってるカーナビ(あえて機種とかひかえますな)なんだけども、
マップの更新スケジュール見てみたら、徐々に近年下の方へ下がっていって、もうすぐバージョンアップ終了の兆しが見えてきたなって思うようになってきたので。
※2011年に買い換えて、そこからバージョンアップで対応してました
 もう3代目か。
 最初が日産専用純正ナビ(ホログラフィックシステムのCDナビだよw)→配線引き直しで社外へ
 →バージョンアップ終了で今のモデルへ


うん、スマホが普及して、アプリでナビゲーションソフトが最近は充実してきたので、割とどっち選ぶのが今後良いのか過渡期に入ってきてるなって思ってるんですわ。

で、うちのバンドのギタリストは、俺んちに来るのにiPhoneでGoogleマップのナビ使って来ます。
まぁ、チューニングしたホンダ・ビートなんで、メーター埋め込んだ関係で2DIN使えないという(
んま、見てると全くiPhoneで事足りてるようなので、それでもいいんだなって。

んがしかし、俺、車の中でメタル聴くんですよね(

となると、スマホでやるんだとするとまずはUSBで電源確保できる状態と、オーディオデッキは必須なわけで。
……うーん;あとは肝心なポイントとなるハンズフリー処理どうすんのさ的な。
Bluetoothヘッドセットを耳に付けっぱなしとか、運転中に頭痛くなりそうですし;

で、調べていくうちに、現状ではまだ2DINに納めるのが得策だなって感じに落ち着いてはいるんですが。

そう、タイトルの通り、今から入れ替える(とはいえ多分2年は先だ)とすると、もう今年のモデルでは当たり前にオーディオ側で「ハイレゾ対応」が謳われてるんですよ。


そうなると出てくる問題が。
そう、「ハイレゾ対応スピーカー」ですわ。
もちろん現行型はすでに全部対応してるので、入れ替えるならそこから選べばいい。

けども…車のシステム(配線系)を考えるとすっごく疑問符が出るのですわ。

DAWのシステム組むのにもこの時代の変遷をまたいで、実はハイレゾ環境にハイレゾじゃないパワードスピーカーつないで、問題なく対応できてるんです。

てことで、疑問は解消すべし!と調べてみたら結構あっさりしていた(ぇ

まず、ハイレゾ環境ってどこからを言うの買って言うと、CDのサンプリング周波数の16bit 44.1kHzまでが今までのオーディオで、それ以上が「ハイレゾ」になると。

つまり、24bit 44.8kHzとかでもうハイレゾなんですね。
…サンプリングレートじゃわかりにくい話ですが、要は「再生周波数」の上限が変わるって事です。
※技術的な専門じゃないのでよく知らんけども「シャノンの定理」てので、サンプリングレートの数字の半分が上限とのこと。
 音楽士としての知識としては持ってるけど、論理の証明は音響工学側でしょう。
 …一応俺も振動系の卒論(実は4年時はメカニクスだったのだ)では、衝突波形解析だったんですけどね、畑が違いすぎますw


そう、スピーカーの再生音域がどこまであるのかって話が出てくるんですわ。
一般的には今までのオーディオの範囲で、大体再生周波数は10Hz~20kHzで切られてる感じ。
これの上限がハイレゾだと48kHzだの96kHzだの192kHzだの大きな数字になるので、相応に高い周波数が出てくるというわけ。

じゃ、最初に社外ナビ入れたときに、リアスピーカーがホログラフィックサウンドシステムで対応できないから(スピーカーのインピーダンスが普通の半分なので社外と組み合わせられない)、
都合前後すべてナビと同じメーカーで入れ替えたんですが、そのスピーカーの範囲どこなのよ?と。
※すぐに生産終了品リストから拾って見てきました。


そしたら……「28 Hz~70 000 Hz」w ※つまりサンプリングレート96kHzまでは対応
なんだよ見事にクリアしてるじゃないw
細かく設計で言うと、振動の生かし方が違うので最新には絶対叶わないでしょうが、効果としては出るのでそのまま使えるぞとw
※入れ替えても良いんだけどね。調べてみたら最新型の方がレンジ狭いの;

ってことで、やるんだったら最新バッフル入れれば割と生きるなと。


欲を言うならば192kHzでシステム組みたいけども、正直車の中でそこまでこだわらないかなってのが今まで使ってきた印象であるので、
メインPCの普段聴き用システムの96kHzで合わせれば良いかなと。
※デッドニング入れたとしても、192kHzを生かすスピーカーがラインナップにないと意味ないので;
 メーカー合わせなければできるんだろうけど、正直デモカー作るわけじゃないので、普通に満足できりゃいい。
 でもって、過去に超音波機器開発の仕事してた関係で、俺の耳が25kHz付近までは音を拾うのわかってるので、矛盾して下手にスピーカーのグレードが下げられないという;

てなわけで、やっぱり今まで使ってきたメーカーで載せ替えを予定する方向になりましたが、ついに車の中までハイレゾの世界が来るんだなってしみじみ時代を感じた俺でした。



あ、決してディスるわけじゃないのを先に言っておきますけども、大音量を作るシステムは俺は好みませんし、職業柄選べません。
※MIXが含まれるので、耳が死ぬのが一番ダメなので、最近じゃポーダブルオーディオですら音量小さめです。
 下手すると家の雑音が耳に刺さるくらい繊細になってしまってるので;
 …その割には寝てるときはシャットアウトできるんだから不思議だなとは思うけど


一度は見てみたいと思うんだけど、オートサロンが空気どうしてもダメでいけないんですよ俺;
場違いに感じちゃって。
まぁ、元々車で連もうって言う意識がないからなんですけどね;


さて、とりあえずそんな予備的な予定を考えつつも、そろそろ一年点検の時期なので週末あたりにまたお願い行ってこないと。
同時に今年は大きな変更を一個車に入れるので、その打ち合わせもしてしまわないと。


ちなみに多分代車生活がしばらく続くのだけれども、俺はこの「代車」に乗るのがまた楽しみだったりしますw
普段乗らない車だし、高い車でも安い車でも必ず「インフォメーションのやりとり」で擬似的な運転会話が成り立つので、どんどん運転操作パターンの構築が増えて楽しいのですわ。
※そんなことやってるから2tトラックや11人乗りバンまで運転してくれって頼まれるようになる←


そうそう、会社勤めの頃の会社の車まで含めていろいろ乗った中で、面白かったのはProboxとアベニールサリューでしたな。
逆に二度と乗りたくないって思ったのはEKワゴン(シートバックのガタガタが酷かった)。
思った以上に気に入らなかったのがゴーン社長になってからのマーチとブルーバードシルフィ。
あの丸くなったマーチとシルフィは、ステアリングに癖がありすぎて神経使うんだよね。

レンタカーで借りてこれは凄い!ってなったのは2代目プリウス。
レバーで最初戸惑うんだけど、覚えてしまえば何のその。疲れない車でびっくりした。
昨今、なぜか変なドライバー多くて嫌なイメージついたのがもったいないなって思ってます。

あとは…もう販売終わったから言える、周りに持ってる人いなかったので未だに実現していない、自分が設計計画立てて、図面の線がそのまま実体化した初代ハリアーハイブリッド。
パネルだけならクルーガーもそうか
※リア周り、リアフロアパネルからツールボックス、床まで携わってました。
 あとあの頃一気に入れ替わった2分割型ドアストッパゴム、アレも上司と一緒に部品選定しました。
 顔が青くなれる決定だったので、未だに忘れられない仕事だよ;
 この話で社外派遣だった俺が離職の時スカウト受けてます。断っちゃったけど(
同室の先輩方がみんな凄かったので、是非とも一度ステアリングを握ってみたい!

んまどうでもいい余談ですけども、どんなに小さな車でも、乗ったことのない車種だとステアリング握りたくなる病が未だに続いている俺でしたとさw

コメント(0) 

Squire Vintage Modified Jazz Bass[レジスタードトレードマーク] '70s 再モデファイ1回目 [音楽関連]

多分2回で終わるこのタイトル(ぉぃ


えーと、かなり前に手に入れて、その後デッドポイント潰しのためにペグやらブリッジやらネックの仕込み角やら弄り倒して、最後に激安中国製PUでバランスが取られたあのベースですな(笑
※デッドポイントさえなければ、おそらくここまで弄り倒されなかったであろう個体です(ぇ

先日のTune TBJ-2入手から、もう1本アレを手に入れてこれを手放そうかなって考えてましたけども、
「ボディがソフトメイプル」っていう特殊なことしてるモデルだし、そう悪くはないので諦めもつかずで。

デッドポイントだけが解消すれば、実はそこそこ使える楽器って言うこともあり、もう一度チャレンジしてみることにしました。
25年くらい前は、ストラトやテレキャス、ジャズベ、プレベのヘッド形状に合わせた形の鉛板があって、それでデッドポイント解消っていうネタがあったんですが、ヘッド落ち激しくなるのが駄目だったのか、現在ではそういう商品無くなってまして。
要は「重心バランス」における「倍音共振」ですから、ボディとネックの関係が変われば変化します。
てことで、実は入手直後から試そうとしていた商品があったんだけども、場所が場所だけに効果出るのか疑問しか無くて「最後の砦」として取っといたネタです。

うん、今のFender Jazz Bassのネック形状(つまりちょっとナット幅が広いもの)に交換するにも、調べてみたらメイプルの塗装ネック、フレットレベリングなしで買ったとしても、本体買い直す方が早い金額確定なので、候補に入れながらも選べる物がなかったという;
※21フレットネック付けたら関係性変わりそうですが…思いっきり微々たる物になる可能性も高い

そう、選んだのは「ネックジョイントプレート」(ヒールプレートって呼ぶこともある)の交換。

てことでおそらく次にやるであろうネタの前調査のためのパーツと一緒に購入しました。

DSC_0129.JPG
Freedom Custom GuitarのTone Shift Plateと、5穴のコントロールパネル。
※調べてみたらアジア圏製造のSquireはミリ規格との事なのでミリで選んだんだけど、Tone Shift Plateは厚み以外選ぶ余地はなしw

3mm厚の方なんですが、まぁ本来は「中低域増」が目的の物で、今回の話は副産物的に得られるかどうかのギャンブル状態。

で、やることは簡単、弦外して裏っかえして「あの金属板」交換するだけ(
DSC_0131.JPG
が、
DSC_0132.JPG
こうなると。

3mm厚、かなり重さとしては増えてます。

そして効果のほどは……絶大。
別物の楽器になった?ってくらいに生音から変化しまして、アンプ通してみたら更に使いやすくなって大成功。
デッドポイントですが…あんだけ苦労したのなんだったのかと思うレベルで解消しました。
指弾きで失敗すると3弦10フレットでウルフ出やすいですが、EQコントロールで消えるくらい。

…てことは…うん、この後考えている「アクティブサーキット化」でカット領域設定したら終わるって事です。
んま、相当失敗しない限りウルフ出ないので今のままでも良いんですが、音作り用にもうちょっと欲しい的な。


てことで、予定としては「EMG BQC-S HZ」(パッシブPU用)を入れてみようかと思ってます。
内部に隠れるコントロールで調整する感じなので、多分真ん中選ぶと後は楽みたいな方向で。
ただ、電池入れる関係上、最低限削らないといけないでしょうな。
久々にドレメルさんの出番か。


てことで、週頭から運良く考えがはまったなと思った日でしたw

コメント(0) 

ヤスリ系の番手の読み方 [その他]

ごめんまた耳タコ系;

これね、間違ってる人が目につきすぎるようになってしまったので、工学修士としてお話しさせてください。
…一応俺の学位では修士論文が管の引っ張り加工(膨らまし引き)ですが、金属加工系なので表面加工系は通ってますので;
(決まり事なのであっという間に短く終わります)


えーとね、youtubeの作業説明動画でものすごく多いので気になるんですよ…「細目」の読み方。
すっごく「ほそめ」と言う人があまりにも多い。
これね、間違いです。
面白くて登録して見てて、この読み間違い出てきて気持ち悪すぎて登録やめちゃうくらいには影響ありますので;
(実際、俺もこれで工作系youtubeチャンネルをいくつか登録解除に至ってます;身悶えしちゃうので;これでも最初に気がついてから書くの2年我慢してた←)


正しくは「さいめ」です。
ちなみに「極細」は「ごくさい」。
便覧にも載るくらいしっかり決まってる事なので、正しく読んでくださいませ。
ヤスリの解説ページを見るとちゃんとその通り書かれてますので、検索して更に確認していただけると宜しいかと。

荒目(あらめ)、中目(ちゅうめ)、細目(さいめ)、油目(あぶらめ)と分類されます。
最近は数字で番手が細かいので、この使い分けあんまり出てこないんですけどね。
金ヤスリ(つまり棒状や板状のヤスリね)はこの括りで示すので覚えておいて欲しいです。
ホームセンターじゃなくて、個人職人のヤスリの専門店で「ほそめ」なんて言ったら必ず訂正されると思いますので;
※ちなみにカタカナで「ヤスリ」って書きましたけど、「鑢」と漢字では書きます。


で、「細い」のか「細かい」のかというくくりで実はこの辺の言葉の読みが変わります。
糸とか棒とかだと「ほそい」で、粒子状(つまり粉みたいなの)は「こまかい」って言いますよね?
それの流れみたいなので、格子状の物で目(もく)を見るタイプの話だと「細」を「さい」と読みます。
つまり、「目が細かい」レベルを指すので「さいめ」なんですよ;
※「めがこまかい」とか「もく」だの、こういうところが日本語の難しいところなんですけども;
 嫌な言い方になるのであんまり書きたくはないんですが、実はみんな中学校の「技術」で習ってるはずですよ?;

なので、コンパウンドや紙やすりの場合は「さいめ」と呼ぶのが正しいです。


てことで、耳タコ情報ここまで;

せっかくの面白い解説を台無しになされませんよう…;

コメント(0) 
前の10件 | -
スマートフォン専用ページを表示