So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

SENNHEISER CX 6.00 BT [音楽関連]

最近ちょっと更新遅れ気味ですが。
直近では4年前から使っているFILCOのキーボードのキートップが摩耗してフィーリングが悪くなったので、交換用キートップセットを購入して入れ替えました。
キースイッチは今のところ問題ないし、新しいキートップ付けただけで新品のフィーリングが戻るので良い感じだなと。
…しかしまー見た目にはそんなに減った感じしなかったんですが、指先が拾ってくるあたり、人間の感覚とはかくも繊細なのかと改めて思いましたな。
このキートップで交換時期が来たとき、次のキーボードに乗り換えようかなと。
実質8年は引っ張れると思うと、FILCO製品耐久性良いなぁと思う次第。
(その前にキースイッチがダメになったとしても、実はMXの茶軸を単独で買えば、半田作業さえできれば交換できるんですけども、さすがにメンテとはいえ108個入れ替えるとかだと買った方が安そうですしw)

ま、そんなことは兎も角。

先日までDZATの安いイヤホン(前にレビューした商品ですな)を使っていたのですが、
「まぁ有線のイヤホンで問題ないからいいや」みたいな感じで過ごしていたのが、ちょっと電車に乗って移動中に突然「あ、煩わしい;」に切り替わってしまい、一月ほどワイヤレスイヤホン導入するかで考えてきました。

ちょうどe-イヤホンへ行けるタイミングができたので、友人とともに最新BLUETOOTHモデルを物色。

いろいろ試した結果、タイトルにもある「SENNHEISER CX 6.00 BT」に決定。

DSC_0147.JPG
※ちょっとフラッシュで飛んじゃったけども;

手前でSONYの5k周辺の安い方も試してみたんですが、びっくりするほど音質ダメで選ばず。
同じSENNHEISERでも同価格だとビットノイズのようなジャリジャリが存在するので聞くにちょっと耐えない。
5k周辺でのモデルではPioneer SE-C7BTかなと。

で、ちょいと上で10k周辺を聞き比べてみることにして…
最初にこれかな?となったのがJBL E25BT。

一応候補としてこの2つを入れつつ。
SE-C7BTはパイオニアらしいデジタルに強い音色かな?比較的ブーストも少なめで素直、
E25BTは全域にわたってスムーズな再生の印象ですが、若干低音がなめらかに大きい感じ。

そして、上の「CX 6.00 BT」を試して、ここでほぼ決定に。
(ほぼ決定になったのは完全ワイヤレス、つまりケーブルすらないモデルまで試したかったから)

CX 6.00 BTは、一発で聞いて「あ、SENNHEISERだ!」って思うほど素直にSENNHEISERの傾向が強く出ているけれど(クセの少ない再生特性)、低音がなくなるほどでもないというバランスの良さ。
何しろ親の使っていたステレオの横にあったヘッドフォンで小さい頃から聞き慣れた再生だったので、落ち着くことこの上ないというか。
※割とレビューで高音が目立つというお話を見ますが、イヤーピースが小さいとこうなりやすいので、適切な大きさのイヤーピースにしていないと低音は消える傾向にカナルタイプはなりますので注意。
 逆に耳に対して大きすぎるイヤーピースを付けると低音が暴れます

その後、その場でSONY WF-1000Xも試したのですが、なんか上手くXperia Z3とペアリングができず、同行した友人の持ち物で後ほどチェックへ(結局忘れてしてないんだけど←)

というわけで、CX 6.00 BTを買うことに決定。

このモデル、8台までペアリング設定できるので、自宅にいるときはBLUETOOTH搭載PCと連携しても良いし、複数のポーダブル機器とつないでも良い。
おまけに一応ハンズフリー対応なので、電話にも出ることができるので便利。
※俺あんまりそういう使い方しないけども←


何より、SENNHEISERがこの価格帯でこれだけのイヤホンを出してくるのかとびっくりしたって印象でしたな。
俺の持ってるSENNHEISERイメージって、高級ヘッドフォンの世界でしたから…

店頭で再生能力(特に周波数特性)の表示がなかったので、家に着いてからメーカーサイトで調べたのですが、ハイレゾ対応じゃなくても一応21kHzまで出力するので、実用面においては少し広めかなと。
ハイレゾ音源流してみても違和感のない再生なので、これで良い感じなんじゃないかなと思います。

普段使い用としてはなかなかの物が買えたので満足かな?w
ちょっと初めてのBLUETOOTHモデルなのでAptXとかよくわからないのですが、遅延はホントに少ないです。
まぁ…後で調べてみたら割と当たり前に昨今のモデルは対応しているようなので、気にするほどではないのかもしれませんな


でもって番外編みたいなのですが、いろいろ見ていく中でとても価格的に頑張った商品見つけて、しかも音質悪くないのがあったので。
「VAVA VA-BH001 TrueWirelessEarphone」。
7kちょうどくらいの完全ワイヤレスモデルなんですが、これが予想外の良さw
電池の持ちと接続強度に問題ありな感じですけども、ヘヴィユースではないのならこれはアリだなと思いました。
割と長く聴くとかあるのならちょっと選びにくいですけども;


<2018/08/29 追記>
そういえば一個書いてませんでした。
この手のワイヤレスイヤホンだと、自作PCじゃなくてもBT搭載PCならそのままペアリングして使うのを考えてる人多いと思いますので、その実験した話を。

自分はASRock Z370 Taichiのオンボードから試しましたが、結果としては「NG」と判断しました。

というのも、コレはイヤホン自体が駄目なのではなく、オンボードの音源チップ回りの回路の拾うノイズの関係で、少なからず劣化した物が転送されてしまうって事です。

もしやるのであれば、外部USB接続のBTユニットから送るのが一番良いかもしれません。
そうじゃないと今回のイヤホン以外でもおいしい領域に気がつきにくいと思います。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スマートフォン専用ページを表示