So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

ウィンカーレバーポジションアップキットを自作へ [車]

ほい、車記事ですな。

先日、塗装が終わって車が返ってきたらやっとかなきゃと思っていた、フロントウィンカーレンズのスモーク化+LEDウィンカーバルブへ変更を行い、
納車から20年使ってきた車検証入れがついに劣化で割れ始めたので、NISMOの車検証入れに中身入れ替えたところです。

…ウィンカーレンズの発注掛けたとき、Tポイントが期限間近だったので使って発注掛けたんですが、妙な業者に頼んでしまったらしく、なんとNISMO直販に在庫あるのに「メーカー在庫ありません」とか返されて在庫知ってたので半ギレしながらキャンセルして、直販したとか出ましたが(ぇ
(もちろんその後その業者使わないように店舗名記録しました)
その後、使われなかったポイントで、いつもヤフオクでも使っているパーツ屋さんで車検証入れ頼んだら、真逆で送料超過してたのをしれっと直してすぐに送ってくれたり、全然対応違うもんだね。

先に話をしておくと、LEDバルブは「PIAA LEDウィンカーバルブ」にしました。
調べてみたらフィリップスの方が良いとかあるんですが、車検通ればそれでいいやで買ってみて、取り付けてみて納得。
PIAAのバルブは120℃ごとに3つ列が並んでる仕様ですが、最近の三角形に近いウィンカーレンズならまだしも、四角いウィンカーレンズだと1列しか向かない方向が若干くらいです。
逆に2列並ぶ側は豪快に光る;
夜より昼間の方がなんかちょっと目立つ感じですが、しっかり把握はできるのでまぁこんなもんか。
ダメだったら配光パターンが均一な商品と入れ替えます。
※でも結構明るいので通すだけなら多分問題ない

車検証入れはスエード地になったので、ちょっと持ち歩くときに高級感でましたなw


で、本題の自作したウィンカーレバーポジションアップキットの話。

ええ、先日出してたと思います。3Dプリンタでなんか出力してたの。
アレ、試作でABSで一生懸命形になるように条件出してる最中の写真だったんですわ。
結果、写真撮ったときの試作は積層方向が良くなくて途中で剥がれるので、かなり試行錯誤繰り返して形にしました。

…PLAフィラメントだったら一発で出るんですが、それだと車室内温度考えると変形を免れないので、ABS以上の温度対応で作らないといけない。
割と頭悩ませながら作りましたが、スライサーソフトが更新されたら適切な設定値の物がゴロゴロ出てきましたので、また後日問題点洗い出しして修正したモデルで再チャレンジしようと思ってます。

というわけで、まずは取り付け可能になったレバーを取り付けてみました。

DSC_0393.JPG
※先端だけテニスのラケット用のグリップテープを巻いていますが、これはうまく出力できずに形がいびつになったところをABSパテを作って修正し、見た目を隠すために巻いた物です。

EPMANの商品でも取り付けしっかりできれば問題ないんですが、位置によってはレバーの角度調整部の台座がコラムにヒットして、パッシング操作ができないなんて状態になるので(ズレるとほんとにそうなる;)、いろいろパーツ考えるくらいなら作っちまえ的な発想で。
※ちなみに元3D-CAD技術者の杵柄で、モデル自体は1時間かかってません
 レバー裏側の形状に合わせるために近似形状作るのに3回かかりましたが、苦労したのそこだけ


レバーの形から薄いスポンジ両面テープが必要ですが、これで欲しい機能は確実に出ました。
以前導入した汎用のキットでは操作時にスポンジが変形して「ぶにゅっ」と気持ち悪い感じになるんですが、
これだとカチッと操作できるので安心です。
むしろほぼこれで完成って言ってもいいレベル。

けど、若干位置とか修正したいなって思うレベルがままあるのでとりあえず作り替えはします。
多分レバーの位置を上下でオフセットするくらいかな?
単純にオフセットで終わる形状じゃないので、バーの形状は根元から変更です。

あとは…写真では余裕考えて6点留めですが、これはもう4点止めでも大丈夫なのわかってるので、今後のは4本留めに変更ですな。


で、3Dプリンタは今、改造してポリカーボネート出力対応にするのと、精度を上げて出力できるようにするためにいろいろ弄り中です。
その辺のデータとかも検索していたら凄く出てきたので、ある意味それを使って更に記事書けるくらいの量があります。
先陣切ってやっておられる方々のお話を使うので、出すときはいろいろ気を遣って書くと思いますので、わかりにくくてもご了承くださいませ(^^;

というわけで、次は細かいところ詰めてみたいと思ったNISTUNEのK乗数調整ですな。
今の状態で問題ない形ですが、もう一声入れて見たい欲が出始めました。
壊れない範囲で弄れるのがわかってきたのでなかなか楽しいw

他の会社の現車合わせ系でこういうツールをちょっと調べてみようと思います。
知っておくと後でいろいろ便利そうなので。


あ、そうそう。
ECUチューンすると必ずと言って良いほど出る「スピードリミッターカット」のお話ですが、
これ、18年くらい前に大学の後輩が警察官になったことがありまして、直接「おまわりさん的にはどう対応してるの?」って聞いたことがあります。
そしたら、その後交通課の方に掛け合って聞いてくれまして、可能な範囲で教えてもらったんですが、
「別にスピードリミッターカット自体は車検にも項目ないので、それ自体を取り締まることはない。速度出したらアウトだけどね」って事でした。
※その周辺のお話も細かいところ教えてもらえたんですが、それは問題あるといけないので伏せさせていただきますね。

調べてて見かけたんですが、ECUチューンを「脱法」とか言ってる人もいるみたいなんですが、ちょっと言葉の意味間違ってますよと;
脱法ってのは「違法な物を合法と見せかけて」ということなので、わかった時点で取り締まりですから。
で、ECUチューンはこのスピードリミッターカットまで含めてどうなのか?ですが、ぜーんぜん問題ありません。
自分に合わせた形で意識とのずれを解消できる話ですので、現車合わせで触媒後の排気ガスが基準値超えていなければ「合格」です。
逆に言えば、その状態でずっと車検で合格していたうちの車がO2センサー故障で排ガスがギリギリになってたので指摘受ける(超えてないけど基準ギリギリだったって話ね?)って事もあるので、
「調整ならしっかりやりなさいよ?」ってのが車検の持つ意味です。
なので、おかしな事してごまかしてないなら大丈夫なわけ。
※よく「ぎりぎりだったのでエアコン掛けて通しました」とかあると思うんですが、誤差範囲と暖気不十分を解消するための話なので、これはこれで前もって出てるデータからOK出てるんでしょう。

…許容値てのがあるのを知りましょうってお話ですな;

ま、別に指摘受けたから言ってるわけじゃなくて、書いてたら思い出しちゃったので文面増やしなんですけどね←
あ、車検がらみはもう一個追記しなきゃいけない話思い出した!あとで書いてこよう。


てことで、実はこのパーツ作るのって車検に絡んでるからだという、意外なお話でした(ぇ
※前にも書いたと思うけど、ステアリングから手を離して操作する状態はNGってやつですな


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スマートフォン専用ページを表示