So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日記代わりのまったりブログ。

PSO2はShip5にMILAIでよく現れる。 話しかけると中の人が反応するかも?
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

M12+RX451R+HVS702だとちょっと宜しくない?; [RC]

っと先日の事ですけども、以前の記事で書いたESC購入の後の話ですな。
SANWA SUPER VOLTEX Gen.2を2個買うに至ったので、Pro化するにも一度搭載しなきゃいけなかったので(走行用バッテリーから起動しないとPROGRAM BOX Gen2からファームウェアを書き換えられない仕様)、NERVISとKamikaze RR(そういやPallasって名前にしたんだった)に搭載することにしてました。
ていうか最初からその2台に載せるつもりで買ったんですが。

んま、NERVISの方は順調に作業できまして、簡単に終わったんですな。
タイトルで構成書いているので準じておくと、そちらのメカ構成は「M12+RX482+HVS702」です。
なーんの問題も無く、サーボの発熱も皆無。
しかもSSR設定にしてSSLのCODE指定も機能限定ながら使えるので大満足的な。
※ジャイロは前のまま鬼式です。中身多分yokomo YG-302と一緒。
 M12なので、3chのゲイン不足を補うためにEPAを左右ともに140にしておきました。


が…Pallasのほう。
写真がないので「おまいさんのどのマシンだよ?;」って思われるかもですが、先日ボディを完成させた、ABC Hobbyの180SXにADDICTIONのフルエアロキットを付けて、特殊塗装したアレです。
ていうか今書いてる途中で引っ張れるんだから以前アップしたの貼れば良いのか
↓これですな
DSC_0058.JPG

こちらもついでだからM11XからM12へ送信機を換えておこうと思ったので、ペアリングから始めたんですが…;
うん、FH3Tでの接続になるんですがRX451Rの特殊仕様のため、ちょっと手探り出ちゃったんですよ。
RX451Rをお持ちの方ならご存じでしょうが、この受信器は「NOR設定」でSHR、「SHR設定」でSSRという、ちょっと表示と中身が違うことになるんですね。
※M11Xとのペアリング時の注意書きにてそれが示されています。

覚えていたのですぐに対処できはしたんですが、最初は「M12ならそのままの表示でいけるだろう」って思ったら全く駄目(ぇ
いやねぇ…RX471とRX47T、RX482の方を弄ってばっかりいたため、そっちの作業で無意識にM12操作しちゃったという;
CH1とCH3をSHRにしたらサーボのニュートラルが明後日のところへ飛んでいってしまい大慌てするという←
で、考えてみたらFH3T接続の時はSSRなんて最初から無いわけで「あ、そうか;」と。
(ひょっとすると、以前壊してしまったASSAN GA250はSANWAではNORで使わないと壊すのかもしれませんね、この結果だと。動くからSHR設定してみたの思い出しました。)

で、正しく設定できたので(ジャイロを挟む関係上、「CH1:NOR」「CH2:SHR」「CH3:NOR」で順にSHR・SSR・SHRとなります)、そこから調整始めることに。

したら割とM11XとM12で処理違うんですな;
一応ちゃんと動きますし、ESCの方はホントにSSRでの反応スピードで動作します。

が…;

M11Xの時には全く起こらなかった現象がセッティング後に起きちゃったんですよ;
最初、これが起きたときには「あれ?ロッドエンドの握り込みまたキツくなってる?;」って思ったくらい。
……そうです、普通にステアリング切るだけで「ものすごいブルブル」が起きたんです;
当然、(イーグル模型の3ch用かましてますが)ジャイロ動作でもそれが極端に出るので、こりゃイカンなと;

一応ちゃんと動きますし、操作はできます。
が、すんごくブルブルいう;
引っかかって動いているのかと思うくらいには「動作に段がついたような嫌な挙動」を起こしています。
おまけに終わって気がついたらHVS702がモーター部で凄い発熱起こしてる。

これ、RX451RじゃなくてRX451の方だけど、バギーに搭載したERS971とかERS951じゃ起きてない現象なんですな。
ちなみに4駆ドリマシンのTN Reverse Conversionの方は同じイーグル模型のジャイロにERS971の組み合わせなんですが、こちらはそんな変な事起きてません。
違いは受信器がRX471なだけ。(もちろんすべてのチャンネルがSHR指定になってます)
ついでに付け加えると、E10凪スペの方はyokomoのSP6099と同じイーグルジャイロ、RX380のSHR設定でも起きてないんです。


上に書いたNERVISもRX482のテレメトリーONにしてまで問題が無い状態なので、これはもう受信器しか原因考えられないなと;


で、ふと思い出したんですよ。似たような話…;
記憶が正しければ昨年だと思いますが、某有名RCブログを書かれていて、いろんなマシンを楽しまれているマニアックなあの方(って言ったら特定できるか;ごめんなさい。普段触らないマシンの方ですっごく知識として参考にさせてもらってたりするので…;)のブログでも、サーボの発熱が凄いというお話が出ていたのですな。

改めて該当の記事を読ませていただき、写真見たら…RX451なんです(ぇ
しかも俺と一緒でM12ですから……これは多分この組み合わせだなと。
※そう考えると、先に生産終了になったRX461系がSANWAのサイトにまだ残ってるのに後から終了になったRX451系がすぐ消されたのも納得いくような;

あちらはジャイロをSGS-01D、サーボをアルミケースタイプの上位ものへ変更されて対処されていましたが、組み合わせ考えると多分受信器の仕様上の問題で、新しいサーボの制御系統が合わないんじゃないかと勘ぐり初めまして…

んま、ちょうど良いきっかけになりましたので、RX482かRX47Tでテレメトリー対応させて扱いたいとは思っていたので、ちょっと検証のために来月決行してみようと思います。


…SANWAが新しく提示したSUR設定も気になりますが、これはM17買わないと駄目なお話なので、もし仮説が正しければRX451系を手持ちからすべて外さないと移行できませんので;
※つまりM11X手放す方向で考えてます


いやぁ…NERVISやYD-2エレメンタリー(サーボをPGS-CLにする前)でHVS702使ってるのに、発熱問題自分には起こらないのでどうしても腑に落ちなかったんですよね。
今回のお話で立てた仮説がうまくいくようであれば、一個の選択(とはいえ中古市場でしか使えないネタですがw)としてデータになりますので。

ちなみにESCとの相性の話って考える線もあるのに、書いてない理由があって、これはG-Force、Yokomo、SANWAとすべてマシンで違う状態で問題が無かったからなんですな。
今回ESC以外で換えたのはM11X→M12だけなので。

特にPallasのステアリング周りは、Kamikazeスライドラック化したときにスルッスルになるように時間かけて作ってますので、引っかかる動作そのものがもう想定外過ぎる状態なのですわ。


ここへ来て相性問題が出るのかーって思いながらの想定外メカ変更になりそうですが、とりあえず検証結果を最後まとめることにはしてますので、後日また終わったときに書きますね。


<2018/06/18 追記>
先日特価になっていてよりお財布に優しい状態になっていたRX482を一個確保したので試してみました。

結果は予測通りで、RX451Rの時のような妙な動きは無くなりました。
HVS702の発熱も皆無です。
問題なく使用できましたので、やはり組み合わせによる不具合ありますねこれ。

ただ、今回の結果で改めてわかったんですが、HVS702はジャイロ通して使うのには向かないかもしれません。
というのも、HVS702の仕様なんでしょうが、割と解像度の部分で粗いのかジャイロの解像度とマッチしないのか、最低点の位置で階段状の変異量になる雰囲気があります。
(実用には問題ありません)
逆に同じ組み合わせになったNERVISで起きてないのが不思議ですが、両方ともそのうちPGS系に載せ替えるか先にSANWAのジャイロに載せ替えるか考慮に入れてますので、今後も試行錯誤します。

というわけでRX451系に関しては、手持ちのシステムでの不具合回避のため搭載マシンからは取り外してまして、順次RX47Tへ移行しようと思います。

コメント(0) 

TUNE TBJ-2(なぜかおかしな事になってたので再掲載です) [音楽関連]

えーと、はい。楽器増えました(尚、置き場所はお察し状態)

んーとね、先に言っておきますが、割とこのブログで竿買ったよ系書いてますが、
メイン楽器はドラムではあるものの、趣味性が高いとはいえ実は竿系は「RECスタジオへ持って行く機材」の「トラブル回避用」として集めてる物だったりします。
※つまり、一応仕事道具です。

なので、一部の試験的な物を除いて、コンディションは常に見てるという;
割とこれが大変なんですな;

で、今回は新バンドでダウンチューニングを覚えないといけないので、出来ることが何かを知る上でも一度は触らないといけないなってのと、
そのためには以前買って弄り倒して使えるようにしようとしたSquireのジャズベースでは力不足という問題もあり、ネックのセッティングも専用にしなきゃいけないって事で、一本買うことに。

中古見てたら手頃なやつ出てきたんでポチりました。
型番わからず状態で買ったのですが…これ。


DSC_0122.JPG

まぁ、だいたい90年代だよなとは思いつつ、TUNEが激安だったので。
※その後TUNE Guitar Maniac社の担当さんに写真と詳細で聞いたところ、TBJ-2との回答をいただきました。

これね、84年から続くTUNEの伝統形状です。
実はTUNEを俺が知ったのも、このベースを楽器店で見かけたからなんですけども、そのヘッドがこんな特殊な事してまして。

DSC_0124.JPG
やってる方ならわかりますよね?
ペグの巻き方が普通と逆なんですこのベース。これで正しい。
最初びっくりするんだけども、なれると割と良い感じに。

このインパクトで音は聞かないまでもTUNEというメーカーを中学生の頃(ほんとに90年入った頃です)知っていました。
高校に入ったら、先輩がTB-4持ってたんで余計に覚えてるという。

ただ、音としては当時の「タモリの音楽は世界だ」という番組でナルチョさんがアーム付き8弦(副弦タイプ)という斜め上の仕様を使われていまして、それで知った感じ。
ええ、あの特徴的なTUNEの音をそこから覚えて、いつかは欲しいなと思ってた楽器でもあります。

…実は密かにTB-4だったら良いなとは思ったんですが、TBJ-2ということで廉価版モデルです。
とはいえ、ミドルクラスの価格帯の上の方を当時出していたので、今で言う15万程度の仕様ですな。

俺がこれの型式を特定できなかったのは、確か覚えてる範囲では3Pの貼り合わせネックだったと思ったのに、手にしたのはスカーフジョイントだったんですよ。
でも、どうやらそこを伝えた上でも触れずにTBJ-2との回答をいただいたことから、良くあるカタログ外スペックのモデルに当たったんだろうなとw


で、音ですよ音。
最初はさすがにノーマルチューニングで試したんですけども、廉価版と侮るなかれ。
びっくりするほど「使える」音で脳汁垂れ流し状態へ。
おまけに異次元の弾きやすさで、今までいろんなベース触ったけど、苦労したのはなんだったのかと思ったくらい。

アクティブサーキットの効きが非常に強いので、バッキバキからブリブリ、素直な低音と振り幅めちゃくちゃ広い!!

あんまりにも凄いんで気に入ってしまい、もう一本買いたいなと思ってる状態です(ぇ


何より一番驚いた部分は、今要求されている「2音半下げ」で調整して見たところ、
一般的には34インチではLow-Bがぼやけてしまい音にコシがなくなる傾向が出るのですが、
全くそれを起こさずに「バキッ」っと鳴ってくれると言うことでした。
……もうね、この時点で触るだけで楽しいです。

あと、弦高調整してビビりを極力無くした状態でのタッピングがめっちゃくちゃ出しやすい。
当然スラップも出やすいわけで。

こんな楽器触ったら他のメーカー触れなくなるぜよ;;


…真剣に前から欲しかったTWBを買おうか迷い始めました;
基本仕様ので良いので、本気で探してみようかな…

教えてもらった回答の内容では、色はシースルーネイビーブルーかクリアブルーかもとの事でしたが、割と緑がかってます。
日焼けで変化してる部分もあると思うので、多分そうでしょう。

とにかく大満足です。
これは使える!


あとで弦交換しなきゃですが、とにかくこんなに気に入るとは思ってもいなかったので大事にしようと思いますw


TUNE……このメーカーは前から思ってたけど、一度触ったら絶対に魅力にとりつかれるなと思いました。



で余談。

自力でモデル特定しようとしてて気がついたんですが、なんか韓国で勝手にTUNEの名前使ってコピー楽器作って売ってる会社あるようですな;
海外で「信用が落ちる」と嘆かれるほどの酷い楽器だそうで。
一番頭にきたのは勝手にTUNE Guitar Maniac社の写真使ってるらしいじゃないですか。
一応見つけてあっちの偽サイト見てきましたが、日本のTUNEじゃ「そんなの作ってねぇよ!」っての目白押しです;酷い;
本社サイトでも「偽もんに気をつけて!」って書き込みあるので、生産国と発送元見て海外通販物は注意して選定しましょう。
ていうか多分日本国内では流通してないと思うので(商標側でおそらく税関通せない)、イケベだったかな?正規販売ルートで絶対に買いましょう!

つかさ…韓国のギター製作事情的に、古くからB.C.RichやらIbanezの生産経験あるんだから、正規で出来る状態で商売すれば良いのにと思ったんだが…
そんなことしてると、昨今の中国オリジナル系に負けるぞ?;


てなわけで、今、先日始めたバイオリンでYAMAHAのエレキ買うか、そのための貯金をTUNE買う方に回すかで真剣に悩み始めてます(ぇ

正直、それくらい頭に刺激が入った感じなので、TUNE熱簡単に下がらない気がします。

陰陽座ファンで式神でもある俺ですので、やはりどこかでTWB欲しい…


<2018/05/29 追記>
あれ?なんかおかしい状態で公開されちゃってます;
改行全部死んでるし、なんで最新側に出てないのやら(
ちと調べて直しますね
(直後の追記:どう直しても駄目っぽかったので、完全に新しい記事としてコピペでUP直ししました。何が起こったし;)


<2018/06/03 追記>
もう一本欲しくなって、TBとかTWBをずーっと眺めていて…
買うにしたら前から弄り倒してるSquireのジャズベ(デッドポイントに苦しんだアレですな)を手放すにも、いろいろ試して使えるところに落としたなと再度触れてみたら、なんとTBJ-2と同じ方向に音が向くようにしてたのに気がついたので(ぇ、本格的にそちらでデッドポイント潰しと「アクティブサーキット化」を実行することにしました。

だって…Squireのジャズベは「Vintage Modified Jazz Bass '70s NT」なんで、ソフトメイプルボディという他には全くない個性なんですものw
もったいないよね?w
(それに基本的にどんなに安くても、メーカー名がヘッドから消えるのが個人的に嫌なので。10~15年くらい前はなぜか高い楽器でもメーカー名消すのが流行りましたけども、なんでそれするのか理解できなかったなぁ;必要があるのって、エンドーサーの方が理由あって他メーカーの楽器使う時に隠したくらいですので…そうでもない個人が真似してもねぇ?(^^;)

てことで、とりあえずネック関連の交換から考えたんですが、どうもサイズ的にバランスが変わる物がないので(ナット幅が38mmから42mmに変えるにしてもFender純正補修パーツくらいしかないし、それだと価格的に新品一本買う方が早い)、ヒールプレート(ネックジョイントプレート)を重たい物に交換してみようかと思います。
前からここが気になっててやってないのよね。最後の砦だと思ってたので。
ボディ側へ無理矢理振動を引っ張ってしまえばいいわけだし、調べてみたら3弦7フレットでのパワー落ちが解消したってのもあったので、効果ありそうだし(無いかもしれない)。
※元々デッドポイントを解消するための商品じゃないので、何が起きるかは謎ですな
 これがうまくいくようであれば、実はYAMAHA MG-1Rのデッドポイントもジョイントブロック交換で直るって話ですし。

後は…アクティブサーキットでなるべく電池ボックス加工しないでいける組み合わせ考えないとですな。

どう攻めようか?

コメント(0) 

黒歴史は繰り返される(ぇ<PSO2> [ゲーム]

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp


<ホントはここに一枚画像入れる予定でした←>
※後で入れるねw
<2018/06/06追記>
てことでSS入れるよー

pso20180606_013816_053.jpg
MILAI:「あれっ?バレンタインイベントは3ヶ月前だよねっ!?;」
俺  :「いいぇ、それはケフィ…じゃない、それはダークエンペ様だ」


…とやりたかったのだ←
<ここまで>



いや、あんまりにも面白かったんでSS取ったんですが、NvidiaのREC機能を使いながらだったためか、画面真っ黒で撮れてなかったので(^^;


先日のアップデートにてストーリー追加されたので、颯爽と翌日時間があるのを良いことに全部夜中にやってたという←

いやー前回の流れから、てっきり【双子】の話を展開するのかと思いきや違うみたいな。
まだ終わってない方が多いと思うので、これまたいつも通りぼやかして行きますけども、
今回は予想の斜め上を行く展開で大笑いをさせられっぱなしになるという「たまにはこんなのも良いよね」回だったなとw

しかし、かなり重要なものが混じってますので、ぼーっと見てると廃止されたEP3までで出てきていた内容と、
EP4でリサがぽろっと出した内容が伏線でそこに存在してますので、見逃すと後で何が何だかわからなくなると思います。
特にハリエットの台詞は相当ヒント含んでますので、後で「ああ、なるほどそういうことだったのか」って思うんじゃないかと俺は予想していたり。

しかしまーぼやかすと言っても【双子】じゃないとなるともう【若人】しか残ってないので、必然的にその周りの話になるんですけども、PSO2アニメ班は今回は災難だったなとwww
ちょっとだけアークスライブで公開された映像を後から追っかけて見てましたけども、まさかこんなに「痛い」使われ方するとは思ってなかったので、涙が出るほど笑いましたw
しかもユクリータとアウロラをあの形で使うかとw
※実は一番笑ったのはアイカの前でのシエラの含み笑いとマルガレータの「あの顔」だったりするんですが←


ちろっとここだけはネタバレになってしまいますけども、マルガレータ周辺の話って今回EP1からやってた方なら「あれ?」って思うはずです。
(余談だけど、マルガレータのしゃべり方ですぐ誰だかわかった感じでした)
ええ、実は「2代目【若人】」に関しては今まで何も語られてないんです。
3代目(ユクリータ)は擬似的な残滓なので(このあたりはEP3参照)、実は2代目までしかPSO2の話では存在がないんですよね。
そもそもEP1より10年前の「あの件」で【双子】に食われてるので。
で、残滓をカウントすると、マトイが封印したリリーパにある力、後はアニメ見ないといけませんが泉澄リナの話とEP4直前のアイカの話(これはEP4でマトイの話が語られる中で出てきます)という形で存在するので、
今回のEP5であの4人が該当したってのはつじつまとしてあってるという。
※つまり、オラクルのある側の宇宙ではすでにDF【若人】がすでに消失しているので、オメガ側での「オメガ・アプレジナ」の「ファルス」表記がないのに直結します。
 うん、アークスライブですでに公表されていますが、召喚対象自体が【若人】と考えると、次のレイドボス実装での【若人】が完全体でオメガに出るってのがピッタリはまると。

そのために4人も必須だったという解釈ですな。
「記録」が必要だった訳なので。

にしても……ぷぷぷw
アレを笑わずに通過しろというのが無理ですw
今回で消えた(いや多分今後コアになるんだと思うけど)あの人も、エンタメの名を借りてやるにしたって遊びすぎw
※コアったってジャッジメントなイツキの友達じゃないぞ?w

あとは…マルガレータのあり方がああなったのも、一つの存在のあり方なんだよね。
あえて切り離して存在を残したっていう。
※実はルーサーの台詞にそれが出ているんじゃないかなと俺は思ってます。
 「僕の知っている彼女より若干(ry」……うん、つまりそういうことです(

これねーどっかでこういう話の解説見たことあったんだけど思い出せない。
理屈としてきちんとファンタジー上で可能な設定なんですよ。
それだけに、今回も興味深いもの引っ張ってきたなって思いながら見てました。

で、2代目【若人】って元はどんな人だったのよ?って結局語られてないですが、おそらく俺は「神官長」か「族長」だったんじゃないかなって思ってます。
アレです、ロードス島戦記で言う「レイリア」か「ナルディア」。
…それの性格悪い版(酷いw
どんな時代でも宗教とか象徴って心の拠り所として必要なものですから。
(狂信だと不幸ですけども←)


てなわけで、今回もかなり伏線回収で細かいところを摘まんできたので、今後が楽しみに更になってきた感じですなw



で、ここからは今回のストーリークエスト関連。

概ね良い感じかなというのが大体の感想。
可も無く不可も無いちょうど良いバランスなので、へろっとやればC、ちゃんとやればSみたいなところです。

ただね…一点だけ全体通して言いたい残念ポイントが、以前と全く同じところで出ちゃってるのがもったいない。
うん……だからフィールドの端っこに寄っていくのなんとかしてくださいって;
最後の「オメガ・アプレジナ」との戦闘が端っこに行っても割となんとかなるんですが、最初の対魔神城戦の雑魚キャラわんさかのところ!
こっちがもう閉口しちゃいますって;
開始して背後がいきなりフィールドの端っこで、カメラワーク最悪なことになってやりづらいことこの上ない;
割とHr向けに設定した感じなんでしょうが、とりあえず通常職でもLv.80で苦労感じない程度なので良いんですが、
フィールドの範囲が演出上端っこが見えない仕様なので、どこまで動けるのか全く想像つかないのです;
で、気がつくとエネミーのどアップと脳内格闘することにw

セクション的に魔神城まで行くのに3ターンほどあるんですが、どれも最初の配置が端っこ寄りなので、常にカメラワークと戦うという、別の意味で「難しい」が起きてめんどくさいという(^^;
※でもね、楽しみとしては削りきられるほどではないので、楽しさとしては成立はしています。

実はね、4人が対峙するっってんで、毎回この魔神城あるのかと最初ぞっとしました(ぇ
…無くて良かったけどw
まぁ、バランスとしては各セクションで雑魚エネミーあと2体ずつくらい引いといてもらった方が無茶感無くなるかなと思います。
強さはあんなもんだろうと。(ひっくり返せば、あの強さならエネミーの数は今が上限で軽く減らす分には変わらんと言うことです。インパクトくらいにしか感じない)


で、メインディッシュのエキシビジョンマッチ側。
こっちはもう……違う意味で難易度ってあるんだなって思わされる良い内容でした。
空気感ってこんなに大事なんだなって思うよ絶対w
大して強くない相手なんだけど、直前で脱力させきられてしまうので、油断しやすいんですなw
それ狙ってるなって先にわかってるから、ノンダメージ簡単にできるクエストなんですが。
※ちなみにこっち側は討伐時間でランク決まります。うまい人なら全部1分かからないよw
 俺でも平均で40秒だったからw

上に書いたちょっと不満感じたところが、笑いのあるシナリオで全部吹っ飛ぶので、結果◎みたいな。
※調子こいてこれ以上のギャップやられるとふざけるなが起こる、割と危ないバランスですけどw


というわけで、今回のストーリーはあまりにも面白かったので、また突っつきに行きたい気持ちが止まりませんw


誤解だの孤独だの小心だの強情だの…今思い出すだけでも笑いがw

とにかくね、個人的に「ダークラッピー」をペットかマグ進化デバイスで欲しい気がするよw


そんな感じで、ぷぷぷと笑いながらホントは「良い人」なマルガレータがこっち来たことで、次に追加されるだろうダークブラストがどうなるのかが楽しみです。
…ないのかなひょっとして?;


とりあえず、まずは次のアプデまでにできるだけルーサーフォームのレベル上げておかないと。



あ、そうだ。
泉澄リナが痛いことになってたなと思ったけども、よく考えたらイツキ(の中の人)は今年の別のアニメ(ポ○テピ○ック)の最終回で痛いことになってたので、結果この二人「痛いカップル」になったなと(意味が違うでしょ!


<2018/05/29 追記>
なんか混乱するような記事の発表時間になってしまってごめんなさい。
何らかのエラーで、次の記事とこの記事の時間指定が交錯したらしく、妙な挙動で起きたようです。
※原因になった記事は消しましたが、そちらが改行を受け付けていなかったりおかしな状態でしたので、パラメーター部分でおかしなリンクを起こしていたようです。

お騒がせしました…;
(騒ぐほどではなかったとは思うけど(^^;)

記憶が正しければ、この記事は2018/05/25 17:00公開だったはずです。
(公開の日付を後から修正できるの知ったので、とりあえずこの日付で直しておきました)


<2018/06/06 追記>
さて、SS取ったついでにものすごく笑った顔だけUPしとこうかなと

pso20180606_023823_119.jpg

こんな酷い表情、このゲームじゃまだ見たことなかったよwww
SAでこれ再現してる方見かけて更に腹筋持って行かれたのは言うまでも無く。

あと、画面で一緒に同じ事言ったこれですな。

pso20180606_013538_012.jpg

ホントに「うわぁ…;」って画面の前で(

本気で笑いっぱなしの凄いシナリオだったと思います。うん。
RECしといて良かったw


コメント(0) 

ESC新調。 [RC]

はい、しばらくRC記事が止まってましたが。
M17がSANWAから出るという情報が出てきたので、ちょっと最近導入してるサーボやらいろいろ対応させたいなと思うようになったので、そろそろプロポの更新考えていたり。
割とM12の方は使ってきましたけど、機能がフルに使えないのはちょっと後で困りそうなので時期を見て乗り換えしましょう。

あ、M11Xとテレメトリー装置は放出かな?こうなると。

でM17を購入しようってんで、ではありませんけども、M12S以上じゃないと十分に力が発揮でなさそうなもの買いました。

DSC_0118.JPG

Super Voltex Gen2を2個とプログラムボックスGen2。
うん、半額になってたので思い切りました。
SANWAのサイト見てるとわかると思いますが、このESCはPro化出来るので安くなったタイミングで手にい入れてファームウェア書き換えようと目論んでたのです(^^;
ちょうどタイミングが来た。
※ちなみに買った後にProじゃない方のディスコン発表はいりました。とてもよいタイミングだったw

これから配線して書き換えてセッティング取ります。
今回からはターボモードを利用していこうかなと。
もちろん、搭載車両はNERVISとKamikaze RRコンバですな。
ヨコドリ仕様のTN Racing エレメンタリーとリバースプログレッシブもyokomoESCがターボついてるので、同等のブースト設定入れようかな。
※yokomoのも4シリーズに載せ替えたいけど、まだ大丈夫そうだし。

あとは、サーボの方もHVS702からPGS-CLあたりへ載せ替えていく方向で。
これでM12S以降のプロポに変更すれば、送信機ですべて設定が変更できますのでかなり楽じゃないかなと。
※PGS-CLですが、プラベアリングを金属ボールベアリングに替えてというのがありますが、
 俺も気になって分解して入れ替えしてみたんですが、外すときに「あ、この樹脂ボールベアリングなら大丈夫だ」と見たので、一応数確保してますが、ガタが出たら交換みたいに考えておこうかと。
 (摩耗が早そうなイメージあるんでしょうが、よく見たら割と稼働の多いところに使うタイプが入っていたので気にならないかもしれません。)

最終的にはSANWAのSDS-01D(ドリフト用ジャイロ)まで入れるかどうかですが…うん、これは今使ってるのをもっと試してからですな。

M12使ってるんで、yokomoジャイロと同タイプのイーグルやD-Likeものだと、3chのエンドポイントを140程度まで上げないとしっかり効かないという情報も得たので、今後はそれも適用しながらチェックです。


あと、ようやく供給が安定しだしたので、追加購入しておきましたYD-2E用フロントナックル。
DSC_0115.JPG

左が新型、右が従来。
トレール用の穴が減って、ナックルストッパー取り付け穴が増えてます。
早速SHEPSUTのフロントナックルを交換して適正化。
特にタイロッド取り付け穴は位置が変わってるわけじゃないので、ポン付け終了ですw

願わくばこれのアルミ製まで出て欲しい…Kamikaze RRコンバのフロントナックルに適用したい。


ま、そんな感じで小変更系ですけども、パフォーマンスに影響する場所がいくつか変更になるので、今後のテストが楽しみですなw


あとは早くリバースプログレッシブ用ボディ完成させないと…;

コメント(0) 

基本職Lv.85解放<PSO2> [ゲーム]

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

幻惑の森のフリー探索キター!!(゚∀゚)

pso20180510_212535_000.jpg

※スクリーンショットのショートカットで窓系消せるのあるんだけど、なぜかうまく消えないときがあって、
 このSSも消されてない状態だったの後で気がついたのは内緒です(


んまそれはともかく。
いそいそと開始しましたHuから全職レベルカンストを。
すでにすべての職で85上限には直しましたので、ほんとまるぐる続ける感じですな。

しかし……ちょっとだけ言わせて;
ちょっと前までに横行した関係で、クエスト中にパーティ招待受けても、なんか装備見られて誤操作したんじゃないかと勘ぐっちゃうくらい嫌な邪推してしまいます;
(ちなみに誤操作でやらかすとトレード申し込みになることの方が多いと思うんですけども;)
これ、ほんとに2年くらい前の悪い影響が残りっぱなしですわ;
なので、どんだけ酷かろうがあんまり他人の内容除くのは避けていただきたいところかなと。
好意で呼んでいただいたのか全くわからないのは怖くて反応できませんので;

ま、昨今「他人と比較するのやめましょう」って声が大きくなり出しているので、それはそれで俺も安心出来るようになってくるのかな?と期待しているところではあります。

幻惑の森でもオメガルーサーの☆14とか出るようですので、期待しないでも落ちたらラッキーくらいで回ることに。


でもって、今回のアプデから予告緊急が強化マガツになりましたな。
こちらはどうやら邪龍もの出るようで。
まー先日部位破壊順番の話を展開しましたけども、早速それを使うタイプが来た感じですね。

しかし…今回のマガツ、それ守ってもある程度苦労しますw
体力値が上げてあるので当然なんですけども、久しぶりに気にしながらやるという楽しみが出来て良い感じです。
が、やっぱり当初から存在する「マガツが若干ワープする」は今回も起きてしまっている(´・ω・`)
1回目は良いんですけどねぇ…2回目以降で位置ずれに対するものなのか、はたまたまたHr対策なのか、おかしな被弾があちこちに設定されてると言わざるを得ない被弾がめちゃくちゃ多いです。

特に、一回目のゲート前の「捕獲ミッション」ですが、3つ砲台並んでて、俺が真ん中にいて脇に他PTの方がいたんですが、なぜか俺だけ大被弾してペロ、両隣の2名は何事もなく無傷という意味のわからない被弾判定が飛んできて「?」ってなりました。
別な場所では「そこ何もないじゃん」ってところでパタパタと……;
だからそれをやめなきゃ駄目なんだろう!っとまた言わせるのかと若干イラついております。
※これは言うよ?直さないと面白さ半減以上の内容だから。
 おまけに、俺の今の装備、マガツの全体発光攻撃でもHP半分残るくらいの装備してますから(ぇ

でね、この位置ずれ系謎挙動ですが、1回目は少なくて、2回目以降で増えていくんです。
まだ簡単にクリアできる流れが出来ていないので3回目に入れないのが続いておりますが、2回目の方がものすごく酷いんですわ。
どっかに読み込み量で無駄が存在してる気がしてならないです。

とはいえ、一応は成立しているので、久方ぶりのマガツを楽しんでおりますw
不思議と金マガツ戦の方は割と問題ないので不思議挙動としか見えないんですよねぇ…
(それでも変なワープ起きるので、方向見失いすぎて困ることは多数ですが…;)

……根本的にEP5用プログラムにテクスチャだけ適用して作り直した方が良くないかこれ?;
挙動からして旧システム用の雰囲気凄いですし。

というわけで、相変わらず☆14武器よりも、プレイアビリティの部分の方で悩ましく思ってる俺ですが、
そろそろ幻惑の森と併せて☆14狙いの行動に移行していこうかな?って考えが出始めています。
というのも、割とドロップ結果の数字が大きくなり出してるので、そろそろ世代交代の波が来るんじゃないかと思えるようになってきたからですな。

同時に、ブーストアイテムの掛かり方をやりながらデータ取り始めています。
うん……卒論テーマ内容で、物理現象の解析屋としての能力が最近回り始めてまして、結果と考察がフル回転始めています。
攻略は苦手だけど、傾向と対策を作るのは得意なので、割とうなりそうな感じですw
※第一段階は「観測と予測」ですが、ほぼ間違いないだろうという仮説までは至ってます。
 こんな事してるとフォトナーと変わらないなとか思っちゃうんですけども←


ちなみに、Huでの戦闘もなんか見えてきまして、実装2日目にして幻惑の森を一人クリアは簡単なんだと把握するように。
時間短縮したいのでルーサーフォームも使いまくりますが、概ね苦労しないで魔神城は落とせてる感じ。
割とわかってしまえばほぼ被弾しませんのであのボス戦。
※ごり押しよりも「ターン制」に見立てると楽です


てなわけで、不満はありつつも結局楽しいのでマガツはずっとやろうと思いますw
マガツをHrで行くの難しいぞ-;
何せ、機動力が徒になって、上昇してからの着地場所選ぶのがめっちゃシビア。
おまけにソードのあたり判定の位置の関係で、思ったところにダメージ入れることの方が調整難しいので。
俺はマガツだけは通常職ではBoしか使わないようにしてるんですが、今回もそうなりそうだと思います。
ストライクガストは零式をきちんと作っておくこと。
で、最終のスタップを打たないようにしておくと移動が楽だったり。
なにしろ、ステップでの下降量が少ないので、いろんな調整楽なんですよね。

とにかく、他人の位置関係と併せて、自分の周りのエフェクトに留意することを忘れないプレイが求められますので、途中のEトラをなるべく被弾回避していくスタイルを構築しないとですなw


<2018/05/12 追記>
ちっとやれてなかったので、空いてる時間でストーリーの方も全部見てきました。

pso20180512_122431_000.jpg

ほんとやっとかよというw
今回のサブストーリーはなかなかほんわかしましたな( ´ω`)

本編の方は…凄く意外な設定が見えましたな。
あ…最初にあったフォトナーの姿ってそういう…と。
※EP2の最後のクエストをやっていると、ほんとぐっとくるかと思います。(外伝前の大クエストでした)
 廃止されてしまったので、該当シーンはオムニバス側で見てください。きっちり入ってますので。
 個人的にEP1のハドレットの話の最後と併せて、ほんと好きなクエストだったなぁ…


…て…まさか;<ハドレット


んま、今はそれより新たに現れた【双子】の方ですな。
登場当初から思ってましたが、元はやはり純粋な子供だったなと。
優しさが転じて狂気の方向へ引っ張られたんだろうか…?
まだ不完全な登場なので、いろいろ想像しながら次の配信を待ちたいと思いますw



<2018/05/13 追記>
なんとかHuを81に乗せてきましたが…(幻惑の森探索が面白すぎて困るくらいである←)

うん、やっぱりマガツの2周目以降が鬼の方にラグ関連でつらいです(白目

昨晩は運良く4周回れたのですが、2回目以降、回数重ねるごとに変なラグ多発;
マガツがショートワープしちゃうのはいつものことではあるけれども、攻撃モーションやアニメーションが突然切れて、次の瞬間大ダメージだけ飛んでくるとストレスがorz
もーこれは仕方が無いのかと思ってはいるんだけれども、4周目に極めつけみたいなのが来まして。

Eトラで「巨大エネルギー波を回避せよ」があると思うんですが、これがもう凄いことに(
俺自身は開始メッセージ気がつかなかったんで「あ、ヤバ;」と回避場所探しに行こうとしたんですが、
通常攻撃のモーションでマガツが2~3歩歩いて、それを避けてただけ状態に自分はなったかと思うと、
次の瞬間周りでペロマークがぼぼぼぼっと出現、Eトラの攻撃が俺には全く来ないでEトラ終了アナウンスが流れて「なんじゃらほい?;」と(ぇー
※つまり俺にはEトラの判定が一切飛んでこなかったって事だ(ぇぇぇ;

さすがにこれは笑いましたな(^^;

逆に、直前の3周目の「無数の熱線攻撃を凌ぎ切れ」を避けてたら、いきなり10本降って一人だけペロったりして(
※もちろん表示前に入力受け付けなくなってた

もうねぇ…倒れないように留意する方が無駄に感じますこうなると。
ムーン投げて当たり前みたいな。


ただ、こんな話してますけども、やはり4日目くぐると変わるなーって思ったのは、この追記冒頭のように「4回クリア」までいけるようになってきてるって事でしょう。
重点わかった瞬間に全員がそれを実行できるって素晴らしい。


というわけで、なんかアークスライブで年内にLv.90が来るとか発表あったようですが、なんか現状で間に合う気がしない俺でしたとさ。
※通常職の改善案はかなり面白そうだなと思っていて、Hrの動きをどう反映させていけるか楽しみにしています。
 ただ…タグTLで見かけたけども、Hrの方向性で「初心者ほど上級者」って表現があったのにはちょっと疑問がありますな。
 だって、Hrの解放条件相当厳しいよ?;
 そこに行くまでにある程度のスキル必須ですからねぇ…
 個人的にはHrの内容をさらっと見て「何を今更、元からそうじゃない」としか思わなかったのはゲホゲホ(


<2018/05/25 追記>
ほい、そんな感じでとりあえず一昨日になりますが、まず最初にHuのレベルを85へ到達させました。
ADとか行ってればもっと早く全体を上げられるんだろうけれども、ここは幻惑の森で頑張るみたいな。
※いや~幻惑の森が楽しくてねぇ…そっち回りたいんですよw

で、昨日からBoのレベル上げへ。
通常職メインをホントは最後に持って行こうって考えてたんですが、トリガーの関係でLv.85が条件みたいなの見たので(違ってたらごめんね)、とりあえず先に上げきってしまおうと。
すっかり忘れていたけども、Hrに行く前にBoをずっと使ってたので、どうやらそのときのレベル上限ボーナス分のあまりが大きく残っていて、幻惑の森と緊急のみで1日で81へ。
少し離れすぎていたのか、入れ替え直後はなんか操作感思い出すのに「おりょ?」となりましたが、
数分やってたらすぐ戻ってきて、今じゃHr登場以前とほぼ変わらない……いや、Hr挟んだことで行動スピードが上昇し、周りの状況を把握しやすくなって前より動きよくなりました(ぇ

これね、Huでも感じたんだけども、Hrをちゃんと使えるようになると、通常職それぞれのウィークポイントになる「動作終了時の重さ」が頭にインプットされ他時点で、そこからどう動くのかという処理が簡単に追加されるようになるみたいです。
完全に頭の中にある構成が変化したような感じで「強制ギプス」でも付けて訓練したのかってくらいには差が出てる感じです。

あと、☆14武器がだんだんと浸透してきましたけども、割と驚いたのは☆13のギクスシリーズで割と問題なく回れます。
俺のギクスはほぼコレクトシートそのままですので、状況判断と属性一致がいかに大事かと思わされる感じですな。
あ、それと、通常職で同じ武器(今回はHuとHrと見てた)の場合、Lv.85になった時点で打撃は通常職が上回ります。
数字的にはそうなりますけども、Hrは手数がものすごく増えるので単純比較は出来ませんけどね(^^;

というわけで、相変わらず☆14はほぼ眼中になく、取れたら良いなで動いてる俺でした。

コメント(0) 

グラスホッパーチューニング(下手するとこれで最後←) [RC]

はい、というわけでお待たせしていた(のか?)ホッパー改造まとめ。

とりあえず引っ張り出してきましたホッパーさん

DSC_0102.JPG

このYou-Gのサイドガード、よく見たらパーツがなぜか変な組み合わせで、ちょっと気持ち的になんだかなとなったので、ヤフオクにでていたダートバーナーズの中古(実はここはこだわりポイントでして、30年前のモデルには当時のサイドガードだろうと)を入手して付けることに。

で、とりあえず用意したのがまず以下のもの。
DSC_0104.JPG
えーと、アルミAアームとなんか青い部品はe-Bayからの取り寄せものです。
青いのなにか?ええ、フロントダンパーです(ぇ
まさか今になってこんなの見つけるとか驚きますよw
で、F-103の強化アップライトはタミヤ伝統の形なので実はグラスホッパーにポン付けOK。

ちなみにこのオイルダンパーは中国製でしたが、簡易エアレーション状態になってまして、微調整はちょっと無理っぽいけども、中のオイル量を守れば減衰力変更できそうです。
動きも思ってるよりスムーズで良い感じ。
何より安いんで送料と相談系になってしまいますが、それでも買うのであれば時期を見てくださいませ。
というのも、発送が国際郵便になるのでいつ届くか下手するとわからないですw

そして、リアには…
DSC_0106.JPG
まずはT4 Worksの8mmロングアルミハンガー。
※先に書いちゃいますけど、この商品買うときはM3×10(もしくは8)ビスを4本用意してください!
 付属のネジだと最後まで入らず固定できません!
 あと、ものによって若干ネジ穴の精度が悪いのか、取り付けでタップ必須になります。
 俺のは一カ所取り付けネジの穴がやけにメッキが乗ったのか、適正ビスでも入れるのにかなり苦労しました。
 ダメだよこれ、日本メーカーなんだからちゃんと作らないと!他はNG無かったんだから!!


で、今回の目玉商品。
DSC_0093.JPG
さぁ覚えてらっしゃる方はとても懐かしいパーツ!
「ホーネット用リアスタビライザーセット」!!!
なんと未使用品を30年の時を超えてe-Bayで発見!
ちょっとプレミアムついてましたが錆もないのでそのまま使います。

すべてのパーツが届く直前、ふと気がつく。
……さすがに古くなったのと内部応力バランス変化からの変形なのか、当時のバスダブシャシーが悲鳴上げてまして、リアセクションを受けるハンガーの位置から外に開いてしまっていてもう使えない;

というわけで、使えないのはどうしようもないので、現行のシャシーを入手(スペアとして普通に売ってます。凄く安いw)。
各パーツを組み込みながら箱替え。
DSC_0107.JPG
オリジナルも復刻もとりあえずそのまま混合で大丈夫です。
ここで初めて気がつく。
DSC_0108.JPG
わかります?バッテリースペース上にあいている穴のサイズが違うの。
当然復刻の方が固くなりますが、まぁそんなに差は無いだろうな(^^;

俺のグラスホッパーは古い方の写真(下ね)を見ればなんとなく察せる傷に気がつくかと思いますが、最初期の頃のシャシーでして、BECが無かった頃のモデルです。
なので最初は受信機に電池ボックスつないで単三電池4本が搭載されてました。
フォックスがでる頃だったかな?BECで受信機側を走行用バッテリーから分岐させるようになりまして、当時まだ入手できたホーネットとグラスホッパーにもそのスイッチが適用されてます。
…実はですねぇ…これが当時とても大変だった「レーシングパック搭載でなかなか入らない」に凄く影響したんですよ。
このブログでレストア始めた頃の写真があるのでそちらの写真を見ていただければわかると思いますが、当時はロープロサーボは超高価、受信機大きい、受信機用バッテリーが必要てなもんで、受信機の位置次第でバッテリーが引っかかって入れにくい状態になりやすかったんですよ。
で、結果蓋を閉めるのにうまく爪が引っかからないので、ダート走行中に引っかけて落ちてバッテリー引きずるという定番になってたわけです;
BEC出現で相当楽になったもんねぇ…
(ていうか、そのBEC対応が3端子スイッチで行われてたとか凄い話だと思うw 回路的にちょっと追加するだけなんだけども、こんなにも簡単に追加できるもんかというw)

ま、懐かしい思い出は良いとして、すべてのパーツを付け終え、ボディの緩衝部分も処理をして完成。

DSC_0110.JPG

……うん…うん;
フロントサスは非常に動きが良くなって、ハネ返りも減って満足です。ちょっと車高上がってますが。

が、ちょっとホイールベースが気に入らない;
写真はちょっと気にしたのでわからないように撮りましたが、横から見ると明らかにリアホイールが後ろ過ぎて見た目のバランスが;
(2018/05/05追記:ふと思ったので。このホイールベースが妙に長く感じるの、ひょっとしたらホッパー用のギヤボックスだからかもしれませんな。ホーネットは前後が若干短くなるようにレイアウトされてます。タミヤのサイトで説明書確認するとわかると思うんですが、品番違うんですよねそこは)
あとねぇ…またビレットハンガーになっちゃうんですが…

この「8mm伸ばす」って案外バランスずれるかもです。
なんかねぇ…ロール方向は素晴らしく良く動くんだけど、バンプ側でダンパーのボディ干渉を対策しても動きが超渋くなります;
一応ショックとしての機能は果たすので気にしなくても良いかもしれませんが、こんなに気に入らないの初めてです;
下手するとこれはホーネットD部品買ってきて戻すかもしれません。
それくらい固いので、使うときはオンロードタイプを作るときになるでしょうね。
※スタビライザーかも?って思われるかもしれませんので。
 スタビライザーは「ねじれ」を利用してロールを押さえるものなので、バンプ方向ではねじれが起きない構造です。
 つまりロールが軽くてバンプが固い場合は別要因になります。
 ちょっとねぇ…リアダンパーの角度がきつくなりすぎに見えます俺には;
 注文した3Dプリンター来たら自分でパーツ作って対応しようかなぁ?;

そうそう、ホッパー系の最大の敵って「リアの跳ね」だと思うんですが、タイヤの構造上、ある程度は跳ねますので、ダンパー周りとリンク追加等で対策する場合は、併せてローハイトタイヤ(いわゆる「オーバルブロック+フォックスホイール」か現行の六角ハブスタイルへの変更ね)をすると良いかもです。
ホッパーとホーネットのリアタイヤ、想像以上にボヨンと行くので、ダンパー完璧でも高さ次第で若干ホップします。

てなわけで、とりあえずホッパーの進級パーツ入り乱れバージョン1はとりあえず完成です。
…が、受信器無いよー(ぉぃ
…あ、ある!EX-2についてきたやつ使おう!って、しまったそしたらサーボ入れ替えるんだった;

ま、その辺は追々。


走行テストしなきゃですが、家の前の道路が舗装工事状態なので現状ドリラジ含めてできなかったり;
はよ終わって欲しいなー


<2018/05/03 追記>
なんか2日連続で検索ヒットワードに「ブログ はんだごて」って来たので、間違われちゃうといけないので置いときますね。

えーと、昨年末のRC World誌休刊の時に「ん?」と思ってソース元の方を調べていて知りましたが、
過去にRC界でちょいちょい言われていた「はんだごて」氏は俺じゃないですよ?;

ていうか、その頃俺新入社員やってた頃でして、正直RCなんて辞めたものの話になってましたので、実を言うと大学入学の頃から始まった「ツーリングの時代の開幕」から「ドリラジ最全盛期」に入るまでの期間はRC全く触れていません。
RC離れた直後は大学入学直後でして、実車のジムカーナ参戦の方に移っていましたし。
(自動車部入ったもののそこの空気が嫌で、結局個人でスポーツクラブ入会してやってました)

むしろ、その間は俺、陰陽座のコピーバンドでドラムを叩くお話の方がメインでして(その頃は今も使っている「魅剣 凪」というHNをある理由で封印しておりました。その辺は漫画「影技」関連の話になるのですが、諸事情により理由は伏せさせてください)、
そのライブの間に大手レコード会社の方から評価得たことと、当時の会社のブラック具合を見すぎてうんざりして職を変えたみたいな人間なので、完全にRCの知識としては1997年を境に(これは大学の生協にRC雑誌があったので、やはり大学進学をきっかけにRCを降りた友人と3年次までは立ち読みしてたからです)そこから2014年まで一気に空白です。
で、今一緒に活動しているベーシストがちょうどその頃の話をしてくれるので、若干穴埋めできてる感じですな。
それにしたって、その話が出はじめたのって実は2012年ですので。
※その後、相模原にチャンプが出店してきっかけが生まれてRC復活です。
 …楽しみが抑えられなくてRCマガジンに投書したら足軽に載っちゃいましたけども(笑


コメント(0) 

G-Tune GTCVRBK1を試してみた&PCSX2での問題点解消 [ゲーム]

写真撮ってないですが(
先日、PC系技術のブログ等でマウスコンピュータがSteam対応の安価VRヘッドセットを出したというので、ちょっと試しに買ってみました。
…Windows MRがSteam対応始まってるので、そっち待ってよかったんだけど、VR用のコントローラーを俺の使い方だと多分必要ないかなと思ったので、オプションにもコントローラーがないこの機種を買ってみた次第。

まぁ、初めてなので損してしまうかな?ってのも考えつつではありましたが。
(この「買わない方がよい」と知ってる方がなぜ言うのかは後述します)


この機種、トラッカーを必要としないので、機能としては固定した位置でヘッドトラッキングのみを行うものです。

…はい、俺がこれをゲームで、ということは…?w
うん、レースゲーム主体だってことです。
PSVRでも最新のグランツーリスモなら対応しているんですが、やっぱり価格的に本体からになるのでちょっと敷居が高い。
ほかにゲームやってればありなんだけども。

てことで、SteamVR対応の「Project CARS」を入手したので、早速設定して試してみました。

あ、ゲームより前に面白いことになったからそっち話しとくか(ぇ


えーとですね、VRルーム作ってそこでコントローラーの設定すると思うんですが、VR用コントローラーないので結局画面見られるだけになったのはいいとして…
ドライバを入れたあとの設定説明に従って操作すると、非常に面白いことになりますw

手順としては、中央を決めてから床をトラッキングして…だと思うんですが、
「立体のみ」の項目でしか設定できない機種ですので、元々高さ検知がない。
…そうです。説明の通りに床に置いて「0cm」と入力すると……設定終わってゴーグルかけると、目の前に床が来るのですわ(笑
最初何が起きてるのかわからなくて、「ゆっくり」ってこんな感じで世界見えてるのかな?みたいなことにw
ちょっと頭ひねって、デスクの上に置いたときはデスクの高さを測って数値を入れろとあるので、それなら座った状態での目の高さ入れればいいんじゃない?みたいな感じで解消。
…まーここまで設定してもいいんですが、結局レースゲームだとドライバーズアイで勝手にアイポイントに引っ張られるので、実はあんまり関係ありませんな。

で、Project CARSを立ち上げて早速やってみる。
うん、思った通りの操作感になって非常に満足です。

実際にサーキットに行って車を走らせている方なら、おそらくレースゲームではどうしても「目線」で違和感を持ち続けておられたと思います。
俺もその一人。
で、VRが手頃になって家で使えるようになったら、絶対視線を横に持って行けるだけで相当感覚違うだろうなって思ってたんですよ。
見事にその通りでした。
コーナーで横見に行けたり、併走する車両見て距離開けたり、VRで没入することで全走車への追突まで減る減る。
おかげで、初めてやるコースでも頭の振りで車の先を確認できるので楽なこと!!

調子に乗って、収録車種にあったクラシックF-1を引っ張り出して試してみる。(フルセットで買ったので入ってるのだ)
…通称「葉巻」……怖い;
どう怖いって、当時あの車をあの速度で走らせてたのかよと;
ブレーキは効かないわ、ちょっと接触したら転がりそうなほど車体が傾いて車輪が浮くしおまけに曲がんない;;
古いF-1こんなにも難しかったのかと実感。
あと、ターボ車両のJPSがあったのでそっちもやってみたら、今度は加速が危なすぎて踏めない;
これは、モニターで見てると多分できるんだろうけど、実車の感覚にちょっとでも近づいたから起きる怖さでしょうな;
ただし、車のスライドは頭が拾いやすくなるので、滑ってる状況を立て直すのは絶対VRの方が楽。
これだけは確実。
(2018/05/09追記:ターボF-1って書いたけども、実はその後ちょっと「本当にそうだっけ?;」となってまして← 実はその後時間なくて触れてなくて確認してないんですけども、80年代の形してたのでそう言っちゃったみたいな(ぉぃ ホンダが最初にカムバックした頃がターボでしたよね確か)

てなわけで、初めてのVRとしてはまずまずかなと。



では…ここからがちょっと残念だなと思った部分。

前もって調べて知ってたんですけども、ViVeとか使ってる方がそろって言う「画質がHD」てのと「リフレッシュレートが60Hzしかない」の部分、結構影響大きいです。
どう大きいかというと…VRで画面見るって考えると3D空間にいろいろまた別の画面が浮いて表示されるため…小さい文字が全部潰れちゃって読めないです;
リフレッシュレートも低めなので、若干ちらつく感じは否めません(でも実用には耐えてます)。

うん、つまりゲーム内設定したかったら一度外してモニターに出てる方でやらないと、なんかよく見えないのですぐやれないんですな。
なるほど、他持ってる人が追加で買ってすぐに使わないから手放すわけです。

良く言えば、いいものの何が良いのかがよくわかるので、PC経験者である程度言葉がわかるならお試しにはちょうどいい感じかな?

で、あともう一つ悩まされたのが、気にしないでSteamVRを立ち上げてソフト起動すると、ニュートラルの位置が毎回違うという謎現象に見舞われてしまう点。
これね、多分VRやってる人は「トラッカーいらないタイプなんだから当たり前だ」って言うことだと思うんですが、VRヘッドセット起動時に、膝の上に持ってきてからちゃんと前向けて置いてやらないと、適当に置くとそこが真ん中になって、ヘッドセット装着したら真横向いてましたとか起きますw
気がつくのにちょっとかかってしまったよ;

ま、そういう癖を見抜いておけば、「貯金間に合ってないし、どうしても早く体感したい!」ってんなら買って使っても問題ないよ!って感じの商品でした。
その代わり、PC本体をデスクの上にしてるかノートの方なら気にならないでしょうが、デスク下にマシンを持ってきてる方はHDMIケーブルの延長を1mもので買っといた方がいいです。
付属ケーブルが結構短いので引っかかって割と首に負担が;
VR用のコントローラーも必要な方は、迷わずWindows MR対応か、すでに出ているミドルクラス以上のVRヘッドセット買った方が良いと思います。
そうじゃないと多分「失敗した」って思いやすいかと。

ま、初のVRはすごく楽しめたので満足ですw
(視界から外れやすい位置のポリゴンを非表示にして処理速度上げるとか、よく考えてるなぁと思ったよw)



で、2つめの話。

これは先日始めようと思って買ってきた零シリーズのコントロールでのダメ潰し。(PCSX2の話ね;書き忘れてるじゃん;<2018/05/01>)
「零~zero~」ではソフトレンダリングでDirectXを動かさないと霊の表示が出なくなってしまう症状が。
いろいろ調べてたら「エミュレーション」→「ゲームフィックス」でプリセットのチェックを外すと、フィックスを手動設定できるようになるので、
その中の「Switch to GSdx software rendering when an FMV plays」にチェックを入れると解消するみたいなので試してみまして、無事にハードウェアでプレイ可能に。

で、「零・赤い蝶」は今んところ大丈夫。

問題なのは「零~刺青の聲~」。
これがなぜか、X-Box Oneコントローラーとの相性が激悪状態で、アイテム使用したくてもなんか変な十字キー入力が連発してしまうので、回復できないとか資料読めないとか起こる。
で、試しにElecomのPS2コントローラーをPCにつなぐときのアダプタと、無名メーカーの同等品とを買ってきてPS2コントローラーを試してみまして、解決。
なんだそんなことかよ;みたいな感じでしたが、PS2コントローラーって実はボタン側が割と癖があるんですよね;
一応感圧で強弱出るように作られてるので、強く押さないと反応しない時がある。
これは面倒だし…どうしようか悩んだ末、前に買ってPSO2で使えなかったHORIのPS3/4用コントローラーを接続して試してみてビンゴ!(それまでPS3で使ってました)
※前回PCSX2で反応しないのでダメかと思ってたら、キーアサインが抜けてただけで、設定したら動きました;

てことで、現状できる内容が見えましたので、PCSX2で零シリーズのプレイはしていこうかなと思ってます。
一応実機からのBIOSでやれてるので、動画アップまでしても多分大丈夫だと思うけども…RECどうしようかな?
PCSX2自体がWindowsゲームで関知してるのでそちらでも画面撮れるし。
※公開しないまでも記録してみたい気持ちもある

ま、そんなにこんでやれないでしょうから、時間かけてやっていこうかなとw

コントローラーの関係で、零を楽しむ上で「振動機能」がスポイル状態なのが残念ですが、まぁ仕方ないよね…
とりあえず楽しめればいいので、まずはそうやって行きましょう。


コメント(0) 

久方ぶりのDAW環境更新 [音楽関連]

はい、先日のStudioKonnekt48のトラブルからの予定前倒しのDAWの再生環境更新のお話ですな。
やっとできた感じですw

えーと、実を言うとですね、電源系が壊れたかと思っていたStudioKonnekt48の再起動問題ですが、
なんと開けてみたら電源基盤どこも壊れてませんで(ダメージの後もなかった)、一体何がおかしいのかわからず、試しに裏から電源スイッチ(コレが10年前とはいえソフトスイッチではなく機械式スイッチなんですわ)の接点へ接点復活材をぶしゅーとかけて何度か作動させたところ、明らかにクリック感が変化して直ってしまったというオチが(ぇー

ですが、まぁWindows10の時代になってドライバの更新も終わってしまった機材なので、この際この先息が長いだろう規格へ変更しようということに。
まー10年くらい平気で使ってきましたし…
(最初は当時のiMacで使ってました。その後MAC Proを中古で手に入れてそちらで。)

というわけで、かなり前から売り切れにぶち当たって入荷の様子を見続けてきたThunderbolt3 AICカードをようやく入荷のタイミングで見つけて押さえまして。
DSC_0078.JPG
DSC_0079.JPG
やっと手に入りましたよ;;
コレ使ってる人は結構マニアなのか、専門的にいろいろ試す位置にいる人かでしょうなぁ。

で、オーディオインターフェイスもようやくものを決めて購入。
DSC_0091.JPG
Presonus Quantum。

Thunderbolt規格そのものが結構なスピードで更新されてきたので、実際にはThunderbolt3のオーディオインターフェイスってないんですよね。
で、2の方で今出ているものをいろいろ探って、手の届く価格のものとしていったら、丁度Studio Oneに移行しているのでコレが丁度良いかな?と。
直前にFocusriteとアンテロープと悩んだんですが、仲間と相談したらアンテロープは良い意味でも悪い意味でも洋楽系、FocusriteのThuderboltものはちょっと音質気に入らないと思うよ?ってアドバイス来たので外し。
ま、MOTUは例のごとく代理店で外し(いつまで言ってるのやら← そういや買う直前にFocusriteとNovationの代理店契約終わりましたなあそこは)

…まぁMOTU 828ですけど、どうもTravellerの初代の頃からある壊れやすさが気になってしまってってのが一番の理由で外してますな;
(RMEのも見ましたが、ちょっと高すぎて個人持ちするようなものではなかったので除外しました)

で、最近質が爆上がり始まってるPresonusにしてみようと言うことに。
USBのやつだと音質ちょっと無理があるんですけども、時期が大分違ってるので。
問題なのは先ほど書いたとおり、Thunderbolt規格が2と3の違いがあるというお話で、そこはMACのように変換するものを探し「AKiTiO T3T」を入手して。
※元はMAC用の変換系ですが、Windowsにも対応しています。

そこに認証うけているThunderbolt2ケーブルをつなぎ、PCと接続。
(順番的には PC→T3T→ケーブル→Quantum です)

初めて使う規格だったので、実は結構謎に思う挙動で「ちゃんと認識してるんだろうか?;」と思うような事が何度も。
まず、Thunderbolt3AICカードですけども、マザーにのせて接続設定し(もちろんUEFI上でONにしてから)ドライバを入れただけではなんとハード的に起動しません(ぇ
これが一番今までと違う挙動なので戸惑うこと;
調べてみたらこれが当たり前で、機器を接続して初めて動き出すとのこと。

で、前のシステムから接続でコネクタが変わる部分があったので、その辺の処理をして、それから初めてThunderboltケーブルを本体へ挿し、電源アダプタのプラグを本体に接続したところ…ドライバ入れる前にここでThunderboltカードから一気に接続認識がかかる!(ぇ
これも今までで初めて見るパターンで、まさかQuantumの電源入れる前に「何が接続されているか?」がPC側で認識されると思ってなかったのでドびっくり。

その後ドライバを入れて使えるようになったので、テストドライブ開始。

いや、さすがに10年の年月は凄く大きかった…;

StudioKonnekt48では若干スポイルしていた定位とか音像の症状がなくなり、96kHzのハイレゾ状態でクリア度が全く違う。
同じスピーカー(TASCAM VL-X5)、同じケーブル(VOX モニタースピーカーケーブル)のままだったんですが、エレキギターのアンプのキャビが鳴る部分まで聞こえます(ぇ
(さらに言えば、ギターの歪みペダル特有の「滲む音」までCD取り込みで聞き取れます)

なんて言うかですね、良い意味で「しまった;;」です。
これでゲームなんかやろうものなら、リスニング環境のレベル落とせなくなりますわ;;
※というわけで、いつもなら試すんですが敢えて避けました。

あとは…そう、ヘッドフォンもすぐさま。
これがさすがだなと。
俺がMIX用に使ってるヘッドフォンは、いわゆる業界標準とされるSONY MDR-CD900STとSHURE SRH750DJなんですが、前はそんなに機種違いで大きく変化起こさなかったんですけども、今回は後者がやはり合わない結果に(ぇぇぇ
ええ、この二つのモデルだと中域の出力に差が大きく出るんですが、SRHだとミッドが減って若干バスブーストがかかるので耳障り度が少し出るような(まぁDJ用途含まれてるから仕方ないか)。
MDRが素直に出力され、かつモニタースピーカーとほぼ変わらない音質でドライブされたため、やはり定番の強みが出たなと言う結果に。

と、ここまでがSONY MUSIC CENTERを通してのドライブ結果。


ええ、連携考えたらStudio Oneとはどうなのよ?って事ですよね?


これが…いろんな意味でびっくり。
結論から言っておくと、Studio OneとQuantumで組み合わせる場合、レイテンシ設定は一択のみ状態です(ぇ

えーとですね、ハイレゾ環境にしないのであれば(44.1kHzね)今まで通りの動きでそのまま使えるんですが、
ハイレゾ環境にした途端、Thunderboltのすさまじさを体感することになります;

……ソフト音源データディスクからの音声データ送信が間に合わなくなるんです早すぎて(ぇ

びっくりしたよ最初。
最初に使いたい環境で再生したら、ソフト音源がすべてブツブツ音切れるんです;
何がおかしいのか考えてみて、44.1kHzに戻したらしっかりドライブする。
音源はハイレゾ対応でHDDやSSDにデータを入れているのでビットレートじゃない。
となると、後は考えられるのって「転送速度と動作速度が合ってない」しかない。

で、試しにサンプル数を今まででの環境では考えられない高い数字一段階上げてに合わせてみる。
…音切れ改善するもちょっとまだ切れるみたいな。軽減はした!
てことで、一気にやったろうかというこで、無茶と思われたStudio Oneの設定での最高値へ合わせたら…見事に解消!(ぇ

驚きますってこれは…キャッシュ考えたりとかいろいろあるのがこの辺の話ですが、いきなりMAXが余裕あるってどんだけ進化してるんですかと;
しかも、ドラム音源とかシンセ音源のマスクされやすいアンビエントの部分が全部聞こえるじゃないですか。
こりゃもうこの設定で決定ですわ。

いやぁ…PCのスペック上げたのもありますけども、ここまで違うのかと思うと本当に驚くばかり。


これでちょっとストレスに感じていた部分がどかっととれたので、気持ちよく作業できそうです(´ω`)


てなわけで、しばらくは作業以外でも音源鳴らして焼き入れしませんとね。


コメント(0) 

俺氏、人生初のホラーゲームを(中古だけど)買う [ゲーム]

まぁ夜中だけど書いちゃおう(ぇ

えーと、最近は空いてる時間でyoutubeのゲーム実況を見るのがちょっとした暇つぶしだったりするのですが、この2年ほどずっとホラーゲーム系を見ていまして。
※相変わらずホラー映画見られないし、自分でホラーゲームやりきれる自信もないんですけどね(^^;

で、ニコ動で実況で名を馳せ、最近はyoutubeで動画UPをされている方をその中で知って視聴させて頂いておりました。


うん、割と前段階で他の有名実況者さんで「森」(←これで誰だか特定されるってのw)から入っていろいろホラーゲーム見ている間に免疫付いてきたってのがホントのところでもありますけども。
※おかげで以前記事にも書いたように、体験版でもバイオ7触れたわけですw

て、書きながらですが、実を言うと俺、幽霊系は怖くないんです(ぇ
その辺がなぜなのかは俺の直近の人間しか知らない話ですけどもw
(ここでは書きません。そういうのが嫌いな人もいる話なので。)
※絶対びっくりするのはあるしそうなりたくないので呪怨とか見てませんが、CMで怖いと思わなかったのは事実ですな
 …やせ我慢みたいだなぁw(後で「ひー;」ってなったら書きますので笑ってやってくださいw)


でね、この2ヶ月、古いホラーゲームをそのチャンネルで通してやってるのを見まして、お勧めが凄いので最後までついて行っちゃったんですが、「これはヤバい」と。
何がヤバいってシナリオ凄かったのと、イメージソングが素晴らしすぎて失神しそうになりました(ぇ
※やっぱり曲が入ってくると言う←


ええ、これらです。

DSC_0089.JPG

零シリーズ。
BEST版ですが、中身は一緒なんでこれで。(通常プレスは倍額するようですな)

いやほんと、「~刺青の聲~」の最後で落とされました…;
ホラーゲームで泣くとは思わなかったので…油断してました…そこへ天野月子さんの「聲」すよ;

久しぶりです、「これはちゃんとやりたい」って思ったゲーム。
しかもイメージソングの歌詞が半端ないほど内容を表しているし、比喩表現で鳥肌が立ちました…
「私を塞ぐピアスが足りない」なんて言葉、なかなか出ないですって;
(ちなみに椎名林檎さん以来の衝撃でした)

上の3本がで終わった時点で2005年…俺、当時会社員で体壊してた頃です(ぇ
余裕がなかったとは言え、陰陽座の追っかけになってたのに他の楽曲拾えてないというのをここで再確認し、当時は本気で普通じゃない状態だったんだなと;
※余談ですが、イメージソングが全部聴きたかったので、天野月子さんのベストアルバム「元服」は速攻ポチりました。


さて、ちょっと先に中身見てしまいましたけど、その実況者さんは全部を見せる方ではなく、
「興味を持ったならば是非ともやってほしい」という方向なので、知らないことばかりです。
途中で攻略情報が必要になるかもしれませんが、とりあえず手持ちのPS2を引っ張り出してやろうと思います。

で…一応俺もWiiまでは持ってるので、その後のソフトもやろうと思えばそこまではやれるんですが…
いわゆるこのシリーズの最新に当たる作品はWii Uなので、ハードがないためどうしようかと今思案しています。
何しろ販売終了した機種ですし、明らかに零専用機になってしまうので、それだけのために買うのはちょっと難しいみたいな;
※赤い蝶に関してはWiiで出直してるんでしたっけ?若干追加要素あるらしいですが。

割と遅く追っかけ始める形なので凄く大変な感じはしますが、わくわくしてますな。




あ、そういやそれとは別だけども、どうやらサクラ大戦の続編出るという情報が耳に入ってきて、ちょっとそっちも気になってます。
一体何のハードで出るのか?
願わくば…PC出して…PS4持ってないし(ぇ


<2018/04/28 追記>
実はPS2繋ぐ先と置き場所作るのめんどくさいと思ったので、個人での使用ということでPCXS2をBIOS吸い出しから全部やって、BDドライブから直接読み込み設定で動作確認がてら初代をちろっとやってみました。
Windows10で1.4.0なんですが、どうも以前の機動問題をそのまま引きずる感じなので、PS2をHDMIにするアダプタでやる今後可能性もあります。
※ちなみに初代はプレイ動画とか見たことありません。

…ダメだこれ!面白すぎてちょっとやるだけと思ったら最後、世界観に持って行かれてずっと楽しんでます(笑
でもって、やっぱり初見でびっくりはしてますなw
ただ、やはり怖くない。耐えられます。

現状で難しいなと思うのは、戦闘中の距離の取り方。
割と思い通りの位置に行けないので、「おりょ?;」てな感じで捕まれちゃってなかなか勝てなかったり。

んーリアルタイムでやっておけばよかったなとすでに思ってるくらいには面白いです。
さすがだ。

コメント(0) 

グラスホッパー&ホーネット、HOP UP計画 [RC]

予定は未定的な(とはいえちょっと実行始まってる)話ですな。

レストアしてからしばらく保管だったんですが、先日のラジコンマガジンの特集見ていて、
再販より前にパーツ取りに手に入れたホーネットとか生きてる部品が多すぎてもったいない病発動してしまい、ほぼ確定ですが「現代風チューニング」を30年前の個体に施そうという計画を立てることに。

とりあえずね、日本で手に入るパーツは日本で調達、それ以外は見つけたら海外から、という形にしようと思ってます。
案外ね、海外の方が権利上手いこと使ってサードパーティ作るの上手かったりするので。

あとは…当時のもの見つけて押さえられそうなら使おうかな?とか。

T4 Worksはデザイナーさんが入ってるので、ちょっとその面で高めの金額設定入ってるので、使うの確定としても余裕のあるときに入手する方向にしようかな?とか。

…うん、考えてて楽しいw

実はもう、1種類だけ見つけたパーツが海外にあったので、そちらから取り寄せ中です。
見つけたときは「まさかこんなパーツを今開発するところあるの!?」って感じでしたw
もちろん完全に日本では認可されてないでしょうから、タミヤのイベントは出られませんけども(^^;

どこまでやるか?
まずはそこが問題ですな。


ただ、その前に出費があったので割と悩ましいかもしれない…;


<2018/04/23 追記>
さて、まず一個目が手元に来たので。
これはグラスホッパーに載せる予定ですけども、いきなり海外からビンテージパーツ確保しました(ぇ
そして、これがビンテージパーツとしては入手最後。
というのも、割とホッパーとホーネット用のパーツって多くなかったんですよね。
で、実は最近それを他社で同形状で復刻していたりするので、オリジナルしかない物って実は3種類くらいしかないんです。

ま、詳細は新記事でw


<2018/04/30 追記>
っと、その後ちょいちょいと使いたいものが届いたので、ホッパー引っ張り出して確認していて。
前にも気がついていたんですが、レストアの時にまだ大丈夫だと思っていたシャシーの一部のヒビが無視できなさそうな感じなので、レストア用に現行部品を発注することに。

てことで、あとちょっとでまとめられるかも。

コメント(0) 
スマートフォン専用ページを表示