So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

お色直し [車]

さて、今年予定していた大がかりな手入れの話ですな。
姿変わって帰ってくるのですが、あえて作業後の記事はなしで行きます。

で、その前に前から気になってて直したかったのを入庫前に直しておいたので、まずその話を。
部品表からそれぞれの品番を調べて、これまた部品屋さんへお願いして取り寄せました。

これらですな。
DSC_0229.JPG

なんやねんこれ?って感じでしょうが、運転席右下のスイッチスペースの化粧カバーとフロアマットフックです。
送料の方がちょいとかかるので、スペア入れて必要分確保みたいな。
※正直、今付いてるダメになってるフロアマットフックを加工して、ボルト止めやってみようかと考えたんですが、それやるにしても一度様子見たかったのもあったので。

まず、スイッチスペースの化粧カバーですけども、これは新車納車したときにメーカーオプションで付けていたBOSCH製フォグランプを、オイルクーラー追加したときに風を妨げるために取り外してまして、そこのスイッチスペースが配線ごとなくなってずっと穴飽きっぱなしだったのですな。
ちょうど良いので塞いどこうと。
DSC_0231.JPG
押し込むだけで終了w
この写真だけでも実は「前期」の証明ですな。
中期までは穴が開けてあって蓋が付いてるんですが、後期からは使うところに穴加工して取り付ける形なんです。
この蓋があれば、追加スイッチ付けるときに蓋を加工してなんて芸当も可能。
とりあえず今は追加いらない感じなのでそのままですけどもw

で、フロアマットフックのほう。
割と長く乗ってるとフックの変形で保持力下がってる方多いようで。
俺も5年くらい前から外れたのを付けての繰り返しだったので、リフレッシュついでに交換しておこうと。
これも簡単なもんで、内装剥がしあれば1分作業物です。
DSC_0230.JPG
ここね。
通常の内装クリップと同じ要領で固定されてるので、抜いて外して新しいのと交換。
現状これで問題ないレベルで固定されたので、まぁこれで良いでしょう的な。


で、本題のボディのお色直しなんですが…10年前にノーマルカラーから以前乗っていたFN15パルサーの「ワインレッドPM(#AP0)」に塗り替えてたんですね。
ER34にこの色の設定がなかったので、塗装劣化のタイミングで塗り替えて。
…これがねぇ、一応雑誌でも宣伝してる有名なお店に頼んでやってもらったんですが、店長の息子さんが継いだ直後だったのか、割と後で「えぇぇぇ;」ってなる事いろいろされてて頭抱えたって話があります。

まず、乾燥不十分&厚塗りがちょっと顕著で、1ヶ月しないうちにチッピングが10カ所出ました(ぇー
エンブレムは全部ノーマルで戻すように話したのに、エンジンフードのスカイラインマークは勝手に廃止され、
前期ドアに付いているドアガラスガイドは取り外され、なんとラジエターリザーバータンクのキャップは抜かれました(酷
頭にきたのでその後その店行かなくなったんですけども。
※全部自分で手配して直したんだよ。客に何させてんねんと。
 まぁさすがに10年経ってるでしょうから、やっちゃいけないこと覚えて質は上がってると思いたいですがw
 あ、店の名前は伏せておきます。それはやっちゃいけないことなので。


ま、そんなトラブルあったにしろ、自分の好きな色で乗れたので10年すっごく満足しました。

が…やはり10年経つとどうしても塗装ってやられてしまう。
おととしあたりからちょっとずつダメージが蓄積されてきて、昨年はもう持たせるのにキツいなってのが増えてきて、お店に入庫する直前はこんな状態に。

DSC_0237.JPGDSC_0235.JPGDSC_0236.JPG

ちょっとリップ右側は洗車後で水が隙間に入っててわかりにくいでしょうが、クリア層が浮いてしまって「ビニールでも被せてるん?」見たいな状態までダメージが。
脇の方もここ数年の異常な日照の影響で白い斑点が出てしまってます。
鉄板側はそんなでもなかったんですが(それでもクリア層が削れて塗装面出始めてます)、樹脂の方が熱膨張の影響が強かったらしく、軒並み凄い剥がれに発展。
さすがに20年来の相棒をこんな状態で放っておけないなって(^^;
まだ乗りますから。

で、今回は行きつけのお店の提携工場へ。
工場長とお話何度かさせていただいて、細かい技術的なお話とかもしていただけたし、安心できると確信したので、塗装後に駐車場保管時に当てられて軽微変形している修理も含めて(問題ないレベルなんだけどねw)再塗装のお願いをしてきました。
…終わったらまたちょいと追加かけるかもしれないので見た目変わると思いますが(ぇ

というわけで、現在作業終了連絡までワクワクしながら待ってる状態ですw


見た目が完全に変わるので、最後の姿だけ今回は並べときます。
saitosoumae01.jpgsaitosoumae02.jpg
(ナンバーを慣習で消していますが、現在はナンバープレートから持ち主や居住場所特定するのは個人情報保護法違反になりますので、20年前のように隠す必要は本来ありません。けどなんか慣れで消しちゃうんだよなー←)

この色に塗り替えてわかったんだけども、なんで設定されてなかったのかそこで理解しました。
この色にするとね…実際よりちょっと小さく見えるんです。
塗り替えてから道のすれ違いで、対向車が直前で大きさが予想と違うのにびっくりして戸惑うってことが多々ありました。
デザインと色の関係、思っている以上に大事なんだなってやってみて知るという。
というわけで、正しい大きさに見える色に変更です。
(でもちゃんとこだわって発注かけてたりする←)



あとは…この色にした直後の写真出しときましょうかw
tosougo01.jpg
これだけで「ん?車高?」って思った方は割とチューニング慣れしてる方かな?w

ええ、規制緩和の関係で、最初の再塗装の時に「最低地上高」をギリギリの「90mm」まで下げてたんです。
が、今は先ほどの写真のように「ちょっと上がってる」状態。
NISMOやHKSが出している車高調の標準の「ノーマル比-20mm程度」に今はしてあります。
理由がありまして、20年乗り続けてきていろんなステージで試した結果「マルチリンクサスでは下げすぎ厳禁」という結論に至ったからであります。
ER34に限らずダブルウィッシュボーン系だと同じ事が言えると思うんですが、最低地上高を100mmより下にすると、ロールセンター修正(これはER34だと改造申請が必要になる)しない限り足を使い切れない状態になりやすいなって感じに挙動が変化するのを体感しまして、
結果的に「タイヤとサスペンション、ショックアブソーバーすべてがきちんと動いて仕事をする」ジオメトリに納めるのが一番だと身をもって結論づけたからです。

正直、今の車高の方が高速走っていても操安性抜群で怖さすらないです。
※逆にノーマル車高は俺は勧めません。ふわふわするんで大半の方が怖いと思います。

確か今は…最低地上高を120mmにしてたかな?

ま、そんなわけで見た目はおとなしいですな今後もw


今回の話とは関係ないですが、ER34でフルのアンダーカバー用意して車検ギリギリの最低地上高50mm確保したい場合の注意点ってのも書いときますか。

うん、BNR34(GT-Rね)だとクリアする構造なんで割とやりやすいんですけども、ER34の場合は「フロントバンパー+リップ」じゃない「一体型のエアロバンパー」でやる場合、NGで引っかかっちゃう部分があります。
まぁ、他の車でも一緒なんですけど、フロントバンパーにウィンカーを固定しているのでNG食らいます。
これは「灯火類が取り付けられるエアロは車体構造物と見なす」って話でして、ER34だとウィンカーが思いっきり引っかかっちゃうのですな。
※アンダーカバーなしの90mm確保の方でも同じ話になりますよん

なんでこんな話するのかというと、規制緩和の頃はみんな守ってたんですけども、なんかDIY系の方々が割とその辺守らない話を散見するようになってきちゃってて、チューニングに対する世間の目がようやっと緩くなったのが戻っちゃうの怖いからなんですよね;
これ、法規的にも「素人だから知りませんでした」が通らない話なので、お巡りさんに見つかると「即・故障ステッカー添付(車検切れ扱いにされる)」→「1週間以内の修理・調整と再車検」(当然仮ナンバー申請しないと自走して車検場行けないよ?)になってしまうので…面倒でしょ?;

シャコタンを楽しむのは全然良いと思うんだけど、ツッコミ受けて嫌な思いしたくないって方は守っていきましょうや的なお話ですなw


…構造変更やっても良いところまで行けたら、ホントはワイドフェンダーいれたいんだよなー
URASのGTでまとめて作るなんて結構イイw
けど、張り出しの問題があって乗り込みにくくなっちゃうし、ホイールのこだわりがMAXになりすぎてえらいことになりそうなんで、個人的に封印してます(笑
…絶対マグホイールでオフセット特注かけちゃうもん←
B級ライセンス復帰してサーキットトライアルやるんならまだしも、今はもう「丘」すからw


ちなみに代車借りたら軽自動車だったんですが、これがまた元気によく走る車両で、気に入って乗り回してしまいたくなってて困ってますw
最近のATは怖くなくなってるなってホント思います。
ER34がうちに来た頃のATってABSの熟成もまだ終わってない頃だったので、割と乗ってて止まるときの緊張感が激しくて疲れたもんです。
95年式の90クレスタをレンタカーで借りて乗ったことがありましたが、初期ABSは踏んだ分だけ作動してなかなか止まれなくて怖い思いしたもんです;
あと、今みたいに細かいシフト数じゃなかったんで、山道のコーナリング中にシフトアップとダウンが予想してないポイントで作動したり。
今はそういうの少ないんでホント楽だなと。

技術の進歩ってホント凄いよなって、設計技師から離れた今でも思いますな。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スマートフォン専用ページを表示