So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

旧型デイライト&オイルキャッチタンク取り外し [車]

今回も写真なし系。
ていうか、写真撮るまでもないからって感じですな。

えーとタイトルの通りなんですけども、日本で取り付け推奨が始まった頃に付けた古いデイライトを取り外しました。
というのも、前の車検(3年前かな?)あたりから、事前点検でたまに点滅するようになったらしく、指摘をそれから受けるようになったので、ちょいと面倒ならもう取ってしまおうかという感じで。
※簡単な話、バンパー外すときに手間がないようにするため、ユニットと直接つながっていたライト部分の配線をギボシ端子に変更していたので、そこが甘くなって点滅してるだけです。
 実際に故障はしていません。

まーね、今年の指定点検の時にも出ちゃったんですよ点滅。
で、その時の担当さん(いつもお願いしてる人じゃない)が、ちょいと法規的にあんまりわかってないかな?って印象があったので、面倒ならもうやめちゃおうと。
こっちから「その他灯火類で通るから、端子しっかり差し込めば直るよ?」って言って、「次の車検でNG食らうかもしれません」とかあんまり理解できてない表情で即答されちゃったので(^^;
※決して今回の店員さんが悪いわけではなく、割と曖昧な感じで食らう部分だってのもあるってことです。
 んまちょっと謎な行動多い方なんで、こっちでかなり意識して対応してますけども。
 大きいのはいつもお願いする方にしかしないようにしてます。トラブル出ないように←



俺が自信持って「大丈夫よ?」って言えるのは、付けていた古いデイライトの明るさが300cd以下の商品だったから。
つまり、「その他灯火類」でデイライトを取り付けるという運用で始まった頃の製品だったから、スイッチの有無も含めて問題なかったって話です。
もちろん俺も商品の説明通りにACC電源から直接点灯させるようにフェンダーの中通して配線しましたので。
※その他灯火類の場合、点滅しなければ色も赤以外なら何でもアリなんですな。
 あ、青紫と黄緑はフロントガラスの下端より下か。

取り付けていたのはナンバープレートの両脇なので、次の車検だろうと言われるわけもないのですわ。

が、古い←
どんだけ古いかというと、もう10年は付けてる(
おかげでレンズ傷だらけだし、おそらくLEDとはいえ輝度も下がってるでしょう。
見た目も大分宜しくなくなったので、ちょうど良いから外しちゃおうと。

もちろん、今回の取り外しを考えるにあたって(実はかなり前からはずそうと思ってた)、「今の車検でデイライトってどうなんだっけ?」みたいな部分も調べてたんですが、実はすっかり最新情報を落としてました←
(とはいえ、今年の車検前には知ってましたけどね)


詳しくいくと、2016年の秋に切り替わった灯火類の規定で「デイライト」が正式に追加になってます。
(つまり昨年の車検で問題なく通ってるので説明おかしいんですなホントは←)

きちんとした機能として認定されたデイライトの基準は次の通り。
ちなみに「昼間走行灯」という括りに。

・明るさは1440cd以下(つまりかなり明るくなった)
・他車の幻惑を起こさないこと
・灯火の色は白のみ
・損傷等がないこと(つまりどこかに当てて割れたら放置しちゃダメ)
・取り付けが確実であること
・レンズ面積が規定値に収まること
・ヘッドライトかフォグライトが点灯する時は消灯しなければならない

てな感じがざっと大まかなところ。
で、今回やっかいなのが、この基準を満たすデイライトを付ける場合、場所がある程度決まってるってことです。
ぶっちゃけ後付けの場合、左右のライトの間隔を開けて付ける場合、最初から設定のない車種だとバンパー加工必須になっちゃう。
…実は左右のユニットで600mm離さないとダメなんですよ、新基準のだと。
※つまり、300cd以下になる「その他灯火類」だと適用外なので色ついてて接近してても通るというわけ。


…面倒でしょー;
まぁ、車検場でダメだったらその他灯火類だとコネクタ引っこ抜いて消灯しっぱなしにしちゃえばいいんですけども←
ちなみに点滅するようなネオン管を付けてドレスアップをするのが10年くらい前に流行りましたが、アレは指摘受けたら「イベント用なんでスイッチで切り替えて停止時に使います」って説明できて、点滅できない方を見せておけば大体よかったのかな?
スポ根チューン流行ったときはよく見かけましたけども、最近はバンのカスタマイズ系の方が多いかな?


ホントは新基準ものの付けるの考えて、それの加工も一緒にお願いしようかな?って考えてもみたんですが、
別にそこまでしなくてもいいかってんでやめちゃう方が楽だなとw

で、コネクタ接続で全部付けてたんで、取り外し自体は30分もかからず。
エンジンルーム内に引き込んできていたACC線はとりあえずまとめて他に接触しないように処理。
※一応メスギボシにしてありますが、念のため折り返してケーブルにコネクタを直に結束バンドで固定して、嫌でも他に当たらないようにしておきましたw
 でも後でちゃんと全部撤去します。炎天下だったので日を分けた感じ。



そしてあんま上の話まとまってないけども、もう一つの方。

こっちは不測のトラブルの時のために汎用品で付けていたオイルキャッチタンクが、長く使ってきて全くいらない感じになってるのに気がついたので、サーキットも行くことほぼないので、行くようにまたなったら付ければいいや、でこちらも廃止することに。
まぁブローバイのリターンホースの割り込みなくなるだけなんでこれもそんなに難しい話でもなく。
今はもう生産終了なので手に入らない装備でなんですが、HKSのサクションフルパイピング入れてまして(このブログの最初の頃の方で付けたときの話してますなw)、どこから戻してるのかな?って見てみたら、割と深い位置で戻してて。
あ、これなら普段乗りなら吹き返しからドバッと表に来ることはないかなって感じだったので、思い切って。

外したオイルキャッチタンクも確認してみましたが、熱が当たって確認用チューブが変色していた以外は全く何も変化なく。
これも10年くらい付けてて一滴もオイル入らないってんじゃいらんなと(^^;

ちなみにフルパイピング入れる前では、このオイルキャッチタンクを付けることで相当レスポンスよくなってたので、それなりに圧力来てて影響あったんだなって思いましたが、
フルパイピングの方ではさすがにその辺見ているのか、外した後の走行でもフィーリングに変化はほとんど影響ありませんでした。
さすがだよねぇ…


で、この両者を取り外して一番違うなって思ったのは、やはりACC電源から光らせていたデイライトがなくなったことで、更に電圧変動がなくなったことでしょうな。
どうしてもキャパシティ的に引っ張られる部分はあるはずなので、ちょっとしたタイミングで電圧の落ち込みみたいな部分を感じていましたが、やはりそれが減るのか、いつも「あ、ちょっとツキが足りてない」って時でも息切れせずに乗れる感じで助かります。

あとは…やっぱりでっかいオイルキャッチタンクだったからか、エンジンルーム内の空気の流れが変わって、オイルや水温の上昇が若干遅くなったかも。
あと、フロントの動きがちょっと違う。
「んなアホな;」って思うでしょうが、実はエンジンルーム内の空気の流れを整えると燃費よくなります。
その証拠に、昨今の高級車のエンジンフード上げると、大体整流板が一枚どーんと展開してあると思います。
ラジエターサポートの上に付ける整流板だけでも相当違うので、気になる方はやってみると良いかもw
…俺も入れようかな



てなわけで、相変わらず駐車場監視は続けながらで何とかしたいなと思いつつですが、
やっぱり車って愛着の部分もあるけど、いろいろ楽しいなって思います。


今年はやらないけども、来年は電動SUPER HICASを外します。
年相応で来てしまう話からトラブルフリーを目指して。


コメント(0) 

電動SUPER HICASのキャンセル(実行はしていない) [車]

いろいろ調べていたらちょっとびっくりしたので。

日産のスポーツカー系ではおなじみだった装備の「HICAS」関連のお話ですな。
後輪が操舵することで応答性を高めたり、緊急操作でも破綻しないようにできた装備です。
※R31の頃は小学生だったんですが、当時初めてお目見えしたときには「スゲー!」って思ったもんです。

まぁR34に限らず後輪操舵機能のついた車両をお持ちの方で、スポーツ走行経験があればわかると思うんですが、スピードが高いほどインフォメーションにズレが出て気持ちが悪いって言われちゃう装備でもあります。
で、構造変更必要だったんですが、2000年代は「HICASキャンセルロッド」ってのがものすごく人気を出しまして、ドリフトだけにとどまらずサーキット走行の必需品とまで言われたもんです。
…構造変更なんで「改」つくから保険の関係で俺はずっと触らなかったところですな;
(高速走ってても「一枚内側に勝手に行く」ので、ホントはキャンセルしたかったんだけどね;)

で、R34の場合は「電動SUPER HICAS」がついてるんですが……うちのは幸い故障はしてないけど、もしトラブルが出て交換が出ると40万円コースというとんでもない装備でもありまして。
価格がとんでもなかったからなのか、それとも修理あんまり無かったのか、壊れても「改」つくぐらいならキャンセルしたのが多かったのか、なんと修理部品も生産終わってるという問題がある箇所でもあります(白目

うん……大丈夫とはいえ20年選手なので悩ましいよね?;

日々、こうやって延命処置みたいなチューニングも情報かき集めながらなんですが、そんな中(もったいぶってここまで引っ張ってるけど)車検の内容が変わってることに3年経って気がついたという(ぇ


ええ!これはスカイラインやシルビア乗りには朗報ですよ!

「HICASキャンセルは構造変更対象外になった」という。(2015年4月かららしいです)

正しく言うと、「操舵軸数変更(4WS←→2WS)」は今でも構造変更対象なんですけども、
「乗車定員10 人以下の乗用自動車に備える油圧、電力などで作動する後輪の操舵機構を取外し2WS としたものは改造届出を要さないものとする。」って但し書きがくっついたんです!

見た目的に言えば、ワンボックスカーより小さい車だったら後輪操舵装置取り外して良いって事。
…これはびっくりしたよ、うん。
だって、HICAS壊れて修理できなかったら「改」付き確定だったんだから。

てことで、検査対象外なので外されてても見られない事になってるようですが、肝心な商品は縮小しまくってしかもそこ拾ってないのか各社「競技専用部品」のままです(ぇ
※CUSCOさんその他パーツサプライヤーさん気づいてー!!てかNISMO知ってるなら作ってくれー!w


というわけで、別に気にされないので市販品でキャンセルロッドやHICAS車用ドラッグロッドで対応できるのがわかったわけですが…まだ問題が残ってる。


ええ、この変更が為された時にはまだ無かったんですよね、今の「警告灯」確認。

そうです、HICASユニットを外すって事は「HICAS警告灯」が点きっぱなしになってしまう。
これ車検大丈夫なの?;って話ですな。
※消すだけなら昔からある東名パワードの「アレ」付ければ良いんですけども
 ちなみに該当部分の電球抜くのは問答無用でダメです。


…ん?「該当部分」って思った方鋭い。
これ書く前に俺も相当調べてやっとわかったよ;

実は警告灯消灯確認の項目なんですが、「点灯→消灯」を確認する部分が決まってます。
昨年の今頃、俺が必死にやってた話にもつながってるので、1周回ってやっと理解できたみたい話でしたがw

で、検査でチェックされる警告灯は次の5種類。

「前方エアバッグ、側方エアバッグ、ブレーキ(パーキングブレーキ引くと点くやつ)、ABS、原動機(エンジン)」

パーキングブレーキの警告灯に関しては教習所での話を覚えてるかですが、パーキングブレーキ下ろしてる状態で点灯するときは、ブレーキの油圧系統に異常があるときですな。
オイル無いぞーとか。
ちなみにABS系統は別センサーなのでブレーキ故障とは別個に扱ってるのでこうなると。

エアバッグに関しては、車両年式で運転席だけとか、運転席+助手席だけとかありますので、車両で数変わると思います。
※ER34に関しては、中期から後期の車両でサイドエアバッグ装備になりましたので、前期以外は警告灯増えてるかもしれませんな。

エンジンチェックランプはもう言うに及ばず点いたら走れんぞなもし;
問題あるから点いて、走れたとしても危なっかしい状態だからね;

てことは…そうです。「HICAS」の警告灯って検査対象じゃない!!
つまりユニット外して点灯しっぱなしでも問題ないって事ですな。
※グレー残すとなると項目外でも安全性に問題があると判断された場合は車検続行できない例もあるらしいって事ですが。
 でも、HICAS自体は外して問題ないって話になってるので、おそらく「後輪操舵なくしました」で通っちゃうだろうね


うん…条件揃って説明もできる状態がちゃんと揃った。


これなら俺は迷わずCUSCOのドラッグロッド選んで付けます。
その方が運転してて安心できるので。
おまけにメンテも楽になる。
多分タイヤの保ちにも変化あるんじゃないかな?
※なぜCUSCOなのかというと、このメーカーは大体先にダートトライアルやラリー用作るので、強度高めの印象があるからなのですな
 調整式アームが構造変更必要なければ、間違いなくCUSCOで足回り全部入れ替えてると思います俺。
 その証拠に、ピロテンションロッドとテンションロッド補強バーはCUSCOついてます。


というわけで、今年はちょっと違う処置をしなきゃいけないのでやれないだろうけれど、金額的には大きくないので近いうちにやりたいなーって思う変更箇所になりました。
リアの横グリップのインフォメーションが弱めなのが唯一の不満点でもあったので、それの解消できるだろうし。

ER34、ホントに乗れなくなるまで守っていきますぜよ(`・ω・´)


<2018/06/24 追記>
行きつけのお店に法定点検予約入れたときにこの話をしてみて、やれるかどうか聞いてみまして。
やっぱり思った通りの内容で、俺の住んでる地域の車検では問題なく構造変更なしで通せることがわかりました。
で、気になるのは警告灯が点灯しっぱなしになるのが下手するとグレーかもしれないので、そこは潰しておきましょうということで、東名パワードの商品も併せて使う感じになるでしょう。

いやーこれは助かるなぁ。
修理するのに部品がすでにないのわかってる箇所なので、変えられるときに変えておきたいと思います。


コメント(0) 

カーナビとハイレゾ対応 [車]

んー今回は珍しく実戦してないお話。

いやまぁ、今使ってるカーナビ(あえて機種とかひかえますな)なんだけども、
マップの更新スケジュール見てみたら、徐々に近年下の方へ下がっていって、もうすぐバージョンアップ終了の兆しが見えてきたなって思うようになってきたので。
※2011年に買い換えて、そこからバージョンアップで対応してました
 もう3代目か。
 最初が日産専用純正ナビ(ホログラフィックシステムのCDナビだよw)→配線引き直しで社外へ
 →バージョンアップ終了で今のモデルへ


うん、スマホが普及して、アプリでナビゲーションソフトが最近は充実してきたので、割とどっち選ぶのが今後良いのか過渡期に入ってきてるなって思ってるんですわ。

で、うちのバンドのギタリストは、俺んちに来るのにiPhoneでGoogleマップのナビ使って来ます。
まぁ、チューニングしたホンダ・ビートなんで、メーター埋め込んだ関係で2DIN使えないという(
んま、見てると全くiPhoneで事足りてるようなので、それでもいいんだなって。

んがしかし、俺、車の中でメタル聴くんですよね(

となると、スマホでやるんだとするとまずはUSBで電源確保できる状態と、オーディオデッキは必須なわけで。
……うーん;あとは肝心なポイントとなるハンズフリー処理どうすんのさ的な。
Bluetoothヘッドセットを耳に付けっぱなしとか、運転中に頭痛くなりそうですし;

で、調べていくうちに、現状ではまだ2DINに納めるのが得策だなって感じに落ち着いてはいるんですが。

そう、タイトルの通り、今から入れ替える(とはいえ多分2年は先だ)とすると、もう今年のモデルでは当たり前にオーディオ側で「ハイレゾ対応」が謳われてるんですよ。


そうなると出てくる問題が。
そう、「ハイレゾ対応スピーカー」ですわ。
もちろん現行型はすでに全部対応してるので、入れ替えるならそこから選べばいい。

けども…車のシステム(配線系)を考えるとすっごく疑問符が出るのですわ。

DAWのシステム組むのにもこの時代の変遷をまたいで、実はハイレゾ環境にハイレゾじゃないパワードスピーカーつないで、問題なく対応できてるんです。

てことで、疑問は解消すべし!と調べてみたら結構あっさりしていた(ぇ

まず、ハイレゾ環境ってどこからを言うの買って言うと、CDのサンプリング周波数の16bit 44.1kHzまでが今までのオーディオで、それ以上が「ハイレゾ」になると。

つまり、24bit 44.8kHzとかでもうハイレゾなんですね。
…サンプリングレートじゃわかりにくい話ですが、要は「再生周波数」の上限が変わるって事です。
※技術的な専門じゃないのでよく知らんけども「シャノンの定理」てので、サンプリングレートの数字の半分が上限とのこと。
 音楽士としての知識としては持ってるけど、論理の証明は音響工学側でしょう。
 …一応俺も振動系の卒論(実は4年時はメカニクスだったのだ)では、衝突波形解析だったんですけどね、畑が違いすぎますw


そう、スピーカーの再生音域がどこまであるのかって話が出てくるんですわ。
一般的には今までのオーディオの範囲で、大体再生周波数は10Hz~20kHzで切られてる感じ。
これの上限がハイレゾだと48kHzだの96kHzだの192kHzだの大きな数字になるので、相応に高い周波数が出てくるというわけ。

じゃ、最初に社外ナビ入れたときに、リアスピーカーがホログラフィックサウンドシステムで対応できないから(スピーカーのインピーダンスが普通の半分なので社外と組み合わせられない)、
都合前後すべてナビと同じメーカーで入れ替えたんですが、そのスピーカーの範囲どこなのよ?と。
※すぐに生産終了品リストから拾って見てきました。


そしたら……「28 Hz~70 000 Hz」w ※つまりサンプリングレート96kHzまでは対応
なんだよ見事にクリアしてるじゃないw
細かく設計で言うと、振動の生かし方が違うので最新には絶対叶わないでしょうが、効果としては出るのでそのまま使えるぞとw
※入れ替えても良いんだけどね。調べてみたら最新型の方がレンジ狭いの;

ってことで、やるんだったら最新バッフル入れれば割と生きるなと。


欲を言うならば192kHzでシステム組みたいけども、正直車の中でそこまでこだわらないかなってのが今まで使ってきた印象であるので、
メインPCの普段聴き用システムの96kHzで合わせれば良いかなと。
※デッドニング入れたとしても、192kHzを生かすスピーカーがラインナップにないと意味ないので;
 メーカー合わせなければできるんだろうけど、正直デモカー作るわけじゃないので、普通に満足できりゃいい。
 でもって、過去に超音波機器開発の仕事してた関係で、俺の耳が25kHz付近までは音を拾うのわかってるので、矛盾して下手にスピーカーのグレードが下げられないという;

てなわけで、やっぱり今まで使ってきたメーカーで載せ替えを予定する方向になりましたが、ついに車の中までハイレゾの世界が来るんだなってしみじみ時代を感じた俺でした。



あ、決してディスるわけじゃないのを先に言っておきますけども、大音量を作るシステムは俺は好みませんし、職業柄選べません。
※MIXが含まれるので、耳が死ぬのが一番ダメなので、最近じゃポーダブルオーディオですら音量小さめです。
 下手すると家の雑音が耳に刺さるくらい繊細になってしまってるので;
 …その割には寝てるときはシャットアウトできるんだから不思議だなとは思うけど


一度は見てみたいと思うんだけど、オートサロンが空気どうしてもダメでいけないんですよ俺;
場違いに感じちゃって。
まぁ、元々車で連もうって言う意識がないからなんですけどね;


さて、とりあえずそんな予備的な予定を考えつつも、そろそろ一年点検の時期なので週末あたりにまたお願い行ってこないと。
同時に今年は大きな変更を一個車に入れるので、その打ち合わせもしてしまわないと。


ちなみに多分代車生活がしばらく続くのだけれども、俺はこの「代車」に乗るのがまた楽しみだったりしますw
普段乗らない車だし、高い車でも安い車でも必ず「インフォメーションのやりとり」で擬似的な運転会話が成り立つので、どんどん運転操作パターンの構築が増えて楽しいのですわ。
※そんなことやってるから2tトラックや11人乗りバンまで運転してくれって頼まれるようになる←


そうそう、会社勤めの頃の会社の車まで含めていろいろ乗った中で、面白かったのはProboxとアベニールサリューでしたな。
逆に二度と乗りたくないって思ったのはEKワゴン(シートバックのガタガタが酷かった)。
思った以上に気に入らなかったのがゴーン社長になってからのマーチとブルーバードシルフィ。
あの丸くなったマーチとシルフィは、ステアリングに癖がありすぎて神経使うんだよね。

レンタカーで借りてこれは凄い!ってなったのは2代目プリウス。
レバーで最初戸惑うんだけど、覚えてしまえば何のその。疲れない車でびっくりした。
昨今、なぜか変なドライバー多くて嫌なイメージついたのがもったいないなって思ってます。

あとは…もう販売終わったから言える、周りに持ってる人いなかったので未だに実現していない、自分が設計計画立てて、図面の線がそのまま実体化した初代ハリアーハイブリッド。
パネルだけならクルーガーもそうか
※リア周り、リアフロアパネルからツールボックス、床まで携わってました。
 あとあの頃一気に入れ替わった2分割型ドアストッパゴム、アレも上司と一緒に部品選定しました。
 顔が青くなれる決定だったので、未だに忘れられない仕事だよ;
 この話で社外派遣だった俺が離職の時スカウト受けてます。断っちゃったけど(
同室の先輩方がみんな凄かったので、是非とも一度ステアリングを握ってみたい!

んまどうでもいい余談ですけども、どんなに小さな車でも、乗ったことのない車種だとステアリング握りたくなる病が未だに続いている俺でしたとさw

コメント(0) 

ウィンカーレバーポジションアップキット [車]

先日付けたステアリング脱着システムによるウィンカーレバーが遠い問題。
まぁステアリングに親指かけたまま、ちょっと伸ばせば動かせる範囲ではありますが、いつもと勝手が違いすぎて違和感が拭えないので、
そういやこういう商品あったよねって言うんで、こんなもの追加で買いました。
※ちなみにスイッチ類の追加パーツなので保安基準の話を一応調べてみたところ、追加取り付けに関しては記述がないので多分大丈夫でしょう。
 ただし、ステアリングボスを相当長くして、ハンドルから手を離してレバーを操作するほど離れるとNG食らうようです。
 調べた書面だと「正しいポジションにて運転者が楽に操作できること」としか書いてありません。
 クラシックカーみたいにウィンカースイッチがダッシュボードに付いてると関係ないですけどねw


DSC_0080.JPG
EPMAN Position up Kit

えーとちょっと購入経路からすると不思議な買い方だったなと思ったんですが、結果的にオーライだったような。
Amazonで買ったんですけども、ブランド名書いてないという謎な売り方だったんです。
けど、一応これちゃんとしたパーツのメーカーだぞ?;
歴としたチューニングパーツのメーカーです。なんでノーブランドで売ったショップさんよ?;

まぁ結果オーライですなw

えーと、ご存じの方なら「あれ?Daikei買わなかったの?」ってなると思います。うん。
俺も最初Daikei探しました。
けど、ふと考えてみたら、Daikeiの同等製品は樹脂製で折れやすいって話よく聞いたよなと。

で、ここはただの補助具なので問題ないだろうと言うことで、写真からダイカスト製のものを選んだんです。
……なぜかDaikeiより相当安くなるという不思議現象になりましたが(ぇ

これをどうウィンカーレバーに適用するのかというと…

DSC_0081.JPG

こうです。
ま、自動車系SNSじゃ自作ものやらいろいろと取り付け写真を出してるので今更感満載ですが(

元々はこれ、ダートトライアル車両やジムカーナ車両でよく使われる「ディープコーンタイプ」のステアリングを付けたときの補助具です。
※一般的にはディープコーンのステアリングで前へ引き、スペーサーで対応することは希です。
 着座位置そのものの真ん中を後ろへ移動する場合は本来ロングボスを使ったりシャフト交換したりします。
 スペーサーはあくまで微調整にとどめるのが基本。


まさかこれ付けないといけないくらいレバーが遠くなるとは俺も思ってなかったんですけどね(^^;

で、取り付けなんですが、付属のスポンジシートで挟み込むだけ。
なんですけども、ER34のウィンカーレバーって、テーパー部が長いのと、根元は完全な丸ではなくて楕円なので、厚い方のスポンジで一応固定は出来たものの(レバー側ではなくブラケット側に貼り付けました)、振動でちょっとだけ移動し、操作フィーリングもぐにゃぐにゃすぎて気持ち悪い状態に。

てことで、残ってた薄い方のスポンジシートをウィンカーレバー本体に貼り付け、回転方向に大きな滑り止め効果を与え、さらにスポンジを強く圧縮することでグニャグニャ感を減らしました。
その状態でドンピシャなフィーリングにw

とりあえずはステーに平行になるように設定しましたが、これだとちょっと近すぎかな?
ステアリング回すのに手が当たることはないけど、ちょっと指開いたらレバーが操作できるくらいな。
後日もうちょっと良いところ探してみます。

あとは…Daikeiの製品でも耳にしますが、これを取り付けたことで「ウィンカーが戻されたときに、慣性で逆側に入ることがある」ってお話なんですが、今回はおきませんでした。
というか、多分左ウィンカーから右に一気に入る人の付けた場所、先端過ぎたんじゃないだろうか?
重量物だと思われる場合は、根元に近くした方が影響が少ないです。
その辺考えて俺もギリギリまで根元へ。(というか根元にしないと突き出しすぎてかっこ悪い)

あ、それと大事なのは、これを付けることでウィンカーレバーの表示印刷が隠れないようにすることでした。
どうしても隠れちゃうんだったら、テプラでマーク書いて貼り付けようと思ってましたが、写真の通り問題なく付いたので、とりあえず車検時に気になりそうな部分は大丈夫そう。


で、現状その状態でどれくらいの距離かというと…

DSC_0082.JPG

こんくらい。
よく見ると丁度真ん中当たりですなw

これ、なかなか良い装備です。
自作しても良いけど、ケチらずに買っても必要なら損は全くない装備ですな。
あ、ノーマルステアリングの時には邪魔なだけなので気をつけてくださいませ(笑

…ワイパー側も付けた方が良いような気もしますが、頻度考えるとあんまり意味ないかな?


コメント(0) 

盗難防止対策に追加装備 [車]

はい、先日ちろっと話をしていたもう一つのお話ですな。

とりあえず近況を一個先に追加しておきますと…

DSC_0073.JPG
ええ、今年Q1期のアニメでとてもクソだったあのアニメのBDを全巻予約購入したので購入特典もらえたんですが…とてもクソなトートバッグを期待しましたが、期待に応えないことが大正解に感じるくらい普通のトートバッグが届いたので謎の満足感で不思議な気分です。
(ちょっと言ってる意味分からない)


さて、そんなことは兎も角本題。

えーと、最近ちょっと気になることが近所でいくつかあったので、必要ないかと思ってた装備を導入しました。
DSC_0074.JPG

Works Bell RAPFIX Security Kit。

ええ、本来はレーシングカーの出入りで邪魔になるステアリングホイールを脱着するシステムですな。
それを車検対応にして、主な用途をアナログセキュリティに特化させた商品です。

これつけとけば、乗るときだけステアリング付けりゃ良いので、カーセキュリティと組み合わせていれば結構な抑止力になるかなと。

ま、こんな感じで取り外され…
DSC_0075.JPG

さらにキーロックをかけることで台座の取り外しすら大変時間のかかる状態に。
DSC_0076-2.jpg

もちろん、この商品を付けると、ステアリングホイールが手前に来すぎてしまうので、
同社のショートボスを入れて適正化を施しています。
(補足ですが、車検対応でこの商品を使う場合、ボスもWorks Bellのものにしないと条件から外れます)

で、今回も社外ボスを使うと言うことですから、それなりにステアリングセンターがずれるの覚悟していたんですが、
以前使っていたノーマルボス(これもWorks Bellです)のズレの半分以下に収まっていたので、後はステアリング取り付けの方で直せるかな?程度に収まり、微調整中です。
作業してもらった直後でも気にならないくらいでしたので、今回はパーツの引きが良かったかな?w


で、家に帰ってきてから引き取ってきた前のボスを見ていたら…以前のセンターズレを直すために使っていた「角度調整スペーサー」が取り外されずに付いたままでした(ぇ
↓これね
DSC_0077.JPG

…作業担当者の方がよく知らなかったんだろうなぁ;
これ外せばボスカバー抜けるんですが…逆に押し込んで対応したみたい。大変だったんじゃないか?;
※最近ショップではあんまり見かけない装備になりましたしね。
 一応今でも売ってるんですが、やはりエアバッグ付きステアリングの普及で交換自体が少ないんでしょう。


で、早速運転してみてのフィーリングですが。

まずRAPFIX2自体の剛性がものすごく高い!加えてガタが皆無なので困らないです!
そしてショートボスだからか、たわみの部分も少なめになっているようで、ステアリングシャフトから剛体に感じるような固さを感じます。
ものすごくダイレクト感が強いので、さらに「自分で回す」感覚になりました。
なれちゃえば普通になるくらいですが、別物の車に乗ったのかと思ったような感じになります。

さらに。
これは寸法を最初から確認していたので予測できていたのですが、若干ステアリング自体が手前に来ます。
距離的に言ったらノーマルボス+20mmスペーサーくらいの距離。
つまり、「ウィンカーレバーが遠い」のですなw
手の小さい俺ではスカる可能性が高いので、先ほどポジションアップキットをポチっときました。
あと5mm全体が短いと俺には楽かなぁ…
とりあえず対策としてはチルトでちょっと下げときました。

全体的な感触としては「大満足」ですw
乗り降りもこれだけで凄く楽ですし。



で、これを付けたのは冒頭にも書きましたけど、ちょっと不安がある状態になったからです。

というのも、先日、引っ越してから30年以上住んでる地区で初めて空き巣がありました(ぇ
そこへ来て、借りてる駐車場で「買い取りチラシ」を挟まれることが増えまして。
この買い取りチラシの挟み方がいつもと違うんですよ。
これまではワイパーに入れてくるかドアミラーの内側に乗っけてくるかだったんですが、俺の車じゃないけど他の車で「ドアの隙間に挟む」とかが出始めたんです。
…俺はドタマに来たんで、ぐっちゃぐちゃに丸めて見えるところに投げ捨ててサイン返ししたんですけどね…やはり気が気じゃない。
だって、空き巣出たんですから;
加えて言えば、俺の車の脇には飲みかけの缶コーヒーにたばこの吸い殻たっくさん入ったの置かれてたこともあります。これはさすがに蹴飛ばして見せつけました。俺たばこ吸わないし。
(その駐車場、Z34とかKP61とかポルシェ911とか割と人気のある車両多いんですよ。S15もいるし。)
…小学校もすぐ近くにあるので、治安が悪くならないように「目は光ってるぞ」って見せつけなきゃいけないと思う昨今です。

てなわけで、カーセキュリティで傾き検出まで付けているので、ステアリング取っ払えばさらに面倒だろうと思ってのボス交換へ至った次第。

ま、乗るのにちょっと一手間増えちゃいましたが、そのうちやることが空気になるでしょうから、とりあえずなれるまで乗る回数増やしましょう。


そんな感じの部品交換話でしたとさw


<2018/04/26 追記>
さすがに頭にきたので今回から流します。
えーと神奈川に本社があって、八王子に支社がある「株式会社ケン○ート」(一応伏せ字入れさせてもらいます)さん。
正規に仕事されてるのは把握した上で申し上げさせて頂きます。
(当該チラシに関しては防犯のためその場にうち捨ててますが、写真撮って証拠残させて頂きました)

「窃盗団」と全く同じ手法で車にチラシを挟まないでください。
特にワイパーやめてミラーもやめて、ドアの隙間に挟むとか、どれだけ地域の治安が悪化するのか考えて頂きたい。
置いていく時点で大迷惑で、乗らない期間調べられてるようで気分が悪い上に、いらない物置いてあるだけでこちらは「ゴミ」を持ち歩けと言われている状態なので、3重の意味で「ふざけるな!(激怒」クラスです。
俺にはこの段階で既に「安心できない業者」としか見えていません。

もしそれでも宣伝したいのであれば、新聞折り込みのみなら許容できますので、そちらでお願いします。
昨今新聞契約件数が減ってるので宣伝効果が減っているのかもしれませんが、状態として車に直接置かれる時点で印象最悪です!

もうね、この形態に関しては「押し買い」の話に繋がってるとして行政に意見書上げようかと思ってるくらいですので、ほんと度を通り超したヘイト状態です俺は。


<追記>
これさーよく考えてみたら「迷惑行為」だよね。
表に車の使い方を露見させるわけだし(強固な言い方をすれば、これだけでプライベートの侵害に当たりそうですし)、特定商取引法から自動車は除外されているとはいえ「売る意思のない物への勧誘」な訳ですから。
しかも2年以上やられてるわけですよこちらは。(つまり再勧誘の禁止にも当たる)

…特定商取引法じゃ取り締まれないのならば、迷惑防止条例の方で認めてもらえるといいんだけどなぁ…;


<2018/05/10 追記>
さて、その後どうなったかというと、俺の車には挟まれなくなりましたけども、ほかの車への挟み込み未だに続いています。
(わざとおとなしくして様子を見続けていました)

えーと今回のは「○イインターナショナル」。
電話番号も違いますが、完全に同じ形態で挟み込み。

でね!
今回はちょっと違うよ。
ええ、上の追記に書いた業者と同じ電話番号をプリントして施した車両と遭遇しまして。
おい、なんで会社名違う?
で、ドライバーの顔も見ましたが、4年前に遭遇して逃げた人間と同じ奴でした。
しかもなんで住宅地の方回ってるのかな?;(そっち側走ると小学校の周りを回ることになります。大変危険な気がしてなりません)
※社名を使い分ける業者は、基本的に信用が無くなって分ける必要が出ているパターンが非常に多いです。
 なのでナーバスになるのですよ。

というわけで、俺の方はどうしたかというと、行政に提案として既に都へ上げてあります。

問題ないのかもしれないけれど、一つ一つの行動が怪しすぎて安心できないのが一番嫌ですな。

これ以上治安が悪化したという話を聞いたら、巡回中のお巡りさんにも「見てて不安なのが普段からいる」と告げますので悪しからず。


<2018/05/18 追記>
久々に挟まれたので。
今回は住所書いてないのでそのまま出すぞ「ジーモータース株式会社」。
ご丁寧に4つに折りたたんで小さくしてドアの隙間ですよ。ものすごく質が悪い。

あとね、「勝手な貼り紙をして」とご自身でお書きになられましたね?「貼り紙」と。
この時点で「貼り紙」なので、法的に「器物損壊」扱いです。
証拠残しましたので、しかるべきタイミングが来たら警察に届けますのでよろしく。

えーとね、面白い話で、俺がずっと駐車場でチラシうち捨てをし続けていたためか、最近他の車両の持ち主も同じように捨てるようになってきました。
んま、ちょいとタイミングあったので、近所の付き合いのあるところとこの辺の話したのもあるのでしょうが。
地域ぐるみでこの辺の話をしないと終わらないところもあるので、このまま俺も運動続けていきます。

(さらに追記!!18:42)
今ちょっと調べたら、この「ジーモータース株式会社」は貼られた直後にホイール窃盗の話が出てるじゃないですか!(激怒
これはさすがにお巡りさんに言った方が良いかな。

東京都日野市で駐車場借りてる方々、ご注意を!!


<2018/06/23 追記>
んー他の車にはずっとあってうちに入れないから黙ってましたが、今日ようやくチラシとっ捕まえられたので裏取りして、窃盗団情報出たので上げときます。
(3週間くらい見てたかなぁ)

「カフインターナショナル株式会社」
古物取引の番号の表示すらない。
電話番号で検索すると窃盗団って思いっきり書いてる人います。

でもって、中古車情報検索すると出てくる同名の会社がありますが、そこは関係ないとのこと。

先に「ご容赦ください」って書いとけば良いと思ってるようだが、許可のない状態ですでに宣伝としてNGなのを忘れるなよ。
で、調べてみたら「都の屋外広告物条例」で自動車への広告物掲示は「許可必要」となってるじゃないか。
つまり、都内でこの手のチラシは全部アカンってことだ。
次からはお巡りさんへ届け出よう。うん。

<もうちょっと追記>
ああそうだ。解釈の話でできるかなと思ったので書いとこう。
これを「器物損壊」で持って行くのであれば、「チラシを挟み込むことで広告を取りにくくし、車のドアの開閉の妨げにしている」と解釈できれば、事実上「本来の機能を行使できない状態」になるので、立派な器物損壊にできるんじゃない?
上の屋外広告物条例との組み合わせならしっかりそれを言えるよね?


コメント(0) 

ER34で久々にホーンを変更する [車]

車ネタもホント最近はやること減ってきて書くことがあまり(
※とはいえあと少しでもう一つ記事書きます。

さて、その「もう一つ」ってのがあるので、ちょっと思い立って部品変更してみたくなり、
いろいろ調べてこれかな?ってのを見つけて交換したお話ですな。
タイトルの通り「ホーン」を変更しました。

えーと、うちのER34はワンオーナーでずーっと乗ってる車なのですが、知ってる方ならわかると思う話、純正のホーンはすっごくチープな音がします(ぇ
※オプションのスポーツホーンも当時からあったんですが、甲高くて品がなかったので選ばず。

で、俺が免許とった頃にはすでに定番だった「BOSCH Rally Strada」と「ミツバ アルファホーン」とかで交換を当時考えていたんですが、
ミツバはみんなが使いまくってて面白くないので、欧州車ノーマル指定だったRally Stradaを今まで使ってきたのであります。

うん…2005年の10月の台風で事故って一度エンジンルーム大修理やってるので、今使ってるRally Stradaは2代目です。
もう13年も使ってるってんで、そんなに回数ならすことないので壊れてませんが、気分変えたくなったので交換しようかなと。

で、youtubeの動画でいろいろ見ていて、純正流用が比較的簡単だっていう情報が入ってきたので、
「そんなら現行GT-Rとかのホーンにして、上品な方向へ持って行っても良いんじゃない?」と。
最初、プレジデントG50の純正ホーンが気に入ったので、あの低めの音でおしゃれにしようかと思ったんですが、いざヤフオクとか新品とか見てみると高すぎたり状態悪すぎたりで現実的じゃない。
プレジデント用だと2万超えるんですよね新品;
それだとBOSCH選ぶ方が現実的なわけで。(Rally Stradaって新品で5k程度だからねw)

いろいろ選定していくうちに、GT-Rやフーガに採用されているMIYAMOTO製のホーン(ZS-12)へ辿り着きました。
※現状では車種問わずほぼこれがほとんどに採用されているようです。

新品買っても良かったんですがちょっと高めの15kだったので同時に中古見ていたら、なんとほぼ使われていない超美品が2kという破格な状態で出品されていたので即決。

届いたので早速取り付けることに。
DSC_0068.JPG

えーと、取り付け時の写真がありませんが、こんなのボルトとって入れ替えるだけなので割愛クラスです(
※細かい話だけしておきますと、ZS-12に付いてきたステーですが、これだとER34のボルト通らないので、Rally Stradaのステーを外して入れ替えました。

ZS-12、裏の固定ボルトにアース端子があるんですが、ER34が元からホット線のみのボディアースなのでそのままいけるかな?って思ったんですがダメで、結局Rally Strada用に追加で作ったアース配線をそのまま接続して動作するようにしました。

で、外したRally Strada。
DSC_0071.JPG
…めっちゃ汚れてたので綺麗にした後なんですが、バンパー開口部に近い方だった左側の本体が傷だらけ。
いやぁ……こんなに空気中にダストがいるってことなんですな;

てなわけで、音色も比較しておきましょうw



動画の頭にも書いてありますが、10年使ったからなのかも…って書きながら商品サイト見てたらあんまり変わってないですな(笑
他の方の動画でRally Strada見るともっと甲高いんですけども、個体差か。

しかしながら、ZS-12にしたらやはり落ち着きのある音に。
こっちの方が倍音が多いのか、トップの音がRally Stradaより高く感じますが、実はハイ側も音は低いです。


ホント気分みたいなお話ですが、耳に痛くない感じが凄く気に入りましたので、今後はこのホーン使っていこうかなと思いますw


えーと、多分次の車記事は日曜の夜かな?w

コメント(0) 

O2センサーの話続き 02(とはいえ完結) [車]

はい、ちょっと早めにすべてが済んでしまいましたので。
(あんまりにも暑くて、お茶だけで足りずにOS-1飲みながら←)

先ほどですが、無事に新品のO2センサーに交換が終わり、排気ガスチェックでもしっかりと基準値以下の超余裕ある状態に戻りました。
いやぁ、ほっとしますねぇw

最近は夜中の首都高で抜き打ち車両チェックもあるみたいですので、RECスタ出て夜中に帰宅とかで首都高使う事もあり得るので、ホント心配ごとは取り除いておきたかったので助かりました。


で。
問題だったCOとHC濃度は基準値の1/3まで落ちたので、やはり触媒ではなくO2センサー寿命だったと断定できそうです。
調べてみると5年に1度くらいで交換、なんてお話も出てきますので、今までほっといた方がよろしくなかったみたいな感じですかね。
これからは車検3回に1回は交換費用として計上しなきゃいけませんな。
※だって今回の、事故修理で入れ替わっていたとしても10年は経ってますし、そこで入れ替わってなかったとしたら20年近く使ったというイレギュラーすぎる話ですので(^^;


そして、これまた検索すると良く出てくる「O2センサー交換したら燃費良くなった」みたいなお話の方。
うーん、まだ燃費に関してはデータ取れませんけども、明らかに違う点はあります。

「アクセルのツキ」は劇的変化してます。

回転数の上がり方が新車のような感じになるので、劣化するとやはりレスポンスダウンに繋がる部分はあるみたいです。
※クラッチミートの位置が手前にある気がするくらい違います。

アクセルを「チョン!」とつついただけでエンジンが反応するくらいですので、当然リアのグリップ感が違う。
「こんなに前出たっけ?」って思うくらいなので、相当息切れ(燃料ポンプの症状じゃないよ?w)みたいな感じで、よっこらしょ回転してたんでしょうねw


しかし、「0.1V~0.4V」と「0.7V~0.9V」の範囲を状況で入れ替える、という処理らしいのですが、
まぁ0V張り付きはあるわ、0.6Vで止っちゃってるわ、2つの範囲のどっちにもつかない感じで行ったり来たりするわ、交換前はどんだけ状況悪かったのかと;
※ちなみに新品でも0V出てましたので、酸素量で同等が来ると電位差出ない条件あるんでしょうね。


まー新車みたいなレスポンスなんで、今回の突発出費は費用対効果絶大だったと言っていいでしょう(`・ω・´)


車体の状態にも依るけれども、どんなグレードの車でも長く乗ろうってんならO2センサー交換は渋っちゃダメですな。




…そういや調べていて思ったんだけど、大学の頃にサークルの仲間が「うちの車(AT)がエンストしやすい」って言ってたんだけど、オイル交換しなさすぎだったの聞いてあきれて交換勧めたけども…ひょっとしたらO2センサーとエアフロ汚れだったかもしれないね;;
※気にかかっているのはATフルード交換も勧めてしまったので、その後わかるようになった「ATミッションのオイル交換をこまめにしていない車両は入れ替えちゃダメ」にぶつかってなかったか今頃心配していたり←
 …心配したところでもうその車両現存してないでしょうが;
 (90年代はあんまりATフルード交換リスクの知識が広まってなかったんですよ)

今回の件とはまったく関係ありませんが、ATミッションの手入れで、長いことフルード交換をしていなかった場合、
気になってフルード入れ替えたいなら「フルオーバーホール」必須だと考えてください。
というのも、どうやらスラッジ(金属がこすれることで出る金属カス)が汚れたオイルと絡まって固着して、交換だけだとそれが取り除けなくなってしまい、オイルラインを塞いでブローする、という可能性が高まってしまうことからなのですな。
もし、ATフルードにこだわって交換をしたいと思うのなら、新車時から決まった走行距離数で確実に入れ替え実施することです。
…結構短いスパンらしいですよ?w
んま、俺なら車検毎に指定すると思いますけども。
※MTの場合は、クラッチ交換で入れ替え必須になるため、そこまではよほどハードな走行しない限りは引っ張れます。
 ただし、LSD入れてる場合は、そちらは3000km程度で交換(2回目以降ね)が必要です。
 やんないとスリップしちゃうらしいので。


んま、そんな感じで、大事に乗るならメンテ費用は覚悟しましょう、っていう自動車整備系のお話でしたとさw



とにかく基準クリアできて良かったー



<2017/10/18 追記>
さて、車検からとりあえず3ヶ月は経ったので。
その後、凄く快調な状態が続いております。
実はうちの車はエンジン載せ替えの後、一度もAACバルブ洗浄(もしくは交換)をしてないんですが、AACバルブやるより先にO2センサー疑った方が良いんじゃないか?と思うくらいに快調です。

割とキツい坂道で加速したくなって踏み込んでも、すぐに反応してくれるので気持ちが良いですな(´ω`)

いやぁ…こういう話はホント長いこと同じ車に乗り続けないと覚えないですね。

エンジンチェックランプが点灯しない状態での交換でしたが、燃調関連で不調が続くようならO2センサーは見た方が良いと思います。

多分、前のやつはECUチューン(現車合わせ)する前にAFC Neoで簡易調整してて、それの一部が合ってない状態を続けていたからってのもあると思います。
吸排気は割と何もせずとも交換して使えてしまうのでそのままになりやすいですが、寿命考えるとちゃんと調整まで考えた方が良いですなぁ…

O2センサーの話続き 01 [車]

01、って書く割には多分追記で終わってしまうんだと思うけどもw
(ちなみに朝っぱらだけどデモ音源のやりとりしてたのでずっと起きてた←)

昨日、車検から車が帰ってきまして、排気ガスNGが出たときの症状を詳しく教えて頂きました。

事前検査と12ヶ月点検時の数字見るとOKだったのが、検査場でNG。
(…たまに検査官が初年度登録間違って必要の無いNGでやり直しってあるらしいですが、専門職の方のライン通しなので多分そこは大丈夫)

どうやら、検査ラインで燃料がリッチ(つまり濃い状態)になってしまい、規定値を超えたみたいな感じで、
触媒がしっかり反応する温度まで暖めることで、なんとか通すことができたという事らしいです。
…これで通してもらえるってんだから、その後直すの見越してくれてるんだろうなぁ;
検査官の方の優しさですかねぇ?

というわけで、なるほど、連絡受けてから自分で症状を調べて、パターンを覚えておいたのとほぼ一致。
考えられるのは、O2センサー寿命、もしくはO2センサーのヒーター異常で計測値異常か。
どのみちO2センサー交換の範囲です。

で、現車合わせのことがお店の担当の方の頭になかったので、O2センサー入れ替えでNGなら手の施しようが…って言われちゃったんですが、そこはやはり現車あわせの強み、お金はかかるけど車検のための安全マージン運用へ落とす事も可能なので、
とりあえずはO2センサーを交換して様子を見て、それでも上限危ないなら再度現車合わせに持ち込んでもらうってお話でまとまりました。
※頼んだお店からフナッツさんの方へ外発注した車両だって話したらGT担当がすぐ来てくれたので、関わり深いんでしょうねぇw


で、帰ってくる途中で、故障診断コネクター(日産コンサルト)からGready インテリジェンスモニターに状態送ってるので、
今までアクセル開度表示だった部分をO2センサー電圧に変更して様子を見てみました。


DSC_0238.JPG

ずっと0.83V辺りに固定しっぱなし(ぇ
(2017/07/08追記:無事交換作業が終わり、新品とセンサー入れ替わったのでモニターしましたところ、しっかり暖まるとこの数字近辺がよく使われてるのがわかりました。それよか、修理直前の状態がとってもダメで、正常範囲数値外でO2センサー電圧が全く一定してない方が大きかったようです。2種ある切り替わる範囲がどっちなのか判断つかなくて行ったり来たりしちゃってました。新品交換後は綺麗に決まる感じです。)


整備要領の該当項目を見ると、アイドリング←→2000rpmの間で、「0.1~0.4V」←→「0.7~0.9V」を状態で入れ替えるってあるので、上限近くで固定になってしまって、アイドリングですっごく濃いんじゃないかと;


てことで、担当さんは次の車検までの間に見ようって感じだったんですけども、心配ごとは早く対処しておこうってんで、もうこのまま修理に入ります。
※工具用意して自分でって思ったけども、工賃とどっこいだったので多分お任せするかも←

これでまだ危ないようであれば、エアフロの対応変更含めて現車合わせやり直しメニューを今回施すことにしました。
※家族と相談したら「乗り換えるなら候補出しておけよ?」という話も出ましたが…次回の難修理が出たときのために、しばらく現行車両の情報集めは開始します。
 ちなみに、2000ccクラス見てたんですが、最近はタイヤが大きくなってるんで、タイヤの維持費は今と変わらないなと(^^;


とりあえず問題無く直りそうな予感なので、ほっとしてますなーw


<2017/07/06 追記>
そういや続報書いてなかった;

自分でやってしまうことも考えながら、お店の人と相談し(マジで自分でやる話まで出した←)、
とりあえず部品がどの程度まで取り寄せられるかと、DIYでのプラスマイナス点調べた話と総合して方向決めました。

えーと、結構ネット検索すると互換品の話でDENSOやBOSCH、NTKの商品が出てくるんですが…
なんと問屋さん通そうとすると、BOSCH以外は純正品版からの引き当てができません!!(ぇ!?
お店の回答でこう返ってきました。

で、ですね。
実は俺、これは想像してました。
というのも、通常互換する品番はメーカーサイトで確認できるんです。
俺もDENSOとNTKはサイトの商品ページ探して、対応品番調べに行ったんですが…丸っとO2センサーは一個も品番を公開してませんでした(ぇー
多分、国内では最初からOEMのみの考え方なんでしょうね。
元々車種によって引き当て違う部品ですので。

となると、ネット通販でお店が「これが相当します」って言ってるけども、確信持って選定ができないって事になります。
※ネット通販業者の方ごめんなさいです。
 決してディスってるんじゃなく、DIYで初めてさわるときの判断基準がないので難しいって事です。
 通販商品ページにもありますが、「詳しい方のみ」という部分が大きいと。


で、ここまででまずおおかたの指針は出るわけですが、んじゃBOSCHにしろ「対応社外品」を選定した場合のプラマイの話が続きまして…

自分の調べた範囲ですが、OEM元のメーカーを選んで対応品を付けた方のをいくつか検索で拝見しまして、気になる点が。
ECUの処理で、回転数が上がる課程でのフィーリングに大きな差が出ている、という話を数個見つけまして。
…個人様なので紹介できませんが、検索すると結構簡単にヒットする位置で出てきます。

興味深いのは、純正と社外、OEM元製品と比較なされてまして、結果として純正が一番良かったというお話が。

やはり、センサー系は時代合わせた方が良い、みたいな感じでしたが、どうやらサンプリングタイミングが若干異なるようで、そこを合わせたものでないと雰囲気がガラッと変わっちゃうらしいのです。

そうなると出てきますよねぇ…気になる点がうちの車では。
ええ、「現車合わせ」を施しているわけです。
ということは、O2センサーの処理が違った場合……最悪悪化の可能性を否定できない;
今NGスレスレなのにもっと酷くなるとか考えたら危ないわけです。

はい、結論として純正を使うことに決定しました。
ER34だと、品番は「22690-AA007」です。
以前手に入れた電子パーツリストだと、後対応で「22690-AA005」までは2007年版で出てきます。
自分の車体番号で検索してるので、同じグレードの「2500 GT-X Turbo」ならこの二つで大丈夫。


純正はちょっと高いですが、工賃は自分で工具用意するのとどっこいだったので(トルクレンチが入るから)、お店に頼んじゃうことにしました。

安心と情報共有の面でも有利ですしね。


ちなみに、お店の方のお話ではやはりBOSCHのユニバーサルタイプだと、純正配線を切ってカプラ増設で対応するため、接点が増えるのが気になるとのことでした。
……実は俺もそこ気になってためらってたんですよね。
同じ考えが出たことが任せるに至った理由でもあります。
(使ってる方は大丈夫だってレビュー出してるので、気分的なところでもありますがw)

うん、半田付けNGなんですよ場所的に。
よく使う電子工作用の半田ですと、融点が250℃くらいのはずですので、エキゾーストマニホールドやタービンアウトレット付近の温度だと、いとも簡単に流れてしまうのです。
※排気温度計付けてるからわかったんだけど、調子の良いときはアクセル踏んでると簡単に500~600℃でますので(ぇ


…ってそうだ、最近の街乗りで排気温度ちらっと見たとき、500℃切ってる感じが結構多かったな…;
燃料がリッチだと排気温度が下がるので、症状としては結果が合致してる。
※薄い状態(リーン状態)だと温度上がります。バイク(RF400とドラッグスター400乗ってたのよ?w)で昔調整して体感したことありますw
 マフラー出口とかプラグが白化するし、何しろ乗ってても熱い!w
 薄いと変なところでパワーでないんですよねぇ…濃すぎも反応悪いですけど


んま、そんな感じで修理第一段階スタートで、納品待ちです。


後はR35とかのエアフロアダプターとコンピューターセッティング周りの情報収集しないと。
多分急は要しないし調整料金がおっきく出ちゃうと思うけども、メンテ代が1/3になるのは魅力である。



それはそうと、パーツリスト最新版手に入れておかないとだなぁ…いろいろ廃番部品あるから、メーカー内の互換もの調べたいし。

ER34またちょいと交換発生 [車]

んー、車検通ったよーっていうお話を連絡受けて、そのときにまたかという指摘があったようで(- -;

前回のような足回りのパーツの見間違いでもなく、触媒でもなく。
…いや、触媒に近かったというか。

おかしいな?となった今回は。


ええ、前にも検査官から「排気ガス濃度が上限に近いので触媒直しておいてね」って話で、メタル触媒を新品入れ替えしたんですが…なんとまた今回も同じ指摘を受けるという(ぇ


で、考えられるのは「O2センサー寿命」。


んまーエンジン載せ替えでも10年、そのときにそのまま使っていたとすれば…19年!w


さすがに来ない方がおかしいかな?w
というわけで、交換前提でお話を進めることに。

ちょっと高い純正選ぶか、DENSOやBOSCHのユニバーサルタイプ使うか。
後者にしておいた方が実は今後交換楽なんだよね。
※カプラついてるタイプもあるので、そういう製品探すのもアリ。

自分でやろうと思えばできる交換箇所ですけども……付け替えた後のチェックできないんだよな;;
排気ガスチェッカーとか持ってないですもん。


でもって、これでダメだとなったらECU再調整かけるか、ER34をギリギリまで乗って終了するか。
20年乗りましたし、今後パーツは入手困難になるばかりですし…潮時もちょっとずつ見ておかないといけません。

まぁ大体でかい話すぐ考え始めるときは、すぐ直っちゃって問題無くなることの方が多いんですが(


しかし、乗り換えるに当たって、ER34は売るという選択はしないつもりです。
やはり10年前の事故でのフレーム矯正があるので、正直に言って次のオーナーがいたとしたらドリフトやる方になるでしょうし、そうなると安全面で安心して任せたいと思わないのです。
だからこそ、わかってるから自分に合わせてチューンした車ですので。

それに、やはり車検は通るとはいえ、環境基準が変わっていく昨今、いつまでも乗り続けられることもなくなるだろうなって思うのもあります。
まだ近未来的な話の世界ではありますが、いずれガソリンエンジン車両の居場所はなくなっていくんだろうなってのは感じてます。
実際、電動でもレシプロに負けない出力のが出てきたりとかありますので、今後は置き換わっていくのは自明かなと。

個人的にはもうちょっとMIRAIみたいな水素電池車両とか、EVが発展するまで引っ張りたいんですけどね。


…あ、プリウスって世間では良く事故やらDQN走行で嫌われる話出ますけども、プリウスが悪いんじゃなくてドライバーが悪いって話なので、くれぐれも車両のせいになされませぬよう;
※気をつけるのはかまわんけどね?w

2代目と3代目はレンタカーで運転経験ありますが、ホント車両としてはプリウスは良くできています。
フィエルセーフがきつめなので、電動部分で故障すると「なんでやねん」って思うことはあると思うんですが、そうしないと安全面で怖いことになりますので、それは受け入れるしかないでしょう。


てなわけで、いつまでも乗りたい気持ちもありつつ、頭の片隅には「どこまで直すかな?」って考えがだいぶ増えてきている愛車事情でした。

ER34エアバッグキャンセラー交換 [車]

さて、注文していた新しいエアバッグキャンセラ(と、日産のコンサルシステム互換装置)が届きました。
DSC_0210.JPG

うん、セメント抵抗で容量確保した感じの商品ですな。
これなら安心して使えそう。

で、早速作業開始。

今回はバッテリーを外さず、「エアバッグヒューズ(運転席下)」と「ホーンヒューズ(エンジンルームヒューズボックス内)」を外して作業。
んま、誤作動防止だねこれ。
多分バッテリー外してないので、この場合は一度警告灯が点灯するでしょう。
(ていうか、点灯しましたw)

ステアリングを外して、角度調整スペーサーも外して、該当のキャンセラーを取り外す。

DSC_0213.JPG

あれぇ!?;
ワークスベルのエアバッグ対応ボスを当時買ってつけたはずですが、差し込みタイプじゃなくて、ちゃんとカプラーじゃないですか!
つか、先端にヒューズついてる…
ヒューズ確認するも切れてない。

一瞬「まさかスパイラルケーブル側?;」って思いましたが、どう考えてもそんな気がしないので、
とりあえず新しいのと交換して様子見しようと作業続行。

DSC_0214.JPG

うん、接点が減るのでトラブル減りそうだよなこの方が。
ちょっと手持ちの配線用テープが短めで、一周と1/3位しか巻き付けられなかったけど、一応留まっているので後日必要ならやる方向で。
多分しっかり張り付いているので大丈夫だと思うけども…w

元に戻してから、キーのON/OFFとドアスイッチ連打の方で、診断モードを立ち上げ、無事警告灯消灯。
しばらく走ってきて、一度エンジン切ってから再度試して、点灯しないのも確認。

これでダメだったら、スパイラルケーブル側も加工してギボシ端子化して対応予定。


でもって……外した方を戻って観察してみる

DSC_0215.JPG

ん?ハーネスの真ん中で盛り上がってて…まさか表面実装使ってるとか無いよな?って思いながら、
熱収縮チューブを切り、端子も引き抜いて状態チェックして愕然となる。
DSC_0217.JPG
写真のちょっと形が変わっているところは…なんと半田無しのカシメ端子!(ぇ
そして、端子側はなんと…ちっさなカーボン皮膜抵抗(?)の足を曲げてカシメめてある!!;;

そうか、これで接触不良起こしたな?と。

おそらくカーボン皮膜抵抗なんで、ヒューズで保護って考えなんでしょうけど…接点増えるし、熱当たるしで抵抗値高化起こしたのかなー?;
精度表示で金来てるからカーボンだと思うけども…燃えるの怖いよねこれ;

んま、抵抗って寿命あんまり聞くことないですけども、消耗品として考えておこうと思います。

この黄色いコネクタ、電子パーツのお店でないだろうか?
後でストアで形見てみようか。
端子だけ手に入れば、ハウジング生きてればかなりメンテできる気がしますし。
※ヒューズ側は普通に売ってるやつなので簡単である

でも…まさかの半田無しですか;;
長く使ったら緩みますわなぁ;

このケーブルは残しておいて、補修に使えそうなら使いましょ。


しかし…思ってるよりちっさい抵抗使われてたんでビックリですな;;
※この抵抗、多分単価数円ですよ(ぇ
 ほとんど専用コネクタ代だろなぁ


<2017/06/25 追記>
えーと、時間おいて調子見ておりますが、現状で再点灯なし。
あとは車検持ち込みの時につかないかどうかか。

でもって、思ってたより多めにアクセスがあるので、日産コンサルトシステムの簡易故障診断モードのやり方だけ書いておきましょう。
※以前オークションで手に入れた整備要領で確認しました。

えーと、エンジンキーをONにしたときに、大雑把に分けて「ユーザーモード」と「故障診断モード」の2種類に分かれます。
前者は言うまでも無く、いつも乗ってどっかいくときのエンジンスタートです。
後者の方だと、警告灯がついたところの点滅パターンで「症状」を表示する状態です。
つまり、後者に一度切り替えて試す、ということですな。

故障診断モードへの移行のやり方は…

1.イグニッションキーをONまで回す。
2.7秒以内にドアスイッチ(ドアを開け、Bピラーにある蛇腹状のカバーのスイッチ)を5回以上連打
 (つまりON/OFFを5回以上繰り返す)

これでモードが切り替わります。
※同じ事を繰り返すとユーザーモードへ切り替わります。

故障表示が出ていないときにこの操作をしても、ドアスイッチを使った故障診断モードへの切り替えは行えません。
(お試しで起動はできないよって事です(^^;)


で、運転席エアバッグの状態が正常であればエアバッグ警告灯は

7秒点灯→2秒消灯→3秒点灯→2秒消灯→3秒点灯(以下エンドレス)

になります。

運転席側インフレーター(つまりエアバッグユニット)に問題がある場合は

7秒点灯→2秒消灯→3秒点灯→2秒消灯→2回点滅→2秒消灯→3秒点灯(以下エンドレス)

となるとのこと。
センサーユニットの場合は点滅が7回になるらしい…
他にもサイドエアバッグとかいろいろあるんですけど…数多すぎて書き切れないのでここまで(^^;
(3秒点灯が信号の区切りの合図で、点滅パターンが複数出るときはその分箇所が多いとのことです)

で、コンサルト操作機器を使わないでリセットするには、該当箇所を直して、
故障診断モードにしてからキーOFF、再度ONでユーザーモードに切り替わって終了。
(付け替えて無くても、故障診断モードで正常値になってるときはON/OFF操作で良いみたい)
…逆に言えば、直ってないと診断モードから切り替わらないそうです;


これ、整備要領持ってないとわからない話なので、あとは日産コンサルトシステムを入手して弄るパターンも考慮に入れておいた方が良いです。
※ちなみに今後のことも考え、輸入品ですが互換機器入手しました。(ググると出てくる割と有名な商品です)
 まだ使ってないですけど、レーシングカー並のデータロガーに使えるのでちょっと驚きました。
 純正使いたい方は、オークションとかで探すのが良いのかな?
 ちょっと高いので悩みますし、ER34はOBD2じゃないので、旧コネクタ仕様買うとその後大変ですが;
 (純正OBD2の方を用意しても、旧コネクタ変換ケーブルがあれば互換するので使えるらしいです)


バイクもそうなんだけど、自分である程度メンテする方は、整備要領を時間かけてでも手に入れた方が良いです。
……車のは全部集めるとどエラい金額になりやすいんですけどね;;
(そう考えるとバイクの要領書って安いよなぁ…)

整備要領持ってると、自分でばらすときの手順とかも書いてあるので便利です。
合わせてパーツリスト持ってると、ある程度の金額も見られる。
…パーツの価格が都度変更になるので、参考程度にしかなりませんけどね(^^;


<2017/06/26 追記>
ちょいっと合間に。

今朝方、持ち込み車検で預けてきたんですが、先ほどどうしても必要になるような交換はなかったという連絡が入り、車検費用確定しました。

つまり、エアバッグキャンセラー交換した後、問題はなくなったようです。良かったw

あとは車検受けて終わることだけ。


<2018/07/10 追記>
そうだ。ちょっと思い出したので補足的なことを。

たまに今の車検で「ステアリング交換はNG」って話をされる方がいらっしゃるのですが、これ間違いです。
ステアリングは「指定部品」に入るので、基本として直径と保安基準を守っていればOKです。
つまり、大体オートバックスやイエローハットで売ってる有名メーカーのものであれば大体保安基準適合なので、その中から組み合わせればOKなんですな。
で、この記事で指摘している重要な話が昨年からある「エアバッグ警告灯がちゃんと消えるか」がクリアできれば車検適合です。
(運転席周りばかり注目されてあまり知られていませんが、実は助手席エアバッグ、サイド・カーテンのキャンセラーもきちんと存在します。シート取り外してサイドエアバッグが無くなる時に使うと思いますが、これも警告灯が消える状態なら大丈夫です。キャンセラーっていうから間違うんだろうけども、基本的には「ダミー抵抗」であって、作動用装備は取り外しがきかないので、都合上機能は生きてる状態です)


ただ、問題があるとすれば「任意保険」で何と言われるかって話。
場合によっては「エアバッグなし」の扱いになって年間の保険料で数百円上がる可能性がありますが、その辺は窓口に問い合わせればOK。
大半の場合「エアバッグがなくなっても大丈夫」って返ってくると思いますが。
※実は俺も気になって一度自分が入ってる任意保険の窓口に問い合わせてそうなりました。

ちなみにシフトノブやシフトレバーも指定部品なので、MTならシフトゲージ表示、ATなら操作がきちんとできればOK。
凄い話、騒音規制値に収まってればマフラーも指定部品です。

気になる方は「指定部品 自動車」で検索して見てください。
まとめられたPDF資料読めると思います。
結構内容面白いですよ?w

スマートフォン専用ページを表示