So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

FIXER [音楽関連]

ピクサーではない(

えっと、レスポールとかのストップテールピースタイプのブリッジを使うギターをお使いの方なら、ちょっと調べると出てくるこれですな。

DSC_0381.JPG

先日、Tune-O-Matic+Stop Tailpieceで「テールピースの高さの違いによる音色変化」の実演動画を見まして、
一応前から変わるのは知ってたんだけどやってなかったので試してみたくなったわけです。
せっかくだから、テールピースの完全固定も試してみようということで買ってみました。
アルミスペーサーは音色が気に入らなかったときに変えて使えるかどうかを試すために。

で、手持ちのGibson Les Paul Studioを引っ張り出して、とりあえず自分がよさげだと思う高さを割り出す。
DSC_0385.JPG

やってみて思ったけども、弦高変わらなくてもテールピースを高くするとだんだんとエア感増すみたいな雰囲気ですな。
不思議なもんで激歪みに対してつぶれにくくなる感じ受けたような…
けど同時に立ち上がりは下がっていくような。

取りあえずこの辺かなって高さとFIXER付属のパーツとみたところ、真ん中のサイズが合いそうだったので、それを使って組み付け。
…って、2008年製のStudioなんですが、そりゃ人気落とすよなギブソンっていうのを見てしまう。
テールピースのスタッドを入れるアンカーの上に、マスキングして塗装した後の「いらない輪っか」部分が取り除かれずにそのまま付いてました(ぇ
そりゃ音が思ってるよりぼやけるはずだ。
というわけで、ほぼ切れてる感じではあったものの、クリア分でくっついてる場所をデザインナイフで切り込みを入れて除去。
※取り除いた塗膜の裏見たら、見事にマスキングテープでびっくりしたよ;

スタッドを露出させたので先ほどの組み合わせで取り付け、締めすぎない程度に締めて固定。
DSC_0386.JPG

…ここからがミラクル。

音の分離感はそのままに…なんと「音の立ち上がり」が激変。
ものすごくレスポンス良く音が出てくるので、一瞬何が起こったのかと思うレベルでした。
で、テールピースの高さによる音色変化のイメージはそのままに、鋭く立ち上がるんですな。
チューニングでチューナーがめちゃくちゃ早く反応するので、使い勝手が爆上がりして大満足。

レスポールでちょっと苦手だったフレーズがそれだけで弾きやすくなるんだから不思議。
音の立ち上がりに関して、割とルーズな考え方してたんですが、以前他のギターで試したアルミトーンハムバッカーと合わせ技で「立ち上がり早くないとイカンな」って思うようになりました(今頃か

てことで、そんなに高くないパーツなので、インチとミリの商品間違わずに買えば国産ものでも対応できるこのパーツ、是非使ってみてください!って俺からのおすすめ記事でした。
※ちゃんと主要なカラーは全て出てますよんw


…あとは手持ちのフロイドローズオリジナルをS-FRT2に交換かな?
これも実は立ち上がりの面で俺の好みがシャーラー側にあることに気がついたからですな。
D-Tuna付けるならフロイドローズオリジナルの方が良いんですが。
※この場合はスプリングの方にスタビライザー入れたりサスティンブロックの材質変更とかが効果あります

久々に面白いパーツ変更でしたw

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スマートフォン専用ページを表示