So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

カーボンクラッチの使用後を見ながら [車]

昨年滑り始めたので緊急でHKSのクラッチに入れ替えてその後事なきを得ていますが、
外したEXEDYのカーボンツイン、もうこの先買うことないかもって思ったし、見た目にも面白いと思ったので引き取って持って帰ってきてあったんですよね。

で、ちょいと片付けの合間に素手で持っても良いようにクリーナーで綺麗にして飾れるようにしてたんですが。
見ていて気がつく。

※決してEXEDYさんのこの商品がだめってんじゃなくて、用途として考えるとER34には結構不向きだって俺が思っただけの話なので、試してみたい方は是非触ってみてください。


DSC_0322.JPG

再使用不可能なの状態なんですが、ちょっと信じられますかな?w
ええ、クラッチディスクのカーボン部分の減りは写真の通りほぼ問題ないんですよ。
溝もバッチリ残ってるし。
けど、接触面見ると均等じゃないんですよね。
2枚ある両方ともこんな感じで内側が当たってないような状態。

で、さらに写真見ていただくとわかると思うんですが…そう、プレッシャープレートに綺麗に焼きが入ってるのは見えると思うんですが…自分でも驚くほどの斑点がびっしり。
実はコレ、削れて凹んだくぼみなんです(ぇ
※全てのプレッシャープレートとフライホイールの当たり面が全部この状態です

プレッシャープレートの材質が何なのかは調べないとわかりませんが、おそらくスチールベースのはずなので、
カーボンが熱で浸炭を起こして異常硬化したか、膨張率変化でめくれた、もしくは削れたカーボンスラッジが飛ばずに削っていったかでしょう。
結果、プレッシャープレートがでこぼこになってしまい、圧着力が下がっていないにもかかわらず静止摩擦係数が足りなくなって滑ったと推測しています。

カーボンクラッチを使う場合、「たまにカーボンの粉飛ばすのにクラッチを蹴飛ばせ」っていうんで、俺も結構それやってたんですけどねぇ…;

コレ見て、NISMOが最終的にチューニングカー用カーボンクラッチを断念した理由がわかった感じです。
溝残っててもいつ滑り出すかわからないんですなコレは;

レーシングカーやスーパーカー用のカーボンクラッチは、この辺がきっちり調整されているのと、昨今は電子制御でシフトできるので影響減らせるんでしょうね。


使用感としても、街乗りが多いチューニングカーであれば、俺は勧めません;
というのも、C-FRPが低μ素材で熱によって摩擦力が変わる素材なので、基本的にカバー圧着力が普通の2倍位必要らしく、「ツインなのにびっくりするくらい重い」んですよ。
どれくらい違うかというと、ノンアスのシングルよりちょっと軽く思うくらい。
※つまりノーマルからするとものすごく重いんです。

最後は慣れちゃって長距離でも平気で踏んでましたけども、耐久性考えるとサーキット走行少なめの人には;
……何せ定価がこれで27万しますので(ぇ
※ノンアスのツインだと工賃入れてもおつり来ますよ…;


ただし、付けたときのエンジンフィーリングは抜群ではありました。
物が軽いので振動少ないんですよね。
ふけ上がりも良いし。

ただ…長期使用物じゃありませんな;
ほんとそこだけがネック。
ORCのカーボンもありますけど、あれもこんな感じになるんだろうか?

というわけで、サーキットで使い切るとかドリフトでバンバンクラッチ消耗するとか使い切れる人向けなんだなって外してから思う装備でしたとさ(^^;

……次に同じだけ金額出すとしたら、メタルのツインかな。
確実に後のこと考えるとそっちの方が街乗りでは安心感がありそうです。
※大事なのは馬力対応で選ぶことですけどね?w


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スマートフォン専用ページを表示